2019年9月15日、マラソングランドチャンピオンシップが行われ、富士通所属の中村匠吾選手(27)が2時間11分28秒で優勝。

東京オリンピック出場権を獲得し、日本中にその名を広め大注目されています。

東京オリンピックとほぼ同じコースで好記録を出した中村匠吾選手は、一気にメダル候補に名乗りを上げました。

そんな中村匠吾選手ですが、大学時代は3大大学駅伝である「箱根駅伝」に出場し、活躍した選手でもあります。

今回は中村匠吾選手の中学、高校、大学での経歴、そして箱根駅伝で残した輝かしい成績を調べ、どのような人物なのか調査していきます。





中村匠吾の箱根駅伝の成績は?

2019年9月15日に行われたマラソングランドチャンピオンシップで中村匠吾選手が見事優勝し、東京オリンピックの出場が内定しました

このレースは日本記録を持つ「大迫傑選手」歴代2位の記録を持つ「設楽悠太選手」アジア大会で優勝した「井上大仁選手」福岡国際で優勝した「服部悠馬選手」の4強と言われていて、「中村匠吾選手」はあまり注目されていませんでした

中村匠吾選手と言えば箱根駅伝で活躍した選手です。

中村匠吾選手の箱根駅伝での成績

  • 1年生 出場なし
  • 2年生 3区を走り1時間5分55秒で区間3位
  • 3年生 1区を走り1時間1分36秒で区間2位
  • 4年生 1区を走り1時間2分00秒で区間1位

中村匠吾選手は4年生の時に1区を走り区間賞を獲得しています。

元々実力があった選手ですので、今回のレースで活躍しても何もおかしくなかったのですが、4強と言われた選手の中では勝つのは難しいと思われていました。

しかし、今回は元々暑さに強かった中村匠吾選手は、その暑さ対策をしっかりして、ラストスパートで一気に抜ける作戦がバッチリはまり、勝利できたのではないかと本人も語っています。

ちなみに中村匠吾選手は、「出雲駅伝」と「全日本大学駅伝」でも区間賞を取っていて、大学3大駅伝の全てで区間賞を取っています。

まさに「駅伝の申し子」と言えるでしょう。

中村匠吾の身長体重は?


中村匠吾選手は身長172㎝体重は55㎏です。

長距離選手をしていますので、無駄な脂肪がないスラっとした体格をしていますね。

顔もイケメンで、ナイキのモデルもしているようです。

とてもかっこいいですね!




中村匠吾の出身中学と経歴は?

中村匠吾選手は「四日市市立内部中学校」を卒業しています。

中学時代の主な経歴は、2007年の「三重県中学校駅伝競争大会」で区間賞を取っています。

中学校時代から、駅伝をしていたんですね!

中村匠吾の出身高校と経歴は?

中村匠吾選手は、四日市市立内部中学校を卒業後「三重県立上野工業高校」に入学します。

高校時代の主な経歴は、高校3年生の時に「2010年沖縄インターハイ」の5000mで3位入賞

同年の記録会の5000mで13分50秒38のタイムを出し、同世代の最高記録保持者となりました。

中村匠吾の出身大学と経歴は?

中村匠吾選手は、三重県立上野工業高校を卒業後、「駒澤大学経済学部経済学科」へ入学します。

駒澤大学入学後、しばらくは目立った活躍はなかったのですが、1年生、2年生の時に着実に力を付けて、3年生の時「2013年関東インカレ」の2部10000mで優勝し、同年の「日本選手権」10000mで5位入賞を果しています。

また、同年の「ユニバーシアード」にハーフマラソンの代表選手に選ばれ3位入賞

翌年3月の「世界ハーフマラソン」の代表選手に選ばれました。

大学4年生の時には、駒澤大学駅伝チームのキャプテンに選ばれます。

好調だった3年生の時とは違い、怪我による不調などもありレースへの出場機会も少なかった中村匠吾選手ですが、夏過ぎくらいから調子を戻してきて「全日本大学駅伝」で4区を走り区間賞を獲得

同駅伝の駒澤大学4連覇に貢献しました。

そして、大学駅伝で最も注目される「箱根駅伝」の第91回大会で1区を走り、何度か先頭集団に離されるも驚異の粘りで追いつき、最終的にはトップでタスキを繋ぎ、区間賞を獲得

3大駅伝のすべての1区で区間賞を取る快挙を達成しました。




中村匠吾が現在の所属は?

