ヨルヤンというオーディション番組がスタートします。

そのオーディション方法はどんなものなのでしょうか。

ヨルヤンは、モーニング娘。やCHEMISTRYを生んだ伝説のオーディション番組アサヤンの令和版です。

「課題曲が完成していて、それに自分の得意分野を乗せていく」という異例のオーディション方法で開催されます。

ぜひ、歌手になりたい!ビッグになりたい!という方はヨルヤンオーディションの応募方法をチェックされてみてください。





ヨルヤンオーディション応募方法は?

ヨルヤンというオーディション番組がテレビ東京でスタートします。

12月23日スタートの「次世代オーディション番組」というふれこみでスタートするこの番組。

あの有名レコード会社「avex(エーベックス)」とテレビ東京が連携するこの番組。

タイトルも歌詞も決まっていない課題曲のカラオケだけがすでにあるという状態でスタートします。

オーディションの応募者は、このカラオケに自分の得意分野(「歌唱(ラップ含む)」「作詞」「楽器演奏」「ダンス」「振付け」「映像制作」など)でエントリーします。

エントリーの方法は、自分で作成した動画をTikTokかYouTubeにアップすること。

最終的な合格者は、なんとavexからデビューすることになります。

課題曲はavexの選抜メンバーと一流のアーティストが手掛けた本格的なもの。

課題曲だけが先にあって、それに自分の得意分野で参加していくという、これまでになかった選考方法でのオーディション番組ということになります。

「ヨルヤン」「テレビ東京」「オーディション番組」というキーワードを聞くと、かつてのテレビ番組「アサヤン」を思い出される方もいらっしゃると思います。

アサヤン」とは、1995年から2002年に同じテレビ東京で放送されていたバラエティ番組です。

ナインティナインさんがMCをつとめておられたことで覚えていらっしゃる方が多いと思います。

この番組から「dos」「鈴木あみ」さんがデビューを果たしています。

そして、なんといってもシャ乱Qのつんくさんのプロデュース企画から「モーニング娘。」が誕生したのが有名です。

その後も新しいメンバーのオーディションが繰り返され、5期メンバーまでが番組で選出されるということになりました。

また「アサヤン」では、男性ボーカルオーディションも開催され、ここから「CHEMISTRY(ケミストリー)」が誕生しています。

また、このとき落選した方の中には、後にEXILEのメンバーとなるNESMITHさんやATSUSHIさんもいらっしゃいます。

また、現在はAAAとして活動する浦田直也さんもこのときの落選組です。

加えて、CM美少女オーディションも開催され、このときは、現在も女優として活躍しておられる池脇千鶴さんが選ばれました。

そのほか、vivi専属モデルオーディションなども開催されました。

ちなみに、このときグランプリとなった西村香那さんは、現在、ロンドンブーツの淳さんの奥様です。

そんな、伝説のオーディション番組「アサヤン」でしたが、放送は2002年で終了。

「復活してほしい」という声はこれまでも多くありました。

そして、今回、「ヨルヤン」という番組名で新しいオーディション番組がスタートするということになりました。

「ヨルヤン」の番組MCは「生見愛瑠(ぬくみ める)」さんがつとめます。

モデル・タレントとして活躍する生見愛瑠さんですが、彼女自身もavexが開催する中学生までの子どもを対象にした全国コンテスト「キラチャレ」への参加をきっかけにavexに所属することとなった方です。

また、「第2回プチモオーデション」でグランプリを受賞し、ニコ☆プチ専属モデルの座をつかみ取っている生見愛瑠さん。

最初に参加した「キラチャレ」では、本選に進めなかったという経験もある生見愛瑠さん。

オーディションに参加する側の気持ちがよくわかる番組MCということになりそうです。




ヨルヤンオーディション応募期間は?


すでにご紹介しているとおり、番組が用意した課題曲に自分の得意分野で応募用の動画を作成し、投稿することでオーディションに参加するという形になります。

応募はすでにはじまっており、番組ホームページから応募することができます。

また、2020年3月から5月中旬に第二審査、5月から6月に最終審査が行われるという予定になっています。

ヨルヤンオーディションの倍率は?

まだ応募がはじまったばかりということと、最終的な合格者が何名になるのかということも明らかになっていませんので、合格倍率というのもわかりません。

参考までに、「アサヤン」時代に行われた「モーニング娘。」の追加メンバーオーディションでは、応募総数約5,000名の中から3名が合格

保田圭さん、矢口真理さん、市井紗耶香さんが加入しました。

また、第2回の追加オーディションでは、応募総数約11,000名の中から1名が合格

後藤真希さんが加入となっています。

また、「CHEMISTRY」のお二人が選ばれたときの応募総数は11,600名

今回の「ヨルヤン」でも、スターへのチャンスをつかもうとたくさんの方が応募されると思われます。

狭き門となることは間違いないと思われますが、それに怖気づいてなにもしないと絶対にチャンスをつかむことはできません。

自分を信じて、まずは参加するということからはじめるのがいいのではないでしょうか。

ヨルヤンオーディション審査方法は?


審査は、番組を見ている視聴者と、プロのプロデューサーの方が行うという形で進んでいきます。

YouTubeなどの動画の再生回数や注目度、スキル・キャラ・熱意などから総合的に判断されるということで、こちらで合格した方が次のステップに進むということになるといいます。

合格者は、avexからデビュー、あるいは、振り付けやギターソロの演奏などで、デビュー曲に何らかの形で参加することができるということです。

まだ、はじまったばかりのオーディションですので、最終合格者選定までどんな形で進んでいくかは未明です。

まずは、番組ホームページ、または、avexのホームページから課題曲をダウンロードし、自分の得意分野で動画を作成するということからはじまります。

ヨルヤンオーディションの審査員は?

この「ヨルヤン」に参加されるプロデューサーは次のような方々です。

Ryo Itoさん

作詞家、作曲家である音楽プロデューサー。

バークリー音楽院で音楽を勉強されたの後、ジャニーズでディレクターをつとめられています。

現在はフリーとなって、安室奈美恵さんやFAKY(フェイキー)に楽曲を提供されています。

中西哲郎さん

作曲家集団「Co-Writing Farm」のメンバー

ギタリスト、アレンジャーとしてアイドルやアーティストのコンサートやレコーディングなどに多く参加されています。

そのほか、人気バンド「Radical Hardcoe Clieque」やavexの名物プロデューサーなどが多数参加することとなっています。

新しい時代の新しいスターを新しい方法で選ぶという新時代のオーディション番組「ヨルヤン」。

ぜひ参加したいという方は番組ホームページから応募しましょう。

また、新しいスターが誕生する瞬間が見たいというかたは、毎週月曜日深夜2時50分からの「ヨルヤン」を楽しみにすることにしましょう。

まとめ

  • モーニング娘。やCHEMISTRYなどを生んだ伝説のオーディション番組アサヤンの令和版として、ヨルヤンという名前で復活します。
  • ヨルヤンのオーディション方法は、すでに出来あがっている課題曲に自分の得意分野を乗せて動画を作成、SNSにアップするというもの。
  • その動画の再生回数や注目度、またプロのプロデューサーによって審査される
  • 合格倍率についてはまだわかりませんが、デビューできるのはほんの一握りということになりそう