2019年ドラフト1位候補として社会人野球の名門「東芝」に所属している宮川哲選手を注目していきます。

大学時代にはリーグ戦のベストナインにも選ばれ、社会人1年目からキレのあるストレートで抜群の奪三振率を誇る宮川哲選手、今秋のドラフトでは1巡目で指名される投手の12人の1人として注目されています。

そんな宮川哲選手は、これまでどのような成績や経歴があるのでしょう。

身長や体重、そしてスカウト達の評価や今後の進路先も合わせてご紹介します。





宮川哲(東芝)の出身中学は?

奈良県生駒市出身の宮川哲選手は、4歳から野球を始め、小学校に入学すると「生駒クラブライオンズ」に入り軟式野球をしていました。

中学校は生駒市立生駒南中学校に入学し、クラブチームの「生駒ボーイズ」に入ります

中学校時代は内野手をしていて、3年生の時に”夏の全国大会”で優勝した経験があります。

宮川哲(東芝)の出身高校は?

生駒市立生駒南中学校を卒業すると、地元を離れ「東海大山形高校」に進学します。

東海大山形高校では1年生の時から外野手として1軍のベンチ入りを果たしています。

1年生の秋の大会では、山形県大会で準優勝になり東北大会に進出しますが、準々決勝で敗戦し、春の選抜出場はな

りませんでした。

2年生になると、肩の強さが評価されてピッチャーに転向することになります。

その頃、遠投で120m以上も投げていたそうです。

そして、夏の大会では3回戦の酒田光陵高校戦で先発登板し、8回まで好投を見せますが、最終回に打たれサヨナラ

負けをして甲子園出場は出来ませんでした

3年生の時にはチームのエースとなり、夏の大会で2試合に完投し、ベスト8まで進出しますが、準々決勝の米

沢中央高校戦では、雨が降る悪天候の中、サヨナラ暴投をしてしまい、悔しい敗戦を経験しています。

夏の大会3試合で32奪三振を取る好投を見せますが、運にも見放される結果となってしまいました。

宮川哲選手は甲子園の出場経験はなく、山形県大会準優勝や東北大会ベスト8が最高成績で高校生活を終えています。




宮川哲(東芝)の経歴戦績は?

東海大山形高校卒業後、上武大学に進学します。

上武大学では、1年生の春からリーグ戦に出場しています。

そして2年生の秋のリーグ戦では白鴎大学戦に先発登板して、完投勝利で公式戦初勝利を飾っています。

そのリーグ戦では関東大会に勝ち進み、明治神宮大会に出場しています。

3年生の春のリーグでは見事優勝をして、全日本大学野球選手権に出場

その全日本大学野球選手権では、福井工業大学戦に先発登板し、プロ12球団関係者が視察する中、7回を8安打2失点という結果を出し、上武大学3年連続の8強入りに大きく貢献

この頃から大学野球でも一目置かれる存在になります。

3年生の秋も明治神宮大会に出場し2試合に登板、4年生の春のリーグ戦では3勝0敗の成績を残し、最多勝と最優秀防御率、そしてベストナインにも選ばれています。

4年生の秋のリーグ戦でも好調を維持し、6勝0敗で最多勝利投手となり、再度ベストナインにも選ばれました

宮川哲選手は大学時代に数々の好成績を残し、プロ志望届を提出しますが、ドラフト指名されることはなく

大学卒業後にプロ入りとはなりませんでした。

宮川哲選手の大学通算成績

  • 27試合 13勝0敗 防御率0.94 奪三振率9.00 四死球率2.50

宮川哲の東芝での実績は?

