駅伝シーズンが開幕した中で、10月26日においては、箱根駅伝2020の出場をかけた箱根駅伝2020予選会が行われ、激戦の予選会を突破した大学と箱根駅伝2019のシード校、学生連合の21チームの出場が決定した箱根駅伝2020

その箱根駅伝2020の出場校21チームはどんな大学になるのか、少し早いですが、優勝予想をしていくとともに、箱根駅伝2020での気になる選手エントリーや区間エントリーまでの流れについてまとめます。





箱根駅伝2020出場校は?

箱根駅伝2020は箱根駅伝2019でシードを獲得した10校と10月26日の予選会で突破した10校、オープン参加となりますが、予選会で敗退をした大学の中で予選会の成績が良かった選手が選抜される関東学生連合の合計21チームが出場をします。

箱根駅伝の伝統校や常連校、そして、最近力をつけてきた大学などそれぞれ特徴のある大学が出場をします。出場校一覧は次のようになっています。

【シード校(箱根駅伝2019でシートを獲得した10校)】

  • 東海大学(7年連続47回目)
    前回大会で初優勝を飾ったのが東海大学。黄金世代と呼ばれる学年も最終学年を迎えて戦力充実の箱根駅伝連覇を最有力候補。
  • 青山学院大学(12年連続25回目)
    前回大会のリベンジに燃える青山学院大学。主力選手が卒業してしまい、戦力低下はあるがその分、新戦力の台頭に期待。
  • 東洋大学(18年連続78回目)
    大エース相澤晃選手を擁して久々の優勝奪還を狙っている東洋大学。ロードに強い
    選手は揃っており、山区間の選手配置、戦い方がポイント。
  • 駒澤大学(54年連続54回目)
    平成の常勝軍団と呼ばれている駒澤大学。注目ルーキー田澤廉選手をはじめ、久々に
    優勝を狙える戦力が揃っている。
  • 帝京大学(13年連続21回目)
    ロードに強い帝京大学。絶対的なエースはいないものの主力選手が充実しており、安定した走りで上位進出を目指す。
  • 法政大学(5年連続80回目)
    ここ最近は山の法政と呼ばれている法政大学。山登りの5区の絶対的存在の青木涼真
    選手で上位進出を目指す。
  • 國學院大学(4年連続13回目)
    出雲駅伝2019で大学駅伝初優勝を果たした國學院大学。エース・主力・ルーキーと選
    手が揃い、選手層で厚みが出れば初優勝も射程圏内。
  • 順天堂大学(9年連続61回目)
    大エースだった塩尻和也選手が卒業した順天堂大学。今大会は大エース不在奈分、全
    員駅伝でシード圏内を目指す。
  • 拓殖大学(7年連続41回目)
    新監督で迎える初めての拓殖大学。他大学にも負けない記録を出した赤崎暁選手をは
    じめ、新たな拓殖大学でシード獲得へ。
  • 中央学院大学(18年連続21回目)
    2年連続10位とギリギリシードを獲得している中央学院大学。箱根駅伝常連校になるた
    めの連続シード権獲得を目指す。

 

【予選突破10校(箱根駅伝2020予選会で突破した10校)】

  • 東京国際大学(3年連続4回目)
    今年勢いのある東京国際大学。予選会日本人1位のエース伊藤達彦選手をはじめ、シード校にも負けない戦力が整いつつあり初シード獲得を目指す。
  • 神奈川大学(10年連続51回目)
    予選会巧者の神奈川大学。絶対的エースはいないが、予選会10人ゴールは1番のように
    全員駅伝でシード獲得を目指す。
  • 日本体育大学(72年連続72回目)
    名門復活を目指す日本体育大学。飛び抜けた選手はいないものの勢いのあるルーキー
    と上級生の安定感でシード権獲得を目指す。
  • 明治大学(2年連続61回目)
    エース・主力選手を欠きながら突破した明治大学。大エース阿部弘輝をはじめ、主力選手が戻ってきて本来の力を発揮すると面白い存在。
  • 創価大学(3年ぶり3回目)
    3年振りの箱根路に帰ってきた創価大学。学生時代に4年連続区間賞獲得した榎木和貴監督のもと目指すは初シード権。
  • 筑波大学(26年ぶり61回目)
    帰ってきたオリジナル4の筑波大学。予選会では周りがあっと驚く26年ぶりの箱根路をどんな旋風をみせてくれるか注目
  • 日本大学(2年連続89回目)
    名門復活を目指す日本大学。ここ最近はシード権争いも苦戦を強いられているが、社会人を経て入学したドゥング選手を中心に復活を目指す
  • 国士舘大学(4年連続48回目)
    苦戦が予想された中でも突破した国士舘大学。予選会2位のヴィセント選手を中心に他の選手が粘りのレースを見せられればチャンス有。
  • 早稲田大学(44年連続89回目)
    予選会では苦戦した早稲田大学。本来であればトップ通過してもおかしくない戦力であり、本選では本来の力での力走を期待。
  • 中央大学(3年連続93回目)
    最多出場回数の中央大学。予選会ではギリギリの通過となりましたが、本選では予選会のリベンジを見せてくれる走りをしてシード権獲得を目指す

