スポンサーリンク






DAOKOが紅白初出場決定となりましたね。

しかし、ネットではなぜDAOKOが紅白初出場するのか?とざわついているのです。

DAOKOと言えば米津玄師とコラボ曲が有名で、米津玄師が紅白出場する可能性があるか?と騒がれていましたが

米津玄師がLemonで初紅白歌合戦に出場することが2018年12月26日(水)に発表されました。


スポンサーリンク




DAOKOはなぜ紅白初出場するのか?

 

View this post on Instagram

 

にっこにっこにー

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿 –

2018年度の第69回紅白歌合戦にDAOKOさんが初出場されることが発表されましたね。

私個人的にはとても好きな歌手なので「うれしい!」と思ったのですが、ネットでは「DAOKOってどちらさま?」「紅白出場者にDAIGO!?と思ったらDAOKOだった。誰だDAOKOって。」という声もチラホラ見かけました。

そこで今回はまだまだ知らない人も多いDAOKOさんについて詳しくまとめてみました。

紅白歌合戦出場曲予想や、米津玄師さんとのコラボはあるのかについても考えてみたので、DAOKOさんを知っている方も是非見てくださいね。

DAOKOプロフィール

まずはDAOKOさんのプロフィールからご紹介します。

 

View this post on Instagram

 

photo by @shinkai_baba

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿 –


名前:DAOKO(だをこ)

本名:非公開

生年月日:1997年3月4日

出身地:東京都

ストレートの黒髪ロングがどこかミステリアスな雰囲気なDAOKOさんは、本名は非公開、アーティスト名の由来も非公開と中身もミステリアスな方です。

本名を非公開にしている理由は「DAOKOとしての作品は好きで自信があるけど、本名の自分はすごくコンプレックスがある」だそうです。

本名の自分から”DAOKO”になった瞬間に、自信が持てるってアーティストとして一流な証拠だと思います。

DAOKOさんが世間に広く認知されるようになったきっかけは、新房昭之監督のアニメ映画”打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?”の主題歌に選出されたことでした。

米津玄師さんとのコラボ曲である”打上花火”はアニメーションMVが1億8千万回視聴越え、さらに4週連続iTunesソング・ランキング1位を獲得した大ヒット曲なので、DAOKOさんを知らない方でも一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?

さらにDAOKOさんは米津玄師さん以外にも、岡村靖幸さんやD.A.Nさんともコラボしています。

まだ若いアーティストさんなのに、すごいですよね。

それだけDAOKOさんが実力を持っているということではないでしょうか?

DAOKOの経歴がすごすぎる

実力派のDAOKOさんは、その経歴もやっぱり凄いんです。

2012年中学3年生だったDAOKOさんが、ニコニコ動画の”ニコラップ”に動画を投稿したところ、インディーレーベル”LOW HIGH WHO?”の目に留まり、高校進学と同時に所属し始めました。

翌年2013年には映画”鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~”の主題歌に起用、さらにその翌年2014年には中島哲也監督の映画”Fog”の挿入歌にも起用されました。

