2020年12月22日(火)から東京ディズニーランドにもスタンバイパスが導入されました!

ディズニーシーではすでにソアリンとトイ・ストーリー・マニア!がスタンバイパスの対象になっていましたね。

実際にディズニーランドでスタンバイパスを取得・利用してみると、うまく使いこなすにはちょっとしたコツが必要になることがわかりました。

スタンバイパスを取得できる時間や発券状況、別のエントリーに当選した場合やプライオリティシーティングを予約している時のスケジュール管理など。

それに先駆けて、まずはスタンバイパスの取り方、利用方法を知らないといけないですよね。

それでは気になるスタンバイパスの攻略法をみていきましょう!

merimeri

ファストパスとは取り方、利用方法が違うので注意しましょう。





【体験レポ】ディズニーランドスタンバイパス攻略法!

まずは12月22日にディズニーランドにも導入されたスタンバイパスについて、実際の体験レポから攻略の鍵となりそうなことをまとめてみました。

<ディズニーランドスタンバイパス攻略法>
  • まずはスタンバイパスの利用方法・条件を理解しよう!
  • スタンバイパスを取得できる時間に注意!ディズニーシーで発券されていたスタンバイパスからの改正点もあり。
  • スタンバイパス対象のアトラクションは朝一や閉園時間前にスタンバイ乗車できることがある。
  • スタンバイする時間帯によっては待ち時間が長くなる場合も・・・。
  • スタンバイパスを利用する場合は、ディズニーランドへの入園時間にも注目。
  • スタンバイパスで並ぶ時はその後のスケジュールに注意!予定がかぶらないように気を付けよう。

以上のようなことを押さえておくと、ディズニーランドでのスタンバイパスを楽に攻略することができるでしょう。

なお、新しくスタンバイパスが導入されたディズニーランドのアトラクションは以下のとおりです。

<ディズニーランドスタンバイパス対象アトラクション>
  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • プーさんのハニーハント
  • スペース・マウンテン
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク”!

以前のファストパス対象アトラクションがほぼそのままスタンバイパス対象のアトラクションになった感じですね。

なお、ファストパスの対象だったホーンテッドマンションは今回スタンバイパスの対象外です。

それでは次からスタンバイパス攻略法を詳しくご紹介していきます。

ディズニーランドスタンバイパスの改正点は?

2021年9月23日からディズニーシーのソアリン、トイ・ストーリー・マニア!で導入されたスタンバイパスですが、12月22日からディズニーランドのアトラクションも対象となり、パスの利用内容に変更がありました。

12月21日まではスタンバイパスの利用時間が過ぎないと次のスタンバイパスを取ることができませんでしたが、以下のように変更されました。

  • 発券した時刻から利用時間が30分以内なら、発券時刻から30分後に取得できる。
  • 発券した時刻から利用時間が2時間以上だと発見した時刻から2時間後に取得できる。
  • 発券した時刻から利用時間が30分~2時間未満だと、アトラクションの利用時間から発券できる。

これはうれしい変更ですね。

この取得時間のルールを理解していると、効率よくスタンバイパスを取得できると思いますよ。

事前に覚えておきたいポイントです。

ディズニーランドスタンバイパス導入につき並んで乗ることはできないの?

スタンバイパス対象のアトラクションでも時間によっては通常のスタンバイで乗ることができます。

時間は開園後の朝一か閉園時間前になります。

例外のアトラクションもありますので注意してください。

プーさんのハニーハントとビッグサンダー・マウンテンは今のところ夜はスタンバイできますが、朝一はスタンバイ乗車ができないようです。

スタンバイパスは1アトラクションに付き1日1回しか取得できませんので、スタンバイパス対象のアトラクションに何度も乗りたいという方は、朝から入園して開園後、閉園時間前の通常スタンバイを狙うとよさそうですね。

またスタンバイが可能な時間は各アトラクションによって異なるようですので、現地で公式アプリやキャストに確認しながら利用するようにしましょう。

ディズニーランドスタンバイパス導入で待ち時間は?

待ち時間はスタンバイパスを利用する時間によってかなり変わってきます。

ちなみにスタンバイパスが導入された12月22日では午前よりも午後の待ち時間が長くなる傾向にあったようです。

特に15時以降が長くなったとか。

ディズニーランドではスプラッシュ・マウンテン、ビッグサンダー・マウンテン、スペース・マウンテンが比較的長めの待ち時間になるようです。

時間帯によっても異なりますがスタンバイ時間はだいたい20分~60分と考えておくとよさそうです。

ディズニーランドスタンバイパス導入で全アトラクションに乗れるのか?

開園後と閉園前の通常スタンバイが可能な時間を上手く利用すれば全アトラクションに乗れると思います。

また更にスタンバイパスの取得順を工夫すれば、日によっては全部のスタンバイパスを取ることも可能かもしれません。

SNSなどをみると、今のところ6アトラクションのスタンバイパスの内5つ取れたというコメントがみられますね。

ディズニーランドスタンバイパスの時間は被ることはある?

ディズニーランドスタンバイパスの時間は被ることがあります!

