2019年の漢字なんだと思いますか?

2019年は、平成から令和という年号が変わる年でした。天皇陛下も変わられてお祝いムードの日本です。

しかし、その一方では史上最強の台風が関東に上陸したりと天災も訪れる年でした。

さて、そんな『今年の漢字』ですが発表がいつか?と気になる方もいらっしゃいますが、あれって募集しているのをご存知ですか?

2019年の『今年の漢字』はぜひ一緒に応募してみましょう。





今年の漢字2019発表はいつ?

毎年話題になる「今年の漢字」。

その年一年の出来事や様子を表す漢字一文字を決めるというものですね。

今年も11月1日から一般の募集が始まっています。

今年の発表日は毎年と同じく12月12日木曜日ですね。

発表の場所も毎年と同じく京都の清水寺となっています。

今年の漢字2019の予想は?

今年の大きな話題を挙げてみましょう。

  • 平成から令和へ元号が変わった
  • 新札の肖像の人物が変更
  • 元ZOZOTOWNの社長前澤さんが月へ行くと宣言
  • 元ZOZOTOWNの社長前澤さんが100万円のプレゼント企画を実施
  • 大坂なおみさんがグランドスラムを達成
  • 稀勢の里が引退
  • 川崎市で小学生の殺傷事件が発生
  • イチローさんが現役引退を発表
  • 京都アニメーションの火災事件が発生
  • 台風19号で大きな被害を受けた

などが挙げられるでしょうか。

中でも、「新元号『令和』がはじまったこと」「新札の肖像の人物が発表されたこと」などが印象深い出来事でしょうか。

そんなことから『今年の漢字2019』には『新』が選ばれるのではと予想します。果たしていかがでしょうか。

今年の漢字はなぜ清水寺で発表される?

今年の漢字が発表されるようになったのは1995年からのことです。

毎年、発表されるのは12月12日。

場所も毎年同じの京都の清水寺ということになっています。

この『今年の漢字』の発表は「財団法人日本漢字能力検定協会」が行っています。

「財団法人日本漢字能力検定協会」といえば、日本漢字能力検定を実施している財団法人ですね。

この協会の本部が京都にあるということで、そのゆかりから京都を代表するお寺ということで、発表の場に選ばれ

ました。

清水寺といえば、京都だけでなく日本を代表するお寺です。

今年の漢字を発表する場としては最もふさわしい場所といえるかもしれません。

ちなみに、発表時には教科の理事を務めていた貫主である森清範さんによって巨大な和紙に漢字が書かれます。

今年の漢字2019の応募方法は?

2019年の『今年の漢字』の募集は、11月1日からすでに始まっています。

〆切は、12月5日23:59までです。

インターネット、はがき、応募箱から一般の人も応募可能です。

『今年の漢字』の公式サイトはこちらです。

専用の応募フォームから簡単に応募可能です。

はかぎでは、次の項目を記入の上、郵便先に送ることで応募可能です。

<郵送先>

〒605-8799 東山郵便局 私書箱第11号
2019年「今年の漢字」係

 

<記載事項>

  • 2019年の世相を表す漢字一字とその理由
  • 郵便番号 
  • 住所
  • 氏名
  • 年齢
  • 性別
  • 電話番号

応募は1通につき一字となっていますので注意してください。

また、各地の書店・図書館・企業・施設など全国約1,300か所に設置されている応募箱に所定の応募用紙に記入する

ことで応募することも可能です。

応募箱の設置位置は、以下のページから確認することができます。

今年の漢字過去歴代漢字一覧

「今年の漢字」を応募するためにも、これまでにどんな漢字が選ばれてきたのかを確認しておくことにしましょう。

今年の漢字2018

去年、2018年の「今年の漢字」は『災』でした。

北陸での豪雪や西日本での豪雨に加えて、大阪府北部や北海道胆振東部地震で起こった地震、台風第21号など各地

で災害が多く起こったことから『災』という字が選ばれました。

加えて、レスリング、体操などのスポーツ界のパワーハラスメント問題や財務省の公文書書き換え問題など人為的

災害が目立ったことも『災』が選ばれた理由だったようです。

また、「災害級の暑さ」という表現が気象庁によって用いられたことも選定理由の一つでした。

なお、『災』2004年にも一度「今年の漢字」として選ばれています。

今年の漢字2017

2018年の「今年の漢字」は『北』でした。

北朝鮮による、度重なるミサイル発射や核実験強行による、朝鮮半島情勢の緊迫化が選定の大きな理由でした。

また、北海道産ジャガイモが不作だったことからポテトチップスの販売が一時停止となったことも選ばれた理由の

一つでした。

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平さんが大リーグ・エンゼルスへの移籍が決定したことやドラフト1位で入団

