ドラマ東京ラブストーリー2020がいよいよ始まろうとしていますが、ロケ地はどこなのでしょうか。

今回は、東京ラブストーリー2020のロケ地、撮影場所についてまとめてみました。

東京ラブストーリー2020のロケ地はもちろん、1991年版のドラマのロケ地はどこだったのでしょうか。

東京ラブストーリー2020の撮影場所を調べてみると、1991年版との違いも見えてきましたので合わせてご紹介します。





東京ラブストーリー2020のロケ地や撮影場所は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

プライムビデオで東京ラブストーリー。夜更かし決定。 放送当時、ロケ地にも行ったことがあります。池袋の公園や、せーのずっきーなの代々木公園、ゼルダなど。 ピッポッパのエアー固定電話でのコミカルなやり取り。コースターの裏に電話番号書いたり。 サントラも持っていました。 リカの全力で恋愛する素晴らしさ・女性としての魅力はリアルタイムよりだいぶ後に気付きました。とにかく鈴木保奈美がめちゃくちゃかわいいです。 最終回、カンチの故郷での二人、約束の電車よりリカが一本前に乗って泣きながらプリッツサラダ味を食べるシーン、忘れられません。 女性の社会進出とともに優柔不断な男性が増えてきて、このドラマがその後の主流となった女性上位時代のドラマの幕開け的な作品になったと思います。 ちなみに29年振りの再ドラマは1ミクロンも興味ありません。 #東京ラブストーリー #織田裕二 #鈴木保奈美 #長尾完治 #赤名リカ

kazuki1115(@hmmm_mandom)がシェアした投稿 –

90年代に大ヒットしたあの人気ドラマの現代版『東京ラブストーリー2020』が、FODで2020年の春配信予定です。

かつて放送された『東京ラブストーリー』の放送期間は1991年の1月7日から3月18日。

フジテレビにて放送されました。

素直でやさしいけれどどこか優柔不断な主人公・永尾完治を演じるのは伊藤健太郎さん

明るくて情熱的なヒロイン・赤名リカを石橋静香さんが演じます。

1991年版では、完治を織田裕二さんが、リカを鈴木保奈美さんが演じておられましたね。

29年ぶりのドラマ化ということで、ストーリーにどんな変化があるのか気になりますが、それ以上に、ロケ地や撮影場所がどこなのか気になるところです。

東京ラブストーリー2020オフィスのロケ地は?

完治とリカが働くオフィスに、「株式会社ヤプリ」という会社のオフィスが使われることになりました。

二人が働くのは広告代理店で、「東京タワーが見えるオフィス」ということで、選ばれたようです。

「株式会社ヤプリ」さんは、東京都港区六本木にあるソフトウェアを開発する企業です。

六本木3丁目にある、住友不動産六本木グランドタワーの41階にオフィスがあり、ここをロケ地として提供されたということになります。

かつてドラマ化された際には、二人はスポーツ用品メーカーに勤めていましたが、令和版では、広告代理店が二人の勤め先となっています。

「オシャレな会社」を絵に描いたようなオフィスです。

また、かつては完治はスーツにネクタイ姿でしたが、令和版の完治はノーネクタイで今風のビジネススタイルに変化しています。

その他のロケ地については、まだ公表されていないようです。

1991年版のドラマでは、一の橋公園や芝公園がロケ地になっていました。

また、東京タワーもロケ地となっていました。

東京タワーは、令和版でも印象的に使われるのではないでしょうか。

公式ホームページでもトップページは、東京タワーの写真ですし、オフィスからも東京タワーがきれいに見えるというシチュエーションになっています。

また、1991年版では、神泉交差点や西郷山公園が印象的に使われていました。

加えて、完治の故郷が愛媛ということで、愛媛県の松山市や久万町、大洲市などでもロケが行われたということです。

東京ラブストーリー昔のロケ地は現在どうなってる?

