高校野球に一番注目が集まる、夏の甲子園が開幕しました。

今年の甲子園に大阪代表として出場する履正社は、スカウトも注目する井上広大選手を擁しており、今大会も注目を集めている高校の1つです。

強豪ひしめき合う大阪大会を勝ち上がってきた履正社の注目メンバーはどの選手なのでしょうか。

履正社の注目選手の成績や出身中学を見ていきたいと思います。

そして、履正社のチーム全体としての戦力も見ていきたいと思います。





夏の甲子園2019履正社の注目選手は?

履正社は今回3年ぶり4度目の夏の甲子園出場となりました。

今大会の履正社はその打撃力に目が行ってしまいますが、エースピッチャーとしてチームを支えている選手がいます。

それが3年生の清水大成選手です。

清水大成のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

履正社 エース 清水大成投手 #履正社 #清水大成 #全国高校野球選手権大会

龍平さん(@ryuheian)がシェアした投稿 –


名前:清水大成

生年月日:2001年6月5日

出身地:京都府丹波市

身長:176cm

体重:75kg

投球・打席:左投げ左打ち

清水大成選手は新チームになった時からエースナンバーを任されており、そこからエースの座を渡すことなく、夏の甲子園まで進んできました。

出身中学は氷上中学校です。

中学時代は、学校の部活ではなく、ベースボールネットワークでプレーをしていました。

最速145km/hの速球を投げる左腕で、プロのスカウトからもドラフト候補に挙げられている投手の1人です。

持ち球は、カットボールやスライダーで、このボールを低めに集め、的を絞らせない投球ができたら、相手が打ち崩すのは難しいでしょう。

今春に出場した、春の選抜では初戦の星稜戦で好投をしたものの、星稜のエース奥川選手を味方打線を打ち崩すことができず1回戦敗退となってしまいました。

敗戦後、清水大成選手は「夏に戻ってこれるよう、球威、コントロール、全てをレベルアップしたい」と語っていました。

宣言通り、夏の甲子園の舞台に戻ってきた清水大成選手は、どこまで成長した投球を見せてくれるのか楽しみです。

履正社には打撃力が高いチームということだけあって、野手陣に豊富なタレントを抱えています。

その中でも最初に名前があげられるのがプロも注目しており、4番を務める井上広大選手です。

井上広大のプロフィール


名前:井上広大

生年月日:2001年8月12日

出身地:大阪府

身長:187cm

体重:97kg

投球・打席:右投げ右打ち

井上広大選手はタレント揃いの打撃陣の中で4番を任されている大型スラッガーです。

出身中学は、南郷中学校です。

野球は東大阪リトルシニアでプレーをしていました。

夏の甲子園までにすでに、高校通算で46本のホームランを放っており、今大会屈指のパワーヒッターになっています。

夏の大阪大会では準々決勝から決勝まで3試合連続でホームランを放つなど、勝負所での勝負強さも持ち合わせている選手のようです。

春の選抜では、実力を十分に発揮することができなかった井上広大選手ですが、夏の甲子園の舞台では、どのような輝きを見せてくれるのでしょうか。

タレント揃いのチームを主将として、そしてチームの要であるキャッチャーとして支えているのが野口海音選手です。




野口海音のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

・ 甲子園練習で 履正社見れた…🥰 この野口くん格好良い👌 #野球#高校野球#履正社#野口海音

@ mk_l89がシェアした投稿 –


名前:野口海音

生年月日:2001年11月6日

出身地:大阪府松原市

身長:170cm

体重:83kg

投球・打席:右投げ右打ち

野口海音選手は主将を任されている選手で、ポジションはキャッチャーです。

松原第四中学校出身です。野球は松原ボーイズでプレーしており、2年生の時からキャッチャーを始めています。

U-15侍ジャパンで主将を務めた経験もあり、チームをまとめる力はとても高いものがある選手です。

実力もあり、「打てるキャッチャーになりたい」と語るだけあり、長打力を持っている選手です。

厳しい試合になった時に、野口海音選手のチームをまとめる力、そしてバッティングに期待です。

2年生の選手の中にも注目選手がいます。

その選手が大型外野手の小深田大地選手です。

小深田大地のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 49代表を決める予選、ついに大詰めに。 明日大阪で決勝! #小深田大地 #履正社 #高校野球 #大阪大会 #第101回全国高等学校野球選手権大会

