2019年1月2・3日に開催される第95回箱根駅伝、優勝候補である青山学院大学と東洋大学と並び3強の一角と言われている東海大学。

黄金世代と呼ばれる3年世代が10名エントリーされており、その黄金世代の選手たちがどの区間に配置されるのだろうか。

そして、箱根駅伝初優勝に向けて並々ならぬ意気込みを見せている両角監督。

そんな東海大学の予想オーダーと注目選手をあげていきたいと思います。





箱根駅伝2019の順位予想 東海大は何位?

箱根駅伝2019の東海大学の順位としては、出雲駅伝2018では3位、全日本大学駅伝では2位とこのままいけば箱根駅伝は優勝と期待されるところですが、今回の東海大学の順位予想としては3もしくは4位になるのではないかと思います。

各選手がそれぞれもっている潜在能力を発揮することが出来れば優勝というのが見えてくるのですが、青山学院大学や東洋大学と比べて少し安定感に劣ってしまいます。

また、予想の段階で区間配置に関して、この選手はこの区間だろうという確信できる区間がなかなかなく、両角監督の采配が試されるのではないかと思います。

箱根駅伝2019の東海大の区間オーダー予想

東海大学のエントリー選手(名前・学年・10000M<※は5000M>/ハーフ・過去の戦績)

  • 東 優汰 (4年)※14:01/63:19
  • 湊谷 春紀(4年) 28:41/62:52 (18)9区5位・(16)1区16位
  • 湯澤 舜 (4年) 29:13/63:12
  • 鬼塚 翔太(3年) 28/17/62:03 (18)3区3位・(17)1区2位
  • 郡司 陽大(3年) 29/05/63:23
  • 河野 遥伎(3年) 29/31/64:48
  • 小松 陽平(3年) 28/35/63:07
  • 阪口 竜平(3年)※13/41/62:32 (18)2区7位
  • 關 颯人 (3年) 28/23/63:12 (17)2区13位
  • 館澤 亨次(3年)※13/48/63:14 (18)8区2位・(17)5区13位
  • 中島 怜利(3年) 29:15/62:28 (18)6区2位・(17)6区8位
  • 西川 雄一朗(3年)※13:56/62:42
  • 松尾 淳之介(3年)28:50/62:17 (18)5区12位・(17)4区12位
  • 鈴木 雄太(2年) 29:21 /63:31
  • 西田 壮志(2年)28:58/63:36
  • 本間 敬大(1年)13:58 /63 . 52

東海大学区間エントリー予想オーダー

  • 1区西川 雄一朗
  • 2区阪口 竜平(湊谷 春紀)
  • 3区鬼塚 翔太(關 颯人)
  • 4区館澤 亨次(郡司 陽大)
  • 5区西田 壮志(松尾 淳之介)
  • 6区中島 怜利
  • 7区關 颯人(鬼塚 翔太)
  • 8区小松 陽平(館澤 亨次)
  • 9区湊谷 春紀
  • 10区湯澤 舜

今大会の東海大学の区間オーダー予想は非常に難しいですね。ケガから復帰した選手や不調の選手もいる状況とともに前大会で結果を残せなかったりしているので、両角監督が選手を見極めてどういう配置をしていくのかが楽しみですが、ある程度これまでのデータと情報をもとに予想をしていきます。

まず、1区は出雲駅伝及び全日本大学駅伝で1区を務めた西川選手になるのではないかと思います。

出雲では区間6位、全日本では区間4位と安定しているので計算がある程度できるのではないかと思います。

2区は前大会も走っている阪口選手ではないかと思います。調子次第では湊谷選手も考えられますが、11月に行われた上尾ハーフで阪口選手は62分32秒とベストで走り出場の目途がたったのではないかと思います。

3・4・7区に関しては黄金世代の中心メンバーである鬼塚・舘澤・關選手にこれまで満足のいく走りが出来ていない箱根駅伝の雪辱を果たしてもらいたいです。

5区に関しては宮上選手以降、5区は苦戦しており、今年は西田選手がチャレンジするのではないかと思います。

5区次第でシード圏争いまで行ってしまう可能性もあるので、経験がある松尾選手もいるのでこれも調子次第かなと思います。

6区は両角監督も本人も明言している通り中島選手になるのではないかと思います。

小野田選手を上回るのを期待したいです。8・9・10区に関しては堅実に走れる選手を配置となりました。

区間予想としては、どの選手がどこに配置されるのか両角監督の采配が試されるのではないかと思います




箱根駅伝2019 東海大の特徴は?

