PRODUCE101JAPANの6話ネタバレ情報をまとめました。

6話ではグループバトル評価がスタートしました。

6話ネタバレでは課題曲決めバトルの様子やパフォーマンスが披露されたグループバトル評価の結果をお伝えします。

投票がリセットされて初めてとなる投票結果も気になりますよね?

PRODUCE101JAPANも早いもので折り返し地点へやってきました。グループバトルのメンバーやベネフィットなど推しメンの順位を決定づけるポイントをしっかり押さえておきましょう。





PRODUCE101JAPAN6話ネタバレ

6話ネタバレ、その①はグループバトル評価のメンバー選びについてです。

今回は中間順位発表で1位となった川尻蓮さんから順番に自分の選んだ練習生でチームを作ることになりました。

川尻チームは5人全員を川尻蓮さんが選択できましたが、その後の豆原チーム以降は4人までチームの選択者が選び、最後の1人は選ばれなかった9人の練習生が逆指名するというルールでした。

これまでのPRODUCEシリーズにはなかったルールだったので驚きました。

下位の順位の練習生が強豪チームを指名することに尻込みしている中、磨田寛大さんが「人生を変えたい!」と豆原チームを逆指名したのが6話の見せ場でした。

Fクラスでダンスも歌の未経験だった磨田寛大さんが成長する姿が多く取り上げられました。

6話ネタバレ、その②はグループバトル評価のベネフィット(特典)についてです。

前回のポジション評価に引続きグループバトルでも得票数によって3つのベネフィットが加算されます。

まず各グループの個人得票数1位の練習生には20,000票のベネフィットが与えられます。

また総合評価で個人得票数が1位となった練習生にはさらに50,000票が加算されます。

そして、グループの得票数が10グループで1位となったグループの練習生全員に100,000票のベネフィットが与えられます。

6話ネタバレ、その③は次の生存ラインの発表についてです。

これまでのPRODUCEシリーズを見ていた国民プロデューサーは予想していたと思いますが、やはり35位までが次回の生存ラインとなりました。

36位以下の練習生は脱落となります。

このグループバトル評価でどれだけ国民プロデューサーにアピールできるかが運命の分かれ道になりますね。

6話ネタバレ、その④は課題曲決めについてです。

これまたPRODUCEシリーズでは初めての障害物リレーによる課題曲決めが行われました。

各チームから3名が代表となりリレーで早くクリアしたチームから課題曲を選ぶことができます。

第1走者は網くぐり、第2走者は知恵の輪、第3走者は風船割りというバラエティー番組風のラインナップでした。

第1走者の網くぐりでは宮里龍斗志さんがぶっちぎりの速さで駆け抜けていました。

第2走者の知恵の輪はかなり難しく皆さん苦戦していましたが、中野龍之介さんが鮮やかにクリアしていました。

第3走者が最も過酷な風船割りだったのですが『海の男』安藤誠明さんが驚異的なスピードで割っていました。

課題曲はEXOの「LOVE ME RIGHT」が一番人気でしたが、宮島チームがバトルを制していました。

障害物リレーの各チームの出場メンバーは以下の通りです。

  • 川尻チーム(川尻蓮→浦野秀太→大澤駿弥)
  • 豆原チーム(豆原一成→河野純喜→鶴房汐恩)
  • 大平チーム(本田康祐→佐藤來良→井上港人)
  • 宮島チーム(岡田武大→中本大賀→佐藤景瑚)
  • 安藤チーム(今西正彦→與那城奨→安藤誠明)
  • 青木チーム(北川暉→床波志音→岡野海斗)
  • 林チーム(小松倖真→瀧澤翼→三井瞭)
  • 井汲チーム(佐々木真生→イ・ミンヒョク→中林登生)
  • 北川チーム(北川玲叶→中野龍之介→古屋亮人)
  • 宮里チーム(宮里龍斗志→金城碧海→渡辺龍星)

 

6話ネタバレ、その⑤は6週目の投票順位結果です。

これまでの投票がリセットされ、SMS認証が必要になったことで海外から投票ができなくなりました。

デビュー圏内の11位までの順位は以下の通りです。

川西拓実さんが6週目にして初の首位に躍り出ました!

河野純喜さんは初めて10位にランクインしデビュー圏内入りです。

11位以下も変動が大きく、次回の生存ライン35位以上をキープするのは誰なのかわからなくなってきました。

投票締め切りの11月8日5時まで毎日欠かさず推しメンに投票しましょう!

1位 川西 拓実

2位 川尻 蓮

3位 鶴房 汐恩

4位 豆原 一成

5位 キム・ユンドン

6位 キム・ヒチョン

7位 チョン・ヨンフン

8位 大澤 駿弥

9位 大平 祥生

10位 河野 純喜

11位 安藤 誠明

 

PRODUCE101JAPANグループバトルのメンバーは?

