昨年ディズニーシーにオープンしたアトラクション「ソアリン」はまだまだ大人気です。

ソアリンを体験するには混雑予想やファストパスの取得などの攻略方法が必要です。

特に混雑予想からソアリンが空く穴場の時期を知っているとさらに楽に攻略できるでしょう。

今年4月にディズニーランドの新エリアがオープンします。

そのためゲストがディズニーランドに集まり、ディズニーシーは空くことが予想されます。

ソアリンを攻略する穴場の時期になりそうです!





ディズニー混雑予想から見るソアリン攻略法!

ディズニーシーに昨年7月、オープンして以来いつも人気の高いソアリンです。

ファストパスは開園後すぐに終了、スタンバイは土日平日かかわらず長時間です。

そのため、体験するのがなかなか難しいアトラクションになっています。

ディズニーシーに行ったら絶対ソアリンに乗りたい!というあなたに、ディズニー混雑予想から見たソアリンの攻略法をお教えします。

ソアリンに乗れる空いている穴場の時期とは?

  •  連休を除いた2月
  •  4月6日(月)からゴールデンウィーク前(4月28日)まで
  •  ゴールデンウィーク明けの5月7日(木)から6月まで

中でも平日の火・水・木曜日が良いでしょう。

また4月15日(水)にディズニーランドで新エリアがオープンします。

その日から新エリアを目当てにディズニーランドを訪れるゲストが多くなり、逆にディズニーシーは空くことが予想されます。

ソアリンが空く可能性のある、とても穴場の時期です。

ソアリン混雑予想

それでは2月~6月のソアリン混雑予想をしてみましょう。

<2月>

連休を除けば閑散期という混雑予想です。

ソアリンに乗るなら穴場の時期でしょう。

2月下旬から混雑し始めます。

<3月>

ディズニーシーが1年で最も混む時期です。

ソアリンもかなりの混雑が予想されます。

特に20日(金)以降は入場制限レベルの大混雑予想です。

<4月>

4月5日(日)までは、学生の春休みで3月から引き続いた混雑が予想されます。

それ以降はゴールデンウィーク前(4月28日)まで閑散期に入ります。

ソアリンも空いている見込みです。

特に4月15日(水)はディズニーランドで新エリアがオープンします。

この日からは、新エリア目当てのゲストがディズニーランドに多く集まり、逆にディズニーシーは空く可能性があります。

<5月>

ゴールデンウィーク中(4月29日~5月6日)は混雑します。

ゴールデンウィーク明け(5月7日~)は混雑もかなり落ち着き、ソアリンのスタンバイ時間は120分程度になる予想です。

まだまだディズニーランドの新エリアオープンの影響があるでしょう。

<6月>

5月と同様にディズニーランドの新エリアオープンの影響から、スタンバイ時間は120分程度、またはそれ以下になる可能性も。

ソアリンに乗るには穴場の時期です。




ソアリン通常時の攻略法は?


攻略法にはポイントが3つあります。

  • ソアリンのファストパス取得
  • 入園する時間
  • スタンバイ時の時間帯

ソアリンのファストパス取得

混雑日は開園後約30分でファストパスが終了します。

大混雑の日は約20分で終了します。

もっと早く終了することもあります。

閑散期や悪天候の日は、開園後2~3時間で終了したということもありますが、かなりのレアケースです。

ファストパスを絶対に取得したい!というあなたは開園後の20~30分間がカギとなります。

ファストパスは、アトラクション側のファストパス発券機で発行する方法もありますが、現在は公式アプリから取得する方法が圧倒的に便利です。

時短のためにも、公式アプリをダウンロードしてファストパスを取得することをおすすめします。

入園する時間

入園時間がソアリンのファストパスを取得できるか、できないかに大きく関係します。

前述の通り、ソアリンのファストパスを取得できる時間は開園から20~30分です。

その時間にパークに入るためには2つ方法があります。

  1. ディズニーホテル宿泊者特典のハッピー15エントリーを利用する。
  2. 通常入園のエントランスに早めに並ぶ。
  1. ディズニーホテル宿泊者特典のハッピー15エントリーを利用する。
    こちらの特典を利用すると、開園時間の15分前からパークに入ることができます。
    ただし、15分前にエントランスに行くと結局はハッピー15エントリーの長い列に並ぶことになってしまいます。
    その場合、当日の混雑状況によっては、通常入園列の先頭と同じ時間帯に入園してしまう可能性もあります。
    ハッピー15エントリーでも、できれば30分~1時間前には並んでおきたいところです。
    通常入園時間の前までにパークに入ることができれば、ソアリンのファストパスはほぼ間違いなく取得でますよ。
  2. 通常入園のエントランスに早めに並ぶ。
    開園後20~30分以内に入園する場合、遅くても1時間前にエントランスに並ぶと良いでしょう。

スタンバイ時の時間帯

ソアリンのスタンバイ時間が一番長くなるのは開園直後です。

スタンバイは朝一を避けた方が良いでしょう。

比較的スタンバイ時間が短くなるお昼の時間帯や夕方以降、特に閉園間際に並ぶのがおすすめです。

ただし閉園間際に並ぶ時はラインカットに注意しましょう。

混雑日は閉園の2時間前、平日は1時間前にカットされることが多いようです。

その日の混雑状況を見ながらスタンバイ乗車を攻略しましょう。




ソアリンの待ち時間は?

現在の待ち時間は120分~180分が平均といったところでしょうか。

オープン当初は180分以上の待ち時間が当たり前でしたが、今は多少落ち着いた感じです。

平日では時期や時間帯を選べば100分以下ということもあります。

ただし、土日祝日の待ち時間はまだまだ180分以上が当たり前です。

連休などの混雑日は300分を超えることもあります。

平日の平均と最長待ち時間は?