1991年に放送されたドラマ『東京ラブストーリー』のロケ地は現在、どのようになっているのでしょうか。

前回のドラマ化から29年が経っているので、いろいろと変わってしまったところもあると思いますが、ひょっとすると、令和版でも同じロケ地が使われるかもしれません。

愛媛のロケ地

愛媛は完治のふるさとで、物語の終盤に登場したロケ地でした。

リカと完治が訪れた神社、大洲市にある大洲神社やリカが完治にお別れの手紙を投函したポスト、リカが歩いた肱川の河原は、かつてとほぼ変わらない姿を残しています。

待ち合わせの駅

リカがハンカチを結び付けた駅が、愛媛県松山市にある伊予鉄道高浜線の梅津寺駅でした。

放送が終わって29年が経つ今も、ホームにはハンカチが結び付けられているといいます。

また、リカと完治が話をした梅津寺パーク横の防波堤も昔とあまり変わらぬまま存在します。

小学校の場所

一方、完治が通っていた小学校ということでロケ地として使われた愛媛県上浮穴郡久万高原町にあった久万中学校は1999年に取り壊され、新しく立て替えられました。

そのため、ドラマで使用された校舎を見ることはできません。

東京のロケ地

リカと完治が勤めていた、ハートスポーツの本社のロケ地として使われた東京都目黒区東山1丁目の太陽ビルは今も存在します。

また、二人がよく通ったSHOT BAR ZELDATも健在です。

さとみが勤めていた幼稚園は、東京都港区元麻布2丁目の安藤記念幼稚園がロケ地として使われ、今も変わらずあります。

三上が通っていた文京大学医学部の校舎として使われた文京スポーツセンターは東京都文京区大塚3丁目に健在です。

そのほか、ドラマ内によく登場した交差点は、東京都渋谷区南平台町にある神泉町交差点です。

さらに、完治が住んでいた「クレドール品川」というマンションは東京都品川区上大崎2丁目に今もあります。

そして、リカが住んでいたマンションは東京都目黒区三田1丁目に、さとみが住んでいたアパートは東京都世田谷区代沢4丁目にそれぞれあります。

ドラマの象徴的なシーンである、リカが完治に「セックスしよう」と言った跨線橋は東京都品川区上大崎2丁目にある白金桟道橋です。

最終回でリカと完治が同時に後を向いて別れるという名シーンがありますが、こちらが撮影されたのは代々木公園です。

そして、ドラマの最終回のラストシーンでリカが屋上に立っていたビルは、東京都新宿区霞ヶ丘町にある日本青年館でした。

残念ながらこちらの建物は2015年3月31日で閉館し、現在は解体されてしまっています。

東京ラブストーリー2020撮影現場エキストラの感想は?

『東京ラブストーリー2020』のエキストラ撮影はすでに行われているようです。

ツイッターでは、エキストラとして参加された方の感想もつぶやかれています。

また、1991年版の方でもエキストラ出演をされた方は多数おられるようで、そちらのつぶやきも見られました。

エキストラの募集は、公式ホームページや公式ツイッターでされるものと思われます。

チェックして、機会があれば参加されるとよい思い出になるのではないでしょうか。




東京ラブストーリー2020のロケ地目撃情報は?

『東京ラブストーリー2020』のロケを目撃された方はいないかと調べてみましたが、まだ目撃情報は見られませんでした。

ロケはまだそれほど大規模に行われていないのでしょうか。

放送が始まると、「聖地巡礼」をされた方がSNSで記事や写真をアップされるものと思います。

1991年版の方については、今も根強いファンがいらっしゃるようで、いまだにロケ地を訪れる方がいらっしゃるようです。

1991年版が爆発的にヒットしたので、今回の令和版も大きな期待が寄せられています。

かつては、スマホも無く、思うように連絡が取れなかったことで物語が進んでいくということもありましたが、令和版では、どのようにストーリーが進んでいくくのでしょうか。とても楽しみです。

東京ラブストーリーを今すぐ視聴したい人はクリック!

まとめ

  • 東京ラブストーリー2020での主人公完治とリカが勤める広告代理店のロケ地は、株式会社ヤブリのオフィス
  • 1991年版の東京ラブストーリーの舞台はスポーツ用品を扱う会社でしたが、令和版では広告代理店。完治もスーツ姿ではなく、ラフなスタイルのビジネススタイルに変化
  • 1991年版の東京ラブストーリーでは、東京タワーがロケ地として使用、東京ラブストーリー2020でも東京タワーは使用される模様

29年の月日を経て、時代背景も大きく変わった日本で、かつての大ヒットドラマ東京ラブストーリーがどのようにリメイクされるのか楽しみですね。