女子バレーボール「第20回女子U20世界選手権大会」の代表メンバーに選ばれ、ゲームキャプテンを務める事になった「石川真佑選手」がとても”かわいい”と話題です!

高校時代からその実力と可愛いルックスで注目され、今年4月には全日本代表にも選ばれている石川真佑選手。

特に、時折見せるその”笑顔”がとても可愛いですね。

今回は、その石川真佑選手の身長体重や出身高校、そしてプライベートについてまで、徹底調査していきます!





石川真佑(全日本代表)は笑顔がかわいい!

バレーボール日本代表に選ばれた「石川真佑選手」がメチャクチャかわいいと話題です。

特にかわいいのはその”笑顔”です。

プレー中の真剣な表情はもちろん、アタックを決めた時の笑顔もとてもいいですよね!




石川真佑(全日本代表)の身長体重やカップは?


174cm、65kgでバレーボール選手としては決して大きくはない石川真佑選手ですが、スラっとした体系と可愛いルックスでまさに”モデル”のようです。

カップ数などはもちろん公表されていませんが画像などを見る限り”B~C”くらいでしょうか。

ずっとショートカットにしていた石川真佑選手ですが、今は髪も少し伸ばしているようなので”女性らしさ”が出てくると、より人気が出てくるのは間違いないでしょう!




石川真佑(全日本代表)の出身中学は?

石川真佑選手は小学3年生からバレーボールを始めています。

そして、中学校は親元を離れて長野県にあるバレーボールの超名門「長野市立裾花中学校」に入学します。

ビーチバレーで活躍した「西堀健実選手」と「西堀育美選手」の姉妹が裾花中学校の卒業生です。

裾花中学校には寮が完備されており、全国各地からバレーボールの有望選手が集まって来ます。

中学生で親元を離れた石川真佑選手、本当は寂しい思いをしていると思いますが、バレーボールに向ける本気の意気込みが感じられますよね。

そんな”超強豪校”である裾花中学校ですが、石川真佑選手はなんと1年生から”レギュラー”として活躍していたそうです。

その裾花中学校時代、”全国バレーボール中学大会”で優勝2回、準優勝1回と素晴らしい成績に貢献し、

中学3年生の時には「JOC杯全国都道府県対抗大会」に”長野県代表”として出場し、そこでも優勝に貢献しています。

その大会では『最優秀選手』にも選ばれました。

中学校時代から、飛びぬけた実力を持っていたんですね!

石川真佑(全日本代表)の出身高校は?

中学時代で素晴らしい成績を残して来た石川真佑選手は、高校も”超強豪校”である『下北沢成徳高校』に入学します。

下北沢成徳高校は「木村沙織選手」や「大山加奈選手」などの”日本代表”で活躍した有名選手を多数輩出している”名門校”です。

石川真佑選手はそこでも1年生から”レギュラー”となり、『春高バレー』で優勝しています。

3年生ではキャプテンを努め、『高校総体』と『国体』で優勝するなど、輝かしい活躍を見せています。

石川真佑(全日本代表)の兄もプロバレボール選手?

2019年に『女子バレーボール日本代表』に選ばれた石川真佑選手。

5歳年上の兄である「石川祐希選手」も同じくバレーボール選手です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 上腕二頭筋?上腕三頭筋? #石川祐希 選手 #Yukilshikawa #IshikawaYuki #14 #龍神NIPPON #VNL

@ yuchan1487がシェアした投稿 –


石川祐希選手は”イケメン”としてバレーボールファンの中でも女性に大人気の選手です。

バレーボール界では、兄の石川祐希選手の方が有名であり、中央大学在学中に『男子バレーボール日本代表』に選ばれています。

兄妹揃って”日本代表”になったことになります。

これは凄いことですよね。

石川祐希選手は、愛知県の『星城高校』時代に『インターハイ』『春高バレー』『国体(国民体育大会)』の3大大会で全て優勝し、”三冠”を達成しています。

そして、イタリアのセリエA『パッラヴォーロ・モデナ』と契約を結んだ世界レベルの選手なのです。

ちなみに姉の「石川尚美さん」もバレーボールをしていて、父親は実業団の”元陸上選手”、母親は実業団の”元バスケットボール選手”だそうです。

まさにスポーツ一家ですね!

