スポンサーリンク




2020年にいよいよ東京にてオリンピックが開催されます。

陸上界においては東京オリンピック2020の前哨戦として、世界陸上選手権大会2019(世界陸上2019)が9月26日~10月6日の期間において、カタールのドーハにて開催されます。

世界陸上まであと150日あまりとなり、各種目において、各選考会が行われ、基準に満たした選手の中から日本代表選手が決定をしていきます。

世界陸上の出場予定選手や注目選手、そして既に世界陸上に内定選手をまとめていきたいと思います。


スポンサーリンク




世界陸上2019の日本代表選手になるには?

  1. 世界陸上参加標準記録の突破【世界各国共通】
    世界陸上2019に出場をするためには、個人種目(リレー種目を除く)は国際参加標準記録を突破した選手が参加する資格があります。
  2. 選考競技会にて成績を残して代表に選出
    トラック・フィールド競技、マラソン、競歩種目とそれぞれ日本陸上連盟が指定する選考競技会で優秀な成績を残し代表に選出されることです。

世界陸上に出場するためには、<1>の突破を満たして、<2>のクリアをした選手が代表になることができます。

どちらか一方では出場することはできません。

例えば、陸上競技連盟がしている日本陸上選手権で優勝をしても、その種目の標準記録を突破していなければ出場をすることができないということです。

スポンサーリンク




世界陸上2019の代表の決定の流れは?

  1. 7月1日:第1次日本代表選手発表(日本陸上選手権翌日)
    競歩の選手など既に代表に内定をしている選手や標準記録を突破して日本陸上選手権で優勝をした選手を代表決定の承認する理事会が開催され正式に代表決定となります。
  2. 9月16日:第2次日本代表選手発表
    第1次日本代表選手権で決定をしなかった種目の選手の選出及びリレーの選手のメンバーを理事会にて決定をしていきます。代表になるために標準記録を突破している選手の中から選考競技会にて成績を残した選手を代表として決定をしく流れです。

第1次代表選手発表においては、標準記録を突破しての日本選手権優勝者となってきますので、第2次代表選手で多くの選手が決定をしていく形となります。

各種目最大で3名まで出場することが可能ですので、今年、選考競技会にて優秀な成績を残した選手が世界選手権でも入賞・メダルへと向かっていってもらいたいと思います。

スポンサーリンク




世界陸上2019の日本代表注目選手と出場選手を予想!

世界陸上へむけて、トラック競技において、日本代表になりそうな注目選手や注目する種目の出場選手予想していきたいと思います。

男子短距離

男子の最激戦区と思われるのが男子短距離種目であり、注目すべき選手が多いのではないかと思います。

世界陸上の参加標準記録は100Mが10秒10、200Mが20秒40となっていますので、記録よりもレースで結果を残さないと代表になることができません

桐生祥秀選手(9秒98)


既に標準記録はきっているのであとは選考競技会においての結果が問われます。

リオデジャネイロオリンピックの際も日本選手権の100Mで成績が残せず個人では出場ができずに悔しい思いをしたと思いますので、日本最速選手として出場を期待したい。

スポンサーリンク




山縣亮太選手(10秒00)

 

View this post on Instagram

 

. #山縣亮太 #teamseiko #Seiko #アスリート社員 #陸上 #ただの数字じゃない #photooftheday #picoftheday #sports

セイコースポーツさん(@seiko_sports)がシェアした投稿 –


昨年のアジア大会で10秒00、銅メダルと大舞台でも結果を残している山縣亮太選手。

経験と安定感は、短距離陣の中ではNO.1の選手。

サニーブラウン(10秒05)


前回の世界選手権の100Mの代表選手。

高校を卒業してアメリカの大学でトレーニングを積んでおり、まだ若干20歳の期待の若手スプリンター。

小池祐貴(10秒17)


専門は200Mですが、今年3月の追い風参考ながら10秒07の記録を出した、2018年にブレイクした伸び盛りの選手。

100M参戦となると台風の目になる可能性有。

女子短距離

男子と変わって女子はまずは参加標準記録をきらないと世界選手権に出場をすることができません。

近年は福島千里選手が第1人者として、オリンピックや世界陸上に出場をしていますが、彼女に変わる新しいスター選手が出てきてくれることを期待したいです。

男子中・長距離

第1人者の5000Mの日本記録保持者の大迫傑選手はマラソンでMGCに出場予定なので出場はしないと思います。

男子長距離種目に関しては標準記録(5000M:13分22秒、10000M:27分40秒)をまずは突破することが代表になるための条件となってきており、注目選手は下記の選手です。

