宇野昌磨選手は、2019-2020シーズンが始まる前に長年師事してきたコーチを解任したことはファンにとっても衝撃でしたよね。

その後もしばらくコーチが決まらず、コーチ不在での練習や試合が続いてしまう状況が続きました。

なぜこのタイミングでコーチを解任したのか、その理由も気になりますね。

宇野昌磨選手のコーチ解任の理由についてご紹介します。





宇野昌磨コーチ解任の理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

. #宇野昌磨 #shomauno

@ shomaa__unoがシェアした投稿 –


宇野昌磨選手が、幼い頃から長年師事してきた山田満知子コーチと樋口美穂子コーチの元を離れた理由は、仲が悪くなったとかそういう理由ではありません。

ステップアップを目指してコーチを変える決断をしたのです。

宇野昌磨選手のコーチ解任の理由は2つあるようです。

コーチ解任の1つ目の理由が、新しい環境に変えたいと思ったから、です。

これまで長い間宇野昌磨選手を指導してきた山田満知子コーチと樋口美穂子コーチですが、コーチを変えたほうがいいのではないかと提案したのは山田満知子コーチだといいます。

これまで20年弱の師弟関係になりますが、家族のようになんでも言える関係であるのはいいこともある反面、甘えてしまうこともあります

これからも宇野昌磨選手には活躍してほしいと思うからこそ、新しい環境に身を置いて多くのことを吸収するチャンスを与えたいと思ったのでしょうね。

それに対し、樋口美穂子コーチも

「どんな形でもこれからも応援するから頑張って」

と言ったそうです。

まさに「可愛い子には旅をさせよ」ということわざのようですね。

また、コーチ解任の2つ目の理由が、自分のスケートを見つけたい、というものだそうです。

宇野昌磨選手自身、羽生結弦選手やネイサン・チェン選手の存在でなかなか世界の舞台で頂点に立つことが厳しくなっていました

その状況が背景にあり、さらに山田満知子コーチからの提案で、宇野昌磨選手自身も「変わりたい」という強い思いが出てきたのでしょう。

新しい環境に身を置いて、ジャンプだけでなくスケーティングや表現力といった面でも、新しい宇野昌磨選手を見ることができるといいですね。

このように、宇野昌磨選手が山田満知子コーチと樋口美穂子コーチの元を離れた背景には、山田満知子コーチの後押しがあり、それに対して宇野昌磨選手も挑戦してみたい気持ちがあったから、という前向きなものだったのです。

宇野昌磨コーチ不在の理由は?

宇野昌磨選手が山田満知子コーチと樋口美穂子コーチの元を離れると決めたあと、新しいコーチが決まっていないにも関わらず1人で練習や試合に臨んでいました

普通であれば、ちゃんと次のコーチが決まってから今のコーチのもとを離れる、という流れなのですが、なぜ宇野昌磨選手は急いだのでしょうか。

それには、宇野昌磨選手自身が1人でも大丈夫だと判断したから、という理由のようです。

宇野昌磨選手は、以前のインタビューでコーチ不在の状況について、

不安はないです。1人で僕はできると思っているので。

と話していました。

宇野昌磨選手がコーチ不在という状況でも挑戦してみたいという気持ちがあったので、コーチをすぐに解任したのですね。

結果的にやはり自分にはコーチという存在が必要だと、再認識できたのでそれは宇野昌磨選手にとって決してマイナスな経験ではなく、プラスの経験になると思います。

とりあえず、新しいコーチが決まってよかったです。




宇野昌磨がコーチにランビエールを選んだ理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#宇野昌磨  #ランビエール

まっぴー(@matsupi298)がシェアした投稿 –


宇野昌磨選手は、山田満知子コーチと樋口美穂子コーチの元を離れたあと、新しいコーチをなかなか決めることができず、1人で練習や試合に臨んでいました

しかし、出場したグランプリシリーズではジャンプを全く成功させることができず、キス・アンド・クライで珍しく涙を流す場面もありました。

そんな中、ようやく決まった新しいコーチがステファン・ランビエールコーチ

宇野昌磨選手がステファン・ランビエールコーチをコーチに選んだ理由として、このように述べていました。

コーチ不在でも1人でも出来ると思ったが、できるできないではなく、楽しくないって思った。どれだけ調子が悪くてもコーチがいることによって笑顔になることもある。1人では絶対にできないことがあると痛感した。