上武大学卒業後、東芝に入社します。

1年目から公式戦のメンバーとしてベンチ入りをし、3月に行われた「スポニチ大会」の新日鐵住金東海REX戦でリリーフ登板をし、2回を2安打無失点の好投をいきなり見せています。

また、11月に行われた「日本選手権大会」の準々決勝でも新日鐵住金広畑戦で先発登板し、7回を3失点に抑える好投を見せています。

2019年、2年目となった3月の「スポニチ大会」では、予選のセガサミー戦に先発登板をして、7回を1失点とチームの勝利に貢献、三振も12個奪うという力投を見せ決勝に進出。

その決勝での日本新薬戦にも先発登板をし、5回まで1安打に抑え、三振も9個と好投していましたが、6回に得点を許し試合に敗れています。

宮川哲選手の東芝での成績

  • 都市対抗野球、日本選手権:3試合 防御率3.71 奪三振率10.06 四死球率3.18
  • 2019年公式戦:9試合 防御率2.29 奪三振率10.76 四死球率2.47

宮川哲(東芝)の身長体重は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019年7月21日 第90回都市対抗野球大会 JR東日本東北 vs 東芝 宮川哲(東芝) #東芝 #都市対抗 #宮川哲

Takamiyさん(@instakamiy)がシェアした投稿 –

宮川哲選手の身長は178㎝体重は77㎏

右投げ右打ちの投手で最高球速は154㎞/hの本格派右腕です。

変化球はカットボール、カーブ、フォークを得意としていて、速球の勢いが有りストレートでも空振りが取れるタイプの投手です。

9回になってもその投球が崩れることが少なく、スタミナ面でも評価されていて、先発でもリリーフや抑えでもいけると言われていて、身体的なタフさもある選手です。

堂々とマウンドに立つ姿は、巨人の沢村選手に似ていますね。

宮川哲(東芝)ドラフト評価、進路は?

ボールの力はトップクラスとスカウト達は宮川哲選手を評価しています。

独特な回転の打ちづらいボールで、キレのある速球ときゅっと曲がるカーブはすぐにでもプロで通用しそうです。

即戦力になるとその評価は高く、力で抑えるストレートを投げ、変化球とストレートの組み合わせは抜群の奪三振率を生んでいます。

今回のドラフトのBIG3と言われている、”大船渡高校の佐々木投手”や”明治大学の森下投手”そして”星陵高校の奥川投手”と、この3投手が中心となってくると予想されますが、即戦力が期待される宮川哲選手の一本釣りを狙って指名してくる球団もあると予想できます。

宮川哲選手の各球団スカウト評価まとめ

  • ヤクルト:「球の力で抑えられる。先発でいけると思うし、上位12人に入るだろう」
  • 広島:「あんなカットを投げるのはプロにもいない。 真っすぐのキレもいい。 今でも使えますよ」
  • 楽天:「球の力でいけば12人に入ってくるだろう」
  • 巨人:「素晴らしい。真っすぐでファウルが取れ落ちるボールで空振りが取れる」
  • ロッテ:「小さな課題はあるけど、大きな課題ではない。即戦力にはなるし、上位に入ってくる」
  • 中日:「球の力がありますね。五十嵐さんのようなタイプ」

以上の評価や各記事を読んだところ、外れ1位での指名となるかも知れませんが、進路先は1番高評価している「ヤクルト」と予想します。

大学野球での活躍もあり、神宮と縁がある?2番手は広島あたりでしょうか。

ドラフト会議が楽しみですね。




宮川哲(東芝)のプロフィール

名前:宮川哲

生年月日:1995年10月10日

出身地:奈良県生駒市

身長:178cm

体重:77kg

投球・打席:右・右

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 奈良県生駒市出身、4歳から野球を始め、小学校では生駒クラブライオンズに所属。
  • 生駒市立生駒南中学校に入学、クラブチームの生駒ボーイズに入り内野手として夏の全国大会で優勝。
  • 東海大山形高校に進学。甲子園の出場経験はなく、山形県大会準優勝や東北大会ベスト8が最高成績。
  • 上武大学に進学。4年生の秋のリーグ戦で6勝0敗で最多勝利投手となり、ベストナインにも選出。
  • 大学卒業後、東芝に入社。1年目から公式戦のメンバーとしてベンチ入りし抜群の奪三振率でチームのエースとなる。
  • 即戦力と高評価を受け、2019年ドラフト候補となる。
  • 進路先は「ヤクルト」と予想。