夏の甲子園が始まり、だんだんと優勝候補校が登場し、注目を集めています。

その中でも特に注目を集めている高校が、石川県代表の星稜高校です。

星稜高校はドラフト1位候補の奥川恭伸選手を擁しており、夏の甲子園の優勝候補と言われています。

そんな優勝候補とも言われている星稜高校の注目選手はどの選手なのでしょうか。

星稜高校の注目選手、そして星稜高校の戦力がどうなっているのかも合わせて見ていきたいと思います。





夏の甲子園2019星稜高校の注目選手は?

今大会が2年連続20回目の出場となる星稜高校は、今大会の優勝候補にも挙げられています。

そんなチームの中で最も注目を集めている選手は、今年のドラフト1位候補と言われている奥川恭伸選手です。

奥川恭伸プロフィール

名前:奥川恭伸

生年月日:2001年4月16日

出身地:石川県かほく市

身長:183cm

体重:82kg

投球・打席:右投げ右打ち

奥川恭伸選手は、同年代ナンバーワン投手と言われるくらい高い実力を持った持ち主で、プロのスカウトたちから高い注目を得ています。

出身中学は宇ノ気中学校で現在バッテリーを組んでいるキャッチャーの山瀬慎之介選手とは中学時代もバッテリーを組んでおり、中学3年生の時には全国優勝を果たしています。

2年生の時に、唯一U-18侍ジャパンのメンバーに選ばれており、その高い実力はすでに認められています。

最高球速は夏の予選ですでに158km/hを記録しており、その球威のあるストレートと、キレのあるスライダーを武器に相手の選手を翻弄します。

スライダーの他にもカーブとフォークも持ち球として持っています。

奥川恭伸選手は、とてもコントロールが良い投手で、四死球をほとんど出すことなく、試合を確実に組み立てることができます。

今年の夏の地方大会でも、エースとして登板し、24回を投げ、防御率1.50と好成績を残しています。

甲子園にもすでに2回出場しており、経験豊富ですが、優勝を果たしたことはまだありません。

最後の甲子園となる今大会で、抜群の成績を残し優勝を果たすことができるのか注目です。

合わせて読みたい記事はこちら

そんな、チームのエースを引っ張りつつ、主将としてもチームを引っ張っているのが、キャッチャーの山瀬慎之介選手です。

山瀬慎之介プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

· #高校野球 #星稜 #山瀬慎之介 #第91回選抜高等学校野球大会 #nikond5300

アリサさん(@___89gram)がシェアした投稿 –

名前:山瀬慎之介

生年月日:2001年5月4日

出身地:石川県かほく市

身長:177cm

体重:82kg

投球・打席:右投げ右打ち

山瀬慎之介選手は、スター選手が集まっている星稜高校を主将としてまとめている、チームの中心選手です。

出身中学は宇ノ気中学校で、小学校4年生の頃から奥川恭伸選手とバッテリーを組んでいます。

10年来のバッテリーということで、その絆は他のチームのバッテリーよりも強いものを持っています。

山瀬慎之介選手は1年秋からチームの主力として戦っていた選手で、実力がとても高い選手です。

キャッチャーとして総合力も高く、高校生の中ではトップクラスです。

その中でも特に、山瀬慎之介選手の肩の強さに関しては、一段と高い評価を得ており、星稜高校の歴代キャッチャーの中でもナンバーワンとも言える強さを持っていると評価されています。

バッティングは、守備面ほど高い実力はないものの、ある程度の実力を持っています。ですが、まだまだ伸び代を持っているので、今後の成長を期待できます。

今大会でも、山瀬慎之介選手の持っているキャプテンシーと、高い実力でチームを引っ張っていってもらいたいです。

合わせて読みたい記事はこちら

今年の星稜には2年生ながらチームの主軸として高い実力を持っている選手がいます。それが、内山壮真選手です。




内山壮真プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . . 星稜のバット見つめる系男子、壮真 . . #第101回全国高等学校野球選手権大会 #高校野球#甲子園#星稜#内山壮真

MIKAさん(@tks.sr89mi)がシェアした投稿 –

名前:内山壮真

生年月日:2002年6月30日

出身地:富山県上市町

身長:172cm

体重:72kg
投球・打席:右投げ右打ち

内山壮真選手は、現在2年生ながらチームの4番を任されている選手です。

出身中学は星稜中学校で、中学時代はキャッチャーを務めており、2度全国優勝を果たしたことがあります。

U-15侍ジャパンに選ばれアジア選手権の優勝に貢献したこともあります。

入学直後の春大会から公式戦に出場するほどの実力を元から持っており、その高い実力は現在も伸び続けています。

特に打撃センスは高いものがあり、広角に長打が打つことができます。

現在では、その実力を買われ3年生を抑えて、チームの4番を任されています。

ただ、長打が打てるだけではなく、出塁率も高い選手です。

ショートの守備も上手くこなしており、ショートでもキャッチャーでもどちらも出場できる選手です。

すでに来年のドラフト候補と言われており、来年の目玉選手の1人になっています。

2年生だからといって、遠慮することなく、チームを引っ張る活躍をしてもらいたい選手です。

合わせて読みたい記事はこちら

今井秀輔プロフィール

名前:今井秀輔

生年月日:2002年

出身地:石川県金沢市

身長:185cm

体重:87kg

投球・打席:右投げ右打ち

今井秀輔選手は、現在2年生の選手で甲子園での活躍を機に一気に注目を集めている選手です。

出身中学は金沢市の紫錦台中学校です。野球は金沢シニアでプレーをしていました。

中学の頃から長打力が持ち味の選手で、3年生の頃には中部選抜に選ばれていたようです。

今井秀輔選手は、甲子園準々決勝の仙台育英戦で一気にブレイクしました。

仙台育英戦で公式戦初スタメンに抜擢されました。大抜擢された今井秀輔選手は、起用の期待に答え、第2打席に満塁ホームラン、第3打席に2点タイムリー、さらにタイムリースリーベースも放ち、6打数3安打7打点の大活躍をしました。

