ついに7月1日(水)にディズニーランド・シーが再開しますが、その発表がされた6月23日。

発表されてすぐ、年間パスポート所持者の方たちからの『年パス勢』という言葉がtwitterでトレンド入りしました。

というのも、コロナ対策のためにディズニーの年パスを所持している方が自由にパークへ行くことができないということで話題になりました。

そこで、年パスを持っている方へディズニー公式がチケットの払戻しや優遇措置をされるということになりましたのでご紹介します。

一般のチケット発売は抽選ではなく、先着順となりますが、年パスの優遇措置は抽選で予約してパークへ行くことができるようになるようです。





ディズニー再開で年パス所持者への対応は?

2月29日(土)から臨時休園していた東京ディズニーランド・シーが7月1日(水)から再開します。

年間パスポートをお持ちの方は再開を心待ちにしていたのではないでしょうか。

【年間パスポート】

東京ディズニーランド・シーのどちらにも入園可能 「99.000円」

ディズニーランド・シーのどちらかに入園可能 「68,000円」

ただ、残念なことに当面の間、年間パスポートだけではディズニーランド・シーに入園することができないようです。

7月1日(水)以降ディズニーに入園するためには東京ディズニーリゾートオンライン予約・購入サイトで販売される日付指定のチケットが必要です。

また、年パスについては、公式サイトで次のようなお知らせが発表されました。

「有効期限が2020年2月29日(土)以降の年間パスポートをお持ちの方については、下記の対応を予定しています。

・有効期限の延長もしくは払戻し

・グッズのオンライン購入と抽選によるご入園

パークに入園しなくても東京ディズニーリゾート・アプリのオンライングッズ販売をご利用いただけるよう準備しています。

また、年間パスポートでご入園いただけない期間については、抽選でご入園いただけるシステムを導入します。

詳細については、準備が整い次第、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトにてお知らせいたします。ディズニー公式

他のパークでは再開後の入園にあたって、地元の方や年間パスポート所持者の優遇措置があったりしたので、今回のディズニーの入園方法については残念だという声を上げる年パス所持者の方もいます。

オリエンタルランド広報によると、

「ゲストの安全に配慮することを第一に、パーク内外での混雑度を把握し、コントロールするため」

だそうです。

コロナウイルス対策として仕方のない措置ですし、年パスの払戻しや優遇措置の対策が取れるようなので公式サイトからの発表を待ちましょう。

ディズニー再開年パス所持者のチケット払戻し方法は?

臨時休園はもちろん7月1日(水)の再開以降もなかなかディズニーに入園できないのであれば、年間パスポートの払戻しも考えますよね。

有効期限が2020年2月29日(土)以降の年パスについては払戻しが可能です。

払戻し方法の詳細については、まだ公式に発表されていません。

払戻し金額や、方法について気になるところです。

今後のディズニーの発表に注目しましょう。

なお、通常のパスポート等の払戻しについては公式サイトにあるチケット対応ウェブフォームに入力することで払戻しされていますので、年パスの払戻し方法についても同様になるかもしれませんね。

ディズニー再開年パス所持者への優遇措置は?

年間パスポートを所有していない一般の方は、東京ディズニーリゾート・オンライン予約・サイトから日付指定チケットを予約、購入しないといけませんが、これとは別枠で年間パスポートの所持者については抽選で入園することができるようなシステムが導入されません。

詳細についてはまた発表されていませんが、準備ができ次第、公式サイトでお知らせされるそうです。
楽しみに待ちたいですね。

年パス所持者は日時指定で予約きる?

7月1日(水)からの一般の入園チケットは日付指定をして予約購入します。

では年間パスポートで抽選、入園できるようになった場合に日付指定はできるのでしょうか。

現在のところ、これについての公式発表はありません。

公式サイトでは、

年間パスポートでご入園いただけない期間については、抽選でご入園いただけるシステムを導入します。詳細については、準備が整い次第、東京ディズニーランドリゾート・オフィシャルウェブサイトにてお知らせします。ディズニー公式

とあります。

今後の発表に注目しましょう。

なお、7月1日(水)の再開日以降で、2020年の年間パスポートの使用不可日は次のとおりです。

もともと年間パスポートで入園できない日ですから、この日については抽選の対象日にならないかもしれませんね。

7月24日(金)、25日(土)8月11日(火)、12日(水)、13日(木)

9月19日(土)、20日(日)、21日(月)

10月10日(土)、11日(日)

11月16日(月)、21日(土)、22日(日)

12月5日(土)、6日(日)、28日(月)、29日(火)、30日(水)

年パス所持者は有効期限を延長できる?

「年間パスポートを持っているけどディズニーの臨時休園で有効期間中にほとんど使えていない」と思う方もいらっしゃると思います。

有効期限が2020年2月29日(土)以降の年パス所持者については、有効期限を延長する対応をしています。

これで来園できなかった期間についてある程度は保障されそうですね。

有効期限の延長について、詳細はまだ発表されていません。

今後の発表に注目しましょう。

年パス所持者は継続してオンライングッズが購入できる?

年間パスポート所持者の優遇措置として、ディズニーリゾート・アプリのオンライングッズ販売が利用できるようになるそうです。

こちらで購入するためには、購入日にパーク入園で使用したチケットが必要でしたが、その必要もなくオンライングッズを購入できるという優遇措置です。

一般の方向けのディズニーリゾート・アプリのオンライン販売は6月24日(水)で終了してしまいましたので、年間パスポート所持者にはうれしいサービスですね。

アプリの所有者全員を対象とした以前のオンライン販売に比べると、年間パスポート所持者だけを対象としたオンライン販売になりますので、アクセスが集中することもなく、買いやすいかもしれませんね。

ディズニー再開年パスはいつまで利用できない?

7月1日(水)からの入園については、一般向けに日付指定チケットがオンライン販売されます。

そのため当面の間は、年間パスポートで東京ディズニーランド・シーに入園することがでません。

では年パスはいつまで利用できないかというと、公式な発表はまだありません。

現在のところ、一般の日付指定チケットの販売日については8月7日(金)の分までが公式発表されています。

少なくともそれまでは年パスを利用できなさそうですね。

ディズニー再開年パス所持者の声は?

それでは年パス所持者の声をみてみましょう。

ディズニーの再開をよろこぶ声が多いですね。

他に「再開してくれたことじたいありがたい」「安全に運営できるように協力しましょう」という声もあります。

年間パスポートの対応については詳細が発表されていないところもあります。

詳細について早めにお知らせがあると安心できますよね。

年間パスポートの入園方法などについて残念に思う方もいらっしゃるようです。

確かに年パス所持者に対して優遇措置のあったUSJに比べると残念に思うところもあるかもしれません。

パーク内のキャパシティーをコントロールするため、入園については一般のチケットも年間パスポートもオンラインで人数制限する必要があるのかもしれませんね。

年間パスポートをお持ちの方で、払戻しか期間の延長をするか悩んでいる方も多いようです。

どちらにしてもディズニーでは異例の対応と言えます。

よく考えて自分にあった選択肢を選びたいですね。

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 7月1日(水)からのディズニー再開で注目を集めているのが、年間パスポートの払戻し方法と優遇措置。
  • 当面の間は年間パスポートでは入園することができない。年間パスポートについては抽選で入園できるシステムを導入する予定。詳細については今後公式サイトでお知らせがある。
  • 年間パスポート所持者には公式アプリでのオンライングッズ購入の優遇措置がある。
  • 有効期限が2020年2月29日(土)以降の年間パスポートについては払戻しか、有効期限の延長を選ぶことができる。