池田エライザさんインスタにお母さんの画像を掲載したときにが美人すぎ!と衝撃が走った方が多かったようです。

しかも、若い時の池田エライザさんとお母さんは激似とか?お母さんも若いころモデルをやられてたみたいです。

そして、父親の職業についても気になりますよね。

彼女の上京当時の貧乏生活などについてもご紹介していきます。





池田エライザの母親画像がかわいい?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#池田エライザ #エライザ#エライザ様 #可愛い #綺麗 #パーカー女子 #最高 #左利きのエレン#エライザは#かっこいい #惚れた

_____022329(@_____022329)がシェアした投稿 –


モデル・女優として大活躍中の池田エライザさん。

最近はCMでもよく見かけますね。

かわいらしいお顔と見事なスタイルで、男性ファンだけでなく、女性からも「あんなふうになりたい」と憧れの的になっている彼女です。

そんな彼女ですが、お母さんも美人だというのですが、実際はどうなのでしょうか。

池田エライザのお母さんは、スペイン系のフィリピン人の方です。

お母さんは、もともとモデルをされていました

お母さんがモデルをされていたころの写真も公開されていますが、さすがモデルさんです。

池田エライザさんにも負けないくらいの美人です。

お母さんのお名前は「エリザベス」だそうで、「エライザ」という名前はお母さんの「エリザベス」からつけられたとのこと。

池田エライザさんの美貌の秘密はお母さんから受け継がれたものと判明しました。

池田エライザの母親画像若いころが更にかわいい

 

この投稿をInstagramで見る

 

この母、私に似てる いや私が母に似たのか。

ELAIZA IKEDA(@elaiza_ikd)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

私と同じ20のママ。 もっと頑張らなきゃ追いつけない。 #my #mother #love #Forever

ELAIZA IKEDA(@elaiza_ikd)がシェアした投稿 –

池田エライザさんの若いころのお母さんが画像は、今の池田エライザさんそっくりですよね。

2枚目のインスタに掲載されていた画像なんて左側が池田エライザさんで右側がお母さんか!なんて思ってしまいますが、これ20歳の頃の池田エライザさんのお母さんの画像です。

池田エライザの母親の職業は?

また、お母さんはフィリピンで歌手もされていたとのことで、池田エライザさんも小さいころから音楽に触れていて、音楽好きに育ったといいます。

お母さんが、モデルで歌手ということで、フィリピンでは有名人だったようです。

ただ、池田エライザさんは、「お母さんがモデルをしていた時代のことはよく知らない」とコメントされているため、お母さんがモデルとして活躍されていたのは20年以上前のことかと思われます。

現在でもお母さんの美人ぶりは健在のようで、池田エライザさんのツイッターに現在の様子の写真がアップされたことがありましたが、美人な上にスタイルもよく、現役モデルといっても通用しそうなお姿でした。

「アラフィフ」ということで紹介されていましたが、とてもそのようにには見えないスタイルです。

まさに、「このお母さんにして、この娘あり」という感じです。

池田エライザさんも自慢のお母さんなのではないでしょうか。





池田エライザの父親の職業は?

一方、お父さんは日本の方です。

ツイッターにご家族でUSJに行った時の画像がアップされていましたが、お父さんもなかなかのイケメンでいらっしゃいます。

すらっとした鼻筋が池田エライザさんと似ている感じがします。

また、あごのラインもすらっとしていらっしゃって、こちらも池田エライザさんに上手に引き継がれているようです。

お父さんは福岡出身ということで、現在も福岡に住んでいらっしゃるようです。

サングラスをかけてしまうと、日本人?と思ってしまうような様相ですよね。

また、お父さんの職業などについて調べてみましたが、あまり詳しいことは明らかになっていません

おそらく、普通の会社員をされているものと思われます。

池田エライザさんのツイッターに「父がLINEの書き込みに『愛妻弁当いただきます』って書くんだけどかわいいよね」との書き込みがあり、お父さんとお母さんのラブラブぶりがうかがえるエピソードが掲載されていました。

イケメンお父さんと美人のお母さんの愛情に包まれて、池田エライザさんが育ったということがよくわかりますね。

池田エライザの貧乏時代のエピソードは?

