スポンサーリンク





2019年1月2・3日に開催される第95回箱根駅伝、5連覇と出雲駅伝・全日本大学駅伝と3冠がかかる王者青山学院大学。

有力大学の主力選手において、エントリー漏れがいる中、青山学院大学はほぼ順当にエントリーされました。

原監督が今回の箱根駅伝の作戦名を「ゴーゴー大作戦」と名付け5連覇へ向けて強い意欲を示しています。

そんな青山学院大学の箱根駅伝の順位予想と予想オーダー・注目選手をあげていきたいと思います。


スポンサーリンク




箱根駅伝2019の順位予想 青山学院大は何位?

青山学院大学は今年出雲駅伝・全日本駅伝で優勝を飾っている「絶対王者」。

しかも勝ち方も王者にふさわしい盤石の勝ち方をしておりスキがないといっても良いかと思います。

しかもエントリーメンバーもほぼ順当にエントリーされております。

優勝に一番近い大学ではありますが、不安要素があるとすれば「順調すぎる」ということでしょうか?

また、青山包囲網もあるので、神野選手や田村選手のように、展開が悪くなった時の流れを変えられる選手が不在でもあるので、順調にいけば優勝、往路の選手が予定通りの走りができなければ2位になるのではないかと思います。

箱根駅伝2019の青山学院大の区間オーダー予想

青山学院大学のエントリー選手(名前・学年・10000M<※は5000M>/ハーフ・過去の戦績)

  • 小野田 勇次(4年)28:57/63:42 (18)6区1位・(17)6区2位・(16)6区2位
  • 梶谷 瑠哉 (4年)28:39/63:19 (18)4区9位・(17)1区4位
  • 橋詰 大慧 (4年)28:28/62:46
  • 橋間 貴弥 (4年)29:08/64:39 (18)10区2位
  • 林 奎介  (4年)28:40/63:29 (18)7区1位
  • 森田 歩希 (4年)28:44/63:01 (18)2区1位・(17)4区2位
  • 山田 滉介 (4年)29:21/63:45
  • 生方 敦也 (3年)29:08/66:57
  • 鈴木 塁人 (3年)28:31/62:55 (18)1区5位
  • 竹石 尚人 (3年)29:22/64:10 (18)5区5位
  • 吉田 祐也 (3年)29:17/63:55
  • 岩見 秀哉 (2年)28:49/63:13
  • 神林 勇太 (2年)29:23/63:56
  • 田 圭太 (2年)28:27/64:31
  • 飯田 貴之 (1年)※14:07/63:39
  • 湯原 慶吾 (1年)28:53/64:44

青山学院大学区間エントリー予想オーダー

  • 1区田 圭太(鈴木 塁人・梶谷 瑠哉)
  • 2区森田 歩希
  • 3区橋詰 大慧(梶谷 瑠哉)
  • 4区岩見 秀哉(吉田 祐也)
  • 5区竹石 尚人
  • 6区小野田 勇次
  • 7区林 奎介
  • 8区鈴木 塁人(吉田 祐也)
  • 9区神林 勇太(橋間 貴弥)
  • 10区橋間 貴弥(山田 滉介)

青山学院大学の区間配置は何通りも組むことができ、原監督も誰を使えば良いのか良い意味で頭の悩みどころですね。

監督になったつもりで予想オーダーを組んでみました。

まずは外せない選手と区間から上げていきたいと思います。

前大会で区間賞を獲得している2区森田選手・6区小野田選手・7区林選手の3選手は誰が見てもよほど何かがない限り、変更はないのではないかと思います。

5区に関しても前大会で結果を残して適性があることを示し、出雲駅伝でも好走し、平地でも走力があることを証明した竹石選手でいくのではないかと思います。

残りの区間で1番頭を悩ませるのが1区ではないかと思います。

前回は鈴木選手、前々回は梶谷選手が走っており、二人ともまずまずの走りをしました。

今回はその2人の起用も考えられますが、出雲駅伝と全日本大学駅伝で区間賞を獲得し、勢いのある吉田選手でいくのではないかと予想します。

3・4区に関して、箱根駅伝は初めてですが、橋詰選手は4年になって満を持しての出場、岩見選手は駅伝デビューとなりますが、11月の記録会やハーフマラソンで結果を残しており、前大会で林選手が区間新記録をだしたように、こういう選手が活躍するのが青山学院の強みでもあるので期待したいですね。

8区は鈴木選手が希望もしており、前大会まで下田選手が走っている区間で優勝を決定させるとともに区間新記録を狙うのではないかと思います。

9.10区に関しては調子のいい選手もしくは原監督らしく話題性のある選手(例えば4年生やアイドルの従弟でもある神林選手)を起用してくるのではないかと思います。

2・5・6・7区のスペシャリストのいる区間以外はどんな組み合わせでも優勝争いができる布陣ができ、他の大学から見ればすごくうらやましいメンバーですね。

箱根駅伝2019 青山学院大の特徴は?