グループバトル評価のメンバーは前回1位だった川尻蓮さんが5人のメンバーを選ぶところからスタートしました。

次の豆原一成さんからは4人まで選ぶことができ、残っている練習生の中で順位の高い人に選択権が与えられ10チームが作られました。

最終的に選ばれなかった9名の練習生は自分の入りたいチームを逆指名することができました。

6話ではすべてのチームのポジションが公開されなかったので、現時点でわかるポジションをまとめました。

川尻チーム

川尻蓮さんが5人のメンバー全員を選びました

課題曲は三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの「RAISE THE FLAG」です。

川尻蓮さんが選んだアベンジャーズチームのパフォーマンスが早く見たいですね。

  • キム・ヒチョン(リーダー・サブボーカル③)
  • 浦野 秀太(メインボーカル)
  • 川尻 蓮(サブボーカル①)
  • 川西 拓実(センター・サブボーカル②)
  • 大澤 駿弥(サブボーカル④)
  • 上原 潤(ラップ①)

豆原チーム

豆原一成さんが4人のメンバーを選び、磨田寛大さんが逆指名しました。

課題曲はBTS(防弾少年団)の「FIRE」です。

リーダーのチョン・ヨンフンさんをはじめメンバー皆で磨田寛大さんをサポートする姿が印象的でした。

  • チョン・ヨンフン(リーダー・サブボーカル①)
  • 河野 純喜(メインボーカル)
  • 豆原 一成(センター・サブボーカル②)
  • キム・ユンドン(メインラップ)
  • 鶴房 汐恩(サブラップ①)
  • 磨田 寛大(サブラップ②)

大平チーム

大平祥生さんが4人のメンバーを選び、安慶田真樹さんが逆指名しました。

課題曲は三浦大知さんの「(RE)PLAY」です。

ダンスが得意な大平祥生さんと本田康祐さんがどのようなパフォーマンスを作り上げるのか期待しています。

男澤直樹さんのボーカルも楽しみです。

  • 大平 祥生
  • 男澤 直樹
  • 佐藤 來良
  • 井上 港人
  • 本田 康祐
  • 安慶田 真樹

宮島チーム

宮島優心さんが4人のメンバーを選び、岡田武大さんが逆指名しました。

課題曲はEXOの「LOVE ME RIGHT」です。

パフォーマンス姿が大人気の木全翔也さんがセンターを務めているので推しカメラの再生回数がまた伸びそうです。

  • 中本 大賀(リーダー・サブボーカル②)
  • 中里 空(メインボーカル)
  • 佐藤 景瑚(サブボーカル①)
  • 木全 翔也(センター・サブボーカル③)
  • 宮島 優心(ラップ①)
  • 岡田 武大(ラップ②)

安藤チーム

安藤誠明さんが4人のメンバーを選び、内田脩斗さんが逆指名しました。

課題曲は東方神起の「Why?(Keep Your Head Down)」です。

リーダーの與那城奨さんが心配していた佐野文哉さんと今西正彦さんの化学反応がどうなるのか楽しみです。

  • 與那城 奨(リーダー・サブボーカル①)
  • 安藤 誠明(メインボーカル)
  • 佐野 文哉(サブボーカル②)
  • 白岩 瑠姫(センター・サブボーカル③)
  • 内田 脩斗(ラップ①)
  • 今西 正彦(ラップ②)

青木チーム

青木聖波さんが4人のメンバーを選び、西尾航暉さんが逆指名しました。

課題曲はDA PUMPの「if...」です。

バラード曲でダンスのアレンジが難しそうですが、リーダーの北川暉さんと福地正がタッグを組んで頑張っていました。

  • 北川 暉(リーダー・サブボーカル①)
  • 床波 志音(センター・メインボーカル)
  • 西尾 航暉(サブボーカル②)
  • 福地 正(サブボーカル③)
  • 岡野 海斗(ラップ①)
  • 青木 聖波(ラップ②)

林チーム

林龍太さんが4人のメンバーを選び、寺師恭さんが逆指名しました。

課題曲は嵐の「Happiness」です。

ポジションがまだわかりませんでしたが、サクラップは三井瞭になるのかなぁなどと思案中です。

  • 林 龍太
  • 三井 瞭
  • 小松 倖真
  • 瀧澤 翼
  • 山田 恭
  • 寺師 敬

井汲チーム

井汲大翔さんが4人のメンバーを選び、北岡謙人さんが逆指名しました。

課題曲はSHINeeの「Everybody」です。

イ・ミンヒョクさんはSHINeeのテミンペンで有名なので期待大です!

