全日本大学駅伝2019も幕を閉じ、いよいよ駅伝の最高峰とも呼ばれる箱根駅伝2020に向けて各校が準備をしていく中、シート権獲得そして上位進出を目指している法政大学。

法政大学の箱根駅伝2020の順位予想や出雲駅伝2019や全日本大学駅伝2019をもとに法政大学の区間オーダーを予想しました。

箱根駅伝にオレンジ旋風を巻き起こしてくれる法政大学のどんな戦いをしてくれるのか楽しみです。

2020年の結果は、15位でした。

2020年1月2日往路の順位は、5時間33分00秒で16位です。

2020年1月1日区間エントリーの情報を追記更新しています。





箱根駅伝2020順位予想法政大学は何位?


箱根駅伝は他の駅伝の大会と異なり、5区6区の山区間で平地の区間より差がつくのは特色でこの区間で強い選手がいるかどうかで大きく結果がかわってくるといわれています。

今年の法政大学はそんな5.6区の山区間に絶対の自信を持っていますので、山区間以外の平地区間の走り次第で上位進出が見えてくるのではないかと思います。

ただ、ケガ人がいるのが気になりますが、ベストオーダーを組むことが出来れば、昨年と同様(6位)ぐらいの順位、悪くてもシード争いをするのではないかと予想をします。

12月10日に箱根駅伝2020のチームエントリーがされ、エースの佐藤敏也選手がエントリーされませんでした。

坪田智夫監督は、佐藤敏也選手の将来のことを考えてのことということで残念ではありますが、他の選手に期待をしましょう。

箱根駅伝2020法政大学の区間オーダー予想

区間エントリー後

1区久納碧
2区鎌田航生
3区田辺佑典
4区河田太一平
5区青木涼真
6区坪井慧
7区松澤拓弥
8区中園慎太朗
9区糟谷勇輝
10区奥山智広

区間オーダー前の予想

1区河田太 一平/久納 碧/佐藤 敏也
2区鎌田 航生/青木 涼真
3区岡原 仁志/河田太 一平
4区田辺 佑典/清家 陸
5区青木 涼真/鎌田 航生
6区坪井 慧
7区佐藤 敏也/人見 昴誠/増田 蒼馬
8区久納 碧/佐々木 虎一朗
9区清家 陸/岡原 仁志
10区増田 蒼馬/人見 昴誠

エース佐藤敏也選手の出場の有無が注目されていましたが、結果的に箱根駅伝2020ではエントリーされず、不出場ということになりました。

本来であれば、2区で東洋大学の相澤晃選手や東京国際大学の伊藤達彦選手と一緒に走る所を見たかったですが、他の選手に奮起を期待したいと思います。エントリーされた選手で考えていくこととしましょう。

2区はチームの主力の鎌田航生選手もしくはチーム事情で青木涼真選手を起用しても面白いかもしれません。

そうすると5区がとなってしまうので難しい所になりますので、5区に青木涼真選手並みに走れる選手が出てくるという条件にはなってきますね。

6区は往路の平地区間も考えられますが、出雲駅伝・全日本大学駅伝で出場をしていないことを考えると坪井慧選手が走るのではないかと思います。

58分台で走っているのは魅力的ですし、往路で出遅れてしまった場合、復路の挽回の1番手にもなりますので坪井慧選手で行ってもらいたいですね。

復路は上級生4年生を並べるか出雲駅伝・全日本大学駅伝で起用された1.2年生を起用するかは坪田智夫監督の采配になってくるのではないかと思います。

法政大学の出雲駅伝2019の結果

【法政大学】 総合10位

1区鎌田 航生(2年) 区間14位
2区田辺 佑典(3年)区間10位
3区青木 涼真(4年)区間7位
4区人見 昴誠(2年)区間15位
5区清家 陸(2年)区間10位
6区河田太 一平(1年)区間8位

エースの青木涼真選手、主力選手として期待される鎌田航生選手以外は、エースの佐藤敏也選手がケガで欠場ということもあって新戦力を試した大会になったのではないかと思います。

上位での戦いは出来なかったですが、この経験は箱根駅伝につながっていくのではないかと思います。

法政大学の全日本大学駅伝2019の結果

【法政大学】 総合11位

1区久納 碧(2年) 区間13位
2区鎌田 航生(2年)区間8位
3区増田 蒼馬(4年)区間15位
4区田辺 佑典(3年)区間12位
5区清家 陸(4年)区間12位
6区岡原 仁志(4年)区間16位
7区河田太 一平(1年)区間13位
8区青木 涼真(4年)区間4位

アンカーの青木涼真選手の奮闘があったものの全体的には物足りない結果になったのではないかと思います。

エース佐藤敏也選手は欠場しましたが、主力選手がチームに戻ってきているのがプラスにとらえることかなと思います。

全日本大学駅伝でのレースを糧に箱根駅伝では法政大学らしい安定した戦いをしてくれることを期待したいと思います。




箱根駅伝2020の法政大学の特徴は?