中村匠吾選手は、駒澤大学卒業後「富士通」に入社します。

練習は、大学時代の監督の勧めもあり駒沢大学でも行っているそうです。

5000mの選手でもあった中村匠吾選手は、マラソンに転向後は長距離走の練習をしながらも短距離の練習にも力を入れているそうです。

その成果が驚異のラストスパートに繋がっているのでしょう。

中村匠吾の経歴は?

2018年3月、初マラソンとなる「第73回びわ湖マラソン」に出場

悪条件の中27km付近まで先頭集団についていき、その後優勝争いから後退するもレース終盤に追い上げ38㎞付近で日本人トップに浮上。

日本人トップの2時間10分51秒でゴールしマラソングランドチャンピオンシップ出場権を獲得しました。

2018年9月、2度目のマラソンとなる「ベルリンマラソン」に出場

30㎞付近からペースダウンしたものの、自己記録を更新し、2時間8分16秒で4位入賞

日本人トップでゴールしました。

2019年9月、マラソングランドチャンピオンシップに出場

日本トップ選手たちと激しい争いの末、ラスト一気に抜け出し、2時間11分28秒で優勝

東京オリンピック出場権を獲得しました。

中村匠吾選手、マラソンではまだ日本人選手に負けたことがないのですね!

東京オリンピックでもこのまま好調を維持して、悲願のメダルを取って欲しいです。

マラソン全成績

  • 2018年3月 第73回びわ湖マラソン 2時間10分51秒 7位
  • 2018年9月 ベルリンマラソン 2時間8分16秒 4位
  • 2019年9月 マラソングランドチャンピオンシップ 2時間11分28秒 優勝

自己記録

  • 5000m 13分38秒93 (2016年 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会)
  • 10000m 28分5秒79 (2013年 ゴールデンゲームズ)
  • ハーフマラソン 1時間1分53秒 (2016年 全日本実業団ハーフマラソン)
  • マラソン 2時間8分16秒 (2018年 ベルリンマラソン)

中村匠吾の現在彼女はいる?


一躍時の人となった中村匠吾選手ですが、恋人はいるのでしょうか?

気になるところですね。

調べてみたところ、公にはされていないものの、女の子と手をつないで歩いているところを目撃したとの情報などがあるので、もちろん真相は本人にしか分かりませんが、彼女はきっといるのではないでしょうか!

大学時代は人気ナンバーワンの選手だった中村匠吾選手ですので、彼女がいても全然おかしくないですね。

近いうちに結婚発表もある?かもしれませんね。

中村匠吾のプロフィール


名前:中村匠吾

生年月日:1992年9月16日

年齢:27歳

出身地:三重県四日市市

血液型:A型

星座:おとめ座

学歴:駒澤大学経済学部経済学科

身長:172㎝

体重:55㎏

所属:富士通陸上部

まとめ

  • 2019年9月15日マラソングランドチャンピオンシップで優勝し、東京オリンピックの出場が内定。
  • 四日市市立内部中学校に入学。2007年三重県中学校駅伝競争大会で区間賞を獲得
  • 三重県立上野工業高校に入学。高校3年生の時に沖縄インターハイの5000mで3位入賞。同年の記録会の5000mで13分50秒38のタイムを出し、同世代の最高記録保持者となる。
  • 駒澤大学経済学部経済学科」へ入学。4年生の時に駅伝チームのキャプテンとなる。
  • 第91回箱根駅伝で1区を走り区間賞を獲得。3大大学駅伝のすべての1区で区間賞を取る快挙を達成。