スポンサーリンク





2019年1月2・3日に開催される第95回箱根駅伝。

今年の早稲田大学の三大駅伝では、出雲駅伝では10位、全日本大学駅伝では15位と結果が振るわず苦戦が予想されておりますが、箱根駅伝では伝統校の意地をみせてくれることを期待しています。

箱根駅伝ファンから根強い人気がある早稲田大学の予想順位や戦力を分析して区間オーダーを予想していきたいと思います。

また、早稲田大学が上位へ進出していくための注目選手もあげていきたいと思います。


スポンサーリンク




箱根駅伝2019の順位予想 早稲田大は何位?

最近2年間は総合3位、今年まで8年連続で総合5位以内と安定した成績を残していますが、今年はなかなか厳しい戦いになるのではないかと思います。

今年は出雲駅伝10位・全日本大学駅伝では関東の大学で最下位となる15位と結果が振るわなかったですが、ルーキーの活躍と主力の状態が良ければシード争いに入ってくる力はあるのではないかと思います。

また、前大会で好走した5区山登りの安井雄一選手が卒業したので、5区山登りを走る選手がキーマンになってくるのではないかと思います。

主力選手が好走及び5区が昨年並みの走りが出来れば上位争いも見えてきますが、実際には10位前後ではないかと予想をします。

箱根駅伝2019 早稲田大の区間オーダー予想

大学のエントリー選手(名前・学年・10000M/ハーフ・過去の戦績)

  • 小澤 直人(4年)29:34/63:42
  • 清水 歓太(4年)29:24/63:08 (18)9区1位 (17) 10区9位
  • 永山 博基(4年)28:25/62:55 (18)7区12位(17) 2区10位 (16)4区4位
  • 伊澤 優人(3年)29:44/63:47
  • 大木 皓太(3年)29:39/65:09 (18)8区14位
  • 太田 智樹(3年)28:56/62:48 (18)2区6 (17)8区14位
  • 新迫 志希(3年)29:07/64:03
  • 真柄 光佑(3年)29:54/63:39
  • 宍倉 健浩(2年)29:17/65:22
  • 渕田 拓臣(2年)31:51/64:54 (18)6区11位
  • 吉田 匠 (2年)29:58/63:55
  • 太田 直希(1年)29:26/65:38
  • 千明 龍之佑(1年)29:10/63:40
  • 中谷 雄飛(1年)29:07
  • 半澤 黎斗(1年)29:25/66:55
  • 向井 悠介(1年)29:32

大学区間エントリー予想オーダー

  • 1区永山 博基(千明 龍之佑)
  • 2区清水 歓太
  • 3区中谷 雄飛
  • 4区千明 龍之佑(永山 博基)
  • 5区大木 皓太(吉田 匠)
  • 6区渕田 拓臣
  • 7区太田 智樹(新迫 志希)
  • 8区太田 直希(吉田 匠)
  • 9区真柄 光佑(伊澤 優人)
  • 10区小澤 直人

早稲田大の両エース永山選手と太田智樹選手の状態次第で区間オーダーもだいぶ変わってくるかなと思います。

もし、この2人が走れるならということを想定してオーダーを予想していきます。

まず、永山選手の方が状態が良いということですので往路の主要区間、太田智樹選手は復路の区間に配置をしました。

もし、太田選手が往路の主要区間を走れる状態であれば一気に早稲田も上位争いに加われる可能性もあるかもいれません。

早稲田大学は今年の三大駅伝では1,2年生の下級生を多く起用をしてきました。特に1年生に関しては思いきって使ってきています。

箱根駅伝でも将来を見据えて、ルーキーを多く起用してくる可能性もあるかもしれません。

その中でも、2つの駅伝で不調に終わった早稲田大学の中で唯一、奮起したのが中谷選手でした。ハーフの距離での走りは未知数ですが、期待に応える走りをしてくれるのではないかと思います。

また、一人の期待のルーキー、千明選手は上尾ハーフでまずますの走りをしたのと全日本大学駅伝で1区も経験をしていますので、往路の主要区間に配置されるのではないかと思います。

あと、太田直希選手に関しては太田智樹選手との兄弟リレーも期待をしたいですね。花の2区に関しては、前回9区で区間賞の走りと長い距離の適性のある清水選手になるのではないかと思います。

山の区間に関しては、6区は前回走った渕田選手、5区は可能性があるとするれば大木選手か吉田選手かなと思います。

9.10区に関しては、ハーフの距離をしっかりと走れる上級生で締めくくってもらえればと思います。

スポンサーリンク




箱根駅伝2019 早稲田大の特徴は?