サイクルヒット達成間近、そして甲子園の打点記録にあと1点に迫る大活躍を果たしました。

新たな星稜の長距離砲となった今井秀輔選手は、新たな甲子園のスターとなり得る選手です。

[the_ad id=”5826″]

夏の甲子園星稜高校戦力分析

星稜高校は投打にバランスの取れたチームになっており、投打ともに高いレベルを誇っています。

まず、投手面ではエースの奥川恭伸選手が引っ張っており、ほぼ全試合に登板し、登板した試合ではきっちりと試合を作る投球を見せています。

去年から注目されていた選手のため、周りからのマークがきつくなってしまいますが、予選では、それをもろともしない投球を見せており、甲子園の舞台でもその投球が期待されます。

チーム全体の投手力としても、地方予選5試合で失点9と1試合平均2点以下に抑える実力を持っているので、奥川恭伸選手以外の投手が登板しても、試合を作れる実力はあるでしょう。

打撃面でも、歴代屈指の破壊力を持っています。

2年生で4番の内山壮真選手や、東海林航介選手を筆頭に長打力のある選手も揃っており、夏の地方予選では石川県大会新記録の11本のホームランを放ちました。

1試合平均2本のホームランを放っているのは相手チームにとって脅威となるでしょう。

守備面でも失策が少ないチームで、地方予選では5試合で3つのみとなりました。

攻守ともに安定しているチームなだけに、歯車が噛み合った時には、周りに敵なしとなる可能性があるチームです。

夏の甲子園試合結果

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨日の甲子園‼️ 球史に残る素晴らしい試合になり、興奮のあまり写真撮るのも忘れるくらい… 14回延長タイブレークの末、星稜高校が見事勝利‼️ エース奥川くん素晴らしいピッチング‼️ 165球の死闘、奪った三振なんと23個😆😆 … 去年の悔しさを晴らす最高の試合でした。 今日は残念ながら甲子園には行けませんが、お家で応援したいと思います😆😆 … ご縁があってこの春から応援行かせて頂いてますが、タオルや帽子も頂けて、完全に星稜ファンになりました🤣🤣🤣 … 頑張れ星稜高校‼️ 頑張れ奥川くん‼️ 頑張れ内山くん‼️ … #101回目の夏 #101回全国高等学校野球選手大会 #星稜 #星稜高校野球部 #奥川恭伸 #内山壮真

Mickeyさん(@smilen_1173)がシェアした投稿 –

1回戦 星陵VS旭川大付 1-0

1回戦の旭川大付との試合では、投手戦となり、2回に1アウト1,3塁から大高正寛選手のタイムリーヒットで先制した1点を守りきり、2回戦進出を決めました。

投げては、エースの奥川恭伸選手が9回3安打と相手打線を完璧に抑え、完封勝利を挙げました。

2回戦 星陵VS立命館宇治 6-3

星稜は2回に幸先よく先制すると、4回にも岡田大響選手のタイムリーで1点を追加、6回には福本陽生選手、岡田大響選手のこの日2本目となるタイムリーで一気に3点を加え、そのリードを守りきり、勝利しました。

この日先発した萩原吟哉選手が5回までを無失点に抑え、勝利に貢献しました。

3回戦 星陵VS智弁和歌山 4-1

星稜は4回に先制するものの、6回に智弁和歌山の打線に捕まってしまい同点にされてしまいます。

その後9回でも決着が付かず、今大会初のタイブレークまでもつれ、迎えた14回に福本陽生選手のサヨナラホームランでサヨナラ勝ちを決めました。

先発を務めたエースの奥川恭伸選手は14回を1人で投げきり、23奪三振を奪い圧巻の投球を見せました。

準々決勝 星陵VS仙台育英 17-1

二回に2年生の今井秀輔外野手の満塁本塁打などで5点を先制。

三回にも今井選手の適時二塁打などで3点を加えました。

八回には4番・内山選手が左翼席へソロ。

九回には内山選手、大高選手の連続ソロで大量リードを奪いました。

次の試合は、8月20日(火)に岐阜県の中京学院大中京と戦います。

準決勝 星陵VS中京学院中京 9-0

星稜はこの日も初回から相手を圧倒し、1回に内山壮真選手の犠牲フライで先制すると2回にも1点を加え、3回には主将の山瀬慎之介選手のタイムリーを含む4点をあげ勝利しました。

この試合は奥川恭伸選手が登板しましたが、7回まで相手打線を2安打に抑える完璧な投球を見せました。

まとめ

  • 星稜高校は2年連続20回目の夏の甲子園出場
  • チームのエースは奥川恭伸選手
  • 今大会の優勝候補として名前が挙がっている
  • 投打にバランスが取れているチーム