法政大学は昨年も4年生に主力選手が多くいましたが、今年も4年生に多くの主力選手特に3本柱と呼ばれる(佐藤敏也選手・岡原仁志選手・青木涼真選手)がいるのは心強いのではないかと思います。

佐藤敏也選手はトラックシーズンにおいて5000Mのベスト更新や5000M・10000Mで関東インカレでも上位に入賞をしており、駅伝でも活躍が期待をされていますが、ケガの影響で欠場をしているのがとても気になります。

駅伝シーズンが開幕をしてエースの佐藤敏也選手がケガで欠場しているのが影響をして出雲駅伝と全日本大学駅伝で苦戦をしており、選手層に不安はありますが、箱根駅伝では山区間は強力なメンバーを擁していますのでベストメンバーが揃うと上位チームとも戦えるのではないかと思います。

箱根駅伝2020法政大学の坪田智夫監督はどんな人?


坪田智夫監督は選手時代においては法政大学でブレークし、箱根駅伝で2区の区間賞を獲得するなど活躍をされ、徳本一善さんとオレンジ旋風を巻き起こした選手でした。

法政大学卒業後は駅伝の名門コニカミノルタに在籍をしてニューイヤー駅伝での区間賞やトラックの10000Mにおいて、日本選手権で優勝、世界選手権にも出場をしているトップランナーでした。

坪田智夫監督が法政大学で指導をされはじめたのは2012年4月からコーチとして、2013年4月から監督としてチームを率いておられます。

坪田智夫監督は40代前半と同世代には東洋大学の酒井俊幸監督や國學院大学の前田康弘監督がおり、この世代の人たちが監督をしている大学が多くなってきており、切磋琢磨して大学駅伝を盛り上げてくれているのではないかと思います。

箱根駅伝2019の法政大学の区間オーダーと結果は?

【法政大学】 総合6位<往路5位 復路5位>

1区佐藤 敏也(3年) 区間5位
2区坂東 悠汰(4年)区間12位
3区岡原 仁志(3年)区間14位
4区狩野 琢巳(4年)区間10位
5区青木 涼真(3年)区間3位
6区坪井 慧(3年) 区間4位
7区大畑 和真(4年)区間7位
8区鎌田 航生(4年)区間7位
9区大畑 和真(4年)区間7位
10区鈴木 亮平(4年)区間8位

山区間においてオレンジ旋風を巻き起こした法政大学でした。

5区は青木涼真選手が前回大会に引き続き圧巻の走りをみせて7人抜きで往路は5位、復路においても6区の坪井慧選手58分台で好走をした勢いを7区以降の選手も区間1ケタで安定した走りをみせて総合6位でゴールをしました。

法政大学の過去出場歴と順位は?

法政大学は箱根駅伝2020で5年連続80回目の出場となる伝統校です。

ここ最近は3年連続でシードをキープしております。

法政大学は箱根駅伝での総合優勝はありませんが、往路優勝は1931年に1回復路優勝は2006年に1回優勝をしています。

記録もそうですが、箱根駅伝をずっと見ている方であれば、2000年前後で徳本一善さんや現在の監督でもある坪田智夫さんが学生時代、法政大学が躍進しオレンジ旋風を巻き起こしたり、徳本一善さんが2区で途中棄権をしたりなど記憶に残っている大学ではないでしょうか。

まとめ

  • 箱根駅伝2020の順位予想は山区間には絶対の自信を持っているので山区間以外の平地区間次第で上位進出を狙える
  • エースの佐藤敏也選手の欠場が影響して出雲駅伝・全日本大学駅伝では今、一歩の結果となった
  • エースの佐藤敏也選手のケガの状態次第で箱根駅伝での区間配置や結果が大きく変わってくる
  • 坪田智夫監督は選手時代、法政大学でブレークして箱根駅伝2区で区間賞を獲得、コニカミノルタでも駅伝、トラックで活躍し2012年より法政大学で指導