10月26日に予選会が実施され、箱根駅伝2020に出場をすることが決定した早稲田大学。

箱根駅伝2020予選会においては、思わぬ苦戦が強いられましたが、箱根駅伝2020においてはどんな戦いをしてくれるのか、順位予想や区間予想をしていきたいと思います。

前回大会はシード落ち、今年の予選会においては力を出し切れなかった早稲田大学の巻き返しをしていくカギとなる注目選手や区間オーダー予想についてまとめていきたいと思います。





箱根駅伝2020順位予想:早稲田大学は何位?

箱根駅伝2020の早稲田大学は、戦力的に「シード権争い」をしていくのではないかと思います。

現状として、山区間で貯金ができる選手やエース区間で区間賞をとれるような選手が不在ではありますが、潜在能力が高い選手が多いので、主力選手のケガや不調がなければ、シード獲得も十分可能である一方で、前回大会のように1区間でもブレーキや主力選手が予定している区間で走ることができないようであれば、2年連続でシード落ちもしてしまう可能性を持っています。

箱根駅伝2019の早稲田大学の区間オーダーと結果は?

【早稲田大学】 総合12位<往路15位 復路7位>

1区中谷 雄飛(1年)区間4位
2区太田 智樹(3年) 区間21位
3区千明 龍之佑(1年) 区間10位
4区清水 歓太(4年) 区間3位
5区大木 皓太(3年) 区間17位
6区渕田 拓臣(2年) 区間11位
7区真柄 光佑(3年) 区間13位
8区太田 直希(1年) 区間10位
9区新迫 志希(3年) 区間9位
10区小沢 直人(4年) 区間7位

箱根駅伝2019はまさかのシード落ちとなる12位でした。

ルーキーの中谷雄飛選手が1区で4位と上々の滑り出しをしましたが、チームのエース格であった永山博基選手が欠場、2区を走った太田智樹選手がまさかの区間21位のブレーキもあって、本来の力が発揮できない結果となりました。

今年の早稲田大学の特徴は?

高校で成績・実績を残してきた選手と大学に入って地道に努力をして力をつけてきた選手がいるのが特徴の早稲田大学。

今年においては、学生長距離界を代表する選手は不在ですが、主力選手をみると、主将の太田智樹選手をはじめ、各学年バランスの取れた主力選手が揃っていますが、今年においてはトラックシーズンにおいてはなかなか力が発揮できず結果を残した選手が少ないのが現状でした。




早稲田大学の箱根駅伝2020予選会の結果

【早稲田大学】9位:10時間55分26秒

63分58秒太田 智樹(4年)
64分50秒井川 龍人(1年)
65分07秒鈴木 創士(1年) 
65分10秒千明 龍之佑(2年)
65分27秒遠藤 宏夢(4年)  
65分41秒吉田 匠(3年)
65分56秒山口 賢助(2年)
65分59秒太田 直希(2年)
66分33秒三上 多聞(4年)
66分45秒尼子 風斗(4年)

トップ通過も予想をされた早稲田大学が主力の中谷雄飛選手が欠場したこともあって、まさかの9位という結果でした。

エースの太田智樹選手が果敢に先頭集団でレースを進めましたが、結果は個人順位が16位、他の選手も上位に食い込むことができない不本意な結果となってしまいました。

予選会と箱根駅伝の本選の結果が同じになるとは限らないのと、主力選手が不在の中でも予選会通過や今回の予選会においてはルーキーの2人の健闘など楽しみな部分もあるので本選では期待をしたいと思います。

早稲田大学の全日本大学駅伝2019の結果

【早稲田大学】5:17:04 6位≪シード権獲得≫

1区井川 龍人(1年) 区間16位
2区太田 智樹(4年) 区間4位
3区中谷 雄飛(2年) 区間6位
4区千明 龍之佑(2年) 区間3位
5区太田 直希(2年) 区間5位
6区鈴木 創士(1年) 区間6位
7区新迫 志希(4年) 区間9位
8区吉田 匠(3年) 区間9位

