来年2020年に行われる【東京オリンピック】の出場内定選手が決まりはじめました。

世界水泳の個人メドレー200mと400mで金メダルを獲得し、オリンピック出場が決まった「瀬戸大也選手」をはじめ、陸上、卓球、柔道と、メダル獲得が期待される選手が沢山います。

2020年東京オリンピック出場内定選手の一覧と、出場濃厚で活躍が期待される注目選手をまとめていきます。

出場が決まった選手、注目選手においては、随時更新していきます。





オリンピック選手内定者一覧【東京五輪2020】

いよいよ来年に迫ってきた東京五輪オリンピックに出場が内定している選手についてご紹介します。

水泳

まずは、早めに内定が決まった水泳選手やプールを使った競技の選手をご紹介します。

瀬戸大也

 

この投稿をInstagramで見る

 

水泳の世界選手権最終日、競泳の男子400m個人メドレーで瀬戸大也選手が金メダル、女子400m個人メドレーで大橋悠依選手が銅メダルを獲得しました🎉🎉 . 🏊‍♂️18th FINA World Championships🏊‍♂️ . [Swimming – Men’s 400m Individual Medley] 🥇瀬戸大也/Daiya Seto . [Swimming – Women’s 400m Individual Medley] 🥉大橋悠依/Yui Ohashi . #FINAGwangju2019 #FINAWorlds #瀬戸大也 #DaiyaSeto #大橋悠依 #YuiOhashi #シンボルアスリート #ネクストシンボルアスリート #競泳 #がんばれニッポン #TEAMNIPPON #JapaneseOlympicCommittee . 📷 AFLOSPORT, AP/AFLO, REUTERS/AFLO

「チームがんばれ!ニッポン!」さん(@team_nippon)がシェアした投稿 –

名前瀬戸 大也
生年月日1994年5月24日
年齢25歳
出身地埼玉県入間郡毛呂山町
血液型A型
学歴早稲田大学スポーツ科学部
身長174cm
体重72kg
所属全日本空輸
経歴2019年 世界水泳選手権 200m個人メドレー 優勝

全ての泳法をトップレベルでこなせる瀬戸大也選手。

2019年世界水泳の個人メドレー200mと400mで金メダルを獲得し、200mバタフライでも銀メダルを獲得しました。

近年伸びてきているバタフライでのタイムが更に伸びてくれば、3冠も夢ではありません

合わせて読みたい記事はこちら

飛込男子3mシンクロ板飛び込み(ペア)

飛込男子3mシンクロ板飛び込み選手です。

寺内健

名前寺内 健
生年月日1980年8月7日
年齢39歳
出身地兵庫県宝塚市
血液型A型
学歴甲子園大学大学院心理学部
身長169cm
体重68kg
所属株式会社ミキハウス
経歴世界水泳(韓国)3mシンクロ 7位入賞

2009年に現役引退を発表したものの、オリンピック出場のために現役復帰した飛び込みの第一人者

全競技を通じて個人名での「東京オリンピック内定1号」の選手です。

東京オリンピックでなんと6度目のオリンピック出場となる大ベテラン選手です。

坂井丞

名前坂井 丞
生年月日1992年8月22日
年齢26歳
出身地神奈川県相模原市
血液型A型
学歴日本体育大学体育学部
身長171cm
体重58kg
所属株式会社ミキハウス
経歴世界水泳(韓国)3mシンクロ 7位入賞

水泳飛込女子

飛込女子10m高飛び込みの選手です。

荒井祭里

 

この投稿をInstagramで見る

 

これからもっと上手くなりたい、、!と思った試合でした。いや、なる。 #日本室内選手権#飛込み#2位

荒井祭里さん(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿 –

名前荒井 祭里
生年月日2001年1月18日
年齢18歳
出身地兵庫県伊丹市
学歴武庫川女子大学
身長150cm
体重39kg
所属宝塚JSS
経歴2019年光州世界選手権 10m高飛び込み 9位

三上 紗也可

名前三上 紗也可
生年月日2000年12月8日
年齢18歳
出身地鳥取県米子市
学歴鳥取県立米子南高等学校
身長155cm
体重53kg
所属米子DC
経歴2019年光州世界選手権3m板飛び込み5位

水泳飛込女子 3メートル板飛び込みの選手です。

セーリング女子470級

セーリングの大会の会場は江の島ヨットハーバー(藤沢市)です。

江の島を練習拠点としている選手が内定しました。

吉岡美帆

名前1990年8月27日
生年月日1990年8月27日
年齢27歳
出身地広島県
学歴立命館大学
身長177cm
体重70kg
所属株式会社ベネッセホールディングス