今大会の青山学院大学の特徴として、絶対王者らしく、隙のないメンバーではないかと思います。補欠のメンバーでも他校では主力になれるほどの力をもっているメンバーが揃っています。

その一方でこれまでの歴代の青山学院のように、神野大地選手や一色恭志選手・田村和希選手・下田裕太選手・のようなスター選手が不在で、誰から見ても「絶対エース」と呼ばれるようなヒーローがいないのも特徴かなと思います。

一人一人が実力者でもあるので、総合力の青山といった感じかなと思います。

箱根駅伝2019 青山学院大の注目選手は?

青山学院大学の今大会では、箱根駅伝初出場の下記の3選手に注目をしたいと思っております。

前大会でも林選手が区間新記録を出したように、青山学院大学の選手は初出場の伏兵が活躍をしているケースが多いので注目をしていきたいと思います。

青山学院大学 橋詰大慧選手

名前:橋詰 大慧(4年)

出身校: 和歌山北高等学校

ベストタイム:10000M 28:28/ハーフマラソン62:46

主な駅伝実績: 4年次 出雲駅伝1区1位 全日本大学駅伝2区5位

青山学院大学の5000Mの大学記録を持っている橋詰選手が満を持して4年生になって駅伝に出場をしてきました。

2つの駅伝においても主要区間でまずまずの結果を残しており、スピードを活かした区間で起用されるのではないかと思います。

初出場・区間賞ということになれば青山学院大学の優勝が盤石になるのではないかと思います。

青山学院大学 吉田圭太選手

名前:吉田 圭太(2年)

出身校: 世羅高等学校

ベストタイム:10000M 28:27/ハーフマラソン64:31

主な駅伝実績: 2年次 出雲駅伝4区1位 全日本大学駅伝6区1位

高校時代より実力を持っていた選手であり、2年次になって駅伝デビューを果たして、青山学院大学で連続区間賞は吉田圭太選手だけです。

つなぎの区間とはいえ結果を残しているので、その勢いで箱根駅伝でも区間賞をとってくれるような走りをしてくれるのではないかと思います。

青山学院大学 岩見秀哉選手


名前:岩見 秀哉 (2年)

出身校: 須磨学園高等学校

ベストタイム:10000M 28:49/ハーフマラソン63:13

主な駅伝実績:実績なし

駅伝の実績はありませんが、11月に行われた世田谷ハーフでチームトップの総合2位となり、昨年にこの大会で好走してそのまま区間新をだした林選手とかぶってしまいます。

その後の記録会でも28分台のベスト記録で走り、エントリーメンバー入りを確実なものとしました。

層の厚い青山学院大学でメンバー入りすることや初出場などの未知数な所でもありますが、ぜひこういうたたき上げの選手に活躍をしてもらいたいですね。

箱根駅伝2019青山学院大の原監督はどんな人?


メディアにも露出が多く、情報番組でコメンテーターとしても活躍をされている原監督。原監督は、大学時代は中京大学に在籍をしており、箱根駅伝とは縁がありません。

大学卒業後は実業団の中国電力で選手として、引退後は営業マンとして勤務をされており、他の大学の監督とは少し経歴の異なる監督でもあります。

2004年に青山学院大学の駅伝部に就任し、2009年、箱根駅伝に出場をさせてから今の絶対王者まで上り詰めた名監督でもあります。

まとめ

  • 青山学院大学は駅伝3冠と箱根駅伝5連覇のかかっている絶対王者
  • 主力のエントリー漏れもなく順当なメンバーエントリー
  • 2・5・6・7区のスペシャリストのいる区間以外はどんな組み合わせでも優勝争いができる布陣
  • 注目選手としては、橋詰選手・吉田選手・岩見選手
  • 原監督は学生時代は箱根駅伝に縁のなく、競技引退後は営業マンをするなど異色の経歴の名監督

スポンサーリンク




合わせて読みたい記事