待ち時間が長くなってしまうと直後のスタンバイパスが利用できなくなる可能性も。

またこれにレストラン予約が入っていたりエントリーが当選していると、スケジュールがきつくなってしまいますね。

スケジュールを上手く調整してスタンバイパスを取得する必要がありそうです。

もし利用時間に間に合わなければ、スタンバイパスはキャンセルできませんので、そのまま諦めるしかありません。

スタンバイパスは利用時間を把握して、他のスタンバイパスと時間が被らないように取得しましょう。

ディズニーランドスタンバイパス発券終了時間は?

スタンバイパスが導入された12月22日の推移を参考までご紹介します。

あくまでも目安ですので、日によって大きく異なる場合もあります。

<発券終了時間>
ビッグサンダー・マウンテン14時
スプラッシュ・マウンテン19時
プーさんのハニーハント14時
スペース・マウンテン13時30分
バス・ライトイヤーのアストロ・ブラスター15時30分
モンスターズ・インク“ライド&ゴー・シーク!”15時30分

やっぱりスプラッシュ・マウンテンを筆頭にビッグサンダー・マウンテン、スペース・マウンテンが人気ですね。

それに続いてプーさん、バズ、モンスターズ・インクと続きます。

スタンバイパスは3大マウンテンを優先した方がよさそうです。




スタンバイパスとファストパスの違い

ファストパススタンバイパス
待ち時間短くなるファストパスより長くなることも
取得回数発券が続く限り何度も1アトラクションに付き1日1回
取得方法アプリかパーク内の発券機ディズニーリゾート公式アプリのみ

スタンバイパスはファストパスと違って待ち時間を短くできる訳ではなく、アトラクションを利用するために並べるパスになります。

そのため並ぶ時間によっては待ち時間が長くなることも・・・。

また注意していただきたいのは1アトラクションに付き1日1回しか取得できません。

ファストパスのように何度も取得することができないんですね。

そのため入退園時間によってはスタンバイパスの発券が終了していて乗れないアトラクションが出てくる場合もあります。

ファストパスはパーク内の発券期でも取得できましたが、今回のスタンバイパスは公式アプリから取得しますのでスマホが必須になります。

チケットも今はオンラインが主流ですのでスマホは忘れられませんね。

ほかにファストパスはキャンセルできましたが、スタンバイパスはキャンセルできません。

こちらも気を付けたいですね。

ディズニーランドスタンバイパス取り方のコツ

スタンバイパスの取り方をご説明します。

<スタンバイパスの取り方>
  1. 東京ディズニーリゾート公式アプリを開く
    ※事前にアカウント登録が必要です。
  2. トップページのプラン「スタンバイパス」をタップ
  3. チケットのQRコードをグループ全員分スキャン
  4. 選択人数をチェック
  5. 利用時間を確認して、アトラクションを選択
    ※レストランなど他の予定と照らし合わせるようにしましょう。
  6. 注意事項を確認
  7. 最終確認でアトラクション、利用時間、人数を再確認して下の取得ボタンを押す
  8. 利用可能時間にアトラクションに並べばOK

ファストパスをアプリから取得したことがある方なら、簡単に操作することができると思いますよ。

せっかく取ったスタンバイパスの利用時間を忘れないように、アプリをこまめにチェックしたいですね。

10時半入園と12時入園ってどうなの?

現在のスタンバイパスの発券状況をみると、10時半入園ではスタンバイパスの利用時間にこだわらないのであれば対象アトラクションのスタンバイパスが全て発券できそうです。

12時入園でもスタンバイパスは取れますが、多少遅い利用時間になってしまいそうです。

小さいお子さん連れの方や早い帰宅予定の方にはちょっと厳しいかもしれませんね。

また昼過ぎからスタンバイパスの発券が終了し始めます。

そのため、乗れないアトラクションが出てくるかもしれません。

数多くスタンバイパスを取得してアトラクションを利用したい場合は、できるだけ早い時間からの入園がおすすめです。

ディズニーランドスタンバイパスとエントリーの使い分けは?

現在ディズニーランドでエントリー対象のアトラクション

  • 美女と野獣“魔法の物語”
  • ベイマックスのハッピーライド

です。

スタンバイパスが早いもの勝ちの取得に対してエントリー抽選です。

こちらも公式アプリから取得することになります。

エントリーはいつ入園しても当選のチャンスがありますので、忘れずにエントリーするようにしましょう。

まとめ

  • 12月22日(火)からディズニーランドでもスタンバイパスが導入された。
    対象アトラクションはビグサンダー・マウンテン、スプラッシュ・マウンテン、プーさんのハニーハント、スペース・マウンテン、バズ・ライトイヤーのアストロブラスター、ンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク”!。
  • スタンバイパスは3大マウンテン→プーさんのハニーハント→バズ、モンスターズ・インクの順で発券が終了する傾向。
  • スタンバイパス対象のアトラクションでも開園後一や閉園前にスタンバイ乗車することができる。
    ただし例外のアトラクションもあるので注意。
  • 10時半入園でも12時入園でもスタンバイパスは取得できるが、数多くスタンバイパスを取得したい、たくさんアトラクションに乗りたい場合は朝一の入園がおすすめ。
  • スタンバイパスの利用時間が、他のスタンバイパスやエントリー時間、レストランの予約と被らないようにスケジュール調整が必要な場合も。
  • スタンバイパスは早いもの勝ち、美女と野獣“魔法の物語”とベイマックスのハッピーライドの利用はエントリーとなって抽選。公式アプリをダウンロードしたスマホは必須。