吉田愛

名前吉田 愛
生年月日1980年11月5日
年齢37歳
出身地神奈川県
学歴日本大学
身長161cm
体重58kg
所属株式会社ベネッセホールディングス

スポーツクライミング

スポーツクライミングの会場は、青海アーバンスポーツパークに決定しています。

野口啓代

名前野口 啓代
生年月日1989年5月30日
年齢30歳
出身地茨城県龍ケ崎市
学歴東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科中退
身長165cm
体重49kg
所属TEAM au
経歴ワールドカップ通算21勝

2020年を最後に現役を引退することを表明している、スポーツクライミングの日本が誇る世界屈指の女性クライマー。

東京オリンピックで金メダルを取って、有終の美を飾れるのか大注目の選手です!

楢﨑 智亜

 

この投稿をInstagramで見る

 

やりました‼️ 年間チャンピオン🏆‼️• • • 最後の最後まで尊敬するアダムオンドラ選手と年間優勝をかけて戦えてとても光栄でした。そして、まさか全6戦中4戦の出場で年間優勝が出来ると思ってなかったので自分でもビックリです。• • 初めて年間優勝した2016年以降、勝つ事が本当に難しくて、2017.2018は年間優勝を狙いながらも年間2位とずっと悔しい思いをしてきたので3年ぶりの年間優勝は格別に嬉しいです。そして二度目の年間優勝は、はじめての年間優勝の何十倍も難しかったです。。• • すごく自信になりました。 たくさんの応援ありがとうございました! そして、ベイル大会で初優勝した おがっち おめでとう! • • Thanks Vail! 2nd Bouldering Season Champion trophy in my hand!!!• • I’m deeply honored after the long climbing battle with @adam.ondra until the very end of the stage. I’ve never thought I could get the overall title in only 4 out of 6 games. I’m quite surprised.• • Since my 1st annual win in 2016, I’ve been struggling for 2 years collecting Silvers in 2017 & 2018. Now I’m extremely happy to be back on the top of the podium. Indeed, this win was 100 times harder than the last time….• • I’m now confident! Arigato for a lot of cheers! congrats for @ogata.yoshiyuki his first victory🏆• • • photo by @climbersjp @au_official @thenorthfacejp #アイディホーム @air_sleeptechnology @unparallelup @frictionrab

Tomoa Narasaki/楢崎智亜さん(@tomoa_narasaki)がシェアした投稿 –

名前楢﨑 智亜
生年月日1996年6月22日
年齢23歳
出身地栃木県宇都宮市
血液型B型
学歴栃木県立宇都宮北高校
身長170㎝
体重60㎏
所属TEAM au
経歴2019 IFSC クライミング世界選手権大会 複合種目優勝

日本人初の世界選手権制覇を成し遂げた男子スポーツクライミングのエース。

体脂肪率2%で驚異的なフィジカルの持ち主。

今もっとも注目の若手クライマーです。

メダル獲得も大いに期待できる選手です。

カヌー男子カヤックフォア

松下桃太郎選手、藤嶋大規選手、水本圭治選手、宮田悠佑選手




セーリング 男子470級

セーリング男子470級の選手が内定致しました。

会場は、江の島ヨットハーバーとなります。

岡田奎樹

名前:岡田奎樹

生年月日:1995年12月2日

年齢:23歳

出身地:福岡県

学歴:早稲田大学スポーツ科学部

身長:170cm

体重:64kg

所属:トヨタ自動車東日本株式会社

経歴:14歳でアジア大会に出場。外薗潤平とのペアでW杯マルセイユ大会で3位。

外薗潤平

名前:外薗潤平

生年月日:1991年3月20日

年齢:28歳

出身地:鹿児島県

学歴:日本経済大学

身長:174cm

体重:73kg

所属:九州旅客鉄道株式会社

経歴:全日本470級選手権で初優勝。岡田奎樹とペアを結成する前にW杯5位などの実績あり。

2020東京オリンピックの前哨戦ともいわれるセーリングワールドカップ江の島大会470級で、優勝を果たしました。

東京オリンピックは同じ江の島で行われます。この勢いを維持し、メダル取ることが出来るのか注目です!