平日の平均待ち時間は140~150分程度です。

空いている日の平均は120分程度、混雑している日の平均は180分程度です。

今までの最長待ち時間は8月20日(火)に記録した380分です。

実は、この待ち時間には訳があります。

ソアリンは普通2シアターで運行していますが、この日はシステム調整があり1シアターで運行したそうなのです。

アトラクションの回転率が2分の1になってしまった、ということになりますよね。

ファストパスの列でもしばらく並ぶことになったそうですよ。

あまりにもスタンバイ列が長い場合は、キャストに運行状況を確認してみてもよいでしょう。

土日の平均と最長待ち時間は?

土日の平均待ち時間は200分程度です。

最長待ち時間は360分です。

ソアリンは絶叫系なの?どんな乗り物?

 

この投稿をInstagramで見る

 

I love✨ #ディズニーシー #ソアリン ✈︎ + + #201911 #日記 #記録 #久しぶりのシー⭐️何年ぶりだろ?🤔? アフター6パスポートにしました(^^) お友達と入り口にあるショップで待ち合わせ〜連絡取り合ってて〜お互い入り口にいるのにいない?なぜ?…別々の入り口でお互い待ってましたぁ〜〜😂 無事合流しました☆ まずば出来て間もないソアリンへ〜やっぱり人が多かったーー待ってる間に外のショーがやってて、#花火 🎇がちょこっとだけ♪ そしてやっとアトラクションへgo〜〜待った甲斐ありました〜めっちゃ#楽しかった し#感動 ✨終わった時…拍手が巻き起こりました(^^) アフター6でいくつ乗れるのか?! + + #disneysea #fun #love #me #happy ♡

Chikaψ’S🌺(@natulflower)がシェアした投稿 –

ソアリンは絶叫系ではありません。

絶叫系が苦手でも乗れるライドタイプのアトラクションです。

極端に乗り物酔いしやすい人や、高所恐怖症の人でなければ大丈夫だと思います。

急上昇や降下、旋回を感じることはありますが、レイジング・スピリッツのようなコースタータイプの揺れではありません。

ニモ&フレンズ・シーライダーや、ディズニーランドのスター・ツアーズに乗ることができれば大丈夫でしょう。

エジプトのピラミッドや中国の万里の長城など、世界各国の名所を風や匂いを感じてフライトすることができます。

東京ディズニーシーならではの映像もありますよ。

足は床から離れるので、本当に空を飛んでいる気分を味わえます。




ソアリンの身長制限・年齢制限は?

ソアリンには身長制限はありますが、年齢制限はありません。

102cm以上必要です。

個人差はありますが、だいたい4歳児の平均身長です。

また公式HPには

  • 乗り物に一人で座って安定した指定を保てない方はご利用できません。
  • 高所に不安のある方、乗り物に酔いやすい方はご利用をご遠慮ください。
  • 妊娠中の方は利用をご遠慮ください。

とあります。

他に乗り場の案内板に「7歳未満のお子様には16歳以上の方が同伴してください」とあります。

制限等を知らずに乗ることができなかった・・・ということのないように、特に小さなお子さん連れの方は注意してくださいね。

ソアリンは海外との違いは?

  1. ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー(米・カルフォルニア)
    アトラクションは飛行機の格納庫をイメージした外観です。
    ディズニーシーの、白を基調とした美しい建築様式のソアリンとは大分違いますね。
    2016年までは「ソアリン・オーバー・カリフォルニア」という名前で、カリフォルニアのグランドキャニオンやマリブビーチなどを紹介していたそうです。
    しかし、上海ディズニーのオープンに合わせて現在の「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」に名前を変え、世界各国の空を旅するアトラクションになりました。
  2. エプコット(米・フロリダ)
    アトラクション名は「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」
    2005年に開園50周年を記念してオープンされました。
    アトラクションの内部は電飾が施されていて、とても近代的な感じです。
    ディズニーシーのソアリンとは全く違う印象を受けると思います。
    2015年までは「ソアリン」という名前で、カリフォルニア州の名所を巡る内容でした。
    しかしこちらも、上海ディズニーのオープンに合わせて「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」と名前を変え、世界各国を旅するアトラクションになりました。
  3. 上海ディズニーランド(中・上海)
    アトラクション名は「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」
    上海のソアリンは他にはないストーリー設定があります。
    アボリ族が住む「アドベンチャー・アイル」島の天文台から物語が始まります。
    ゲストはコンドルに変身することができる「シャーマン」の老婆と出会い、大空を旅することになります。
    他のパークは「乗り物」に乗って空を飛ぶことになりますが、こちらはコンドルに乗って空を飛ぶことになります。
    日本のソアリンもかなり詳細なストーリー設定がありますが、こちらも一味違ったストーリーが用意されています。
    コンドルに乗って大空を旅するなんて、独創的ですよね。

まとめ

  • ソアリン攻略の穴場の日は4月15日(水)です。
    ディズニーランドに新エリアがオープンしてゲストが集まり、逆にディズニーシーは空くという混雑予想です。
  • 3月は1年で最も混雑する月です。どうしても・・・ということでなければ避けた方が無難です。
  • ソアリン攻略のポイントは次のとおりです。
    ファストパスを確実に取得するためには開園20~30分以内の入園が必須です。
    そのためにはディズニーランドホテル宿泊者特典のハッピー15エントリーを利用するか、通常入園ならば遅くても開園の1時間前までにはゲート前に並びましょう。
    スタンバイする場合は、お昼の時間帯や閉園に近い時間帯が比較的空いています。
    公式アプリで待ち時間を確認しながら、タイミングよく並びましょう。