エントリー選手、全員が万全であればなかなか面白い存在の早稲田大学ですが、故障者を抱えている選手や今年の駅伝では好不調の波がある選手など不安要素が多いのが現状です。

箱根駅伝本番までにどこまで万全で走れる選手・チーム力を高めることが出来るかがポイントになってくると思います。

また、これまでの駅伝では下級生を多く起用していることもあるので、これからの早稲田を背負う選手が多く出てきてほしいですね。

箱根駅伝2019 早稲田大の注目選手は?

今大会の箱根駅伝において、早稲田大学躍進のため不可欠であるキーマンになるエースとスーパールーキーの3選手に注目をしたいと思います。

早稲田大学 永山博基選手

名前:永山 博基(4年)

出身校:鹿児島実業高等学校

ベストタイム:10000M 28:25/ ハーフマラソン 62:55

主な駅伝実績:1年次 全日本大学駅伝7区2位 箱根駅伝4区4位

2年次 全日本大学駅伝4区区間賞 箱根駅伝2区10位

3年次 出雲駅伝3区11位 全日本大学駅伝6区3位 箱根駅伝7区12位

4年次

1年次より早稲田大の主力として駅伝に出場している永山選手。

チームの中で10000Mとハーフマラソンでトップタイムの記録を持っております。

前大会では足の違和感で調整がうまくいかず7区を走ったが不本意の走りとなりました。

今年に限っても不調と故障でレースや駅伝には不出場だが、最後の箱根駅伝にむけて早稲田大学のエースとして意地を見せてくれるのではないかと期待したいと思います。

早稲田大学 太田智樹選手

名前:太田 智樹(3年)

出身校:浜松日体高等学校

ベストタイム:10000M 28:56/ ハーフマラソン 62:48

主な駅伝実績:1年次 全日本大学駅伝7区3位 箱根駅伝8区14位

2年次 出雲駅伝1区7位 全日本大学駅伝1区4位 箱根駅伝2区6位

3年次

前大会、箱根駅伝の花の2区を走り、まずまずの走りをしました。

今年も更なる躍進を期待されましたが、故障のため駅伝に不出場となっています。

箱根駅伝の16名のエントリーはされましたので、最悪の状況ではないのではないかと思います。

状態次第だとは思いますが、復路の区間を走ってくれるのではないかと思っております。

太田選手の父親も中央大学で箱根駅伝を走られており、弟の直樹選手もエントリーされております。

太田選手にはこれまで走れていない鬱憤を晴らしてもらうとともに箱根駅伝で兄弟リレーを見てみたいですね。

早稲田大学 中谷雄飛選手

名前:中谷 雄飛

出身校:佐久長聖高等学校

ベストタイム:10000M 29:07

主な駅伝実績:1年次 出雲駅伝3区4位 全日本大学駅伝3区2位

大迫傑選手と同じ佐久長聖高等学校の出身の早稲田大学のスーパールーキー中谷選手。

大迫選手のように箱根から世界へ羽ばたけるような可能性を秘めている非常に楽しみな選手です。

出雲駅伝・全日本大学駅伝でのそれを予感させてくれるような走りをしていました。箱根駅伝では区間賞を獲得するような走りをしてもらいたいです。

箱根駅伝2019 早稲田大の 相楽監督はどんな人?

早稲田大学の選手時代は箱根駅伝で1年次5区、3年次6区の山区間を担当。

卒業後は福島県内の高校で教員として勤務されていて、2005年より早稲田大学の駅伝コーチに就任。2015年渡辺康幸前監督の退任後に駅伝監督に就任しています。

早稲田大学の2010年に達成した際は駅伝部のコーチとしてチームを支えていました。

まとめ

  • 早稲田大学は出雲駅伝・全日本大学駅伝で結果が振るわず苦戦が予想
  • 区間オーダーは両エースの永山博基選手と太田智樹選手の状態次第
  • 今年の駅伝は下級生を多く起用。唯一、奮起したのはスーパールーキーの中谷雄飛選手
  • 注目選手は永山選手・太田智樹選手・中谷雄飛選手

スポンサーリンク




合わせて読みたい記事