女子ゴルフの最高レベルを競うアメリカ女子ツアー。

2019年は32試合を実施し、メジャー大会は5試合。

最近では渋野日向子選手が「AIG全英女子オープン」を制覇し話題となりました。

全米女子プロゴルフ協会(LPGA)は1950年に発足したアメリカ最古の女子プロスポーツ団体でもあります。

トッププロはどれくらいの賞金を獲得しているのでしょうか。

今回は、アメリカ女子ツアーの最新賞金ランキングを調べ、トップの推移を見ていきます。





賞金ランキング米国女子ゴルフ2019最新!

2019年 LPGA ツアー米国女子ゴルフ年間獲得賞金ランキング(11月現在)

順位名前獲得賞金
1位コ・ジンヨン(韓国)2,714,281ドル
2位イ・ジョンウン6(韓国)1,992,490ドル
3位パク・ソンヒョン(韓国)1,529,905ドル
4位ブルック・ヘンダーソン(カナダ)1,519,447ドル
5位ミンジー・リー(オーストラリア)1,508,761ドル
6位アレクシス・トンプソン(アメリカ)1,417,609ドル
7位ネリー・コルダ(アメリカ)1,395,909ドル
8位キム・セヨン(韓国)1,253,099ドル
9位ダニエル・カン(アメリカ)1,241,806ドル
10位アリヤ・ジュタヌガン(タイ)1,166,885ドル

賞金ランキング女子ゴルフ1位


コ・ジンヨン(韓国)24歳 世界ランキング 1位

2017年「ハナバンク選手権」でアメリカツアー初優勝。

2018年から主戦場をアメリカに移し「ISPSハンダ オーストラリア女子」で2勝目を挙げる活躍を見せ”ルーキー・オブ・ザ・イヤー”に輝いた。

2019年「ANAインスピレーション」でメジャー初タイトルを獲得

4月8日付の世界ランキングで自身初の1位になった。

賞金ランキング女子ゴルフ2位

イ・ジョンウン6(韓国)23歳 世界ランキング 6位

2015年にプロゴルファーになる。

2016年に韓国ツアーの新人賞獲得し、2017年の韓国ツアーでは賞金女王に輝く

名前に「6」をつけて選手登録をしたのは、同姓同名選手が他に多数いるため

2019年、海外メジャー「全米女子オープン」で優勝

「ホット6」の愛称で呼ばれている。

賞金ランキング女子ゴルフ3位

パク・ソンヒョン(韓国)26歳 世界ランキング 2位

2015年韓国ツアーで賞金ランキング2位。

韓国で行われたLPGAツアー「LPGA KEB・ハナバンク選手権」でも2位に入り世界で戦えることを証明した。

2016年シーズンの韓国ツアーでは序盤の出場3試合で3勝を飾り、勝率100%と話題になる。

2017年「全米女子オープン」で米ツアー初優勝

賞金ランキング女子ゴルフ4位

ブルック・ヘンダーソン(カナダ)22歳 世界ランキング 7位

軽井沢で開催された「2014年世界女子アマチュアチーム選手権」の個人戦で優勝。

2014年12月に17歳でプロ転向した。

2015年「ポートランドクラシック」でアメリカツアー初優勝を果たすと、2016年「KPMG女子PGA選手権」でメジャー初制覇を飾った(18歳での優勝は大会最年少記録)。

賞金ランキング女子ゴルフ5位

ミンジー・リー(オーストラリア)23歳 世界ランキング 5位

2012年に全米女子ジュニアを制し、2013年、2014年にはオーストラリア・アマを2連覇した実力者。

2014年2月にはオーストラリア女子ツアーの「ビクトリアンオープン」で優勝を飾り、日本女子メジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」にも出場した。

賞金ランキング女子ゴルフ6位

アレクシス・トンプソン(アメリカ)24歳 世界ランキング 9位

2007年、12歳4カ月で「全米女子オープン」の予選会を突破し、史上最年少出場記録を樹立

天才少女」として世界にその名を轟かせた。

2010年6月に15歳126日でプロに転向し、15歳359日でプロになった「ミッシェル・ウィ」を抜いて史上最年少記録となった。

2011年、16歳7ヶ月で「ナビスターLPGAクラシック」を制し、次々と年少記録を塗り替える

2016年「ワールドレディス サロンパス杯」で日本メジャー初出場を果たす

アメリカ人女子プロゴルファーの中ではトップの人気を誇る。

賞金ランキング女子ゴルフ7位

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nelly(@nellykorda)がシェアした投稿 –