とてもダンスが難しい曲なので頑張ってほしいです。

  • 井汲 大翔
  • イ・ミンヒョク
  • 佐藤 隆士
  • 佐々木 真生
  • 中林 登生
  • 北岡 謙人

北川チーム

北川玲叶さんが4人のメンバーを選び、古屋亮人さんが逆指名しました。

課題曲はBLACKPINKの「DDU-DU DDU-DU」です。

唯一の女性グループ曲をどのようにアレンジするのか楽しみです。

逆指名で加わった古屋亮人さんがリーダーに立候補していたので頑張りに期待したいです。

  • 北川 玲叶
  • 片上 勇士
  • 中野 龍之介
  • 岩崎 琉斗
  • 鈴木 雅
  • 古屋 亮人(リーダー)

宮里チーム

宮里龍斗志さんが4人のメンバーを選び、草地稜之さんが逆指名しました。

課題曲はAAAの「Wake up!」です。

こちらも女性ボーカルパートがあるのでアレンジが気になります。

  • 宮里 龍斗志
  • 金城 碧海
  • 渡辺 龍星
  • 安藤 優
  • 中谷 日向
  • 草地 稜之




PRODUCE101JAPANグループバトル評価の結果は?

6話では3チームのパフォーマンスが披露されました。

チーム内の順位結果は以下の通りです。

1位の練習生にはベネフィット20,000票が加算されます。

個人の総合得票やグループ順位の発表は次週7話に持ち越しです。

【宮島チーム】 「LOVE ME RIGHT」 EXO

1位 木全 翔也(20,000票のベネフィット獲得)

2位 宮島 優心

3位 佐藤 景瑚

4位 中本 大賀

5位 中里 空

6位 岡田 武大

宮島チームは1番人気の「LOVE ME RIGHT」を選ぶことに成功しましたが、ポジション決めが難航しました。

オールラウンダーとして自分の魅力をアピールしたい中本大賀さんがラップを志望していましたが、チーム全体の完成度を上げるためにボーカルをすることになります。

パフォーマンスではメインボーカルの中里空さんの高音パートが乱れたのが残念だったなぁと思いました。

【青木チーム】 「if...」 DA PUMP

1位 床波 志音(20,000票のベネフィット獲得)

2位 岡野 海斗

3位 北川 暉

4位 福地 正

5位 青木 聖波

6位 西尾 航暉

今回のグループバトルでも床波志音さんのボーカルが国民プロデューサーを魅了したようでした。

苦手なダンスをメンバーに教えてもらいながらセンターの役割を果たしていました。

2位の岡野海斗さんのラップもとても良かったです。

【豆原チーム】 「FIRE」 BTS(防弾少年団)

1位 豆原 一成(20,000票のベネフィット獲得)

2位 鶴房 汐恩

3位 キム・ユンドン

4位 チョン・ヨンフン

5位 河野 純喜

6位 磨田 寛大

逆指名で豆原チームに加わった磨田寛大さんの頑張りがパフォーマンスに現れていてとても1週間で仕上げたとは思えないクオリティでした。

メンバー1人1人の個性が発揮されていて総合評価で何位になっているのかとても楽しみです。

豆原一成さんは今週4位にランクダウンしてしまいましたが、新たな魅力を見せた今回のパフォーマンスでファンがまた増えそうですね。

PRODUCE101JAPAN30位までに残った練習生は?

次のコンセプト評価に進む練習生は何人になるのか気になっていましたが、35位まで残留できることがわかりました。

コンセプト評価曲は5曲なので7人のグループでパフォーマンスすることになりそうです。

次回の順位発表結果は投票が締め切られた後の8話かなぁと思います。

PRODUCE101JAPAグループバトル評価を見た人の感想は?

今回のグループバトル評価の観覧人数は前回と同じ500人程と紹介されていました。

PRODUCEシリーズでは毎回観覧人数が増えていくのかと思っていたのですが、日本版はちょっと違うようですね。

投票方法も練習生1人1人に投票するスタイルになっていて結構大変そうだなぁと思いました。

観覧した方の感想を探してみましたが、前回よりも少ない気がします。

もしかしたら規制がかかっているのかな?

6話では10チームのうち3チームのみパフォーマンスが公開されたので、推しメンの分量が少なくてモヤモヤしていた国民プロデューサーが多かったのではないでしょうか?

ステージ衣装やチラ見せ次回予告を見ながら7話を待ちましょう。

まとめ

  • グループバトル評価のメンバーは選択権を持った練習生が選ぶことができます。
  • 今回もベネフィットが用意されていて、1位のグループには10万票が加算されます。
  • 次回の順位発表では36位以下が脱落となります。
  • 課題曲は障害物リレーによって決められました。
  • 6週目の投票順位結果は1位川西拓実さん、2位川尻蓮さん、3位鶴房汐恩でした。
  • EXOの「LOVE ME RIGHT」を披露した宮島チームの1位は木全翔也さんでした。
  • DA PUMPの「if...」を披露した青木チームの1位は床波志音さんでした。
  • BTS(防弾少年団)の「FIRE」を披露した豆原チームの1位は豆原一成さんでした。