スポンサーリンク





2019年1月2・3日に開催される第95回箱根駅伝、前回大会でまさかのシード落ちとなってしまった駒澤大学。

出直しとなった箱根駅伝予選会においては余裕のトップ通過し、本選でも上位の有力校として期待されている駒澤大学の順位と区間オーダーを予想と注目選手をあげていきたいと思います。

大学駅伝において、平成の常勝軍団と呼ばれていた駒澤大学の平成最後の箱根駅伝ではどんな結果が見られるのか楽しみですね。


スポンサーリンク




箱根駅伝2019の順位予想 駒澤大は何位?

予選会ではトップ通過した駒澤大学。

飛び抜けたエースはいないが戦力は充実していますので青山学院大学・東洋大学・東海大学の3強に対抗できるのではないかと思います。

11月に行われた全日本大学駅伝では4位に入り、予選会のトップ通過に引き続き総合力の高さを見せてくれています。

ただ、箱根駅伝におきましては優勝から遠ざかっているとともにここ2年ほど力を出しきれていない状況です。

ただ、今年の駒澤大学はハーフを走れる戦力は充実しているので、1・2区からの出遅れと山区間をしっかりと走れることが上位そして優勝争いが出来るのではないかと思います。

駒澤大学には3強の一角を崩すとともに優勝争いを繰り広げてくれる強い駒澤大学を期待したいと思います。

箱根駅伝2019の駒澤大の区間オーダー予想

駒澤大学のエントリー選手(名前・学年・10000M/ハーフ・過去の戦績)

  • 伊勢 翔吾(4年)29:21/62:38 (18)10区4位 (17)7区12位
  • 片西 景 (4年)28:37/61:50 (18)1区3位 (17)9区4位
  • 下 史典 (4年)28:56/62:36 (18)3区9位 (17)3区8位
  • 白頭 徹也(4年)29:14/63:30 (18)8区13位
  • 堀合 大輔(4年)29:10/63:17 (18)9区2位 (17)10区6位
  • 大坪 桂一郎(3年)30:10/65:33(18)5区16位
  • 中村 大成(3年)29:12/63:15
  • 中村 大聖(3年)29:45/62:44
  • 原嶋 渓(3年)29 :47/64:27
  • 山下 一貴(3年)28:31/62:46 (18)2区13位
  • 伊東 颯汰(2年)28:34/63:13
  • 小島 海斗(2年)29:39/62:41
  • 小原 拓未(2年)29:18/62:54
  • 加藤 淳(2年)28:36/63:12
  • 神戸 駿介(2年)30:01/63:22
  • 花崎 悠紀(1年)※14:27/64:48

駒澤大学区間エントリー予想オーダー

  • 1区山下 一貴(加藤 淳)
  • 2区片西 景
  • 3区加藤 淳(山下 一貴)
  • 4区中村 大聖(伊勢 翔吾)
  • 5区伊東 颯汰
  • 6区中村 大成
  • 7区小原 拓未(中村 大聖)
  • 8区小島 海斗(白頭 徹也)
  • 9区伊勢 翔吾(下 史典)
  • 10区堀合 大輔

往路の1~3区に関しては、駅伝の流れに乗るために山下選手・片西選手・加藤選手になると思います。

あとは並び順かなと思います。

加藤選手は全日本大学駅伝で1区をまずまずの走りを見せましたが、ハーフの距離や経験を考えると山下選手でいくのではないかと思います。

2区はこれまで主要区間で好成績を残している満を持して片西選手

難しいのは4区で山区間が未知数なだけにしっかりと走れる選手を起用したいですね。

予選会でチーム2番目だった伊勢選手か4番目の中村大聖選手かなと思います。

問題は山区間ですね。

前大会ではシード落ちした要因としては山区間での失速が原因であり、そこをどう乗りきれるかだと思います。

夏から準備をしていると噂されるとともに予選会でも好走した伊東選手と中村大成選手に託したいと思います。

復路に関しては、勢いのある2年生コンビと経験のある4年生を組んでくるのではないかと思います。

4年生の主力選手の一人だった物江雄利選手がエントリーされていないのが残念ですが、他の選手が彼の分まで走ってくれるのではないかと思います。

また、実力者である下選手の状態次第でどこかの区間で起用されるのではないかと思います。

好調であれば復路、絶好調であれば往路起用も考えられます。

有終の美も飾ってもらいたいとも思っております。

なお、前大会では駒澤大学らしくない各区間順位が凸凹だったので今年は調子の良い選手を並べてくるのではないかと予想します。

箱根駅伝2019駒澤大の特徴は?

