スポンサーリンク




明治神宮大会で準優勝し、春の選抜大会でも優勝候補としてあげられている星稜高校のエース奥川恭伸選手。

すでにドラフト1位候補に挙がっている奥川恭伸選手ですが、どんな選手なのでしょうか。

今までのプロフィールを見ていき、ドラフト1位候補がどんな選手か見ていきましょう。

そして奥川恭伸選手がどのような経歴を持っており、今のように注目される選手になったのかを確認してみましょう。


スポンサーリンク




奥川恭伸のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

#今注目の投手 #奥川恭伸 #明治神宮大会 #星稜 #高校野球 #高校野球好きな人と繋がりたい

hitomiさん(@hk__01289)がシェアした投稿 –

名前:奥川恭伸

生年月日:2001年4月16日

出身地:石川県かほく市

出身中学:かほく市立宇ノ気中学校

身長:183cm

体重:82kg

投球・打席:右投げ右打ち

奥川恭伸の出身小学校・中学校経歴

奥川恭伸選手は小学校3年生で野球を始めました。

その時に所属していたチームは宇ノ気ブルーサンダーというチームに所属していました。

宇ノ気ブルーサンダーに所属していた小学校4年生の頃に、現在所属している星稜高校までともにバッテリーを組むことになる山瀬慎之助選手とバッテリーを組んでいました。

小学校の頃のチームとしての成績は常によかったわけではないようで、優勝したり初戦敗退をするなど様々だったようです。

奥川恭伸選手は小学校の頃から投打ともに成績が良かったようで、6年生の頃にはキャプテンを務めていたようです。

小学校の頃から現在と同じように実力があったようです。

奥川恭伸選手は宇ノ気小学校を卒業すると、そのまま宇ノ気中学校に進学しました。

宇ノ気中学校では軟式野球部に入部しました。

中学校でも山瀬選手とのバッテリーの実力は高かったようで、中学校3年生の頃には全国優勝を成し遂げたことがあるようです。

すでに中学の頃から全国制覇ができる実力を持ち合わせていたようです。

奥川恭伸の高校時代の経歴

中学卒業後は地元の強豪星稜高校に進学しました。

星稜高校に進学してすぐの春の北信越大会からベンチ入りを果たしました。

そして1年生秋の県大会から星稜高校のエースとしてマウンドを任されました。

1年生エースとして初めての大会で見事優勝を果たしたようです。

県大会後の北信越大会でもエースとして活躍しました。

特に1回戦では10三振無四球の好投を見せ、完封勝利を挙げました。

さらにこの大会では146km/hという速球を記録していました。

決勝で北信越の強豪・日本航空石川に負けてしまいましたが、奥川選手の実力はこの大会で一気に名前が広がりました。

この時もキャッチャーは山瀬選手でした。

その結果もあり、2018年の春の選抜にも出場し、全3試合に登板してチームを引っ張る活躍をしていました。

この大会からエース番号を背負うことになりました。

そして同じ年の夏の甲子園にも出場しました。

2回戦で敗退しましたが自己最速の150km/hを記録しました。

そしてその後に行われたU-18の代表メンバーに3年生の選手の中に混ざり、2年生から唯一選出されました。

今年ドラフト1位で吉田輝星選手などと同じチームで戦ったことにより、さらに一回り成長したようです。

これまでの経験を生かして2019年の春の選抜ではさらなる躍進を遂げてもらいたいです。

高校卒業後の進路は?ドラフトは?

ここまで星稜高校で活躍を続けている奥川恭伸選手ですが、現在高校2年生で4月から3年生となります。

まだ3年生にすらなっていませんがすでに進路が注目されています。

現在のところプロの道に進むと思われます。

すでに世間では来年のドラフト1位候補として注目されています。

すでにここまで注目されている選手なので、奥川選手が大学に進学しない限りドラフト指名されるのは間違いないでしょう。

スカウト陣の評価は?

プロから1年生の頃から注目されている奥川選手のもとにはすでに多くのプロチームのスカウト陣が訪れており、高い評価をしています。

2019年1月までにプロ全12球団のスカウトが奥川選手を偵察に訪れているようです。

視察に訪れたスカウト担当の方々は口をそろえて2年生の時からすでに来年のドラフトの目玉選手と言われています。

特に阪神タイガースのフロント陣は奥川選手のもとを多く訪れており、熊野スカウトは「これほど完成度の高い選手はいない。松坂クラス」ととても高い評価をしています。

さらに、筒井スカウトは野球の能力だけではなく「彼には勝ち運や人をひきつける魅力があります。この一年間が本当に楽しみです」と奥川選手の人間性も高く評価をしているようです。

楽天の山田スカウトも「ゆくゆくは日本を代表するピッチャーになることも想像できる」と奥川選手の持っているポテンシャルなどをとても評価しているようです。

奥川恭伸のプレースタイル

同年代でもトップクラスと言われている奥川投手はどんなスタイルの選手なのでしょうか。

奥川選手の最高球速は150km/hです。

特別とても速くはありませんが、質の良いストレートを投げています。

それに加えて変化球も多く持ち合わせており、スライダー・ツーシーム・カーブなど豊富な球種を使い分けています。

変化球のコントロールも良いようで、変化球でもストライクを取ることができるのでいつでもカウントを整えることができるので、安定した投球ができるようです。

1年生の時の北信越大会では、そのコントロールの良さを発揮しており1試合平均11個の三振を奪っています。

四死球は1試合平均0.9個と1試合当たり1個も与えないというコントロールの良さを見せました。

合わせて読みたい記事はこちら

まとめ

  • 奥川恭伸選手は小学校3年生から野球を始め、宇ノ気ブルーサンダーに所属していた
  • 奥川恭伸選手は中学校では宇ノ気中学軟式野球部に所属していた
  • 中学校3年生の時に山瀬選手とのバッテリーで全国優勝したことがある
  • 奥川恭伸選手は高校は星稜高校に進み、1年生からベンチ入りしていた
  • 1年の秋の北信越大会で準優勝し春の選抜に出場した
  • 2年の夏に自己最速150km/hを記録した
  • U-18に2年生で唯一選出された
  • 2019年1月にはプロ全12球団が偵察に訪れた
  • 質の高いストレートと豊富な変化球を合わせた投球をしていて、コントロールもいい
  • 実力の他、人柄とポテンシャルも評価されている

スポンサーリンク