サーフィン

東京オリンピックから新競技となったサーフィンです。

会場は、釣ヶ崎海岸サーフィン会場となります。

内定選手がすごいです。なにがすごいって年齢がすごいんですよ。

松田詩野

 

この投稿をInstagramで見る

 

Off to Spain🇪🇸🛩♡

Shino Matsuda 松田詩野さん(@shinomatsuda)がシェアした投稿 –


名前:松田詩野

生年月日:2002年8月13日

年齢:17歳

出身地:神奈川県茅ケ崎市

血液型:A型

学歴:飛鳥未来高等学校

身長:158cm

体重:48kg

所属:NSA(日本サーフィン連盟)

経歴:2019年ジャパンオープン優勝

※条件付き内定

6歳の時にサーフィンスクールに入り、初日から波に乗れたという天才少女です。

抜群のルックスで注目を浴びる彼女ですが、十分にメダルが狙える大注目の選手です。

合わせて読みたい記事はこちら




マラソン

9月15日に行われたMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)を制し、東京五輪男子マラソンの代表内定者が決定しました。

日本記録保持者の大迫傑選手(Nike)が内定するかと思われましたが、内定選手に選ばれた服部勇馬選手から5秒遅れの2時間11分41秒で3位という結果でした。

東京五輪の男子マラソン代表は3人なので、残り1枠となります。

残りの1名は、2019年12月から2020年3月にかけて行われる「MGCファイナルチャレンジ」で派遣設定記録2時間5分49秒を切るランナーの最上位が選ばれることになっています。

しかし、その記録を切る選手が現れなかった場合は、大迫選手が代表に内定します。

どうなるのか気になりますね。

東京オリンピックマラソンの会場は、新国立競技場がスタート場所です。

中村匠吾

名前: 中村匠吾

生年月日:1992年9月16日

年齢:26歳

出身地:三重県四日市市

血液型:A型

学歴:駒澤大学

身長:172cm

体重:55kg

所属:富士通

経歴:2019年9月15日マラソングランドチャンピオンシップ優勝

2018年びわ湖毎日マラソンでも日本人1位になった新エース。暑さに強い選手で当日の気候を味方に出来れば十分メダルを狙えるでしょう。

服部勇馬

名前:服部勇馬

生年月日:1993年11月13日

年齢:25歳

出身地:新潟県十日町市

学歴: 東洋大学経済学部経済学科

身長:176㎝

体重:61㎏

所属:トヨタ自動車

経歴:2019年9月15日マラソングランドチャンピオンシップ2位

福岡国際マラソンで2時間7分27秒の自己ベストで日本人14年ぶり優勝した実力者。

5000mでオリンピック出場を狙う弟の服部弾馬選手と共にメダルが取れるか注目です。

前田穂南

名前:前田穂南

生年月日:1996年7月17日

年齢:23歳

出身地:兵庫県尼崎市

学歴:大阪薫英女学院高等学校

身長:166㎝

体重:46㎏

所属: 天満屋

経歴:2019年9月15日マラソングランドチャンピオンシップ優勝

かわいいルックスにも注目されている美女ランナー。オリンピック内定でこれから日本中に名前が知れ渡り人気が出るのは間違いないでしょう。

鈴木亜由子

名前:鈴木亜由子

生年月日:1991年10月8日

年齢:27歳

出身地:愛知県豊橋市

学歴:名古屋大学経済学部

身長:154㎝

体重:38㎏

所属: 日本郵政グループ

経歴:2019年9月15日マラソングランドチャンピオンシップ2位

リオデジャネイロオリンピックにも出場した実力者。豊富な経験を活かしたレースができるかが鍵です。

オリンピック東京五輪2020での注目選手は?

内定選手、まだ内定が確定していない選手とそれぞれいますがオリンピック東京五輪2020で注目を浴びている選手をご紹介します。

陸上男子100m、4×100mリレー

男子の陸上選手は、9秒台が3人も出ているのでメダルを狙るか期待できますよね。

桐生祥秀選手

日本学生陸上選手権で9秒98をマークし、日本人で初めて10秒台の壁を突破しました。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは、4×100mリレーで銀メダルを獲得。

第23回アジア陸上競技選手権大会、男子100mで日本人初の優勝

サニブラウン・ハキーム選手


アメリカ合衆国のテキサス州オースティンで行われた【全米大学選手権】の男子100m決勝で、”9秒97”の日本新記録を出し、200m決勝でも日本歴代2位の20秒08をマーク。

