2019年の全英女子オープンを制し一躍脚光を浴び、国内の賞金女王も最後まで争った渋野日向子選手。

そんな渋野日向子選手の実家が豪華で歴史があるという情報を耳にしました。

そう言われるとどんな家なのか、見てみたくなりますよね。

また、実家が豪華ということは父親や母親の職業を知りたくなりますが、父親が水道局の職員さん、母親が体操の先生です。

では、なぜ自宅(実家)が豪華なのでしょうか?

渋野日向子選手の自宅(実家)のこと両親について迫ってみます。





渋野日向子の自宅(実家)が豪華で歴史がある?

渋野日向子選手の自宅が豪華で歴史があるという情報がありましたので調べてみました。

こちらの画像をご覧ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

渋野 日向子 / Hinako Shibuno(@pinacoooon)がシェアした投稿

こちら渋野日向子選手が成人式の振袖を着た時の画像ですが、バックに写っているのが渋野日向子選手の自宅(実家)になります。

渋野日向子選手の振袖姿も普段のイメージと違って新鮮さがありますが、バックの自宅や庭も気になりますよね。

庭は日本庭園のようにキレイに整備されていて、建物も歴史のある大きな家といった感じですね。

調べたところ自宅は築120年なのだそうです。

120年前というと明治30年頃で、日清戦争や日露戦争があった頃になります。

そう考えるとかなり古い家だということがわかりますよね。

豪邸というと比較的新しい建物というイメージがありますので、豪邸というよりは地方の名家や旧家といった感じでしょうか。

きっと当時の渋野家はかなりお金のある家だったのではないでしょうか。

渋野日向子選手の自宅がかなり古いということはわかっていただけたかと思いますが、古いだけでボロかったら豪華、とは言えませんよね。

実際家の中などはどうなっているのでしょうか。

取材で自宅を撮影した映像を見たことがあるのですが、築年数は古くても、家の中はしっかりリフォームされていて、綺麗な家でした。

渋野日向子選手の自宅(実家)は、「豪華」で「歴史がある」ことは間違いなさそうです。




渋野日向子の実家はお金持ち?

渋野日向子選手の実家がこれだけ大きいということは、実家はお金持ちなのでしょうか。

実家は築120年ということで渋野日向子選手のご両親が建てた家ではない、ということになります。

そう考えると、家が豪華だからお金持ち、とは言えませんね。

ですが、このような理由から渋野日向子選手の実家は比較的裕福な家庭であったことは間違いないと思います。

  • 渋野日向子選手と妹がかなりお金が掛かると言われるゴルフをやらせてもらっている。
  • 自宅の庭の手入れが行き届いている。
  • 自宅のリフォームがちゃんとされている。

ある程度裕福だった、ということについては渋野日向子選手の両親の職業からもわかるのですが、それについてはこのあと紹介していきます。

そして、歴史のある自宅をお持ちということで地主さんのかもしれませんね。

渋野日向子の父親の職業は?

渋野日向子選手の父親の職業について調べてみました。

渋野日向子選手の父親は渋野悟さんという名前で、2019年で51歳になります。

岡山市の水道局の職員で現在課長補佐の役職についています。

公務員で管理職になっているのですから、一般的な家庭に比べると裕福であることは間違いなさそうです。

逆に言うと、自営業などではないので大金持ちでもない、ということも言えると思います。

ちなみに悟さんは筑波大学出身で砲丸投げと円盤投げの選手で、国体で2位に入ったこともあるほどの選手だったそうです。

さらに現在も自転車のレースに出場することがあるなど、今でも立派なアスリートです。

渋野日向子選手の運動神経は父親から受け継がれたものもあるようですね。

渋野日向子の母親の職業は?

