今年の女子バレー日本代表選手の中で岩坂名奈選手と並び、高身長の選手として期待されている選手といえば、入澤まい選手ではないでしょうか?

今年20歳になった期待の新星・入澤まい選手といえば、彫りの深いお顔が印象的ですがご両親の国籍はどちらなんでしょうか?

また、高校はどちらの出身なんでしょう?

今回はそんな何かと気になる入澤まい選手にフォーカスを当てて詳しく調査してみました!

ズバリ、東京オリンピックに出場できるかどうかについても検証していていきます!





入澤まいはハーフ?両親の国籍や職業が気になる!

入澤まい選手はお顔の彫りが深くて、ハーフもしくはクォーターなどで海外の血が流れていると思う方も少なくないのでしょうか?

筆者もそのうちのひとりだったのですが、調査してみたところ、入澤まい選手は日本人のご両親、祖父母をもつ日本人であることがわかりました。

ですが、筆者と同じように感じていた方は非常に多いようで、過去に入澤まい選手に同じ内容の質問をされている方がおられました。

「友達からイラン人のハーフと聞いたんですがバリバリの日本人だったんですか?」

という質問に対して、入澤まい選手は

「ハーフじゃないです(笑)」と回答し、他にも「私の独断ですけど、入澤さんってハーフっぽいですよね(笑)」

と言われると

「よく言われます(笑)」

と返していらっしゃいました。

入澤まい選手ご本人が仰っているとおり、よく言われるとのことですが、”イラン人とのハーフと聞いた”ってすごく具体的で出所が気になりますね。

ちなみにご両親ですが、お父様は高校生当時バレーボールの選手をされていて身長は192cm、お母様もママさんバレーの経験者で身長は170cmあるんだそうです。

入澤まい選手が188cmですから、家族で並んで歩いているとかなり注目を浴びそうですよね。

特にバレーボール選手をされていたというお父様の職業やお顔などが気になりますが、現在は選手を引退されている一般人のため、詳しい情報をつかむことはできませんでした。




入澤まいの出身高校はどこ?

入澤まい選手の出身高校は、埼玉県にある春日部共栄高校です。

春日部共栄高校はロンドンオリンピックで銅メダルを獲得した競泳の星奈津美選手や元バレーボール選手の渡辺真由美選手らを卒業生に持つ、関東では有名なスポーツの強豪校で、バレーボール部の他にも水泳部や野球部が強豪とされています。

そんな春日部共栄高校で入澤まい選手は3年間”絶対的エース”として活躍されました。

中学校は三郷市立彦糸中学校の出身で、中学生のころから”全国都道府県対抗中学バレーボール大会”で”オリンピック有望選手賞”を受賞するなど輝かしい成績をおさめています。




入澤まいのこれまでの活躍が凄い!

中学生からその高い実力を発揮していた入澤まい選手ですが、具体的にはこれまでどのような成績を残しているのか見ていきましょう。

まず入澤まい選手がバレーボールを始めたのは小学2年生のころだったそうです。

きっかけはご両親のすすめだそうですが、バレーボール一家に生まれ、高身長遺伝子を持つ入澤まい選手なら、ご両親がバレーボールをすすめたくなるのも当然かもしれません。

小学生のころには目立った成績のない入澤まい選手ですが、前述の通り中学生になるとその実力を開花させます。

先ほどご紹介した“全国都道府県対抗中学バレーボール大会”に埼玉選抜として出場し”オリンピック有望選手賞”を受賞したのは中学2年生のころで、同じ年には”全日本中学選抜チームのメンバー”に選出もされています。

その後は全国各地から男女それぞれ高校生48名と中学生4名が選抜される“オールスタードリームマッチ”に中学生メンバーのうちの1人として出場します。

全国でたった4名のうちの1人に選ばれるなんて、相当将来を期待できる実力をお持ちだったんでしょうね。

ちなみに入澤まい選手は、この”オールスタードリームマッチ”に、中学生3年生から高校2年生まで3年連続で出場されています。

そして春日部共栄高校に入学してからも、2017年の高校生選抜のメンバーとなりタイ遠征に参加したり、チームでは1年生のころから卒業までの3年間、絶対的エースとしてチームを牽引しました。

高校卒業後はV・プレミアリーグの”日立リヴァーレ”に入団し、年明けのVレギュラーラウンドでスタメン起用されると8得点をあげる華々しいデビューを飾りました。

さらに2018年9月に開催された、“第6回アジアカップ”に出場するU23のメンバー14人のうちの1人に選ばれると、アジアカップでは日本勢初となるメダル、それも準優勝という素晴らしい成績を残すことに大きく貢献しました。

入澤まいは東京オリンピックに出場できる?

これまで輝かしい成績を残してきた入澤まい選手ですが、日本代表チームには同じくらい素晴らしい成績を残してきた選手がたくさんおられます。

そんな中で、入澤まい選手がオリンピックに出場できる可能性はあるのでしょうか?

結論から先に申し上げますと、ズバリ出場できる可能性はある!と筆者は予想しています。

入澤まい選手が務めるミドルブロッカーのポジションは、最年長の荒木絵里香選手をはじめ、岩坂名奈選手や島崎春世選手など、日本代表戦を何度も経験しているベテラン勢が多いのは確かです。

ですが187cmの高身長を持ち、最高到達点が309cmという高さを誇る入澤まい選手は、高さでいつも不利になってしまう日本代表チームの大きな武器になると思います。

それに入澤まい選手はサーブもとても安定していて、攻めるサーブもできる選手です。

ここぞというときに攻めるサーブで、得点を決めることができる選手というのは、日本代表チームでも重宝されること間違いなしだと思います。

東京オリンピックの次のパリオリンピックを見据えるという意味でも、若い選手に出場機会を与えるというのは、十分考えられるのではないでしょうか。

入澤まいに彼氏はいる?休日の過ごし方は?

女子バレー選手にはかわいい選手が多いので、彼氏がいるかどうかがよく話題に上がりますよね。

入澤まい選手も整ったお顔立ちでスタイル抜群の選手ですが、彼氏はいるのでしょうか?

気になって調べてみたのですが、有力な情報をつかむことはできませんでした。

現在20歳と若く、同じ年ごろの女の子は恋愛に夢中な年頃の入澤まい選手ですが、今はオリンピック出場に向けてバレーボールに一筋なのかもしれませんね。

ちなみに休日はカラオケや食べ歩き、買い物をしてリフレッシュされているんだそうです。

インスタグラムでは、タピオカやチーズドッグなど、20歳の女の子らしい投稿もたくさんみられました。


そんな入澤まい選手の好きな有名人は、俳優の成田凌さんとのことなので、将来はイケメン男性との熱愛なんて報道があるかもしれません。

入澤まいプロフィール

名前:入澤 まい(いりさわ まい)

生年月日:1999年6月2日

出身地:埼玉県三郷市

身長:187cm

体重:72kg

血液型:O型

まとめ

  • 入澤まいは日本人の両親を持つ日本人である。ハーフではない。
  • 入澤まいは元バレーボール選手の父親と、ママさんバレー経験者の母親を持つバレー一家に育った。
  • 入澤まいは小学2年生でバレーをはじめ、中学生のころから全中学選抜チームに選ばれるなど活躍していた。
  • 入澤まいは春日部共栄高校で3年間、絶対的エースとして活躍した。
  • 入澤まいが東京オリンピックに出場できる可能性は、大いにあると考えられる。