スポンサーリンク





2019年1月2・3日に開催される第95回箱根駅伝、優勝候補筆頭の3冠と5連覇がかかる青山学院大学が注目されますが、それを阻む候補校としてあげられるのが東洋大学です。

前回大会では往路優勝も飾っており、そのメンバーもエントリーされています。

選手層も厚くどのようなオーダーを組んでいくのか楽しみです。

箱根駅伝10年連続総合3位以下の結果を残し、山の神柏原選手がいた時以来の優勝を目指している東洋大学の予想オーダーと順位予想、注目選手をあげていきたいと思います。


スポンサーリンク




箱根駅伝2019の順位予想 東洋大は何位?

箱根駅伝2019の東洋大学の順位としては、出雲駅伝2018では2位、全日本大学駅伝では3位と今一歩のところですが、百戦錬磨の箱根駅伝では、希望的観測も含めて「優勝」を予想します。

その理由としては前回のメンバーが8名エントリー(往路に限っては全員)されています

優勝条件としては、往路優勝をして往路終了時点で青山学院とどれくらい差が開いているかで復路の展開が変わってくるのではないかと思っています。

箱根駅伝2019の東洋大の区間オーダー予想


東洋大学のエントリー選手(名前・学年・10000M/ハーフ・過去の戦績)

  • 小笹 椋 (4年)29:01/64:14 (18)10区1位・(17)7区7位・(16)4区6位
  • 中村 拳梧(4年)29:21/63:17
  • 山本 修二(4年)28:50/62:56 (18)3区1位・(17)2区11位・(16)8区9位
  • 相澤 晃 (3年)28:17/62:05 (18)2区2位
  • 今西 駿介(3年)29:17/63:42 (18)6区5位
  • 小室 翼 (3年)30:18/65:05
  • 土壁 和希(3年)29:46/64:42
  • 浅井 崚雅(2年)29:35/63:37 (18)8区7位
  • 大澤 駿 (2年)29:16/67 . 22
  • 大森 龍之介(2年)29:19
  • 田中 龍誠(2年)29:20/66:29 (18)5区9位
  • 田上 建 (2年)29:42/65:05
  • 西山 和弥(2年)28:35     (18)1区1位
  • 野口 英希(2年)29:45/64:19
  • 古川 洋次(2年)28:53/63:48 (18)4区2位
  • 鈴木 宗孝(1年)29:17/62 . 56

東洋大学区間エントリー予想オーダー

  • 1区  西山 和弥
  • 2区  相澤 晃
  • 3区  山本 修二
  • 4区  鈴木 宗孝(古川 洋次)
  • 5区  田中 龍誠
  • 6区  今西 駿介
  • 7区  古川 洋次(鈴木 宗孝)
  • 8区  小笹 椋(浅井 崚雅)
  • 9区  中村 拳梧(小笹 椋)
  • 10区 大森 龍之介(中村 拳梧)

1~3に関しては前回同様の布陣でいくのではないかと思います。

西山選手に限っては11月に行われた全日本大学駅伝で2区を走りブレーキとなってしまいましたが、今年の箱根駅伝でも区間賞をとっていることもあり、全日本の雪辱にも燃えているのではないかと思います。

3区の山本選手は5区という可能性もありますが、序盤の流れを決定する3区から動かすことは考えづらいとともに前回5区を走った田中選手もリベンジに燃えていると思うのである程度計算ができるので前回同様5区ではないかと思います。

4区に関しては古川選手だと今年と同じ布陣になってしまうのであえて勢いのある1年生の鈴木選手を予想しました。

4区に関しては当日までの調整や状況によって変えてくるのではないかと予想しています。

復路に関しては、往路の結果でメンバーを変えてくるのではないかと思います。

6区に関しては、本人もコメントもありましたが、今西選手しかいないと思います。

青山学院は小野田選手だと思われるのでそれに対抗できるのは彼しかいないように思います。

7区以降は往路が終わった時点でリードをしているのか、リードされているのかで区間配置も変わります。

リードしているようであれば7、8区で我慢をして9、10区で決着をつける選手を配置すると思います。

一方でリードされているようであれば7、8区で追いつかないといけない状況になるので勝負をかけてくるかと思います。選手層が厚い東洋大学の強みでもありますね。

区間予想としては、往路は手堅く、復路は状況に合わせた布陣になると予想をしています。

スポンサーリンク




箱根駅伝2019 東洋大の特徴は?

前回大会は下級生が多く出場をしており、下馬評が高くない中で、1区西山選手から区間賞の走りで往路優勝をしましたが、今回はその選手たちが順調に成長して今回のメンバーに選ばれています。

これまでの東洋大学のように「選手層が厚い」のが特徴であるとともに経験値では、参加校NO.1といっても良いかと思います。

ただ、山の神、柏原竜二さんや『設楽ツインズ』の愛称で知られる設楽啓太・悠太兄弟のような大学を代表するスーパースターがいるわけではないので、5区や6区で大逆転ができるチームでもないため、一人のミスが命取りになりかねないと思います。

実際に全日本大学駅伝で2区を出走した西山選手がブレーキを起こしてしまい、その結果もあって3位となっています。

だからこそ、一人もミスをせず、東洋大学の特徴でもある堅実な走りを期待したいです。

箱根駅伝2019 東洋大の注目選手は?