wataruさん(@watarun__photo)がシェアした投稿 –


名前:小深田大地

生年月日:2003年3月25日

出身地:大阪府

身長:177cm

体重:85kg

投球・打席:右投げ左打ち

小深田大地選手は1年生の夏からベンチ入りを果たしており、試合にも出場している選手です。

出身中学は飾磨中部中学校で、姫路アイアンズ(ヤングリーグ)で野球をしていました。

1年生の頃から試合に出られるくらい実力が高い選手で、主に中軸を任されています。

夏の大阪大会でも中軸を任された小深田大地選手は、2本塁打を放ち、打点も11点を挙げています

春の選抜でも試合に出場しており、星稜の奥川選手からヒットも放っているので、夏の甲子園でも、活躍が期待できる選手です。

夏の甲子園2019履正社戦力分析


今年の履正社はいつも以上に戦力が揃っていて、優勝が期待できるチームとなっています。

履正社は今まで、春の選抜に出場すると、その年は夏の甲子園に出場できないというジンクスがありましたが、そのジンクスを跳ね除け、初の春夏連続出場となりました。

今大会の履正社の特徴はとにかく、打撃力が高いところです。

ドラフト候補にもなっている井上広大選手を筆頭にホームランを打てるバッター、長打を打てるバッターも多くなっています。

大阪大会の全7試合でチーム打率は.367と高い数字を残しており、チーム全体として打撃レベルが高いと思われます。

さらにホームラン数は10本と1試合に1本以上のホームランを放つ計算となっているため、相手チームにとっては脅威となるでしょう。

今春の時よりもパワーアップしている打撃陣は、今大会屈指と言えるでしょう。

打撃陣に注目が集まりがちですが、投手陣にもいい選手が揃っています。

エースの清水大成選手は、大阪大会では2試合のみの登板で先発は1試合のみに止まりましたが、防御率2点台としっかりと抑えています。

残りの6試合は他の投手たちが登板しましたが、それでもしっかり抑え切っているところを見ると、チーム全体の投手力の高さがわかります。

大阪大会全7試合で、チーム全体の失点が8点と、1試合あたり2点以内に抑え込めています。

ここにエースの清水大成選手の登板イニングを増えてきたら、さらにチームの失点を抑えることができるでしょう。

さらに、守備面でも安定したパフォーマンスを見せており、大阪大会での失策は3個のみになっています。

甲子園になると、緊張や普段と違う環境ということもあり、普段通りのパフォーマンスを発揮できないことがありますが、今大会は春の選抜に出場経験があるので、経験値があります。

それを生かし、いつも通りのプレーを見せることができたら、優勝も見えてくるチームでしょう。

今大会の履正社の活躍に期待です。




夏の甲子園試合結果

1回戦

履正社VS霞ヶ浦 11-6

履正社は3回までに7点を取り、そのリードを最後まで守りきって勝利しました。

この試合では桃谷選手の2本のホームランと、井上選手のホームランを含む5本のホームランを放ち、1試合のチーム最多ホームラン記録に並びました。

2回戦

履正社VS津田学園

8月13日(火)8時より第2回戦が始まります。

合わせて読みたい記事はこちら

まとめ

  • 履正社は3年ぶり4度目の夏の甲子園出場
  • 履正社には、ドラフト候補が複数人いる
  • 履正社は打撃力がウリのチーム
  • 春の選抜の雪辱を晴らしたい
  • 4番の井上広大選手はすでに高校通算46本のホームランを放っている大会屈指のスラッガー