 

【オープン参加】関東学生連合
予選会の敗退した大学の中で、予選会で良い成績を残した選手で編成されます。
ただし、各大学1名となっています。
どの選手がエントリーされどの区間を走るのかは他の大学のエントリーと同じようにエントリーされていきます。




選手エントリー&区間エントリーについて

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 2019.10.26 箱根駅伝’20予選会 . あまり意識せずに通り過ぎていく選手達へ声援を送りながら撮った写真。 . 171 #宮田僚 170 #国川恭朗 #麗沢大学 132 #菊池駿弥 139 #松尾鴻雅 #城西大学 240 #金丸逸樹 243 #猿橋拓己 245 #西研人 #筑波大学 本戦出場権獲得おめでとうございます! . それから整理してたら一応撮ってたらしい😓 223位 1:07’27 #向井悠介 #早稲田大学 . . . レース後のたくさんの選手、関係者達のコメントを拝見した中で、たまたま目に止まったながらも一番心に刺さった言葉。 11位麗沢大学の宮田僚選手。 . 『今年も次点。 26秒差、1人3秒、1キロあたり0.14秒 本当に悔しい。』 . もちろん1人たったの3秒、削り出せたのではないか。などとは全く思いません。誰もが全力を尽くした結果だったはずです。それでも本当に、ほんのあと少しで手が届きそうなところで届かなかった夢だったのだと思います。 私は全くの部外者ながら、このような誰かの本気の心の一片に触れて初めてこの予選会がどのような舞台なのか、少しだけ分かった気がします。 改めてこの日走った、あるいは走れなかった全選手へ敬意を表したいです。 . . . #陸上 #ハーフマラソン #箱根駅伝 #箱根駅伝予選会 #昭和記念公園 #canon #わっさー麗澤 #城西わっしょい #醒めて起て #箱根駅伝復活プロジェクト

コリ(@y_sigyn)がシェアした投稿 –

各大学のどの選手がエントリーされ、どの区間を走るのか気になりますよね。

箱根駅伝においては、下記のようにエントリーの流れとなっております。

選手エントリーされるまでは、各大学において、記録会やロードレース、練習などでエントリーする選手を選んでいきます。

選手エントリーや区間エントリーまでは、どの選手がどの区間を走るのか予想をしていくのも一つの楽しみでもあります。

【出場選手エントリー】12月10日頃

出場選手16名のエントリー

【区間選手エントリー】12月29日頃

各区間選手のエントリー(10区間と補欠選手)

※ここで各大学の戦術や選手がどの区間を走るかがわかります。

【当日選手変更】

往路:1月2日朝7:00

復路:1月3日朝7:00

※選手変更ができるのは区間エントリー選手と補欠のみとなっており、区間エントリー選手同士の変更はできません。

箱根駅伝2020優勝校予想は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#西川雄一朗 選手 #東海大学陸上競技部 #東海大学駅伝部 #go東海

haruka.m07000(@haruka.m07000)がシェアした投稿 –

箱根駅伝2020においては、東海大学・青山学院大学・東洋大学の3強とそれにせまる戦力を持っている國學院大学と駒澤大学の5大学が中心になっていくのではないかと思います。

この5校の実力・戦力は拮抗しており、1つのミスが優勝争いを左右してもおかしくはないと予想します。

この5大学が順調に選手エントリーされ、本来の実力が発揮することができたのであれば、優勝候補筆頭は東海大学だと予想をします。

東海大学は「エース・山区間・選手層」のこの3つの観点で言うと他の4大学に比べてすべて揃っているからです。

ただ、何が起こるかわからないのが箱根駅伝でもあり、選手のエントリーや区間エントリーで予想が大きく変わってくるのではないかと思います。

あっと驚くような大学が優勝をすることも過去にはありましたのでサプライズも期待したいですね。




箱根駅伝のテレビ放送は?

箱根駅伝のテレビ放送は毎年、往路:1月2日復路:1月3日日本テレビ系列で生中継されます。

視聴率も30%前後あり、正月のテレビの中でも視聴率が上位のテレビ放送となっています。

また、箱根駅伝の関連番組(過去の大会・各大学の密着映像)がCS放送の日テレジータスなどでも放送がされています。

箱根駅伝本番前にそうした関連番組をみて楽しむのもいいかもしれませんね。

合わせて読みたい記事はこちら

まとめ

  • 箱根駅伝2020は、シードを持っている20校と予選会を突破した10校、関東学連選抜1チームの21チームが出場
  • 例年、チームエントリーは12月10日前後、区間エントリーは12月29日頃となっている。
  • 箱根駅伝2020の優勝予想は東海大学・青山学院大学・東洋大学の3強とそれにせまる力を持っている國學院大学と駒澤大学の5大学が中心
  • 優勝候補の5大学の中でも「エース・山区間・選手層」ですべて揃っている東海大学が最有力
  • 箱根駅伝のテレビ放送は日本テレビ系列で生放送