コーチ不在を経験したからこそ、自分にはコーチという存在が必要だと再認識できたのでしょうね。

また、ステファン・ランビエールコーチは以前から全日本の強化合宿に特別コーチとして指導していました。

その時に宇野昌磨選手も指導をうけていましたので、息が合うということもわかっていたのでしょう。

ステファン・ランビエールコーチに師事することになり、練習拠点をスイスに移した宇野昌磨選手ですが、今後ものびのびと練習を積むことができるといいですね。

宇野昌磨元コーチ女性の樋口美穂子の年齢プロフィール


樋口美穂子コーチは、1969年5月13日生まれですので、現在50歳(2020年1月時点)です。

出身地は愛知県で、名古屋市立前津中学校卒業、中京女子高等学校(現在の至学館高等学校)を卒業しています。

樋口美穂子コーチは、名古屋でやっていた元選手です。

現在は、名古屋にある名古屋スポーツセンターをホームリンクとする「グランプリ東海クラブ」でコーチ業をしています。

樋口美穂子コーチプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

樋口コーチ💓💓 美しい✨✨ 来シーズンも昌磨くん 宜しくお願い致します✨✨❤️❤️#樋口美穂子 #宇野昌磨選手

Michan(@miho2431)がシェアした投稿 –


生年月日:1969年5月13日

年齢:50歳

血液型:調査中

出身地:愛知県

樋口美穂子コーチは、元フィギュアスケートの選手で、現役時代は山田満知子コーチに師事していました。

19811年の全日本ジュニア選手権では2位、また全日本選手権にも出場するなどかなりの実力の持ち主でした。

20歳で現役を引退すると、名古屋スポーツセンターのグランプリ東海クラブでコーチとしての道に進みます

その頃から、自身も師事していた山田満知子コーチのアシスタントコーチを務めるようになったようです。

また、コーチ業と並行してプログラムの振付師としても活動し始めました。

現在も、山下真瑚選手や松田悠良選手など、日本でトップクラスの実力を持つ選手を指導しています。

樋口美穂子コーチの教え子は?

樋口美穂子コーチの教え子には、宇野昌磨選手の他にあの浅田真央さんや中野友加里さん、村上佳菜子さんなどがいます。

樋口美穂子コーチは、基本的に山田満知子コーチとチームで指導を行っています

ジャンプの指導等もしているようですが、メインは選手のプログラムの振り付けのようです。

これまでの教え子と同じように、浅田真央さんや村上佳菜子さん、宇野昌磨選手などの振り付けを行ってきました。

樋口美穂子コーチの振り付けは、独特な振りやポーズが多く、細かい音まで拾えるような振り付けが高い評価を得ています。

宇野昌磨選手も、以前は「樋口美穂子コーチの振り付け以外のプログラムは滑りたくない」と言っていたほどです。

現在の生徒では、新田谷凜選手や山下真瑚選手などがいて、常に日本でトップクラスの実力を持つ選手を抱えています。

宇野昌磨の元コーチ女性の山田満知子の年齢プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy Birthday MACHIKO-sensei🎂❤️ . #山田満知子 #machikoyamada #名古屋イズム

Erilly(@l_s.k.8_v)がシェアした投稿 –


山田満知子コーチは、1943年生まれですので現在76歳です。

76歳でもまだ現役でコーチを続けているのですから、本当にお元気な方ですよね。

山田満知子コーチは、愛知県の名古屋市にあるグランプリ東海クラブでコーチをされていますが、ジャンプを教えるのが上手いコーチとして知られています。

伊藤みどりさんや浅田真央さんなどを育てたコーチですので、「トリプルアクセル跳ぶなら山田満知子コーチ」と言われていたこともあった程です。

山田満知子コーチプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

素敵な笑顔が見られますように😊応援しています! #宇野昌磨 #shomauno #坂本花織#kaorisakamoto #山田満知子

ERI(@shoma_1217_)がシェアした投稿 –


生年月日:1943年6月26日

年齢:76歳

血液型:調査中

出身地:愛知県名古屋市

山田満知子コーチは、愛知県名古屋市出身で7歳からフィギュアスケートを始めました。

現役時代は、国体やインターハイで優勝経験もあり、全日本選手権やインカレでも入賞するなど国内ではトップクラスに入るような実力を持っていました。

金城学院大学卒業後、愛知県のスケート連盟の手伝いに駆り出されているうちに、いつの間にかコーチの道に進んでいたそうです。

コーチになってからは、伊藤みどりさんや浅田真央さんなど数多くの素晴らしい選手を育ててきました。

山田満知子コーチの教え子は?

前述のように、山田満知子コーチは樋口美穂子コーチとチームを組んで生徒を指導しているため、山田満知子コーチの元教え子としては樋口美穂子コーチと同様、浅田真央さんや中野友加里さん、村上佳菜子さんです。

さらに、山田満知子コーチはアルベールビルオリンピック銀メダリストの伊東みどりさんのコーチでもありました。

その当時は、樋口美穂子コーチがまだコーチ業をしていませんでしたので、単独でのコーチだったようです。

以前は、生徒の海外試合でもメインコーチとして帯同していましたが、数年前に体調を崩してしまい、それ以降は海外試合に帯同しなくなりました。

その代わり、生徒が海外試合に派遣の際には樋口美穂子コーチが帯同しています。

現在も、才能のある選手を多く抱えていて、その指導力は高く評価されています

村上佳菜子さんが現役時代、山田満知子コーチに「みんなから愛される選手になりなさい」と言われていた、というようにフィギュアスケートの技術面に対する指導だけでなく、フィギュアスケートを通して人としても成長できるよう指導しているのがいいのかもしれませんね。




まとめ

  • 宇野昌磨がコーチを解任した理由は、新しい環境に身を置いてみたかったということ、山田満知子コーチによる後押しがあったからである。
  • 宇野昌磨がコーチ不在でやっていたのは、当時は自分1人でも大丈夫だと思っていたから、である。
  • 宇野昌磨が新しいコーチにステファン・ランビエールコーチを選んだ理由は、コーチが必要だと再認識したから、ということと、息が合うことを感じていたことが挙げられる。
  • 宇野昌磨の元コーチである樋口美穂子は、元フィギュアスケート選手で現役時代には山田満知子コーチに師事していた。
  • 樋口美穂子コーチの教え子には、浅田真央さんや村上佳菜子さんなどが挙げられる。
  • 山田満知子コーチは現役時代、国体やインターハイでの優勝経験があり、大学卒業後に名古屋でコーチを始めた。
  • 山田満知子コーチの教え子には、伊藤みどりさんや浅田真央さん、村上佳菜子さんなどが挙げられる。