PRODUCE101JAPANの5話ネタバレ情報をまとめました。

中間順位発表となった5話でついにPRODUCE101JAPAN初の脱落者が発表されました。

脱落を免れた練習生と脱落者の別れのシーンや中間順位発表の合間にはダンスバトルなどの企画も盛り込まれ見どころ満載の放送でした。

5話ネタバレをチェックしてますます激しくなるデビュー争いの行方を見届けましょう!

これから注目度がアップすると思われる練習生もピックアップしたので推しメンを探している方は必見です。





PRODUCE101JAPAN5話ネタバレ

5話ネタバレその①、5話は先週締め切られたオンライン投票の結果とポジションバトル評価で獲得した得票数を合計して中間順位発表が行われました。

生存ラインは60位までとなり61位から97位の練習生は脱落となります。

(※中間順位発表前に小山省吾さんが辞退したので辞退者が4名になりました。)

中間順位発表は59位から始まり60位は生存者と脱落者を分ける順位のため1位発表後に発表されました。

5話ネタバレその②、中間順位発表で59位から41位まで発表された後にナインティナイン特別クラスの様子が映し出されました

9月の練習生お披露目会の前に行われた企画で、事前アンケートを元にナインティナインの2人に質問するコーナーが設けられました。

デビューを目指す練習生からの質問に真摯に答えている岡村さんが見られました。

ナインティナインのデビュー前の話などが聞けて良かったです。


5話ネタバレその③、中間順位発表の40位から31位まで発表された後は、豪華賞品をかけたダンスバトルが始まりました。

クラス別対抗戦で会場を一番沸かせた練習生が優勝となり、その練習生がいるクラス全員に豪華賞品が当たるというものでした。

スペシャルゲストにRADIO FISHのFISHBOYが登場し、練習生全員でPERFECT HUMANを踊っていました。ブレイクダンスやHip-Hopなど4つのジャンルの曲が流れると各クラスのダンス上級者がステージ上で得意のダンスをアピールしました。

優勝はブレイクダンスで魅了したDクラスの青木聖波さんに決まり、Dクラスの練習生全員にナイキエアマックス95がプレゼントされていました。

沢山の練習生が自慢のダンスで盛り上げていましたが、大澤駿弥さんのセクシーダンスの破壊力が凄まじかったです。


5話ネタバレその④は最後の企画、練習生が選ぶビジュアルNo.1は誰だのコーナーがありました。

PRODUCEシリーズ恒例のビジュアルセンターを選ぶこの企画はイケメンの中のイケメンが登場するので必見です!

番外編でパーツイケメンも登場します。

詳しくはこの後まとめます!

5話ネタバレその⑤、次週6話からはグループバトル評価がスタートすることがわかりました

課題曲がチラッと映ったのでまとめておきます。

今回はただ走って決めるだけではなく障害物競走みたいなこともやっていました。

次はどんなメンバーで課題曲に取り組むのか楽しみです。(豆原一成さんはFIREのようでした。)

課題曲のMVまとめ

  • 「Everybody」SHINee
  • 「Why?(Keep Your Head Down)」東方神起
  • 「DDU-DU DDU-DU」BLACKPINK
  • 「FIRE」防弾少年団
  • 「LOVE ME RIGHT」EXO
  • 「Wake up!」AAA
  • 「(RE)PLAY」三浦大知
  • 「Happiness」嵐
  • 「if…」DA PUMP
  • 「RAISE THE FLAG」三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

5話ネタバレその⑥、コンセプト評価のマッチング投票が始まりました

GYAO!特設ページで、コンセプト評価の課題曲が公開されています。

国民プロデューサーは課題曲に相応しい、またはパフォーマンスしてほしい練習生を選んで投票することができます。

投票期間は10/24(木)23時30分から10/30(水)5時00分までです。

コンセプト評価課題曲

  • 「やんちゃBOYやんちゃGIRL」(RETRO HOUSE)
  • 「Black Out」(Future Pop)
  • 「DOMINO」(Future Bass)
  • 「クンチキタ」(Dance/Hip-hop)
  • 「Happy Merry Christmas」(HOUSE)

 




PRODUCE101JAPANビジュアルセンターは?

練習生が選ぶビジュアルNo.1は誰だのコーナーで決まったビジュアルセンターの順位は以下の通りです。

川西拓実さんがビジュアルセンターの称号を勝ち取りました!!

キラキラ光る瞳で練習生達をとりこにしているみたいですね。

決め台詞も頑張って披露してくれたので国民プロデューサー大喜びです!!

