2019年の甲子園の組み合わせ抽選も終わり、本格的に甲子園モードが高まってきました。

そんな中、注目を集めている選手が履正社の井上広大選手です。

井上広大選手は、すでにドラフト候補にも名を連ねているほどの選手で、今大会でも活躍が期待されている選手です。

そんな井上広大選手の出身小学校や中学校はどこなのでしょうか。

井上広大選手の今までの経歴と、履正社での成績、今後のドラフト進路などを見ていきましょう。





井上広大のプロフィール


名前:井上広大

生年月日:2001年8月12日

出身地:大阪府大東市

身長:187cm

体重:95kg

投球・打席:右投げ右打ち

井上広大の出身小学校は?

井上広大選手は大阪府大東市出身です。

井上広大選手は小学生の頃にANTブルージェイズというチームでソフトボールを始めました

最初は野球ではなく、ソフトボールをプレーしていたのですね。

小学生時代の成績を調べてみましたが、当時の成績の情報はほとんどありませんでした。

現在の活躍を見ていると、小学生の頃ソフトボールでどんな成績を残していたのか気になりますね。

井上広大の出身中学は?

中学に進学すると、ソフトボールを辞め硬式野球を始めました

中学校のチームではなく、東大阪シニアでプレーをしていました。

東大阪シニアでは、外野手ではなく、主にキャッチャーとしてプレーをしていたようです。

中学時代の成績に関しても、調べてみましたが、成績などは出てきませんでした。

キャッチャーとしてプレーをしていた井上広大選手の姿もみてみたい気持ちもありますね。

きっと履正社に進学したくらいなので、中学時代から実力の高かった選手だったのだと思います。




井上広大の履正社での成績は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

井上さま♥️ #履正社 #井上広大 #井上広大さま

かりんさん(@karin__toin)がシェアした投稿 –

中学卒業後、井上広大選手は地元の強豪校である履正社に進学します。

履正社に進学すると、井上広大選手は外野手としてプレーを始めます。

すると、その実力が認められ1年の夏からベンチ入りを果たします。

夏大会からベンチ入りした井上広大選手は、代打出場するなど経験を積み、秋からはレフトのスタメンの座を勝ち取りました。

スタメンとなった秋大会では、大阪大会で準優勝を果たし、近畿大会にも出場しました。

2年生になってからも、レフトのスタメンとして出場していましたが、思ったような成績が残せず、大阪大会の準々決勝・準決勝でノーヒットに終わってしまい、準決勝で敗退してしまい甲子園出場を逃してしまいました。

2年の秋からは4番を任されるようになり、秋大会では3本塁打を放つなど、4番機用に答える活躍をしました。

井上広大選手の活躍もあり、履正社は大阪大会で優勝、近畿大会ではベスト4という結果を残しました。

その結果、春の選抜への出場を決めました

春の選抜では1回戦で優勝候補だった星稜高校と対戦し、無安打に押さえ込まれてしまい1回戦敗退となってしまいました。

最後の夏となる3年夏の大阪大会では、3戦連発を含む4本塁打を放ち履正社を大阪大会優勝へ導きました

そして、夏の甲子園への出場を決めました。

最後の甲子園で、どんな活躍を見せてくれるのかがとても楽しみです。

井上広大のドラフト評価は?

井上広大選手はすでに、プロのスカウトから注目を集めており、すでにドラフト候補と言われています

どのチームのスカウトも井上広大選手の長打力を高く評価しており、ドラフト1位になれる実力を持ち合わせていると評価されています。

特に、ヤクルト・阪神・楽天は井上広大選手を高く評価しており、ヤクルトのスカウトは

「右の大型外野手で長打が魅力。スケールが大きい」

と評価をしており、阪神のスカウトは

「大きいのが打てる。非常に楽しみ」

と評価しています。

すでに高い評価を受けているだけに、この夏の甲子園で、自分の持ち味である長打力をどこまでアピールできるかが、ドラフトの順位に影響しそうですね。




井上広大はどんな選手?

井上広大選手は、何と言っても長打力が魅力的な選手です。

体格にも恵まれており、187cm・95kgという大きな体格を上手く使い、長打を量産しています。

長身ながらも効率的な体の使い方をしており、長打力にプラスして広角に打てるバッティング技術も持ち合わせています

守備面でも、現在はレフトを守っていますが肩力は強く、送球も安定しています。

脚も50m走を6.3秒とかなり速く、その脚を生かした守備範囲の広さも見せています。

長打力だけではなく、守備や脚の速さを持ち合わせているオールラウンダーの選手とも言えるでしょう。

ただ、井上広大選手の心配面としては、1年生の冬に発症した右膝蓋腱炎の影響で右足を手術しています。

現在は回復して影響がないものの、今後手術の影響が出ないとは言い切れないのが、心配な部分です。

まだまだ、成長過程の選手なので、今後どんな成長を見せてくれるかが楽しみな選手です。

井上広大が憧れている選手は?

井上広大選手が憧れている選手は、同じ履正社を卒業したヤクルトの山田哲人選手です。


山田哲人選手は侍ジャパンに選ばれたりトリプルスリーを3度達成するなど、プロ野球界屈指の走攻守三拍子揃った選手です。

井上広大選手も、今は長打力に注目が集まりがちですが、走力もある選手なので、将来的にはトリプルスリーを達成する可能性のある選手だと思います。

きっと井上広大選手自身も、山田哲人選手に憧れているだけあって、それを狙っている可能性もあります。

長打力だけなら、井上広大選手は山田哲人選手に負けない素材をすでに持っていると思うので、将来的には山田哲人選手を超えるような選手になれるように頑張ってもらいたいです。

合わせて読みたい記事はこちら

履正社の夏の地区予選の結果は

井上広大選手にとって最後の夏となる、夏の甲子園出場をかけた大阪府大会がありました。

大阪は高校数が多く、強豪校が何校もあるのでとても勝ち上がるのは大変な地区ですが、履正社は順調に勝ち上がって行きました。

勝ち上がっていき準々決勝では、桜宮高校に2-0の完封勝ちをし、準決勝では近大付に対し7-2と力を見せつけ勝利しました。

決勝では金光大阪との試合で1回に金光大阪に先制を許すものの、4回に追いつき、点数を重ね、結果的には7-2で勝利し、大阪大会優勝を決めました

優勝を決めたことにより、甲子園出場も決めました。

毎年、大阪代表の高校は甲子園で、好成績を残しているので、今年の代表の履正社も好成績を残して欲しいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#号外 #甲子園 #大阪代表 #履正社 #履正社野球部 #大阪駅で配布していました。

Matsuyama Taroさん(@matsuyama.taro)がシェアした投稿 –

履正社の甲子園の対戦相手は?

全47都道府県の代表が決まり、8月3日に組み合わせ抽選が行われました

その組み合わせ抽選の結果、履正社は大会2日目のに茨城県代表の霞ヶ浦高校と対戦することが決まりました。

春の選抜で対戦し、負けてしまった星稜高校とは準々決勝で当たる可能性があります。

履正社は3年ぶりの夏の甲子園ということなので、球場の空気に飲まれず、春の選抜の借りを返してもらいたいところです。

合わせて読みたい記事はこちら

まとめ

  • 井上広大選手は大阪府大東市出身
  • 井上広大選手は小学生時代はソフトボールをプレーしていた
  • 中学時代は主にキャッチャーとしてプレーをしていた
  • 現在履正社で4番打者を務めている
  • ドラフト指名はほぼ確実と思われる
  • 山田哲人選手に憧れている