エントリーされているメンバーは箱根駅伝で区間賞をとった選手や他校と比べて飛び抜けた絶対的エースはおりませんが、スピードを兼ね備えたロードに強い実力者が揃っているのが駒澤大学かなと思います。

エントリーされた16名の選手は各学年バランスよくエントリーされています。

箱根予選会は全員が64分以内、全日本大学駅伝では全員が大崩れすることなく安定した走りができているのもの特徴です。

箱根駅伝でも大崩れすることなく走れることが出来ればシードは確実であり、上位もうかがえるかと思います。

箱根駅伝2019 駒澤大の注目選手は?

駒澤大学の注目選手にこれまで主力選手として駒澤大学を4年生の伊勢選手・片西選手・下選手・堀合選手をあげたいと思います。

前大会ではシード落ちを経験してチームを引っ張てきた4年生ぜひ有終の美を飾ってもらいたいですね。

駒澤大 伊勢 翔吾選手

名前:伊勢 翔吾

出身校: 市立船橋高等学校

ベストタイム:10000M 29:21/ ハーフマラソン 62:38

主な駅伝実績:1年次

2年次 全日本大学駅伝7区6位 箱根駅伝7区12位

3年次 箱根駅伝10区4位

4年次 全日本大学駅伝3区9位

予選会では片西選手に次ぐ2番目でゴールをしたロードでは安定した走りができる伊勢選手。

堅実に走ることができ、どこの区間においても安定した走りができる貴重な存在。本番ではどんな走りをしてくれるかが楽しみです。

駒澤大 片西景選手

名前:片西 景

出身校: 昭和第一高等学校

ベストタイム:10000M 28:37/ ハーフマラソン 61:50

主な駅伝実績:1年次

2年次 全日本大学駅伝6区6位 箱根駅伝9区4位

3年次 出雲駅伝6区7位 全日本大学駅伝1区2位 箱根駅伝1区3位

4年次 全日本大学駅伝2区5位

駒澤大学のエース。ハーフマラソンでは61分台の記録を持ち、駅伝では区間賞はないものの安定した走りをしており確実性は高い。

最後の箱根駅伝では区間賞を獲得する走りを期待したいです。

駒澤大 下史典選手

名前:下 史典

出身校:伊賀白鳳高等学校

ベストタイム:10000M 28:56/ ハーフマラソン 62:36

主な駅伝実績:1年次 全日本大学駅伝5区8位

2年次 出雲駅伝4区2位 全日本大学駅伝4区4位 箱根駅伝3区8位

3年次 出雲駅伝2区3位 全日本大学駅伝4区7位 箱根駅伝3区9位

4年次

1年次より三大駅伝に出場している主力選手。

2・3年の時は、学年で唯一三大駅伝に出場しています。

今年はまだ駅伝には走ってはいませんが、経験面ではチーム1です。

彼の状態次第で区間配置が変わるかもしれません。

駒澤大 堀合大輔選手

名前:堀合 大輔

出身校:青森山田高等学校

ベストタイム:10000M 29:10/ ハーフマラソン 63:17

主な駅伝実績:1年次

2年次 箱根駅伝10区7位

3年次 出雲駅伝4区5位 全日本大学駅伝6区区間賞 箱根駅伝9区2位

4年次 全日本大学駅伝7区8位

駒澤大学のエントリーメンバーの中出、唯一、三大駅伝で区間賞をとっているのが堀合選手です。

全日本大学駅伝では主力選手が揃う7区をまずますの走りをしていました。

物江選手がエントリー漏れから主将としてチームをまとめています。

箱根駅伝2019 駒澤大の大八木監督はどんな人?

実業団へ進むが、その後駒澤大学に入学して箱根駅伝で活躍をした異色のランナー。

箱根駅伝では5区と2区で区間賞を獲得するなど箱根駅伝で活躍。

卒業後は実業団で選手として続けた後、駒澤大学の1995年にコーチに就任。2004年より監督に昇格しました。

平成の常勝軍団と言われる駒澤大学があるのも大八木監督がいたからであり、箱根駅伝において、監督車からの大八木監督の激励は箱根駅伝での名物となっている。

まとめ

  • 予選会は余裕のトップ通過、全日本大学駅伝では4位と青山学院大・東洋大・東海大の3強に対抗できる力は持っている
  • 区間オーダーのカギとなるのは前半区間と山区間
  • エントリー選手は各学年バランスよくエントリー
  • 注目選手としては伊勢選手・片西選手・下選手・堀合選手
  • 大八木監督の監督車からの激励は箱根駅伝の名物

スポンサーリンク