1991年にトレンディドラマの火付け役となった人気ドラマで、現在もそのファンが多い東京ラブストーリー。

その主題歌も今や名曲中の名曲として、現在もBGMなどとして使用されているので、ご存じの方も多いですよね?

そんな東京ラブストーリーが2020年の春からキャストなどを一新して新たにスタートします。

新しい東京ラブストーリーのキャストや主題歌はどんな内容なのか、かつて一世を風靡した伝説的なドラマは昔と今ではどう変わったのか比較していきます。

また、昔と現在の比較を世間ではどのように評価しているのかも気になるところです。

東京ラブストーリーを今すぐ視聴したい人はクリック!






東京ラブストーリーキャスト2020昔現在を比較!


東京ラブストーリーは、柴門ふみさんによる日本の漫画が原作で、一時期トレンディドラマとしてフジテレビ「月9ドラマ」1991年にテレビドラマ化されていました。

織田裕二さんが主人公:長尾完治(カンチ)、鈴木保奈美さんがヒロイン:赤名リカとして出演されて当時の話題作となり、終回平均視聴率が32.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録する大ヒット作品でした。

本作の25年後を描いた続編「東京ラブストーリー 〜After 25 years〜」が「週刊ビッグコミックスピリッツ」創刊35周年記念の一環として同誌2016年9号に読み切りにて掲載。

続いて同年11月10日発売の「女性セブン」から全7回で連載され、2017年1月に小学館から刊行されています。

1990年代恋愛ドラマの金字塔ともいえる不朽の名作ドラマである東京ラブストーリーですが、今回29年ぶりに現代版としてリメイクされます。

主演は永尾完治を伊藤健太郎さんヒロインは赤名リカを石橋静河さんが演じます。

また、三上健一役に清原翔さん関口さとみ役で石井杏奈さんが出演されます。

「カンチ」こと永尾完治と赤名リカのせつないラブストーリーを描いていきます。

永尾完治を「カンチ」と呼ぶ同僚の赤名リカは、自由気ままに生き、まっすぐに恋をします。

役者さんの比較を以下の表にします。

役名
1991年版
2020年版
長尾完治(カンチ)
織田裕二さん(当時23歳)
伊藤健太郎さん(22歳)
赤名リカ
鈴木保奈美さん(当時24歳)
石橋静河さん(25歳)
三上健一
江口洋介さん(当時23歳)
清原翔さん(26歳)
関口さとみ
有森也実さん(当時23歳)
石井杏奈さん(21歳)

主人公長尾完治(カンチ)

1991年版では織田裕二さんが演じていた主人公の長尾完治を演じるのは、幅広い層から人気で、ドラマ、映画、CMなど各方面で活躍中伊藤健太郎さん

素直で優しいけれどもちょっと優柔不断な永尾完治をどう演じるのでしょうか。

公式サイトでの伊藤健太郎さんのコメントでは、

「誰もが知っている「東京ラブストーリー」で完治をやらせていただける事をとても光栄に思いました。

当時、社会現象になった作品でもあるので、プレッシャーが無かったというと嘘になりますが、昔の「東京ラブストーリー」には無かったスマホや現代ならではの要素もたっぷりなので、僕らの作る令和の新しい「東京ラブストーリー」を楽しみにしていただけたらと思います。」

といわれています。

合わせて読みたい記事

ヒロイン赤名リカ

1991年版では鈴木保奈美さんが演じられ、明るく情熱的なヒロインの赤名リカを演じるのは、主に映画や舞台、ドラマにも出演し、凛とした存在感のある石橋静河さん

公式サイトでの石橋静河さんのコメントでは

「このお話をいただいた時は、赤名リカという、センセーショナルな役を演じるということ、また、ちょっと恥ずかしいくらい真正面から恋愛に向き合う作品に入っていくことは、自分にとって新たな挑戦になるだろうと思い、ワクワクしました。

撮影は、繊細で、真っすぐすぎる性格ゆえに、他人も自分も傷つけながらも一生懸命生きていくリカと一緒に傷つき、喜び、涙した毎日でした。

リカと向き合うのはとてもエネルギーが要りましたが、こんなにも素敵な女性を演じることができて、幸せでした。

それぞれのキャラクターが、誰かを愛することで成長する姿を見届けてもらえたら嬉しいです。」

といわれています。

完治の同級生三上健一

江口洋介さんが演じられた完治の同級生で女たらしの医学生・三上健一役には、NHK連続テレビ小説「なつぞら」でブレイクし、現在フジテレビで放送中の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演中の清原翔さんです。