実は、池田エライザさんが上京してすぐのころは極貧生活を送っていたということが知られています。

池田エライザさんは1966年生まれの現在22歳ですが、高校を卒業してすぐ、故郷の福岡県から一人で上京されています。

モデルのオーディションコンテストでグランプリを受賞して上京したという彼女ですが、すぐにはモデルだけで食べられるということにはならなかったようです。

池田エライザさんはそのころを振り返って、

日々どうやって食べていこうか

東京から豊橋までの新幹線代のおつりでカレーうどんを食べたかったけれどお金が足りなかった

(出された)お弁当は持ち帰っていた

などと話していらっしゃいます。

18歳から20歳くらいのお話かと思われますが、共演した方に食事に連れていってもらって食費を浮かしていたなど、最近の若い子とは思えないような苦労もされているようです。

池田エライザはハーフ?

すでにご紹介しているとおり、お父さんは日本人、お母さんはスペイン系のフィリピン人ということで、池田エライザさんはハーフです。

お父さんのいいところとお母さんのいいところをミックスさせたようなお顔で、小さいころから「かわいい」「美人」と評判だったようです。

ただ、ハーフであるということや、小さいころは男の子勝りの性格であったということから、ランドセルにいたずら書きをされるといったようないじめにもあっていたそうです。

デビューのきっかけになったのは、まわりのすすめで、雑誌『ニコラ』のオーディションを受けたことでしたが、このオーディション応募自体がいじめの一つであったと後で知ったといいます。

そのオーディションに見事合格して、モデルとしての道につながっていったのですから、これ以上の「仕返し」はありませんね。

彼女自身も「下剋上ができた」と当時を振り返っています。

池田エライザの家族構成は?

池田エライザさんの家族構成は、お父さん、お母さん、二人のお兄さんに弟さんという6人家族です

池田エライザさんは、4人兄弟で女の子が一人だけという男系の家族で育ったということになりますね。

「少し男勝りなところがある」というのは、男兄弟に囲まれて育ったという背景があるからかもしれません。

ただ、何事にもめげないさばさばした性格という彼女のいいところも、この家族構成であればこそのものともいえると思います。

また、家族全員が高身長ということで、お父さんとご兄弟はみんな180cm超なのだそう。

家族みんなが集まると、あのすらっと美人の池田エライザさんも小さく見えてしまうとのこと。

池田エライザさんの身長は169cmと一般的にいえば、少しも小さくないのですが、高身長DNAとでもいうべきなのでしょうか、「おそるべし池田家」といった感じです。




池田エライザの兄もモデルをしている?


そんな高身長一家の池田家ですが、池田エライザさんのお兄さんたちはどんな職業に就いておられるのでしょうか。

お兄さん二人ついて年齢は明らかにされていませんが、これまでにアップされたツイッターの記事や写真などから推測すると、お二人とも20代半ばから後半くらいではないかと思われます。

お兄さんのうちお一人は芸能界で活動されているといいます。

池田エライザさんの2017年9月8日のツイッターの記事に「うちのお兄ちゃんがしらぬ間にモデルになっていた」というものがあり、何かしらのモデル活動をされていることがわかりました。

ただ、現在もその活動を続けておられるかどうかは不明です。

高身長であることはすでにご紹介したとおりですが、そのことを生かしてモデルとして活動されていても不思議ではありませんね。

また、神尾楓珠さんと共演された際に、「(神尾楓珠さんが)うちのお兄ちゃんにすごく顔が似ているんです。(神尾楓珠さんがお兄さんに)似すぎてたまに(神尾楓珠さんの)話が入ってこない」と語っておられます。

神尾楓珠さんといえば、イケメン俳優として有名です、そんな彼とそっくりということなのですから、芸能界からお呼びがかかっても不思議ではありませんね。

池田エライザの弟は?

187cmもある弟さんは、現在高校生です。

これだけ高身長でイケメンなので今後お兄さん同様モデルなどの活動をされる可能性は高いですね。

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 女優、モデルとして活躍中の池田エライザさん。お父さんは日本人、お母さんはスペイン系フィリピン人というハーフです。
  • お母さんは、お若いころ、モデルも歌手をされていました。
    その美貌はいまも健在なようです。
  • お兄さんが二人、弟さんが一人いらっしゃいますが、全員高身長。
  • お兄さんのうちのお一人は、モデルとして活動されたこともあるよう。
    池田エライザさん曰く「神尾楓珠さん」とそっくり。
  • 池田エライザさん自身は、ハーフであることなどから小さいころはいじめにあったり、上京したてのころは貧乏生活をされたこともあったようですが、家族の愛情と持ち前の前向きさでつぎつぎと克服されていったようです。