1区の井川龍人選手が箱根駅伝予選会の疲れもあるのかもしれませんが、区間16位と出遅れたもののその後の選手たちは箱根予選会の疲れを見せない力強い走りをしてくれたとともに、箱根駅伝予選会を出場しなかった中谷雄飛選手新迫志希選手が全日本大学駅伝で結果を出してくれたことで箱根駅伝へ向けて期待が持てる結果となってきました。

2区以降に大きな崩れをすることなく最後までタスキをつなげたことがシード権獲得につながったのではないかと思います。

箱根駅伝2020早稲田大学の区間オーダー予想

1区中谷 雄飛(2年)/井川 龍人(1年) 
2区太田 智樹(4年)
3区千明 龍之佑(2年)/井川 龍人(1年)
4区井川 龍人(1年)/中谷 雄飛(2年)/千明 龍之佑(2年)
5区吉田 匠(3年)/太田 直希(2年)
6区渕田 拓臣(3年)/小指 卓也(1年)/半澤 黎斗(4年)
7区鈴木 創士(1年)/宍倉 健浩(3年)
8区太田 直希(2年)/吉田 匠(3年)
9区新迫 志希(4年)
10区遠藤 宏夢(4年)/尼子 風斗(4年)/三上 多聞(4年)

往路は下級生のスピードのある選手を並べて、復路はスタミナのある選手及び経験値のある上級生を並べてくるのではないかと予想をします。

起用が難しいのはルーキーの井川龍人選手ではないかと思います。

全日本大学駅伝で起用された1区で好走していれば自信をもって1区起用も考えられますが、1区で出遅れてしまうと厳しい戦いにもなるので不安があるのであれば、前回大会で結果を残している中谷雄飛選手でスタートダッシュをしていくのもいいのではないかと思います。

2区は前回大会で区間21位のブレーキを起こしてしまった太田智樹選手がリベンジをするために再び2区を走るのではないかと思います。

むしろ彼しか2区は考えられないです。

3.4区に関しては、2年生ながら実績・経験豊富な千明龍之佑選手と1区が考えられる2人のどちらかが入るのではないかと思っています。

悩み所は5区・6区の山区間ですね。

山下りに関しては、これまで2年連続で渕田拓臣選手が走っていますが、今シーズントラックレースや駅伝で走っていないのでどんな状態なのかわからないので何ともいえません。

万全であれば経験もあるので渕田拓臣選手がベストですが、スピードランナーの半澤黎人選手や小指卓也選手が走れるようだと面白いですね。

山登りの5区は前回、大木皓太選手が区間17位とブレーキとなっていますので起用するのは難しいと考えます。

新たな選手が起用されますが、前回走った8区の太田直希選手や前回も可能性があった吉田匠選手になるのではないでしょうか。

確実にシードをとるためには5区をどう走るかがポイントになってくるのではないかと考えます。

復路に関しては、9区の新迫志希選手が全日本大学駅伝でまずまずの走りをしましたので、前回大会の経験もあり復路のエースになるのではないかと思います。

調子の良い選手を並べていくことができれば、全日本大学駅伝同様、シードも見えてくるのではないかと考えます。




箱根駅伝2020早稲田大の相楽豊監督はどんな人?


相楽豊監督は2005年に早稲田大学のコーチに就任2015年4月より監督としてチームを率いています。

コーチ時代は早稲田大学の2010年度には学生三大駅伝の三冠獲得とともに渡辺康幸さんのもと名門早稲田大学を支えてきました。

学生時代は3000SCを中心に活躍をされ、5区、6区の山区間を走っています。

現在、相楽豊監督は39歳とまだ若いとともに、東洋大学の酒井俊幸監督や國學院大学の前田康弘監督と同じ世代ですので、切磋琢磨しながら大学駅伝を盛り上げていってもらえること、強い早稲田大学を作ってくれることを期待したいと思います。

まとめ

  • 箱根駅伝2020の早稲田大学は、戦力的に「シード権争い」をしていくのではないかと予想
  • 箱根駅伝2020予選会は9位とまさかの結果
  • 全日本大学駅伝では、2区以降は安定した走りでブレーキもなく、シード権獲得
  • 箱根駅伝2020の予想オーダーは、往路についてはスピードのある下級生中心で復路は経験のある上級生を予想
  • 相楽豊監督は学生時代においては、3000SCで活躍して箱根駅伝は5区、6区で出場