完治と三上の同級生関口さとみ

有森也実さんが演じられた同じく完治の同級生で完治が想いを寄せている関口さとみ役には、E-girlsのパフォーマーを務めるだけでなく、CM、ドラマなど女優としても活躍している石井杏奈さんです。




東京ラブストーリー登場人物はどんな人柄?

それでは、昔のドラマ東京ラブストーリーの登場人物の人柄をご紹介します。

長尾完治(カンチ)

ハートスポーツの社員。

2020年版では広告代理店の社員です。

優柔不断な性格で、リカからは「カンチ」と呼ばれています

出身地は愛媛で、さとみと三上とは愛媛東高校での同級生でした。

就職を機に上京し2人と再会しますが、長尾が想いを寄せていたさとみは三上と付き合う事になり失恋してしまいます。

先輩のリカからアタックされていたこともあり交際を始めますが、三上とさとみが別れた事を知り動揺してしまいます。

赤名リカ

ロサンゼルスでの生活経験の有る帰国子女です。

スポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」の事業部所属の社員で完治の先輩にあたります。

2020年版では広告代理店の先輩社員です。

さっぱりした気性で明朗快活な性格で、はっきりした物言いをします。

愛媛県から上京してきた完治を東京国際空港まで迎えに行きて、その後、さとみに失恋し傷心の完治と交際する事になりましたが、さとみへの気持ちを断ち切れていない彼に複雑な思いを抱くようになります。

三上健一

完治の高校の同級生。

文京大学医学部入学と同時に上京しています。

2020年版でも同じく医学生です。

実家からは送金してもらっていますが、他は絶縁に近い状態です。

軽薄な印象で、左ハンドルのスープラを乗り回し、特に異性関連のトラブルが多いです。

関口さとみ

完治の高校の同級生。

元麻布幼稚園に勤務している幼稚園教諭。

2020年版の設定はまだ詳しく発表されていません

基本的には心優しい性格ですが、依存心の強さなどで周囲を翻弄することがあります。

高校時代は清楚な印象で男子からは人気が高かったですが、女子からは実家がラブホテルを経営していることを理由に、机に落書きされるなどのいじめに遭っていました。

落書きを消してくれたのが当時、さとみに片想いをしていた完治だと思い続けていました。

上京後、三上と同棲しますが破綻し完治と次第に接近していきます。

東京ラブストーリーキャストの名セリフは?


名セリフとされているものの多くは赤名リカのセリフです。

赤名リカの名セリフをいくつかあげます。

何があるか分からないから元気出るんじゃない

小さな親切大きな下心

私のバレンタインは年中無休だもん

だったら教えてよ、人をすきならないで済む方法

もうダメ、ここまで。電池切れちゃったみたい。こんなにそばにいるのにね。こんなに遠く見える。なんでかな。一緒にいたいのに…なんでかな…

そして、代表的な名セリフは「ねー、セックスしよー」ですね。

主人公である長尾完治の名セリフ

君と話してるといつまでたっても時間が経つの忘れちゃうよ

あいつ頼りにして甘えてたのはオレの方だった。オレは、ただそれだけの男だった…アイツを幸せにすることが出来ない、ただそれだけの…

というものがあります。

三上健一の名セリフ

もう高校生じゃない、17才じゃないんだ。いつまでも3人じゃいられないんだよ

です。

東京ラブストーリーキャストのセリフを昔現在で比較!

1991年版の名セリフについては上記の通りですが、新しい方の東京ラブストーリーではどのような名セリフが出るか楽しみですね。

2020年版の方はまだセリフの詳細は発表されていませんが、発表されましたら比較していきます。

東京ラブストーリーの昔の脚本・内容は?

原作では完治の視点から描かれていましたが、ドラマではリカの視点で描かれています

彼女の心情を描くなど脚本家や演出家による漫画原作から、ドラマとして再構築するための大胆な改変が大きなヒットに繋がったといわれています。

1991年版の東京ラブストーリーの脚本などは以下の通りです。

脚本 坂元裕二さん

演出 永山耕三さん・本間欧彦さん

東京ラブストーリー2020現在の脚本・内容は?