東洋大学といえば、3本柱の山本修二選手、相澤晃選手、西山和弥選手をあがりますが、ここでは、下記の3選手に注目をしたいと思っております。

下記の3選手の活躍によって東洋大学の優勝の有無がかかってくるのではないかと思います。

東洋大 小笹椋選手

 

View this post on Instagram

 

本日エントリーが決まった16名。まずは上級生から紹介します。4年生から3名、3年生から4名の選出となりました! 4年生は、今回の箱根駅伝にかける想いが強い学年です。この1年間、「走り」で、「生活」で、「背中」でチームを引っ張ってきました。最後の箱根駅伝を笑顔で終えるために、4年間のすべてをぶつけ、鉄紺の真価でくつがえします。 3年生は、人数の少ない4年生を支え、一緒にこのチームを作ってきました。チームの中心となる学年なので、これまでの経験を活かして、駅伝では怯まず東洋大らしい攻めの走りをします。 #東洋大学 #駅伝 #エントリー #メンバー #発表 #3年生 #4年生 #鉄紺 #NIKE #その1秒をけずりだせ #鉄紺の真価でくつがえせ

東洋大学陸上競技部(長距離部門)さん(@toyo.tu)がシェアした投稿 –


名前:小笹 椋

出身校:埼玉栄高等学校

ベストタイム:10000M 29:01/ ハーフマラソン 64:14

主な駅伝実績:1年次 箱根駅伝4区6位

2年次 全日本大学駅伝4区9位 箱根駅伝7区7位

3年次 全日本大学駅伝7区8位 箱根駅伝10区1位

4年次 出雲駅伝4区4位 全日本大学駅伝5区3位

チームの主将であり、山本選手ともに3年間箱根駅伝に出場してきてチームをまとめてきました。

大崩のない走りでチームに貢献をしてきました。

前回は10区で区間賞を獲得をしており、復路のエースとして東洋大学の優勝に貢献することを期待しています。

東洋大 古川洋次選手


名前:古川 洋次

出身校:那須拓陽高等学校

ベストタイム10000M 28:53/ハーフマラソン 63:48

主な実績:1年次 出雲駅伝4区4位 全日本大学駅伝8区4位 箱根駅伝4区2位

2年次 出雲駅伝6区1位

1年次よりチームの主力として活躍しており、酒井監督からも区間配置でもわかるように期待されているのがわかります。

2年次の出雲駅伝ではアンカーの6区で区間賞も獲得しており、箱根駅伝では彼の出来次第で結果が変わってくるのではないかと思います。区間賞を獲得する走りを期待したいです。

東洋大 鈴木宗孝選手


名前:鈴木 宗孝

出身校:氷取沢高等学校

ベストタイム:10000M 29:17/ハーフマラソン 62 . 56

主な実績:1年次 全日本大学駅伝6区5位

1年で唯一、エントリーをされた選手であり、全日本大学駅伝で大学駅伝デビューをしています。

ルーキーとは思えない落ち着いた走りをみせており、箱根駅伝でも目途がたったのではないかと思います。

高校時代では駅伝未経験でトラック種目でも実績のない彼が東洋大学入学後に力をつけて、箱根駅伝の出場・活躍となると多くの高校生にとっても希望の星になるのではないかと思います。

箱根駅伝2019東洋大の酒井監督はどんな人?


東洋大学の酒井俊幸監督は、学生時代は東洋大学で箱根駅伝に出場し活躍、コニカミノルタで実業団選手後は高校の母校にて高校教師を経て、2009年の東洋大学の駅伝監督に就任。

就任後は柏原さんや設楽兄弟、服部兄弟などを育てあげ、大学駅伝において強豪校として、就任後は箱根駅伝3位以内と結果を残している。

酒井監督はチームスローガンでもある「その1秒を削り出せ」という言葉があるように1秒1秒や大崩れしない走りを実践されているように思います。

設楽選手や服部選手が卒業後も活躍しているのは酒井監督の指導が賜物になっているのではないかと思います。

まとめ

  • 東洋大学は前回メンバーが8名エントリーされており、青山学院大学の5連覇を阻む筆頭候補
  • 予想オーダーとして、往路は手堅く、復路は状況に合わせた布陣を予想
  • 注目選手は小笹椋選手・古川洋次選手・鈴木宗孝選手
  • 酒井監督は選手として東洋大学・コニカミノルタで活躍、その後、母校で高校教師として勤務し2009年から東洋大学の監督として指導

スポンサーリンク