黄金世代と呼ばれる3年生が10名もエントリーされている東海大学。

潜在能力はどの大学よりも高くはまった時の強さは計り知れないかと思います。

その一方で、良い時と悪い時がはっきりとするのも東海大学の特徴でもあり、スピード集団ゆえの諸刃の剣にもなるので一度崩れてしまえばシード争いもしくは最悪の場合はシード落ちまでもなりかねなく、やってみないとわからないというのがあります。

ただ、今回に向けての両角監督の意気込み・覚悟も強く夏の走り込みからロードに力を入れて取り組んできた成果が本番ででれば面白いですね。

箱根駅伝2019 東海大の注目選手は?

東海大学といえば、黄金世代の3年生でその中でも、館澤 亨次選手、關 颯人選手、鬼塚 翔太選手があがりますが、ここでは、下記3選手に注目をしたいと思っております。

東海大学が優勝争いをするためには3選手の活躍が不可欠ではないかと思います。

東海大 湊谷春紀選手

名前:湊谷 春紀

出身校: 秋田工業高等学校

ベストタイム:10000M 28:41/ハーフマラソン 62:52

主な駅伝実績:1年次 全日本大学駅伝3区3位 箱根駅伝1区16位

2年次 出雲駅伝6区5位

3年次 全日本大学駅伝5区2位 箱根駅伝9区5位

4年次 全日本大学駅伝7区9位

チームの主将である湊谷選手、黄金世代の影に隠れてきましたが、1年次より三大駅伝にも参加しており、経験値ではチーム1とも言えます。

長い距離にも対応力を持っており、復路が予想されますが、主力に何かあった場合は往路にも起用されるなどどこの区間でも走れる対応力をもっている選手だと思います。

まだ駅伝では区間賞をとっていないので有終の美を飾ってもらいたいですね。

東海大 阪口竜平選手

名前:阪口 竜平

出身校: 洛南高等学校

ベストタイム:

主な駅伝実績:1年次

2年次 出雲大学駅伝1区区間賞 箱根駅伝2区7位

3年次

黄金世代メンバーの一人でもある阪口選手は3000SCにおいて、海外に遠征をするなどトラックでもスピードランナーとして結果を残しています。

前大会では花の2区を走りまずまずの結果を残していますが、3年次はケガもあってまだ駅伝に出場していません。

ただ、11月に行われた上尾ハーフでベスト記録で走っており箱根に目途がたったのではないかと思います。彼の状態で区間配置も大きく変わると思います。順調に当日を迎えてもらいたいです。

東海大 西田壮志選手

名前:西田 壮志

出身校:九州学院高等学校

ベストタイム:

主な駅伝実績:1年次

2年次 全日本大学駅伝4区3位

高校より注目されてきた選手が全日本大学駅伝で大学駅伝デビューしました。

結果はまずまずの成績で箱根にも期待が持たれています。

箱根ではこれまで山登りの区間でここ数年区間下位に沈んでしまっているので彼が5区をしっかりと走れれば東海大学の上位が見えてくるのではないかと思います。

箱根駅伝2019東海大の両角監督はどんな人?

選手時代は東海大学で4年間箱根駅伝に出場をして活躍をしております。

卒業後は実業団で選手として活躍。引退後は駅伝で有名校の佐久長聖高等学校で勤務。

高校時代に将来、オリンピックや箱根駅伝で活躍する選手を指導し、それまで無名校であった佐久長聖高等学校を高校駅伝に強豪校になりました。

2011年より東海大学の駅伝の監督に就任。監督会見でも両角監督の今回の箱根駅伝にかける想いの強さがすごく伝わってきます。

まとめ

  • 東海大学は青山学院大学と東洋大学と並んで今大会の3強の一角
  • 3年生の黄金世代が10名エントリーされており、区間配置に関しては両角監督の采配次第
  • 注目選手としては湊谷選手・阪口選手・西田選手
  • 監督である両角監督は今回の箱根駅伝にかける想いは非常に強い




合わせて読みたい記事