ネリー・コルダ(アメリカ)21歳 世界ランキング 3位

2013年「全米女子オープン」に14歳で出場した。

2016年にプロ転向し、ルーキーイヤーの2017年は23試合中19試合で予選を通過して、5回のトップ10入りを果たす

2018年「スウィンギングスカート台湾選手権」でツアー初優勝。

2019年「ISPS HANDA オーストラリア女子」でツアー2勝目を飾った。

姉は、同じくアメリカツアーに出場する「ジェシカ・コルダ」。

賞金ランキング女子ゴルフ8位

キム・セヨン(韓国)26歳 世界ランキング 12位

2011年に18歳で韓国ツアーにデビュー。

2013年、初優勝を含む3勝を挙げて、賞金ランキング2位となった。

2013年、2014年とKLPGAで平均飛距離第1位となる飛ばし屋。

2015年「ピュアシルク バハマ LPGAクラシック」で、プレーオフの末にアメリカツアー初優勝を飾った。

2016年の「JTBCファウンダーズカップ」で、ツアー記録タイの通算27アンダーで優勝。

2018年の「ソーンベリークリークLPGAクラシック」で、その記録を4打更新する通算31アンダーでツアー通算7勝目を挙げた。

テコンドーもしていて、3段の腕の持ち主。

賞金ランキング女子ゴルフ9位

ダニエル・カン(アメリカ)27歳 世界ランキング 8位

韓国系アメリカ人。

12歳のころ、兄の影響でゴルフを始めた。

2010年、2011年全米女子アマを連覇。

2011年にプロ転向。

賞金ランキング女子ゴルフ10位

アリヤ・ジュタヌガン(タイ)23歳 世界ランキング 10位

2007年にアマチュアで出場したアメリカ女子ツアーで”11歳11ヶ月2日”という史上最年少予選通過記録を打ち立てる。

「全米女子アマチャンピオン」など数々の実績を経て、2013年1月にプロ転向。

「欧州女子ツアー」を主戦場とし、4試合目の「ラーラメリヤムカップ」でプロ初タイトルを獲得。2015年からは主戦場をアメリカツアーに移した。

2016年「ヨコハマタイヤLPGAクラシック」でタイ勢として、アメリカ女子ツアー初優勝を決めると、破竹の3連勝を記録。

同年の「全英リコー女子オープン」でメジャー初優勝した。

姉は、同じくアメリカツアープレーヤーの「モリヤ・ジュタヌガン」。




米国女子ゴルフのトップの推移は?

近年、女子プロゴルフツアーは韓国人選手の活躍が目立ちますが、米国女子ツアーでも韓国人選手がトップスリーに名の連ねています

1位のコ・ジンヨン選手は、今季4勝をあげ、獲得賞金は2,714,281ドルと1人抜け出しています。

2位イ・ジョンウン6選手との差も大きく、賞金女王もほぼ確実です。

3位以下は賞金額も僅差であり、大きく入れ替わる可能性もあります。

米国女子ゴルフのトップと国内女子ゴルフの賞金額の違いは?

米国女子ゴルフはアジア選手の活躍により、国内での人気が衰退傾向にありましたが、それでも近年は人気も回復してきたこともあり、賞金総額も2019年は「7,820万ドル」で日本女子ツアーの約2倍の規模です。

賞金ランキング1位のコ・ジンヨン選手が獲得している賞金は「2,714,281ドル」と国内ツアー1位の申ジエの獲得賞金「133,477,195円」と比べても約2倍あります。

RIZAPゴルフ

まとめ

  • コ・ジンヨン選手が獲得賞金 2,714,281ドルで現在1位
  • 韓国人選手がトップスリーに名の連ねている。
  • 2019年の賞金総額は「7,820万ドル」で日本女子ツアーの約2倍。