すでに今年のドラフト候補選手に多くの注目が集まっていますが、そのドラフト候補の中の1人が日大三高の井上広輝選手です。

今年の高校生を代表する投手の1人で実力はトップレベルと言われている井上広輝選手の出身中学や、今までの経歴はどのようになっているのでしょうか。

井上広輝選手の今までの経歴を振り返ってみます。

そして井上広輝選手の気になるドラフトでの進路についても見ていきましょう。





井上広輝(日大三)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019.4.6 vs修徳戦 日大三高 ③ 井上 広輝 #日大三高 #井上広輝 #ドラフト候補 #高校野球

えんちゃんさん(@en_89gram2)がシェアした投稿 –


名前:井上広輝

生年月日:2001年11月19日

出身地:神奈川県厚木市

身長:180cm

体重:76kg

投球・打席:右投げ右打ち




井上広輝の出身小学は?

井上広輝選手は神奈川県厚木市出身で、南毛利小学校に通っていました。

小学生時代、井上広輝選手は小学校1年生の頃から恩名ソフトでソフトボールをプレーしていました。

小学校の頃は1年生から6年生までソフトボール一筋だったようで、小学校6年生の時には日本代表として世界大会に出場した経験があるようです。

井上広輝選手は小学生の頃から野球に繋がる才能を持っていたようですね。

ソフトボールで日本代表としてプレーしたことは大きな経験になっているでしょう。




井上広輝の出身中学・出身シニアは?

井上広輝選手は毛利南中学校に進学しました。

中学校に進学した井上広輝選手は中学校の野球部に所属するのではなく、相模ボーイズという硬式野球チームに入部しました。

2年生までは相模ボーイズに所属していましたが、3年生からは海老名南シニアに所属しました。

中学生の頃から野球を始めた井上広輝選手はこの頃から投手をしていたようです。

そして3年生の時には南関東選抜に選ばれたことがあるようです。

ソフトボールをやっていたというものの、野球を始めて3年ですでに南関東選抜に選ばれるレベルの選手だったということですね。

当時から同学年の間では有名な選手の1人だったのかも知れませんね。

井上広輝の日大三高での成績は?


井上広輝選手は中学卒業後は東京の日大三高に進学しました。

日大三高に進学した井上広輝選手は1年生の夏からベンチ入りを果たしました。

ベンチ入りをするだけではなく、地区大会などで登板機会を得て、登板した試合では見事なピッチングを見せ、実力の高さを証明しました。

さらに1年生の秋大会では5試合にリリーフ登板し、1試合に先発しました。

先発した2回戦では7回コールド勝ちに導く見事な投球をみせ、完投勝利をあげました。

井上広輝選手の活躍もあり、日大三高は東京大会で優勝を果たしました。

さらに春の選抜大会では2試合に登板し、好投を見せ球速も147km/hを記録し一気に注目を集める投手となりました。

2年夏の甲子園にも日大三高は出場しており、井上広輝選手は2回戦にリリーフ登板し3回無安打無失点に抑える投球を見せました。

そして球速も150km/hを記録し確実に成長していることもアピールしました。

さらに井上広輝選手はU-17日本代表にも選ばれており、そこでも実力の高さを証明しました。

日大三高に進学してから徐々に実力を付けている井上広輝選手。

高校生活最後となる夏の甲子園大会ではどこまで成長した姿を見せてくれるのか楽しみです。

井上広輝はどんな選手?

井上広輝選手は同年代の選手の中でもトップレベルの投手と言える実力を持っている選手です。

そんな井上広輝選手の特徴として挙げられるのはストレートです。

井上広輝選手は最速150km/hのストレートを武器としており、常時140km/h台のストレートを投げ込んでいます。

井上広輝選手のストレートは伸びがあるストレートのようで、空振りや三振が奪えるストレートと評価されています。

変化球も多彩で、縦と横のスライダー・チェンジアップ・シンカーと4種類の変化球を使い分けています。

すでにどの球種もかなり高いレベルで仕上がっており、どの球でも勝負できます。

コントロールも良く、制球力も高い投手で全ての面でレベルの高い選手です。

高校3年生までにここまで仕上がっていますが、まだ伸び代があると考えると、さらに高いレベルの投手になれる可能性がある選手ですね。

井上広輝のドラフト評価は?

井上広輝選手はすでにドラフトの注目選手としての評価を得ています。

実力も申し分ない井上広輝選手の元にはすでに複数のスカウトが視察に訪れているようです。

スカウト達からの評価では、井上広輝選手は腕のしなやかさが評価を受けています。

腕をしなやかに使えている部分はほとんどのスカウトが高い評価をしています。

それとともに評価されているのが潜在能力の高さです。

投手として潜在能力がまだまだあると評価されており、将来性の高さが評価されています。

井上広輝選手を中日のスカウトは特に高く評価しており、

「腕の振りがシャープ。来年のドラフトの目玉になる可能性が大きい。」

と多くの好投手がいる今年のドラフトの中でも目玉選手と注目をしているようです。

やはり井上広輝選手はプロのスカウトの目から見ても、能力が高い選手なのですね。

スカウトの評価通りに目玉選手となってもらいたいですね。

井上広輝のドラフト指名予想は?

井上広輝選手は現在は上位指名は確実かと言われています。

ただ、今年のドラフトでは多くの好投手がいるため、1位指名されるかどうかは難しいところとなっています。

その中でも指名されるのではと言われているのが中日です。

中日のスカウトが井上広輝選手を高く評価しており、これからの活躍次第では上位指名があるのではと言われています。

さらに広島も井上広輝選手をドラフト指名する可能性があるようです。

今年の1月にドラフト会議で1位指名候補7投手の映像をチェックしたという情報がありますが、その中の1人に井上広輝選手が含まれており、もしかしたらこれからの活躍次第では広島からの1位指名の可能性があるかもしれません。

怪我などがない限りドラフト指名は確実ではないかと言われている井上広輝選手は、ドラフト会議では何位指名でどこのチームに所属することになるのか楽しみです。

井上広輝の兄も甲子園経験者?

井上広輝選手にはお兄さんがいるようです。

お兄さんの名前は井上大成さんです。

井上広輝選手とは2歳違いのようです。

井上大成さんも同じ日大三高出身のようで、3年生の時には甲子園にスタメンとして出場しています。

さらに井上大成さんはU-18日本代表にも選ばれており、W杯に出場しています。

出場したW杯ではホームランを放つなど活躍しました。

実力は申し分ない井上大成さんは高校卒業後はプロ入りせず、進学し青山学院大学の野球部に所属しています。

4年後のプロ入りを目指しているようなので、もしかしたら将来兄弟が同じチームに所属ということもあるかもしれません。

兄弟でプロ入りの可能性がある選手なんて、中々ないのでぜひ実現してもらいたいですね。

まとめ

  • 井上広輝選手は小学生の頃はソフトボールをプレーしていた
  • 小学校6年生の時には日本代表として世界大会に出場した経験がある
  • 井上広輝選手は中学生の時に野球を始めた
  • 中学生時代は2年生まで相模ボーイズ、3年生の時は海老名南シニアに所属していた
  • 3年生の時に南関東選抜に選ばれた
  • 井上広輝選手は甲子園に2度出場している
  • ストレート、変化球、制球力の全ての面で高いレベルの実力を持っている
  • ドラフトでの上位指名は確実かと言われている
  • 井上広輝選手の兄は井上大成