鎧坂哲哉選手(5000M:13分12秒、10000M:27分29秒)


両種目において、日本歴代2位の記録をもっている鎧坂選手、まだ、世界陸上の代表にはなったことはありませんが、大学の時より活躍をしている選手でブレイクを期待。

坂東悠汰選手(5000M:13分32秒)


4月に法政大学から富士通に入社。

2月に日本クロスカントリー選手権で優勝したり、グランプリシリーズで自己ベストで日本人トップになったりと勢いと一気にブレイクしそうな選手。

女子中・長距離

これまでトラックで活躍をしていた選手が東京オリンピックへむけてマラソンへ挑戦をしている選手が多いので若手が中心になってくるのではないかと思います。

ですが、一番注目選手は復活した新谷仁美選手ではないかと思います。

新谷仁美選手(5000M:15分10秒)

 

View this post on Instagram

 

#新谷さん #とにかくメッチャ速い . 昨年現役復帰し、全国女子駅伝で6年ぶりの都大路に挑んだロンドン五輪代表の新谷仁美(東京・ナイキTOKYOTC)が9区で7人抜きの快走を見せた。今後の動向に注目が集まる。 . 2019.1.13.sun #皇后盃 #第37回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会 #全国女子駅伝 42.195km #第9区 10km #アンカー #紫明通り . 9位(区間1位) 31’06” #新谷仁美 東京 ナイキTOKYOTC 10位(区間7位) #三宅紗蘭 岡山 天満屋 11位(区間5位) #野上恵子 長崎 十八銀行 #ふるさと選手 #MGC出場選手 12位(区間39位) #今田麻里絵 福岡 岩谷産業 #ふるさと選手 13位(区間12位) #岡本春美 群馬 三井住友海上 #ふるさと選手

Takayuki Otsukiさん(@zokkokai)がシェアした投稿 –


2013年に一度引退を表明しましたが、2018年に5年のブランクを経て、復帰をした選手。

本来の力も戻ってきており、経験豊かなどん底をみている選手の復活に期待。

田中希美選手(5000M;15分15秒)

昨年世界ジュニアの3000Mで金メダルを獲得している若手の期待のホープ。

昨年も日本陸上選手権で2位になっており、今年一気に代表まで上り詰める可能性もあります。

男女障害種目

この種目においては、男女ともにまずは標準記録の突破をすることが目標になってきます。

注目選手としては、短距離の障害種目においては野澤啓佑選手や長距離の障害種目においては3000SCの塩尻和也選手がいます。

かつては男子の短距離障害種目は400Hに為末大選手が銅メダルを獲得するなどした種目でもありますので、標準記録の突破して一人でも多くの選手が出場してくれることを期待したいです。

女子に関しても100Hに第1人者の木村文子選手がいますが、まだ標準記録の突破していないので突破をまずは目指してもらいたいと思います。

スポンサーリンク




世界陸上2019の日本代表に既に内定している選手は?

実は、既に日本代表選手に内定している選手がいます。

それは、「競歩」の選手です。

競歩に関しては、選考競技会が行われており、下記の選手がすでに代表の内定に決まっています。

  • 男子50K競歩:野田明宏(のだあきひろ)選手   自己ベスト3時間39分47秒
  • 男子50K競歩:勝木隼人(かつきはやと)選手   自己ベスト3時間43分03秒
  • 男子20K競歩:高橋英輝(たかはしえいき)選手  自己ベスト1時間17分26秒
  • 男子20K競歩:山西利和(やまにしとしかず)選手 自己ベスト1時間17分15秒
  • 女子20K競歩:岡田久美子(おかだくみこ)選手  自己ベスト1時間29分40秒

まとめ

  • 世界陸上2019は、世界陸上標準記録の突破をすることと陸上選考競技会で成績を残さないといけない。
  • 代表発表は7月1日と9月15日の2段階で実施される
  • 代表注目選手は男子短距離選手が激戦であり、桐生祥秀選手をはじめ注目選手がたくさんいる
  • 今後、選考競技会を経て代表選手が決まってくるが、ベテラン選手から期待の若手まで注目選手がたくさんいる
  • 既に代表内定をしている選手は競歩の出場選手の4名となっている。

スポンサーリンク