平成最後の選抜高校野球が始まり、平成最後の優勝校はどこになるかと注目を集めています。

その中でも優勝候補ともいわれているのが、兵庫県の明石商業です。

近畿大会で準優勝を果たし3年ぶり2回目の選抜高校野球出場を決めた明石商業の注目選手はどの選手なのでしょうか。

そして明石商業はどのような戦力となっているのでしょうか。

注目の明石商業の注目選手と戦力を見ていきます。





選抜高校野球2019明石商業の注目選手は?

今大会の明石商業を引っ張るのは2人の看板投手です。

その1人目がエースとしてチームを引っ張る中森俊介選手です。

中森俊介プロフィール


名前:中森俊介

生年月日:2002年5月29日

出身地:兵庫県篠山市

身長:182cm

体重:83kg

投球・打席:右投げ左打ち

中森俊介選手は新2年生ながら明石商業のエースナンバーを背負い活躍している選手です。

2年生ながら最速145km/hの速球を武器にしている右腕の本格派投手です。

同世代の中ではトップクラスの実力を持っており、すでに世代ナンバー1投手との呼び声も高い選手です。

新チームになってからエースナンバーを背負い始めましたが、エースナンバーを背負い最初の大会である兵庫県大会の決勝戦では、5回まで1安打に抑える活躍をし、チームを優勝に導き近畿大会出場を決めました。

1年生の夏の甲子園での登板経験もあり、甲子園のマウンドを経験しているので、今大会でのさらなる活躍が期待できる選手です。

もう1人明石商業の投手としてエース級の活躍をしているのが宮口大輝選手です。

宮口大輝プロフィール

 

View this post on Instagram

 

#宮口大輝#明石商業#選抜高校野球#野球好きな人と繋がりたい

🌟🌼さん(@seika_picture_)がシェアした投稿 –


名前:宮口大輝

生年月日:2001年8月11日

出身地:兵庫県

身長:180cm

体重:73kg

投球・打席:右投げ右打ち

宮口大輝選手は140km/h超のストレートと、スライダーと精度の高いチェンジアップを武器とした投球を持ち味とする選手です。

新チームとなってエースナンバーを下級生である中森俊介選手に取られてしまい、現在の背番号は10番ですが、実力は申し分なく、秋季大会ではチームトップの投球回の48回1/3を投げチームに貢献しました。