渋野日向子選手の母親の職業についても調べてみました。

渋野日向子選手の母親は渋野伸子さんと言う名前です。

信子さんは現在は体操教室の先生をやっています。

伸子さんは悟さんと同じ筑波大学出身で、悟さんの1学年後輩にあたるそうです。

渋野日向子選手の両親は大学時代に知り合った可能性が高そうですね。

さらに驚くべきことは、伸子さんも陸上選手でやり投げをやっており、インターハイの出場経験もあるそうです。

渋野日向子選手は父親だけでなく母親も陸上選手だったんですね。

両親は陸上の投てき競技、渋野日向子選手はゴルフと、競技は違いますが、アスリートの血が確実に受け継がれている感じはしますね。

渋野日向子の両親のサポートが手厚い?

渋野日向子選手は両親からのサポートが手厚いと言われています。

調べてみたところ。渋野日向子選手が両親から手厚いサポートを受けていることがわかるエピソードを見つけましたので紹介します。

まずは父親の悟さんとのエピソードを紹介します。

悟さんは渋野日向子選手が優勝した2019年の全英女子オープンの時に毎日おにぎりを作ってくれていたそうです。

悟さんは先ほどお伝えしたとおり、水道局員(公務員)です。

全英女子オープンで毎日、ということは現地までの移動時間も含めると1週間近く帯同していたことになります。

公務員が1週間丸々休むというのはなかなかできることではありません。

そう考えると、悟さんにとって渋野日向子選手のゴルフはとても大事に考えているのだと思います。

次に母親の伸子さんとのエピソードを紹介します。

渋野日向子選手はその笑顔もとても魅力的で、よく言及されることが多いですが、その笑顔のきっかけは伸子さんなのだそうです。

伸子さんは渋野日向子選手に対して、「いつも笑顔でいなさい」と言っているそうです。

その教えのおかげで渋野日向子選手はあの魅力的な笑顔を自然にできるようになったのだと思います。

このように渋野日向子選手は両親の手厚いサポートがあって、今の活躍があるんですね。

渋野日向子の家族構成は?

渋野日向子選手の両親についてはお伝えしましたが、それ以外に兄弟などの家族はいるのでしょうか。調べてみました。

渋野日向子選手の家族構成ですが、両親以外には祖母と姉と妹がいます。

祖母の敏子さんは渋野日向子選手の実家に同居しています。

敏子さんは孫の渋野日向子選手が心配で仕方ないそうで、テレビで渋野日向子選手が出場する大会が放送されると何時間もテレビの前から動かないのだそうです。

妹の暉璃子(きりこ)さんは現在岡山朝日高等学校の2年生でゴルフとソフトボールをやっており、ドライバーは渋野日向子選手よりも30ヤードも飛ばすそうです。

渋野日向子選手もドライバーの飛距離が260ヤードと、女子プロゴルファーの中では飛ばす方なのですが、それよりもさらに飛ばす、というのは末恐ろしいです。

もしかしたら渋野日向子選手以上の逸材かもしれません。

そう考えると、暉璃子さんもあと何年かしたらプロデビューしているかもしれませんね。

渋野日向子選手のお姉さんについてはほとんど情報がありませんでした。

スポーツ選手や芸能人であれば話題にはなると思うので、スポーツ選手や芸能人ではないと思います。

渋野日向子選手の年齢を考えるとお姉さんの年齢は20代半ばぐらいでしょうか。

そのぐらいの年齢で一般人ですから、就職して社会人をやっているか、結婚して主婦になっているという可能性が高そうです。

お姉さんは渋野日向子選手が言うには「優しい人」なのだそうです。

というわけで、渋野日向子選手は父、母、祖母、姉、妹の6人家族です。

渋野日向子選手のお姉さんについては、今後情報が入り次第追記します。

まとめ

  • 渋野日向子選手の自宅(実家)は築120年の名家
  • 渋谷日向子選手の実家は比較的裕福
  • 渋谷日向子選手の父親は水道局の職員
  • 渋谷日向子選手の母親は体操教室の先生
  • 渋谷日向子選手は父、母、祖母、姉、妹の6人家族