2017年に歌手デビューし、今年の紅白歌合戦への出場が内定したと言われている菅田将暉さん。

俳優として活躍していた菅田将暉さんがなぜ歌手デビューしたのか、なぜ紅白への出場が濃厚なのか、気になるファンも多いのではないでしょうか。

菅田将暉さんの歌手デビューのきっかけや尊敬する芸能人、紅白に出演した際のコラボの可能性などをまじえてまとめてみました。

11月10日(日)に夜8時30分から菅田将暉さんの2019年Zeppツアー動画が放送されます。

ParaviでWOWOWを視聴できる方法があります。

視聴方法はこちらの記事をクリック!

↓↓↓菅田将暉ライブ動画視聴にはWOWOW↓↓↓





菅田将暉が歌手デビューしたのはなぜ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#菅田将暉

Noir(@noir_0213)がシェアした投稿 –


俳優としてでなく、歌手としても人気の菅田将暉さんですが、歌手デビューしたきっかけは何だったのでしょうか。

菅田さんは祖父の家がスナックだったこともあり、小さな頃から歌を歌う機会は多かったようです。

しかし、声変わりをして高いキーを出せなくなったことを機に一時期歌から遠ざかります。

そんな菅田さんですが、16歳で上京して3年がたった19歳の頃にフジファブリックの『茜色の夕日』に出会い、その歌詞に共感したことで再び音楽に取り組むようになります

それからは、ピアノやギターを演奏したり、友人とバンドを組んでいたそうです。

ただし、その時点では趣味やアマチュアといったレベルでの活動だったのですが、あるきっかけで音楽活動を本格化させていきます。

菅田さんは2016年公開の映画『何者』でバンドマンの学生を演じています

そのときバンドメンバーとしてポップバンド「カラスはまっしろ」のメンバーが出演していて、仲良くなって一緒に曲作りをするようになったそうです。

その頃から菅田さんの音楽活動は本格化していきました。

ちょうど同じ頃に、菅田さんはauの「三太郎シリーズ」のCMで歌を歌ったり、4人組音楽グループGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生秘話を映画化した2017年公開の映画『キセキ ーあの日のソビトー』で、「グリーンボーイズ」というGreeeeNの前身となるグループを共演の成田凌さん、横浜流星さん、杉野遥亮さんと結成し、このグループでCDデビュー、『ミュージックステーション』にも出演しました。

それから、2017年3月に「au」のCMで使われていた『見たこともない景色』でソロデビューを果たしました。

このように元々趣味やアマチュアといったレベルでは活動していところ、CMや映画の企画の中で歌を披露することになり、それが好評だったためソロデビューすることになったというのがデビューのきっかけのようです。

菅田将暉のことを歌手デビューさせたのは誰?

菅田将暉さんを歌手デビューさせたのは誰なのでしょうか。

先に紹介したとおり、auの「三太郎シリーズ」のCMや、「グリーンボーイズ」で歌唱を披露して菅田さんさんですが、その歌唱力がレコード会社の目にとまり、デビューが決まったそうです。

そういう意味でいうと、菅田さんをソロ歌手としてデビューさせたのはレコード会社の人、ということになります。

ですが、菅田さんがプロの歌手を目指すきっかけを作った、ということになると、『茜色の夕日』で音楽から離れていた菅田さんを音楽の世界に引き戻した「フジファブリック」、『何者』で共演した「カラスはまっしろ」のメンバーではないでしょうか。

フジファブリックの『茜色の夕日』は菅田さんの20歳の誕生日イベントの際にピアノの弾き語りで披露しています。

「カラスはまっしろ」は菅田将暉さんがソロ歌手として初めて『ミュージックステーション』に出演した際に、バックバンドを務めています。

そういう意味でも、「フジファブリック」「カラスはまっしろ」が菅田将暉さんの歌手デビューに与えた影響は大きいのではないでしょうか。




菅田将暉が尊敬している芸能人は?

菅田将暉さんは父親の影響で吉田拓郎さんのファンであることを公言しています。

歌手として影響を受けたアーティストは吉田拓郎さんのほか、フジファブリックandymori忘れらんねえよ、などを挙げています。

俳優と歌手の両方で活躍した、という意味合いでいうと、2019年3月に亡くなった萩原健一さんのカリスマ性にも憧れを持っていたそうです。

また、お笑い芸人全般をリスペクトしており、最も好きな芸人はダウンタウンだそうです。

吉田拓郎さんや萩原健一さんといった菅田さんの年代だとあまり縁のなさそうな芸能人を尊敬している、というところは意外ですね。

菅田将暉が歌を歌い続ける理由は?


