スポンサーリンク





今年の春の選抜で優勝候補とも言われている星稜高校。

その中でも天才1年生ともいわれている内山壮真選手。

入学当初から頭角を現す天才的なセンスの良さを持つ内山壮真選手の出身中学はどこなのでしょうか。

高校入学前を見ていきます。

内山壮真選手はスポーツ万能で野球だけではなく空手もしていたそうです。

内山壮真選手と空手のつながりについても見ていきたいと思います。


スポンサーリンク




内山壮真のプロフィール

名前:内山壮真

生年月日:2002年6月30日

出身地:富山県上市町

出身小学校:富山県上市町立宮川小学校

出身中学:石川県立星稜中学校

身長:172cm

体重:72kg

投球・打席:右投げ右打ち

内山壮真の出身小中学校は

内山壮真選手は富山県出身の選手で、小学校は富山県上市町立宮川小学校に通っていました。

そして小学校3年生の時に野球を始めました

滑川東部スポーツ少年団野球部でプレーをしていたようです。

小学校卒業後は石川県の中高一貫の星稜中学校に進学しました。

星稜中学校に進んだ理由は甲子園優勝という目標を果たすためだったようです。

中学では星稜中学校の野球部に入部します。

内山壮真選手は中学生の頃から天才と呼ばれる逸材で、1年生の頃から当時守っていたショートのレギュラーを獲得します。

2年生になるとキャッチャーに転向しますが、そこでもすぐにレギュラーポジションを獲得します。

チームとしても好成績を残しており、2016年の夏と2017年の春で全国優勝しています。

公式記録などはわかりませんが、内山壮真選手が活躍し、チームを引っ張っていたのは間違いないと思われます。

さらに内山壮真選手は3年生の時にU-15に選出され日本代表としてアジア選手権に出場しました。

しかもその大会で本塁打王とベストナインを獲得しました。

日本代表に選ばれるだけではなく、そこでしっかり結果を残すというのが、内山選手のすごい所なのかなとも思います。

内山選手は、すでに中学生の頃には将来の目標としてメジャーリーグでトップクラスになることと語っていました。

当時の活躍、そして今の活躍を考えると、この目標も実現することができるかもしれません。

スポンサーリンク




内山壮真の星稜高校での活躍は

内山壮真選手は中学卒業後は中高一貫の星稜高校に進学しました。

もちろん星稜高校でも野球部に入部しました。

星稜高校に入ってからもすでに1年生から活躍しており、入学してすぐに行われた春季石川県大会にショートのレギュラーとして出場しました。

高校初打席で初球を打ち初安打を記録するなど非凡な才能を発揮しました。

さらに1年生の秋からは実力のある選手が多くいる中から1年生ながら4番に抜擢されました

4番を任されてから初めての秋季石川県大会でもしっかりと成績を残しており、4番の仕事をこなしました。

さらにこの秋季大会ではショートだけではなく、キャッチャーでも出場しました。

そして明治神宮大会でもその活躍はとどまることを知らず、特に初戦の広陵戦では3打数2安打2打点と4番としての役割を果たし、1年生ながらにチームを引っ張りました。

1年生からここまで活躍する選手は中々いないので、1年生からこんなに活躍できているのは内山選手の才能の高さがわかります。

今の星稜高校は選手が揃っており、日本一を果たすための人材はそろっているため、内山選手も実力を発揮して、目標である甲子園での優勝を果たしてもらいたいです。

内山壮真と空手の関わりは?

内山壮真選手の父・内山彰博さんは全国空手選手権で優勝するほどの実力者でした。

その父の影響もあり2才の頃から道場に通い始め、空手を習い始めました

元々持っていた運動能力もあって小学校の頃には富山県大会で4度優勝しています。

小学校5年生からは空手を辞め野球に専念し始めたそうです。

空手を習っていたことで、体の上手な使い方が身についているため、小柄な体格ながらも他の選手に負けない成績を残しているのかもしれません。

大阪桐蔭の根尾昂からアドバイスをもらう

内山壮真選手は1つ先輩の奥川選手に頼み、U-18の時に現中日ドラゴンズの根尾昂選手や現広島東洋カープの小園海斗選手と話す機会があったそうです。

根尾選手からは主に私生活での過ごし方を学んだようで、「コンビニでもサラダチキンや機能性ヨーグルトしか買わないと聞いた」と語っています。

その他にも野球ノートの画像を見せてもらったりしたようです。

小園選手からは同じ内野手という事もあり、守備のフットワークや、練習法を学んだようです。

様々な先輩からアドバイスをもらおうとする姿勢はまだまだ成長したいという気持ちがうかがえます。

内山壮真の高校での目標

内山壮真選手は高校での目標について、「星稜高校入学前から甲子園には全て出たいと思っていた。神宮大会も含め、全国大会には全部出たい」と語っており、個人的な目標として「自分も奥川選手と同じようにU-18に選ばれたいと」語っています。

個人としてもチームとしても高い目標を掲げており、目指しているレベルが高いことがわかります。

スポンサーリンク




内山壮真の凄さとは

内山壮真選手の凄さはなんといっても、その打撃能力にあると思います。

1年生ながら4番を任されているという事は、並外れた打撃センスの持ち主だからだと思われます。

実際に星稜高校の林監督も内山選手の4番起用について、「打線の顔として(4番・内山)を考えていた。どんな投手が相手でも打席の中で修正して、大事な場面で1本打てる能力がある。なかなか教えてもできることではない」と他の選手よりも高い能力を持っていることを語っています。

もちろん打撃だけではなく、守備に関してもかなり高いレベルの物を持っています。

空手を習っていたことも影響しているのか、体の使い方がうまく、華麗な守備を見せています。

いまはショートですが、キャッチャーもしていたため、キャッチャーとしてのセンスも高いのだと思います。

1年生のことから4番を務めることで、経験値を多く積むことができるので、将来的な内山選手の成長が楽しみです。

まとめ

  • 内山壮真選手は小学校3年生で野球を始めた
  • 内山壮真選手は中学校は星稜中学に通っていた
  • 内山壮真選手は1年生の頃からレギュラーを獲得していた
  • 中学で2度日本一に輝いていた
  • 内山壮真選手は2年生の時にキャッチャーに転向した
  • 内山壮真選手はU-15日本代表に選ばれていた
  • アジア選手権で本塁打王とベストナインに選ばれた
  • 内山壮真選手は星稜高校に進学した
  • 星稜高校でも1年生からショートのレギュラーを獲得した
  • 1年生の秋からは4番を任されている
  • 内山壮真選手は2才の頃から小学5年生まで空手を習っていた
  • 空手の富山県大会で4度優勝したことがある
  • 内山壮真選手の父・彰博さんは空手で日本一になったことがある
  • 内山選手は根尾昂選手や小園海斗選手からアドバイスをもらった
  • 内山選手の凄さは打撃能力
  • 内山選手は大事な場面で1本打てる能力を持っている

スポンサーリンク