merimeri

宮沢りえさんをはじめ、40代を超えても妊娠したい。子どもを産みたいという気持ちをもっている女性ってたくさんいらっしゃいますよね。

ここで、高齢出産を経験している40代の芸能人の方をご紹介します。

スパーク

高齢出産だと障害児が生まれてくるリスクも高くなるワン!どのくらいの比率なのかな?

高齢出産は、35歳以降にされたことを指しますが宮沢りえさんが第一子を妊娠されたのは、36歳ですので、高齢出産となります。

40代の芸能人の方で妊娠・出産された芸能人の方はどのくらいいるのでしょうか?

日本人女性は葉酸が足りてないから妊娠しにくい!葉酸サプリをチェック!

↓簡単にすぐ購入できます↓クリック↓

40歳で出産された芸能人

  • 財前直見(女優)
    40歳で男の子を出産
  • 膳場貴子(フリーアナウンサー)
    40歳で女の子を出産
  • 松阪慶子
    40か41歳で第二子出産
  • 田中美奈子(タレント)
    40歳で女の子を出産
  • 戸田菜穂(女優)
    40歳で第二子である女の子を出産
  • 東尾理子(ゴルファー)
    40歳で第二子出産。42歳で第三子出産
  • 杉山愛(元テニス選手)
    40歳で男の子を出産
  • ビビアン・スー(タレント)
    40歳で男の子を出産
  • 山田花子(お笑い)
    40歳で第二子を妊娠
  • 伊藤さおり(お笑い)
    お笑いコンビ北陽の伊藤さおりさん40歳で女の子を出産
  • 虻川美穂子(お笑い)
    伊藤さおりさんの相方である虻川美穂子さん40歳で女の子を出産
  • 松嶋尚美(お笑い)
    40歳で男の子を出産。(42歳で第二子を出産)

41歳で出産した芸能人

  • 山下久美子(歌手)
    41歳で双子の姉妹を出産
  • はしのえみ
    41歳で女の子を出産
  • 相田翔子(タレント)
    元winkの相田翔子さん41歳で女の子を出産
  • 中澤裕子(元モー娘。)
    41歳で第二子の男の子を出産
  • 丸川珠代(議員)
    41歳で男の子を出産
  • 萩野志保子(テレビ朝日女子アナ)
    41歳で男の子を出産
  • 武田祐子(フジテレビ女子アナ)
    41歳で男の子を出産
  • 島田 彩夏(フジテレビ女子アナ)
    41歳で第二子の男の子を出産
  • 坂井真紀(女優)
    41歳で女の子を出産
  • 六車奈々(女優)
    41歳で女の子を出産

42歳で出産した芸能人

  • 江角マキコ(女優)
    38歳で第一子を、42歳の時に男の子を出産
  • 田中美奈子(タレント)
    42歳で第二子の男の子を出産
  • 蜷川実花(写真家)
    35歳で長男、42歳で第二子を出産
  • マライア・キャリー(歌手)
    42歳で双子(男の子と女の子)を出産
  • マドンナ(歌手)
    42歳で第二子を出産
  • セリーヌ・ディオン(歌手)
    42歳で双子を出産 33歳の時に凍結保存していた卵子を使っての体外受精での妊娠
  • 長山洋子(演歌)
    42歳で女の子を出産
  • NOKKO(歌手)
    42歳で女の子を出産
  • 古内東子(歌手)
    42歳で男の子を出産
  • 永作博美
    39歳の時に男の子、42歳の時に女の子を出産
  • 赤江珠緒(フリーアナウンサー)
    フリーアナウンサーの赤江珠緒アナが2017年2月に妊娠していることを発表
  • 松本志のぶ(フリーアナウンサー)
    42歳で女の子を出産
  • 中田有紀
    42歳で女の子を出産

43歳で出産した芸能人

    • 八塩圭子(フリーアナウンサー)
      43歳で男の子を出産
    • 田中美佐子(女優)
      43歳で女の子を出産

44歳で出産した芸能人

  • 雪野智世(フリーアナウンサー)
    44歳で男の子を出産
  • 兵藤ゆき(タレント)
  • 44歳で男の子を出産
  • 林真理子(作家)
    44歳で女の子を出産
  • 加藤貴子(女優)
    44歳で男の子、46歳で第二子を出産
  • シンディ・ローパー(歌手)
    44歳で男の子を出産

45歳で出産した芸能人

  • ジャガー横田(タレント)
    45歳で男の子を出産




高齢出産で障害を持って生まれる子のリスクは?

障害児と言ってもダウン症やADHD(発達障害)など様々です。

高齢出産になればなるほど、障害を持って生まれてくる子どもが増えるリスクが高くなってしまうのもしょうがないことです。

高齢出産でダウン症の子が生まれる確率

ダウン症の子が増加している要因のひとつが高齢出産です。

35歳以上の出産は高齢出産と言われ、先天的な病気のリスクが高くなるといわれています。

初産の年齢は1950年で調査が始まった頃には24.4歳だったのが、現在では30.4歳となっています。

30歳で出産される場合、385人に1人の割合でダウン症になるという調査結果がでています。

  • 20歳 ダウン症の子が生まれる確率 1667分の1
  • 25歳 ダウン症の子が生まれる確率 1250分の1
  • 30歳 ダウン症の子が生まれる確率 952分の1
  • 35歳 ダウン症の子が生まれる確率 385分の1
  • 40歳 ダウン症の子が生まれる確率 106分の1
  • 45歳 ダウン症の子が生まれる確率 30分の1

もちろん、20代前半で妊娠・出産したとしてもダウン症の赤ちゃんが産まれる確率が0ということはありませんが高齢出産になれば、障害児が生まれるリスクが高くのるのもいなめません。

日本人女性は葉酸が足りてないから妊娠しにくい!葉酸サプリをチェック!

↓簡単にすぐ購入できます↓クリック↓

高齢出産で障害を持って生まれるリスクを低くするためには?

高齢出産でダウン症のリスクが高まる大きな原因は「卵子の老化」のようです。

「卵子の年齢=自分の年齢」

卵子は胎児頃にすべて作られ排卵期まで分裂が止まります。

その後、排卵のために再び分裂を再開するため高齢になるほど分裂が止まっている期間が長くエラーを起こしやすいと言われています。

現在、芸能人の宮沢りえさんが最先端の生殖補助医療を提供している病院で妊活中というニュースがありました。
なんでも高齢出産の方の卵子の若返りをサポートする妊活病院なんだとか…。

もし卵子が若返えれば、高齢出産でも障害を持って生まれる子のリスクが低くなりますよね。

スパーク

近々、【宮沢りえ第2子妊娠】なんていうテロップが見られる日が待ち遠しいワン!

合わせて読みたい記事