ですがこのころのDAOKOさんは、進学した高校が芸能活動に厳しい学校であったため、顔出しせずに活動していました。

そして、2015年高校を卒業したと同時に”トイズファクトリー”より顔出し&メジャーデビューしました。

DAOKOさんがメジャーデビューしたのは卒業間もない3月のことだったので、各レーベル・事務所が奪い合いであったことが予想できますね。

そんなDAOKOさんが幼少期から、唯一無二の存在で理想の女性像だと敬愛しているのが椎名林檎さんだそうです。

確かに言われてみれば、どこか椎名林檎さんを彷彿とさせる雰囲気ですね。

もしかしたら将来的にはDAOKOさんと椎名林檎さんのコラボ曲なんかを聴ける日が来るかもしれません。

楽しみですね。

DAOKOの紅白出場の曲を予想してみた

ではDAOKOさんが紅白歌合戦で歌う曲は何なのか予想してみます。

DAOKOさんの曲でもっとも有名な曲といえば先ほども紹介した“打上花火”です。

打上花火がリリースされたのは2017年ですが、過去のヒット曲を歌っているアーティストさんはほかにも大勢いらしているので、そこは大した問題ではないと思います。

ですが、”打上花火”は米津玄師さんとのコラボ曲で、紅白の出場歌手一覧に米津玄師さんの名前はなかったことから考えると、”打上花火”ではないのかなぁと考えられます。

DAOKOさんが2018年にリリースした曲は”終わらない世界で”、12月12日リリース予定の“私的旅行”です。

“終わらない世界で”は個人的に世界観がすごいなぁと思うのですが、NHKのニュースでも流れていたそうなので、もしかしたら可能性があるかもしれませんね。

“私的旅行”は、さすがにギリギリのリリースすぎるので、ないかな?と思います。

ですがやはり、DAOKOさんといえば”打上花火”のイメージが強いので”打上花火”で出場してもらいたいなぁと個人的には思います。

紅白歌合戦の紅組司会は、”打上花火”が主題歌になった映画”打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?”で主演声優を務めていたので盛り上がると思うのですが、どうでしょうか。

打上花火を歌うのであれば米津玄師さんとコラボして歌って欲しいところですが、米津玄師さんが紅白に出場する可能性は今後の紅白スタッフの力量にかかっていると思います。

2017年の紅白で安室奈美恵さんがギリギリで紅白出場を決定されたように、注目されている米津玄師さんの紅白出場はまだまだ可能性が秘められていると思います。

ツイッターでも「DAOKOさんが紅白出るなら打上花火だろうなぁ」という声が多く見られましたので、ぜひみなさん諦めずに打上花火を米津玄師さんとコラボして曲を歌って欲しいと紅白の公式twitterやインスタグラムに投稿していきましょう。

米津玄師はなぜ紅白に出ないのか?

2018年12月26日(水)に米津玄師さんが第69回紅白歌合戦に出場することが決定いたしました。

残念ながらDAOKOさんとコラボでの出場ではありませんが、米津玄師さんソロでLemonを歌うことになりました。

以下、内容は発表前の内容です。

話はDAOKOさんから少しズレますが、DAOKOさんと一緒に”打上花火”をうたった米津玄師さんはなぜ紅白に出場されないのでしょうか?

米津玄師さんといえば、2018年を代表するアーティストだと思っていたので、不思議でなりません。

一部では「米津玄師は紅白に落選した」という声もありますが、私は落選したのではなく米津さん自身がオファーを断ったのではないかと思います。

Mr.ChildrenやB’zも長い間紅白には出ていませんし、かつては紅白歌合戦に出ることが歌手としての成功のように言われていましたが、今はそうでもないのかもしれません。

そういえば、最近では紅白の大トリを務めるゆずもデビューから1~2年のころは紅白に出場していませんでした。

その理由をゆずがパーソナリティを務める深夜のラジオで

 

「他の歌手の後ろで踊ったりするのが嫌だった」

 

というようなことを話したそうです。

もしかしたら米津玄師さんも、歌をまっすぐ欲しい人だけに伝えたいから紅白のオファーを断ったのかなと思いました。

でも、まだ米津玄師さんがDAOKOさんと打上花火の曲をコラボして歌う可能性がないとは断定できませんので引き続き情報を入手していきたいと思います。

スポンサーリンク




合わせて読みたい記事

DAOKOの美しい画像写真まとめ

それでは最後にDAOKOさんの美しい画像写真を見てみましょう。

 

View this post on Instagram

 

🌠

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

11月14日(水)発売 * DAOKO 3rd Album「私的旅行」 * @@@ #

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

これ着て夏っぽいことしたいなん @perverze_official しーするう! #PERVERZE

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

プラム愛 手前のグラスは琉球ガラス お気に入り

DAOKOさん(@daoko_official)がシェアした投稿 –

まだ21歳とお若いのに”可愛い”というよりも”美しい”というワードが似合う美人さんですね。

ミステリアスな雰囲気や個性的なファッションも魅力的だと思います。

最後のインスタ写真は、すっぴんもしくはかなりメイクが薄いように見えますが、目鼻立ちがくっきりしていて元から美人なんだということが伺えます。

美人で実力のあるDAOKOさんの紅白初出場とこれからの活躍が楽しみです。

まとめ

  • 映画”打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?”の主題歌を歌ったDAOKOが紅白出場決定!
  • DAOKOは高校進学と同時に音楽事務所に所属し、瞬く間に売れっ子となった実力派。
  • DAOKOが敬愛するのは椎名林檎
  • 紅白でDAOKOが”打上花火”を歌うことに期待が集まる。
  • DAOKOと”打上花火”でコラボした米津玄師は、DAOKOと一緒に出場はしない
  • 米津玄師は、初紅白歌合戦に出場することが決定し単独でLemonを歌う

スポンサーリンク




合わせて読みたい記事