2020年版の東京ラブストーリーの脚本などは以下の通りです。

脚本 北川亜矢子さん

演出 三木康一郎さん・永田琴さん・山本透さん

2020年版のストーリー仕立ての具体的な情報はまだ発表されていませんが、情報が発表され次第更新していきます。

東京ラブストーリードラマ2020の見どころは?

90年代恋愛ドラマの金字塔ともいえる不朽の名作ドラマです。

その「東京ラブストーリー」29年ぶりの再ドラマ化にあたり、物語の舞台は現代となります。

キャストを一新し、完治とリカの勤務先もスポーツ用品メーカーから、広告代理店に変更されました。

当時の視聴者はもちろん、伝説を耳にしてきた現代の若者たちからも、大きな期待を集めているようです。

オリジナル版最大の魅力だった「すれ違い」を、携帯電話が不可欠の現代を舞台にどう表現するのか、現代版「東京ラブストーリー」に注目です。

東京ラブストーリーロケ地2020昔現在を比較!


1991年版の東京ラブストーリーで、完治とリカが働いていたのは、ハートスポーツというスポーツ用具の会社でした。

この会社の本社のロケ地として使われたのは、東京都目黒区東山1丁目にある太陽ビルというビルでした。

今もしっかりと健在です。

そして、2020年版の東京ラブストーリーで二人がつとめるのは、広告代理店です。

時代が変わると、主人公の勤め先も変わるのですね。

そして、この広告代理店のロケ地となったのは、東京都港区六本木にある、株式会社ヤプリという会社のオフィスです。

このオフィスは住友不動産六本木グランドタワーの41階にあります。

東京タワーが見えるオフィスということで、ロケ地として選ばれたそうです。

また、1991年版の完治は、しっかりとスーツを着ていましたが、2020年版の完治はポロシャツ姿ということで、ビジネススタイルにも違いがあるようです。

東京ラブストーリーのドラマ2020の放送はいつから?

公式サイトによると2020年4月29日(水)よりFODにて放送がはじまります。

東京ラブストーリーのドラマ2020の主題歌は?

1991年版の東京ラブストーリーの主題歌といえば、小田和正さんの「ラブ・ストーリーは突然に」です。

こちらの曲はもはやドラマだけではなく、1990年代の恋愛模様を表すときのBGMなどにもよく使用されるので、若い人たちも知っている人は多いと思います。

そして、気になる2020年版の東京ラブストーリーの主題歌ですが、まだ正式に発表されていません

発表されましたら随時更新していきます。




東京ラブストーリーキャストに対する世間の反応は?

伊藤健太郎さんの演じる完治に対する期待は多きいようですね。

それとやはり名曲中の名曲である小田和正さんの1991年版の主題歌にも期待が高まっています。

今回の2020年版の主題歌がどうなるのか楽しみですね。

それと、前のキャストさんのイメージがしっかりしているので、少しネガティブな意見も聞こえてきます。

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 東京ラブストーリーのキャストは伊藤健太郎さん、石橋静河さんをはじめ、若手の俳優さんなどに一新されています。
  • 京ラブストーリー登場人物の人柄は、主人公完治は優柔不断な性格、ヒロインのリカはさっぱりした気性で明朗快活な性格です。
  • 東京ラブストーリーキャストの名セリフの代表はヒロインのリカの「ねー、セックスしよー」です。
  • 東京ラブストーリーの昔の脚本・内容はヒロインにリカの視点で描かれています。現在の方はまだ未公開です。
  • 東京ラブストーリードラマ2020の見どころはオリジナル版最大の魅力だった「すれ違い」を、携帯電話が不可欠の現代を舞台にどう表現するかというところです。
  • 東京ラブストーリーのドラマ2020の放送は春からスタートする予定です。
  • 東京ラブストーリーのドラマ2020の主題歌は現在まだ未公開です。
  • 東京ラブストーリーのキャストに対する世間の反応は、新キャストを期待するものもある反面、昔の主題歌やキャストのイメージを重視しる声もあります。