イケメンで人気の高かった中川勝就さんや古賀一馬さんがランクインしているにもかかわらず中間順位発表で脱落してしまったのが本当に残念でなりません。

気になったのはポンコツ系イケメンの西尾航暉さん。

イケメンなのに口が開いちゃう残念なかんじがいいですね。

PRODUCE48のカンちゃんことカン・ヘウォンのような親しみやすさがあります。

1位 川西 拓実

2位 鶴房 汐恩

3位 キム・ユンドン

4位 安藤 誠明

5位 白岩 瑠姫

6位 西尾 航暉

7位 キム・ヒチョン

7位 中川 勝就

9位 河野 純喜

9位 古賀 一馬

9位 チョン・ヨンフン

9位 宮里 龍斗志

番外編のパーツイケメンでは歯並びが美しい床波志音さんウルフカットイケメンの稲吉ひかりさん鼻の穴イケメンの大澤駿弥さんが登場しました。

0%から100%の鼻の穴を惜しげもなく見せてくれる大澤駿弥さんの芸人魂に脱帽です。


PRODUCE101JAPAN中間順位発表結果は?

5話で明らかになった総投票数は33,847,705票と過去のPRODUCEシリーズから比べてもかなり多い票数でした。

前回のポジションバトル評価でベネフィットを獲得した練習生は有利と見られていましたが、上位勢は投票数が桁違いに多いためあまり影響を与えていなかった印象がありました。

それでも59位の福地正さん94位から35位に浮上した床波志音さんなどポジション評価で実力を評価された練習生にとっては良い影響がありました。

今回の中間順位発表で見事1位に返り咲いた川尻蓮さんはコメントでも謙虚な姿勢を見せていて、2位となった豆原一成さんのことをリスペクトしていました。

2人の得票差はおよそ35,000票と僅差で今後もこの2トップの戦いが続きそうです。


中間順位発表後は投票数がリセットされ新たに投票がスタートしましたが、投票方法に変更が加えられました。

これまではYahoo!JAPAN IDを持っている人は誰でも投票できましたが、さらにSMS認証が追加され日本国内で契約している携帯電話を所有している人のみ投票できるシステムになりました。

海外に多くのファンを持つ練習生にとっては得票数が減ってしまう可能性がありますが、日本の国民プロデューサーによる投票という意味では改善されてよかったように思います。

6週目の投票順位がどのように変化するのかドキドキしますね。

PRODUCE101JAPAN11位に入った練習生は?

今回の中間順位発表でデビュー圏内の11位までにランクインした練習生は以下の通りです。

1位 川尻 蓮(1,883,178票)

2位 豆原 一成(1,848,191票)

3位 川西 拓実(1,771,861票)

4位 キム・ヒチョン(1,411,741票)

5位 鶴房 汐恩(1,238,146票)

6位 キム・ユンドン(1,145,844票)

7位 大平 祥生(1,053,408票)

8位 チョン・ヨンフン(905,412票)

9位 大澤 駿弥(854,843票)

10位 宮島 優心(835,565票)

11位 安藤 誠明(798,477票)




PRODUCE101JAPANでこれから順位が伸びそうな練習生は?

今回の中間順位発表は4話が配信されて間もなく投票が締め切られてしまったので、4話で魅力を発揮した練習生には不利だとされていました。

そのため再開された投票では4話で注目が集まった練習生の順位が伸びると思われます。

PRODUCE101JAPAN脱落者で人気のあった練習生は?

中間順位発表で61位以下となり脱落者となった練習生の中には実力者が多く本当に残念でなりません。

ビジュアルセンター投票で9位にランクインしていた古賀一馬さんは3週目まではまったく不安のない順位だったにも関わらす61位という惜しい順位で脱落となりました。

ご本人も驚いたことでしょうが謙虚で前向きなコメントをしていて胸打たれました。

また横顔イケメン認定されていた中川勝就さんウルフカットイケメンの稲吉ひかりさんのようなラップ志望の練習生が脱落したことも残念です。

他にも個性豊かで才能溢れる練習生が脱落してしまい悲しくてたまりませんが、これからの活躍を祈りたいと思います。

PRODUCE101JAPAN中間順位発表結果を見た人の感想は?

国民プロデューサーとして初めて投票してきた練習生の脱落が決まる中間順位発表は緊張してソワソワしたという意見が多いですね。

投票が締め切られていて慌ててしまう人もいたようです。

PRODUCE101JAPANは毎回のように感動の涙を流してしまいますが、今回は別れを惜しむ練習生の姿に涙腺崩壊した人も多かったのではないでしょうか。

まとめ

  • 中間順位発表が行われPRODUCE101JAPAN初の脱落者が発表されました。
  • ナインティナイン特別クラスで練習生の悩みに岡村さんが真摯にコメントしていました。
  • ダンスバトルではDクラスの青木聖波さんが優勝しました。
  • 練習生が選ぶビジュアルNo.1は川西拓実さんでした。
  • 次週6話からはグループバトル評価がスタートすることがわかりました。
  • コンセプト評価のマッチング投票が始まりました。
  • 初回放送からの総投票数は33,847,705票でした。
  • 今回の中間順位発表の1位は川尻蓮さんでした。
  • 中間順位発表では61位以下の練習生が脱落者となりました。
  • 再開された投票では4話で注目が集まった練習生の順位が伸びると思われます。