が決定した清宮幸太郎さんに注目が集まったこともありました。

今年の漢字2016

2016年の「今年の漢字」は『金』でした。

リオオリンピックでの日本人選手の金メダル獲得の活躍が大きな理由です。

また舛添要一前東京都知事が政治資金を私的に流用していたことや豊洲市場移転延期や東京オリンピック会場見直

しなどの東京都の財政や税金運用に関する問題がクローズアップされたことも理由になっています。

富山市議会など地方議会議員の政務活動費の不正運用の発覚やそれに伴う議員の辞職など「政治とカネ」にまつわ

る問題も大きく取り上げられました。

日本銀行によるマイナス金利などの金融政策が注目を集めたこともありました。

世界的に大ヒットしたピコ太郎の衣装が金色であることも一つの理由のようです。

なお、『金』は2012年にも選ばれており、合計3回も選ばれた漢字になっています。

今年の漢字2015

2015年の「今年の漢字」は『安』でした。

安倍内閣による安保関連法案の成立がクローズアップされた年でした。

また、韓国人による靖国神社爆発テロ事件や旭化成によるマンション傾斜問題など住環境や暮らしに対する不安が

大きな問題になったことが理由です。

また、イスラム国による日本人拘束事件やパリ同時多発テロ事件に対するテロ不安など国際的な不安事案が多く起

こった年でもありました。

お笑い芸人・とにかく明るい安村さんが活躍したのもこの年でしたね。

今年の漢字2014

2014年の「今年の漢字」は『税』でした。

17年ぶりに消費税増税があった年でした。

また、森貫主が発表の際に「国民の多くが税に厳しい目を持っているということではないか」とお話になっていた

のも印象的でした。

今年の漢字2013

2013年の「今年の漢字」は『輪』でした。

2020年の夏季オリンピック(五輪)の東京招致成功が決まった年でした。

また、東北楽天ゴールデンイーグルスが球団創設以来初めて日本一を達成し、東北に歓喜の輪が作られたというこ

とも理由の一つです。

加えて、台風災害に対する日本各地や世界各国からの支援の輪が広がったことも選定理由の一つとして挙げられて

います。

今年の漢字2012

2012年の「今年の漢字」は『金』でした。

東京スカイツリーの開業やロンドンオリンピックでのメダルラッシュ、山中教授のノーベル賞受賞など、さまざま

な「金字塔」が打ち立てられたことが理由のようです。

また、932年ぶりに全国的に観測された金環日食や、21世紀最後の金星の太陽面通過という天文学上の現象があった

ことも理由になっています。

なお『金』は2000年、2016年にも選出されています。

今年の漢字2011

2011年の「今年の漢字」は『絆』でした。

東日本大震災や台風などによる大雨被害、ニュージーランドで起こった地震、タイで起こった洪水などにともな

い、人々が助け合って復興に向かう姿からこの漢字が選ばれました。

また、ワールドカップに優勝したサッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の活躍を見た多くの日本人が、

「絆」の大切さを改めて感じたということも選定の理由でした。

今年の漢字2010

2010年の「今年の漢字」は『暑』でした。

観測史上1位の猛暑や非常に厳しかった残暑により熱中症にかかる人が多数出たことが第一の理由です。

地中の「暑い」中から作業員全員が生還したコピアポ鉱山落盤事故が起きたのもこの年の出来事でした。

また1万度の突入温度から宇宙探査機「はやぶさ」が帰還したのもこの年です。

まとめ

  • 2019年『今年の漢字』の一般募集は11月1日から開始、〆切は12月5日
  • 今年の漢字2019の応募方法は、インターネット、はがき、応募箱から投票が可能
  • 今年の漢字2019の発表は、毎年同様12月12日(木)に京都の清水寺で開催
  • 直近の『今年の漢字』は『災』『北』『金』『安』『税』『輪』『金』『絆』『暑』
  • 「新元号スタート」「新札の肖像発表」などの出来事があったことから、2019年の『今年の漢字』は『新』ではないかと予想