男子100mでオリンピック初のメダルが狙える大注目の選手です。

小池祐貴選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

ロンドンダイヤモンドリーグ 100m #小池祐貴 4×100mR 日本代表チーム #多田修平 #小池祐貴 #住友電工陸上競技部

住友電工陸上競技部さん(@sei__trackfield)がシェアした投稿 –


2018年【ジャカルタアジア大会】200m金メダリスト

2019年4月24日中東のドーハで行われた【アジア選手権】男子200m決勝では20秒55で2位。

女子レスリング

最もメダルが取れると言われている競技です。

  • 48kg級 登坂 絵莉選手
  • 63kg級 川井 梨紗子選手
  • 69kg級 土性 沙羅選手

バドミントン女子シングルス

  • 奥原 希望選手
  • 山口 茜選手

バドミントン女子ダブルス

  • 高橋 礼華選手
  • 松友 美佐紀選手

体操男子

男子の体操といったらこの選手ですよね。

白井健三選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

全日本選手権ゆか6連覇🥇👍 ・ ・ なんか年々おめでとうも減ってる気がするけど、それくらい当たり前に優勝できる力があるというのは幸せな事です☺️ ・ ・ 内容もまだまだ良くないですし、世界選手権の代表も決まったので、これからより一層気を引き締めて練習に臨みたいと思います😝 ・ 応援ありがとうございました! ・ 6 times all japan floor champion! ・ #全日本選手権#ゆか#6連覇#史上初らしい#なんか#当たり前みたいな空気#寂しいけど嬉しい#とりあえず#次はインカレ#団体戦#気持ち切り替えて頑張ろう!

Kenzo Shiraiさん(@kenzoshirai)がシェアした投稿 –

床と跳馬のスペシャリストとしての地位を完全に確立した白井 健三選手。

鉄棒、平行棒、あん馬、つり輪も強化し、メダル獲得の期待大です。

体操女子

女子の体操もこの方しかいませんよね。

村上茉愛選手

【リオデジャネイロオリンピック】では団体総合で日本の48年ぶりの4位に貢献。

2017年の【世界選手権】は種目別床運動で日本女子として63年ぶりの金メダル

卓球男子

男子の卓球選手はこちらの選手です。

水谷隼選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

🐥木下マイスター東京より皆様へ🐥 T.LEAGUE PHOTO BOOK 「FIRST CUT」が2019年3月17日(日) より販売開始致します✨ その中からちょこっとだけキノシタマイスターメンバーのカッコイイ姿をお見せします😚 💝ハッピーホワイトデー💝 って事で何卒「いいね」をお願いします🙇‍♂️ #レスリーキー #Tリーグ #フォトブック #木下マイスター東京 #キノシタマイスター #水谷隼 #張本智和 #松平健太 #大島祐哉 #田添健汰 #田添響 #侯英超 #卓球 #Pingpong #tabletennis #マイスケ先生のカットがないからスネてる #マイスケも次回は出たい #マイスケ単独写真集 #クレジット見切れてたから再投稿orz

キノシタマイスターさん(@kinoshita_meister)がシェアした投稿 –

全日本選手権男子シングルスで史上最多となる10回の優勝をしている日本のエースです。

最年少記録となる17歳で全日本選手権初優勝を果たし、常に日本卓球界をけん引してきました。

リオデジャネイロオリンピックでは日本男子初となる団体銀メダル、個人シングルス銅メダルを獲得しました。

張本智和選手


中国人の両親を持ち、数々の”最年少記録”を更新している日本卓球界の新エースです。

2017年の世界選手権にも男子史上最年少での代表入りが決まっています。

世界ランキング自己最高位は3位

2018年のITTFワールドツアーグランドファイナル男子シングルで世界史上最年少で優勝を果たしています。




卓球女子

続きまして、女子卓球選手です。

石川佳純選手

ロンドン・リオデジャネイロオリンピックの団体で銀メダル、銅メダルに貢献しました。

2014年には全日本選手権で初優勝。

世界ランキング自己最高位は3位

伊藤美誠選手

リオデジャネイロオリンピックの団体で銅メダルを獲得し、卓球競技史上最年少記録を更新しました。

世界ランキング自己最高位は5位。

平野美宇選手

伊藤 美誠選手とのダブルス「みうみまペア」で有名です

リオデジャネイロオリンピックには4番手のサポートメンバーとして帯同し、悔しい思いをしましたが、2017年の全日本選手権で3連覇中の石川 佳純選手を破り、最年少優勝を果たしました。

世界ランキング自己最高位は5位。

まとめ

オリンピック出場、内定選手

  • 水泳男子は、瀬戸大也選手
  • 水泳飛込男子は、寺内健選手、坂井丞選手
  • 水泳飛込女子は、荒井祭里選手、三上紗也可選手
  • スポーツクライミングは、野口啓代選手

注目選手

  • 陸上男子は、桐生祥秀選手・サニブラウン・ハキーム選手・小池祐貴選手
  • 体操は、白井健三選手・村上茉愛選手
  • 女子レスリングは、登坂絵莉選手・川井梨紗子選手・土性沙羅選手
  • 卓球は、水谷隼選手・張本智和選手・石川佳純選手・伊藤美誠選手・平野美宇選手