菅田将暉さんは俳優業に対し、

そういえば自分の言葉を公に話す機会ってあまりなくて。本当にこの10年くらい、毎日毎日役のこと、『誰かの人生のこと』ばかり考えてる感じ

と語っており、それに対して音楽活動は、

自分の言葉で、衝動的に言葉を発せられる感じが新鮮

であり、

役を作るにあたっても、自分の軸というか、感情の基点がないと、わかんなくなるじゃないですか。『何が当たり前か』が大切で。ラジオも音楽も、そういうものを確認できるんです

また、

何気ない言葉とメロディで救われることがたくさんあったから、それを僕がやりたいというか、きっと今の自分の立場じゃないと発信できないものがある

と語っています。

自分が音楽で救われたから逆に自分の音楽で誰かを救いたい、という思いと、ありのままの自分を表現したい、という思いで菅田さんは歌を歌い続けているのがわかりました。

菅田将暉は紅白歌合戦に出場する理由は?

菅田将暉さんは今年の紅白歌合戦への出場が有力視されています。

その理由は、10代から20代の若い世代にミュージシャンとして人気が高いこと、また中高年には俳優としての知名度が高いことが挙げられます。

歌手としても「グリーンボーイズ」でのCDデビュー、『見たこともない景色』でのソロデビューし実績も十分も積んでおり、昨年の紅白に初出場し、今最も若者への影響力を誇る米津玄師さんに絶賛されるなど、評価も高いです。

NHKからは昨年もオファーしていましたものの実現せず、今年こそは、という期待が高まっています。

菅田将暉が紅白出場で披露する曲は?

菅田将暉さんが紅白歌合戦に出場する場合、どの曲を披露するのでしょうか。

昨年1月リリースの「さよならエレジー」はストリーミング最大手「LINE MUSIC」で年間ランキング1位を記録し、今年は5月リリースの「まちがいさがし」が配信チャートで50冠を達成。

菅田さんにとっての代表曲となっています。

どちらが選ばれても不思議ではありませんが、今年リリースの曲ということもあり「まちがいさがし」が有力ではないかと思います。

「まちがいさがし」が有力な理由はもう1つありますが、それについてはこの後説明します。

菅田将暉が紅白でコラボする可能性は?

菅田将暉さんが今年の紅白歌合戦に出場した場合、米津玄師さんとコラボするのでは、という噂があります。

その理由は今年5月にリリースして大ヒットした「まちがいさがし」の作詞、作曲、プロデュースを米津さんが務めているからです。

紅白に出場した場合に披露する曲で「まちがいさがし」を挙げた理由も米津さんが関わっているからです。

また、米津さんは2017年に『灰色と青(+菅田将暉)』するなど、菅田さんを高く評価しています。

米津さんは昨年の紅白歌合戦でテレビ番組に初の生出演を果たすなど話題になりました。

NHKが菅田さんにオファーする際に米津さんとのコラボでオファーしていても不思議ではありません。

菅田さん、米津さんがそのオファーを受けるかはわかりませんが、可能性は十分あるのではないでしょうか。




菅田将暉が紅白内定で世間の声は?

菅田将暉さんの紅白内定について、どのような声があるのでしょうか。

多くは菅田さんの初出場を祝福する声でした。現在の歌手としての活躍もあり、内定を疑問視する声はほとんど内容です。

さらにはこんな声も挙がっています。

やはり米津玄師さんとのコラボを期待する声も多数挙がっていました。
11月10日(日)に夜8時30分から菅田将暉さんの2019年Zeppツアー動画が放送されます。

↓↓↓菅田将暉ライブ動画視聴にはWOWOW↓↓↓

簡単1分で登録!1ヶ月無料で視聴可能

合わせて読みたい記事はこちら

菅田将暉のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

#菅田将暉 #菅田将暉に恋する人

菅田将暉fan.(@lhqsx22899)がシェアした投稿 –


名前:菅田将暉

生年月日:1993年2月21日

年齢:26歳(2019年11月現在)

出身地:大阪府箕面市

血液型:A型

学歴:大阪府池田高校中退

身長:176cm

体重:62kg

事務所:トップコート

合わせて読みたい記事はこちら

まとめ

  • 菅田将暉は紅白出場が内定している。
  • 菅田将暉が歌手デビューしたきっかけは映画とCMの企画。
  • 菅田将暉の歌手デビューに大きく影響を与えたのは「フジファブリック」と「カラスはまっしろ」
  • 菅田将暉が尊敬する芸能人は吉田拓郎と萩原健一。
  • 菅田将暉が紅白で歌う曲は「まちがいさがし」が有力。
  • 菅田将暉は紅白で米津玄師とコラボする可能性がある。