スポンサーリンク





日本オープンゴルフ選手権競技で初優勝を果たした稲森佑貴選手。ゴルフを始めたのは父親の影響のようですが、過去に稲森佑貴選手の父親が事件を起こしていたようです。稲森佑貴選手とその父親について迫りたいと思います。


スポンサーリンク




稲森佑貴のプロフィール

名前:稲森佑貴(いなもり ゆうき)

生年月日:1994年10月2日(24歳)

出身地:鹿児島県鹿児島市

出身校:鹿児島城西高等学校卒業

身長:169cm

体重:68kg

血液型:A型

稲森佑貴選手の父親は「日本シニアオープン」に出場経験のある稲森兼隆さんです。

父親が営むゴルフ練習場で6歳からゴルフクラブを握り練習を始めたそうです。

小学校1年生の時に出場した試合で思ったような結果が出ず、そのころから父親と2人で練習してゴルフで有名になりたいと思っていたそうです。

16歳になったらプロテストに挑戦すると意思を固めていたそうで高校2年生になった2011年に見事プロテストに合格。

晴れてプロゴルファーになりました。

目標としている選手は、石川遼プロです。

そんな稲森佑貴選手の代名詞といえば、曲がらないショットですよね。

2015年、2016年と2年連続で記録したフェアウェイキープ率1位の実績を誇ります。

2017年からは曲がらないショット重視したスイングから飛距離を優先したパワー重視のドライバースイングに変更したことから今回の優勝へと繋がったのではないでしょうか。

稲森選手は、試合前

 

「フェアウェイキープは考えていません」

 

と強気のコメントが出るほどの攻めのゴルフで優勝を目指していました。

稲森佑貴のゴルフ経歴

  • 2018年日本オープンゴルフ選手権競技優勝
  • 2018年アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ2018で9位 T
  • 2017年日本オープンゴルフ選手権競技で7位T
  • 2017年アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ2017で26位T
  • 2016年日本オープンゴルフ選手権競技で7位T
  • 2016年アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフで54位T
  • 2015年日本オープンゴルフ選手権競技で50位T
  • 2015年アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフで5位T
  • 2014年日本オープンゴルフ選手権競技CUTで68位T
  • 2013年日本オープンゴルフ選手権競技で49位T
  • 2010年日本ジュニアゴルフ選手権競技 男子15歳~17歳の部で17位T
  • 2010年日本アマチュアゴルフ選手権競技でベスト32
  • 2010年熊本オープン アマチュアの部で2位
  • 2010年宮崎県オープン アマチュアの部で3位
  • 2010年九州アマチュアゴルフ選手権で15位
  • 2010年九州ジュニアゴルフ選手権で5位
  • 2010年鹿児島県民ゴルフ大会で3位
  • 2009年日本ジュニアゴルフ選手権競技 男子12歳~14歳の部で11位T
  • 2009年日本アマチュアゴルフ選手権競技CUTで39位T
  • 2009年新潟国民体育大会(少年男子の部)で 個人順位35位団体順位2位
  • 2009年鹿児島県ジュニアゴルフ選手権で優勝
  • 2009年九州ジュニアゴルフ選手権で2位
  • 2009年九州アマチュアゴルフ選手権で5位
  • 2009年宮崎オープン アマチュアで1位
  • 2008年日本ジュニアゴルフ選手権競技 男子12歳~14歳の部で20位
  • 2008年九州ジュニアゴルフ選手権で4位
  • 2007年九州ジュニアゴルフ選手権 7位

素晴らしい実績を持っていますよね。

稲森佑貴の家族について

稲森佑貴選手を優勝に導いたのは言うまでもなく父親である稲森兼隆さんの協力があったからです。

そんな稲森佑貴選手の家族について調べてみました。

スポンサーリンク




稲森佑貴の父親は?

名前:稲森兼隆(いなもり かねたか)

生年月日:1950年12月9日(67歳)

出身地:鹿児島県鹿児島市

出身校:鹿児島城西高等学校卒業

身長:171cm

体重:61kg

血液型:A型

稲森佑貴の母親は?

稲森佑貴選手の母親は、稲森友加里さん。

母親のエピソードとしては、2018年5月男子プロゴルフツアー報知新聞社後援メジャーでのこと、5月13日試合最終日が母の日であることから初優勝して母にプレゼントしたいと言っていました。

プロ入り前から16年間父親と2人でキャンピングカーに寝泊まりして全国を転戦していました。

1人で寂しい気持ちをされていた母親である友加里さんもとても喜んだことでしょう。

稲森佑貴選手の好物は、母親の作る『白あえ』だそうで、いつも家に帰ってくるとそれをお母さんは作ってくれるそうです。

感謝する母親に約50万円のマッサージチェアをサプライズで贈ったこともあるそうです。

父親が事件を起こしていた過去とは?

稲森佑貴選手の家族について調べていると、なんと父親である兼隆さんがある事件で裁判で起訴されていたというのです。

その事件の内容とは、12年前のことですが

稲森佑貴選手の父親は、ゴルフの指導者でありますが、ゴルフの教え子で当時18歳の女子高校生に対して準強姦罪に問われ、性犯罪事件を起こしていたのです。

当時18歳の女子校生は公判で

 

「ゴルフ指導の名目でホテルに連れ込まれ、直前にゴルフで説教をされていたため抵抗できなかった」

 

と訴えたが、稲森佑貴選手の父親である兼隆さんは

 

「一切していない」

 

と否定したそうです。

「抵抗していなかったと認識し、受け入れてくれたと思った」と改めて起訴内容を否認しました。

起訴状によると、平成18年12月9日、ゴルフ指導を口実に女性をホテルに連れ込み、混乱して抵抗できない状態にあることを知りながら乱暴したとしている。

最終的には不起訴処分になったそうです。

merimeri

プロとして活躍されている稲森佑貴選手とは関係のないことですので引き続き応援したいと思います。

まとめ

  • 日本オープンゴルフ選手権競技で初優勝を果たした稲森佑貴選手は父親の影響でゴルフを始めた
  • 稲森佑貴選手の指導をしていたのは父親の稲森兼隆さん
  • 稲森佑貴選手の父親は12年前に事件を起こしていた過去がある
  • 稲森佑貴選手は、母親である稲森友加里さんの手作り白あえが好物

スポンサーリンク




合わせて読みたい記事