日本男子バレー史上、最も実力のある選手と言われている石川祐希選手ですので、妹の石川真佑選手にも今後の期待が高まりますね!

石川真佑(全日本代表)がU20のキャプテン?


石川真佑選手は、7月12日から”メキシコ”で開幕している『第20回女子U20世界選手権大会』でゲームキャプテンを務めています。

中学や高校時代に大活躍をし、同世代を常にリードしながらキャリアを積んできた石川真佑選手ですが、意外にも『世界選手権』は初めての出場になります。

日本代表の”アンダーエイジカテゴリー”として国際大会に出場したのは、2017年の『第11回アジアU18女子選手権大会』だけで、選抜強化合宿に参加はしていましたが、高校の大会が重なるなどの理由から出場には至らなかったそうです。

それだけに、今回の大会の意気込みは今までよりも大きいようです。

昨年度は「下北沢成徳高校」のキャプテンを務めた石川真佑選手は『インターハイ』と『国体』の高校二冠を達成しました。

今年1月の『春高バレー』で高校バレーを引退したあとは、東レアローズの内定選手としてVリーグへ行き、女子U20日本代表の選抜合宿に参加しました。

「これまで経験してきたことを生かしてプレーできたらと思います。色々なことに挑戦したい。ゲームキャプテンとして世界一を目指して頑張りますが、一つ一つ目の前の試合を戦って、勝ちたいです」

と語る石川真佑選手。

”フル代表”にも選ばれた次世代の期待の選手ですので、世界を経験し『東京オリンピック』での活躍も期待したいですね。

石川真佑(全日本代表)に熱愛彼氏がいる?

これだけ可愛い選手ですので、石川真佑選手に彼氏はいるのか気になりますよね。

”Twitter”や”インスタ”を調べてみましたが、応援するメッセージや可愛い写真がアップされてはいますが今のところ彼氏がいるような写真や噂はありませんでした

女子高を出てすぐにVリーグに入っていますし、バレーボールが忙しくて恋愛をする時間も無いのかもしれません。

とは言え、これだけ注目を集めて有名になった選手ですので、実際、恋人がいても全然おかしくないですよね。

石川真佑のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 2019.5.6 丸善インテックアリーナ大阪 #石川真佑 選手 #東レアローズ #黒鷲旗 #volleyball #portrait #nikonphotography

H.Watanabeさん(@schlaf.reden_11)がシェアした投稿 –


名前:石川真佑

生年月日:2000年5月14日

出身地:愛知県岡崎市

身長:174cm

体重:65kg

血液型:AB型

所属チーム:東レアローズ

まとめ

  • 小学3年生からバレーボールを始め、中学校は親元を離れてバレーボールの超名門
    「長野市立裾花中学校」に入学。
  • 裾花中学校時代に”全国バレーボール中学大会”で優勝2回、準優勝1回
  • 中学3年生の時には「JOC杯全国都道府県対抗大会」に”長野県代表”として出場し優勝。その大会では『最優秀選手』にも選ばれる。
  • 『下北沢成徳高校』に入学し、『春高バレー』で優勝。
  • 高校3年生ではキャプテンを努め、『高校総体』と『国体』で優勝。
  • 兄の石川祐希選手は”イケメン”として女性に大人気の『男子バレーボール日本代表』選手であり、イタリアのセリエA『パッラヴォーロ・モデナ』に所属している。
  • 姉の「石川尚美さん」もバレーボールをしていて、父親は実業団の”元陸上選手”、母親は実業団の”元バスケットボール選手”のスポーツ一家である。
  • 7月12日から”メキシコ”で開幕している『第20回女子U20世界選手権大会』でゲームキャプテンを務めている。