連日新型コロナウイルスについて報道がされていて不安になられている方も多いでしょう。

武漢から日本人も帰ってきたので、これから感染が拡大する可能性もあります。

私たちが今できることは、予防です。

マスク装着、うがい、手洗いをするといったことになりますが、マスクはどれをつけても感染を防ぐことはできるのでしょうか?

新型コロナウイルスを防げる可能性が高いマスクのおすすめ商品、効果ありなしのポイントについても紹介します。





コロナウイルスマスクおすすめは?

新型コロナウイルスの予防には、マスク装着がおすすめということですが、マスクも色々種類があって、選ばないという方は、ぜひN95と表示されているマスクの購入がおすすめです。

大手マスクメーカーによるとN95マスクとは、粉じんやウイルスの吸入を防ぐマスクとされています。

N95とは、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)の規格に合格した、つまり米国規格を満たしたマスクのことです。

95という数字の意味は、直径0.3マイクロメートルの粒子を95%以上除去する効率がある、ということです。

0.3マイクロメートルというのは、スギ花粉の数百分の1で、たばこの煙に含まれる粒子と同じです。

どうやら中国のウェイボーでは、「『N95』マスクでなければ意味がない」といったニュースが拡散されているようです。

日本でN95に相当するのは、厚生労働省が定める規格を満たした、いわゆる「防じんマスク」と呼ばれるものです。

いつ日本でパンデミックになるかも分かりませんので、ぜひ今のうちからN95のマスクを購入しておきましょう。

楽天市場で「N95のマスク」をチェックするならクリック!

Amazonで「N95のマスク」をチェックするならクリック!

コロナウイルスマスクは効果ありなし?

新型コロナウィルスを予防するために、マスクを装着するということが推奨されていますが、日本の薬局やコンビニなどで売られているマスクは効果があるのでしょうか?

手軽に手に入るマスクは、サージカルマスクと表示されています。

サージカルマスクで新型コロナウィルスの感染を防ぐことはできるのか?という疑問について朝日新聞デジタルの記事にこのような回答が掲載されていました。

メーカーの担当者は、「『サージカルマスク』は、口からの唾液(だえき)や飛沫(ひまつ)などを飛散させないことを目的に使うマスクです。サージカルマスクはウイルスなどの『吸入』を防ぐことを目的として設計されていません」と説明してくれました。

サージカル(surgical)とは英語で「外科の」という意味です。

医師や看護師ら医療従事者が使っており、例えば合併症などがある患者に対する喀痰(かくたん)検査をするときや、結核病棟で診察する場合に、検査対象の飛沫を吸い込んでしまうのを防ぐ効果はありますが、空気中のウイルスの吸引を防ぐことはできないそうです。朝日新聞デジタルより引用

 

ということなので、もし今ご自宅にサージカルマスクがあってそれをコロナウィルスの予防に使おうとしても、飛沫を吸い込むのを防ぐ効果はありますがウイルスの吸収を防ぐことはできないということを理解しておきましょう。

コロナウイルスの潜伏期間は?

NIID国立感染症研究所公式サイトより引用

新型コロナウイルスは、(Novel Coronavirus)nCoVと表示されています。

現在潜伏期間は、14日間とされています。

コロナウイルス予防方法

厚生労働省では、コロナウイルスの予防方法は、マスクをつける、手洗いをする、うがいをするということを推奨しています。

咳やくしゃみのエチケットについても解説されているので、できることから行っていきましょう。

コロナウイルスマスクの予防方法に対する世間の声は?

サージカルマスクをつけていても予防にならないわけではないと思いますが、N95のマスクの方がより予防効果は高いということですよね。

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 新型コロナウイルスの予防方法はマスク装着、うがい、手洗い
  • マスクはN95という種類のマスクの方が効果はある
  • 薬局やコンビニで購入できるマスクはサージカルマスクでウイルスの吸収は防げない
合わせて読みたい記事