スポンサーリンク






カナダ大会で銀メダルを獲得した山下真瑚選手が表情豊かでかわいいと話題になっています。でも、目が少し変?という声も上がっていて、調べてみると山下真瑚選手はかわいいのですが、目が斜視のようで少し変に見えるようです。そんな表情豊かな山下真瑚選手の可愛い画像をまとめてみました。

スポンサーリンク




山下真瑚の表情豊かでかわいい画像まとめ

 

View this post on Instagram

 

From @yoshiko.0109 ありがとうございます! #makoyamashita #山下真瑚

Mako Yamashita fanpageさん(@mako_y_1231_fan)がシェアした投稿 –

女子フィギュアといえば浅田真央さんや荒川静香さんや本田真凛さんなど、かわいい選手やキレイな選手が様々いらっしゃますが、山下真瑚さんについては正直、今回話題になるまで存じ上げていませんでした。

それもそのはず、山下真瑚さんは2018年の秋にシニアデビューしたばかりの若手選手でした。

そこで今回はそんな注目の若手選手である山下真瑚さんにフォーカスを当ててみました。

冒頭でも紹介した通り、かわいいと話題の山下真瑚さんの画像をまとめてみました。

 

View this post on Instagram

 

真瑚ちゃん、はじめてのグランプリシリーズ、2位、本当におめでとうございます! #makoyamashita #山下真瑚

Mako Yamashita fanpageさん(@mako_y_1231_fan)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

cute🙈 #makoyamashita #山下真瑚

Mako Yamashita fanpageさん(@mako_y_1231_fan)がシェアした投稿 –

山下真瑚選手のあどけないかわいい笑顔がキュートですね。

 

View this post on Instagram

 

真瑚ちゃんお帰りなさい!お疲れ様でした!ーーーーーーーーーーーーーーー フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦・スケートカナダで、初出場で2位に入った山下真瑚(15)=愛知・中京大中京高=が30日、羽田空港に帰国した。初出場での2位は、2005年中国杯の浅田真央と15年スケートアメリカの宇野昌磨に並ぶ日本人トップだったが、「とてもうれしいけど、まだまだ追いつけていない部分がたくさんあった。また練習したい」と謙虚に話した。平昌五輪銀のエフゲニア・メドベージェワ(ともにロシア)を3位に抑えての快挙にも「メドベージェワ選手が成功していたら絶対にかなわなかった」と冷静に受け止めた。今後の課題としては演技の迫力を挙げ、「(世界レベルの選手は)滑っていてオーラが違う。オーラを出すためには、上半身の動きが大きければ大きいほど見応えがある。それがとても大事」と説明した。メダルの感想を求められ、「透明だなあと思いました」とストレートな感想で笑いを誘っていた。 https://www.hochi.co.jp/sports/winter/20181030-OHT1T50155.html #makoyamashita #山下真瑚

Mako Yamashita fanpageさん(@mako_y_1231_fan)がシェアした投稿 –

現在15歳の山下真瑚選手、まだあどけなさも若干残っていてかわいいですね。

 

View this post on Instagram

 

https://twitter.com/inthelopodcast/status/1055747542535725057?s=21 #makoyamashita #山下真瑚

Mako Yamashita fanpageさん(@mako_y_1231_fan)がシェアした投稿 –

こちらの写真はノーメイクもしくはかなりメイクが薄いように見えますが、かわいいですよね。

山下真瑚選手ご本人もインスタグラムのアカウントをお持ちですが、2018年11月1日現在投稿はありませんでした。

かわいい私服写真やプライベートの写真などがアップされるのが待ち遠しいですね。

スポンサーリンク




山下真瑚は目が斜視で変って本当?

山下真瑚選手について調べている中で「目が斜視で変」という声を何度か見かけることがありました。

斜視というのは“片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が目標と違う方向を向くこと”を差します。

Santenの目の病気百科より引用

斜視は目の位置によって”内斜視”・”外斜視”・”上斜視”・”下斜視”にわけられ、山下真瑚さんの場合は目が内側に寄る”内斜視”であると考えられます。

斜視になる原因は遠視や視力不良などもありますが、目を動かす筋肉や神経にわずかの異常があることで目の位置がずれるというのが最も多いようです。

文字にするとなんだか特別な状態で珍しいことのように感じますが斜視はそんなに珍しいことではなく、芸能界でも綾瀬はるかさん・広末涼子さん・山下智久さん・テリー伊藤さんなど多くの人が斜視だと言われています。

