1月2.3日に行われる箱根駅伝2020、大学の最終学年となる4年生はこの箱根駅伝が大学陸上生活の集大成ともなる学生最後の駅伝となります。

卒業後の2020年4月には新社会人として、実業団にいく選手や大学生活をもって競技を引退するなどそれぞれが様々な進路へと進んでいきます。

箱根駅伝をはじめ大学駅伝で活躍した選手たちの気になる進路(実業団や就職先)についてまとめていきます。

箱根駅伝をフルでライブ視聴を無料でしたい方はクリック!

↓今すぐ1分で簡単に登録できます↓





2020年3月卒業後の主な選手の大学別進路一覧(2020年4月入社)

陸上生活を送りながら、卒業後を見据えてそれぞれが就職活動や進路を決定した4年生の進路先を大学別にまとめていきたいと思います。

まだ決定していない選手や発表されていない選手もおりますので現在決定している(発表されている)選手は下記のようになっています。

【東海大学】
館沢 亨次DeNAランニングクラブ
鬼塚 翔太DeNAランニングクラブ
小松 陽平プレス工業
阪口 竜平SGH
關 颯人SGH
郡司 陽大小森コーポレーション
西川 雄一郎住友電工
中島 怜利大阪ガス
松尾淳之介DeNAランニングクラブ
高田凛太郎プレス工業
羽生拓矢トヨタ紡織
木村理来愛三工業
【青山学院大学】
鈴木 塁人SGH
生方 敦也スバル
中村 友哉大阪ガス
【東洋大学】
相澤 晃旭化成
今西 駿介トヨタ自動車九州
定方 駿マツダ
渡邉 奏太サンベルクス
小室 翼愛知製鋼
中村 駆トーエネック
【駒澤大学】
山下 一貴MHPS
中村 大聖ヤクルト
中村 大成富士通
【帝京大学】
岩佐 壱成大塚製薬
島貫 温太GMO
小森 稜太NTN
平田 幸四郎SGH
【法政大学】
佐藤 敏也トヨタ自動車
坪井 彗
コニカミノルタ
【國學院大學】
浦野 雄平富士通
青木 祐人トヨタ自動車
【順天堂大学】
藤曲 寛人トヨタ自動車九州
橋本 龍一プレス工業
野田 一輝中電工
難波 皓平小森コーポレーション
【拓殖大学】
赤崎 暁九電工
中井 慎吾セキノ興産
【中央学院大学】
横川 巧JR東日本
【中央大学】
舟津 彰馬九電工
田母神 一喜阿見アスリート
【早稲田大学】
太田 智樹トヨタ自動車
新迫 志希中国電力
日本体育大学】
中川 翔太安川電機
山口 和也中国電力
廻谷 賢サンベルクス
森田 諒太NTT西日本
【日本大学】
阿部 涼YKK
【東京国際大学】
真船 恭輔八千代工業
相沢 悠斗コニカミノルタ
山瀬 大成安川電機
【神奈川大学】
荻野 大成旭化成
【明治大学】
阿部 弘輝住友電工 
中島 大就中国電力
【国士舘大学】
鼠田 章宏セキノ興産
【大東文化大学】
奈良 凌介ヤクルト
大澄 克弥カネボウ
【城西大学】
荻久保 寛也ヤクルト
【山梨学院大学】
山田 大輔セキノ興産
【上武大学】
佐々木 守愛知製鋼
【麗澤大学】
国川 恭朗スバル
【創価大学】
米満 怜コニカミノルタ
ムソニ・ムイルJR東日本

大学長距離界のあの注目選手の進路先は??

相澤 晃

東洋大学 ⇒ 旭化成

今年の大学長距離界NO.1選手でもある相澤晃選手の進路先は、実業団の名門でもある「旭化成」です。

ニューイヤー駅伝でも優勝をしている実業団の強豪チームであり、所属選手にも箱根駅伝で活躍をした村山謙太選手や同じ東洋大学の先輩の山本修二選手をはじめ、10000Mのトラックの日本記録保持者の村山紘太選手や日本歴代2位の鎧坂哲哉選手など日本のトップ選手がいます

その中で、相澤晃選手が目標としているトラックでの東京オリンピック出場や日本記録の更新などしてくれることを期待したいと思います。

阿部 弘輝

明治大学 ⇒ 住友電工


現在、大学生で唯一10000Mを27分台の自己ベストをもっている阿部弘輝選手の進路先は、かつては早稲田大学で選手として名を残した渡辺康幸さんが監督を務めているとともに、今年、日本選手権10000Mで優勝をした、箱根駅伝の駅伝男と呼ばれる田村和希選手が在籍をしている「住友電工」です。

名監督のもとでどのように飛躍をとげてもらいたいと思います。

黄金世代の東海大学の選手の進路先は??