近畿大会では勝てばセンバツが決まるという大事な試合で先発投手を務め、4安打完封に抑える活躍を見せました。

昨年出場した夏の甲子園では登板機会を与えられなかった分今回のセンバツにかける思いは強く

「甲子園は自分があこがれていた場所。夏は投げる機会がなかったけど、センバツに出て今度は自分が主役になりたい。」

と意気込みを語っています。

明石商業の打撃陣を支えているのは、来田涼斗選手です。

来田涼斗プロフィール


名前:来田涼斗

生年月日:2002年10月16日

出身地:兵庫県神戸市

身長:180cm

体重:83kg

投球・打席:右投げ左打ち

来田涼斗選手は1年の春からベンチ入りし、1番打者としてチームのリードオフマンとして活躍している選手です。

その高い実力は中学時代からのようで入学前には48校もの高校から誘いが来たほどの選手です。

来田涼斗選手の1番の持ち味は50m走5,9秒という俊足です。

さらに長打力も兼ね備えており、すでに高校通算16本ものホームランを放っている選手です。

今冬にさらにパワーをつけるために体重を76kgから83kgに増量し、打球がさらに伸びるようになったようです。

今大会でも不動のリードオフマンとして活躍してもらいたいです。

チームの4番としてチームの打撃陣の柱となっているのは安藤碧選手です。

安藤碧プロフィール


名前:安藤碧

生年月日:2001年11月13日

出身地:兵庫県

身長:181cm

体重:77kg

投球・打席:左投げ左打ち

安藤碧選手はチームの4番としてチームの主軸を任されている選手です。

広角に長打を放つことができるのが魅力の選手で、スイングの鋭さも魅力です。

兵庫県大会ではチームトップの7打点を叩き出しました。

ですが、その後の近畿大会ではスランプに陥ってしまい、18打数4安打という思ったような成績が残せませんでした。

さらに守備でも返球ミスをしてしまい優勝を逃してしまいました。

それ以降は低くて正確な送球を意識してノックを受け、体幹を強化してきたようです。

センバツでは近畿大会での悔しさをバネにどこまで活躍できるか楽しみな選手です。




選抜高校野球2019明石商業校戦力分析

今大会の明石商業は投手力が強いチームです。

強豪ひしめき合う近畿地区で準優勝まで勝ち上がった実力は高く、秋季大会の平均失点は1.8点と1点台に抑えこんでいます。

そんな明石商業の投手陣を支えるのは中森俊介選手と宮口大輝選手の両選手です。

2投手とも実力がある選手で、中森俊介選手は奪三振率12.35と出場選手中2位で、宮口大輝選手は防御率0.93と出場選手中4位と、とても高い成績を残しています。

高い投手力で、相手チームの打撃陣を抑え込みロースコアに持ち込むことが勝利につながるでしょう。

打撃陣にも明石商業の不動のリードオフマン来田涼斗選手、4番の安藤碧選手を中心に実力がある選手が揃っています。

また、主将を務めている重宮涼選手も前チームからのレギュラー選手で秋季大会で4割を超える打率を残しており、チームの打撃陣を引っ張っています。

チーム全体としては1試合平均の得点が5.3点とまあまあと言えるくらいの成績です。

秋季大会ではチーム全体のホームラン数は2本、盗塁も2個と一発攻勢や、脚を活かした攻撃をしてくるチームではないようです。

チームで繋ぐバッティングを得意としています。

守備面は安定しているようで、秋季大会でも6個しかエラーがなく、堅実な守備をしています。

今大会では投手陣が踏ん張り失点を少なく抑え、打撃陣が確実に得点を重ねていく試合展開が多くなるかもしれません。




選抜高校野球試合結果

1回戦

明石商業VS国士舘 7-1

エースの中森俊介選手が9回1失点と完投し、勝利に貢献しました。

打撃陣も来田涼斗選手が2回にタイムリーを放つなど試合を通して活躍し、大量得点に結びつけました。

2回戦

明石商業VS大分 13-4

 

打撃陣が大爆発し、13得点の大量得点で大勝しました。

先発全員安打を記録したこの試合でも来田涼斗選手が2点タイムリーなど安定した活躍をし大活躍をしました。

宮口大輝選手が先発するものの怪我もあり2回途中から中森俊介選手が登板しました。

急な登板でしたが、しっかりと試合を作る活躍をしました。

準々決勝

明石商業VS智弁和歌山 4-3

智弁和歌山との試合は最終回に来田涼斗選手がサヨナラホームランを放ち劇的なサヨナラ勝ちをしました。
序盤に3-1とリードするも5回に追いつかれ嫌な流れでしたが、エース中森俊介選手が粘りの投球を見せ、サヨナラに繋がる投球を見せました。

準決勝

明石商業VS東邦 2-4

試合序盤はエースの中森俊介選手が好投を見せ、6回まで0-0で進みましたが、7回に3点を先制されてしまいました。

8回に安藤碧選手が2ランホームランを放ち1点差まで詰め寄りましたが、8回裏にさらに1失点してしまい、準決勝敗退となってしまいました。

まとめ

  • 明石商業は3年ぶり2回目の選抜高校野球出場
  • 明石商業の投手陣は中森俊介選手と宮口大輝選手の二枚看板
  • 中森俊介選手は世代ナンバーワン投手とも言われている
  • 来田涼斗選手は1年春からの不動のリードオフマン
  • 安藤碧選手はチームの4番を務める
  • 明石商業は投手力に注目が集まるチーム
  • 打撃陣にも実力のある選手もいる

[the_ad id=”5826″]