中には、少し内側に寄った目が「かわいい」という人もいるようです。

山下真瑚さんも斜視であると考えられますが、愛らしくてかわいい印象ですよね。

なお、山下真瑚さんご本人が斜視であることを公表しているわけではないので、あくまでも写真を見て判断したことですのでご了承ください。

山下真瑚のプロフィール

ここまで山下真瑚さんがかわいいという話題と斜視についてまとめてきましたが、続いては山下さんのプロフィールとフィギュアの経歴を見てみましょう。

名前:山下真瑚(やました まこ)

生年月日:2002年12月31日

出身地:愛知県名古屋市

身長:151cm

血液型:O型

山下真瑚選手がフィギュアスケートを始めたのは7歳のころで、キッカケは”荒川静香さんのイナバウアーを見て自分もやってみたい”と思ったことだそうです。

山下さんのご家族の情報は今のところわかりませんでしたが、ご家族でフィギュアスケートをやっている方はおられなかった様子です。

中学は御幸山中学校を卒業し、現在は中京大学付属中京高等学校に通っています。

中京大学付属中京高等学校といえば、安藤美姫さん・浅田真央さん・村上佳菜子さん・宇野昌磨さんらの卒業生を持つことで有名な高校です。

山下真瑚の成績

そして山下真瑚選手は、2013年の全日本ノービス選手権(ノービスB)で3位になったのをきっかけにフィギュアの成績をどんどんあげています。

2015年の全日本ノービス選手権(ノービスA)では2位、全日本ジュニア選手権では9位に入賞して以降は毎年各大会で3位以内に入賞する好成績を収めています。

さらに2016-17シーズンには日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手に初選抜されました。

そんな山下真瑚選手の強みは”高くてきれいなジャンプ”です。

山下真瑚選手は現在アクセル以外の5種類のジャンプを跳ぶことができ、その5種類のジャンプどれもが美しくて高いのだとか。

ジュニア時代には、女子の中でジャンプの高さはNo.1と言われていたそうです。

実際に山下さんのジャンプを見て、スピードがかなりあるにも関わらず軸がブレることなくしっかりしていて、助走が少ない場面でもふわっと浮き上がるように高く跳んでいて、見ていてとても爽快な気持ちになりました。わずか15歳でこんなに完成度の高いジャンプをする山下真瑚選手の今後に期待が高まります!

山下真瑚のコーチが敏腕すぎる!

今後の活躍間違いなしの山下真瑚選手を指導するコーチは一体どんな方なのか気になったので調べてみたところ、山下さんを指導する2人のコーチがただものではない方であることが判明しました!

まず山下さんを指導するコーチの1人目は山田満知子コーチです。

山田満知子コーチといえば伊藤みどりさんや浅田真央さん、村上佳菜子さんらを育てた名コーチで、フィギュア好きの間で山田満知子コーチを知らない人はいないというくらいの存在です。

山田満知子コーチはフィギュアの技術に関する指導はさることながら、選手の人間性に関する指導にも力を入れているそうです。

確かに前述の選手のみなさんは、明るくて性格の良い好感の持てる選手ばかりですよね。

山下真瑚選手はまだ15歳ですから、人間性の面でも指導してくださるコーチがついているというのは非常に心強いと思います。

山下さんを指導する2人目のコーチは、山田満知子コーチの右腕と言われている樋口美穂子コーチです。

樋口美穂子コーチといえば、宇野昌磨選手に対してスキンシップが多めなコーチという印象でしたが、山田満知子コーチと同様に数々の有名選手を指導している名コーチでした。

選手に対して愛情深く指導して、選手の力をうまく引き出すことに定評があるコーチだそうで、宇野昌磨選手に対するスキンシップも納得しました。

山下真瑚と宇野昌磨の関係とは?

山下真瑚選手を指導するコーチ2人は、宇野昌磨選手の指導も担当していることから、山下真瑚選手と宇野昌磨選手は同門の”兄弟子”にあたることが判明しました。

また、山下真瑚選手は現在目標としている選手に宇野昌磨選手の名前を挙げていました。

宇野昌磨選手の大活躍を身近で見ていることが、山下さんの刺激となり急成長につながったのかもしれませんね。

まとめ

  • 2018年フィギュアスケートGPシリーズで銀メダルを獲得した山下真瑚は表情豊かでかわいい!
  • 山下真瑚は内斜視であると考えられる。
  • 山下真瑚がフィギュアを始めたきっかけは荒川静香のイナバウアーを見たことである。
  • 山下真瑚の強みは、高くてきれいなジャンプ!
  • 山下真瑚を指導する2人のコーチは、数々の有名選手を育てた名コーチであることが判明。
  • 山下真瑚と宇野昌磨は同門の兄弟子の関係である。

スポンサーリンク




合わせて読みたい記事