黄金世代と呼ばれている東海大学の4年生は12名の選手が卒業後に実業団へと進み競技を続けていきます

他の大学に比べて多くの選手が競技を続けるのは凄いですよね。

主な進路先としては、館沢亨次選手・鬼塚翔太選手・松尾淳之介選手は瀬古利彦さんがアドバイザーを務めるDeNA、阪口竜平選手・關颯人選手がSGH、小松陽平選手・高田凛太郎選手がプレス工業、郡司陽大選手が小森コーポレーション、西川雄一朗選手が住友電工などそれぞれの道へと進んでいきます。

学生時代はライバルであり仲間であった黄金世代の東海大学のメンバーがそれぞれの所属・ユニホームで対決をしている姿も楽しみにしたいと思います。

2020年4月に入社する選手の中で注目、実業団チーム

SGH(佐川急便グループ)


東海大学の阪口竜平選手や關颯人選手、青山学院大学の鈴木塁人選手、帝京大学の平田幸四郎選手が所属予定の京都にある実業団チームです。

SGHと聞くとわからないかもしれませんが、「佐川急便グループ」と聞くとなじみがあるかもしれませんね。

SGHは、ここ数年は大学生の選手の勧誘に力を入れており、今年の3月には、橋詰大彗選手(青山学院大学OB)や三上嵩斗選手、湯澤舜選手(東海大学OB)竹下凱選手(帝京大学OB)も入社しており、現在は東海大学のOBや青山学院大学のOB選手が多く在籍をしています。

2020年4月の入社も日本選手権覇者の3000SCの阪口竜平選手スピードランナーの關颯人選手などトップクラスの選手が入社してニューイヤー駅伝で上位進出していくのではないかと思います。

DeNAランニングクラブ


館沢亨次選手・鬼塚翔太選手・松尾淳之介選手の3名が進むDeNAはエグゼクティブアドバイザーとして瀬古利彦さんが務めている2013年にできたチームです。

実はDeNAランニングクラブはそれぞれの選手がトラックやマラソンに専念するため、チーム自体が駅伝から撤退をしているため、箱根駅伝2020が所属チームでの最後の駅伝レースになる可能性もありますのでその面でも注目してもらいたいと思います。

まだ進路が決まっていない選手はいるの??

実は、まだ発表をされていない選手が何名かいます。

箱根駅伝2019や出雲駅伝2019や全日本大学駅伝2019で活躍をしたトップ選手もいますので、既に進路は決定しているかと思いますが、所属チームの関係上、発表を控えている可能性もあります。

発表されるのを楽しみにしたいと思います。

≪まだ発表されていない主な選手≫

  • 竹石 尚人(青山学院大学)
  • 伊藤 達彦(東京国際大学)
  • 土方 英和(國學院大學)
  • 青木 涼真(法政大学)
  • 岡原 仁志(法政大学)
  • 川村 悠登(中央学院大学)
  • 有馬 圭哉(中央学院大学)
  • 越川 堅太(神奈川大学)
  • 西嶋 雄伸(城西大学)

競技を続けない選手はいるの??

大学卒業後に、実業団で競技を続けず大学生活で区切りをつける選手がいます。

箱根駅伝2020がその選手たちのアスリートとしての最後のレースになる可能性があり、ユニホームを着て駅伝を走る姿が最後にもなるかもしれませんので、下記の選手にも注目してみてもらえればと思います。

≪実業団に進まない主な選手≫

  • 吉田 祐也(青山学院大学)
  • 三輪 軌道(明治大学)

箱根駅伝をフルでライブ視聴を無料でしたい方はクリック!

↓今すぐ1分で簡単に登録できます↓

まとめ

  • 大学長距離界NO.1の相澤晃選手は旭化成、10000M27分台ランナーの阿部弘輝選手住友電工へ
  • 黄金世代の東海大学は12名の選手が実業団で競技を継続
  • 現在、進路が発表されていない選手が駅伝で活躍をした選手もいる
  • 実業団が進まない競技に一区切りをつける選手は箱根駅伝2020が最後の駅伝になる可能性有