今回取り上げるのは選手は天理高校の達孝太投手です。

達投手は大阪府堺市出身であり、小学校は浜寺昭和小学校、中学校は浜寺南中学校だそうです。

達投手の球速は最速141キロですが、それに加えて球に角度がありストレートの回転数も多く打者は球速以上に速く感じるそうです。

また、達投手は身長が192cmもありとてつなくスケールの大きい投手となっています。

この記事ではそんな達投手について詳しく触れていきたいと思います。





達孝太の出身小中学校は?


達投手は堺市立浜寺昭和小学校から堺市立浜寺南中学校へ進みました。

小学校4年生の時に高石スワローズで軟式野球を始めま、当時のポジションはキャッチャーだったそうです。

6年生の時点で身長が177cmもあったようで、幼い頃から暇があれば寝ていたそうです。

まさに「寝る子は育つ」を体現していますね。

中学校の時は泉州阪堺ボーイズで硬式野球をプレーし、本格的に投手を始めたそうです。

泉州阪堺ボーイズは強豪チームで達投手が所属した3年間だけでもジャイアンツカップに複数回出場するなど全国大会の常連です。

さらに黒川史陽(現東北楽天ゴールデンイーグルス)が過去に所属していました。

また達投手は3年生の時に投球の際、爪が割れたのをきっかけに3週間に1回ほどネイルサロンに通うようになったそうです。

手元を見ると爪が綺麗にコーティングされていることが分かります。

野球をやっている人がネイルサロンに通うのは非常に珍しいですよね。

それだけ野球に対する意識が高いのでしょう。

達孝太の身長体重は?


達投手は身長192cm80kgと非常に恵まれた体格の持ち主で試合前の整列などで並ぶ際には一際目立ちます。

体の線はまだ細いのですがこれから食事やトレーニングを重ねてガッチリとした体型になっていくのではないでしょうか。




達孝太の天理での活躍は?


天理では達投手は1年夏からベンチ入りを果たします。

1年秋の近畿大会では背番号19番をつけベンチ入りし、決勝戦の大阪桐蔭戦に先発投手として登板しました。

これが達投手にとって公式戦初先発となりました。

天理は1回表に2点を先制します。

直後の1回裏に達投手は大阪桐蔭の西野力矢選手にソロホームランを浴びますが、その後は5回まで初回に浴びたホームランを含めてわずか被安打2、失点1に抑える快投を見せます。

2-1と天理が1点リードのまま迎えた6回表、天理は猛攻を見せ、一挙5得点を奪い7-2とします。

達投手は6.7回も無失点に抑えますが8回に再び西野力矢選手にタイムリー浴びたところで降板します。

7イニングと3分の0を被安打5、自責点4という公式戦初先発とは思えぬ素晴らしいピッチングとなりました。

しかも先発を告げられたのは試合開始30分前だというのですから、いかに強心臓であるか分かりますよね。

ちなみに天理の中村監督は達投手に試合直前に先発起用を伝えたことについて

「相手が大阪桐蔭だから、変に構えさせてもいけないと思って」

と語りました。

しっかり意図があった上でギリギリまで知らせなかったのですね。

天理は最終回にも4点を追加し12-4で大阪桐蔭を下し近畿王者となり明治神宮大会への出場を決めました。

神宮大会で達投手は背番号18をつけベンチ入りをします。

天理は初戦の仙台育英戦に勝利し、準決勝に駒を進めました。

準決勝の相手は中京大中京で達投手はこの試合で先発を任せられました。

初回、2回とそれぞれ1点ずつ取られますが3、4回は三者凡退に抑え立ち直りを見せます。

5回に味方のエラーも絡み2点を失いますが6回は無失点に抑えます。

7回に1点を失い迎えた8回、ノーアウトから2者連続フォアボールを出してしまい達投手はここで降板となります。

7回イニングと3分の0を被安打5自責点5というピッチングですが、達孝太は近畿大会の決勝と同じイニングに同じような降板の仕方をしてしまったことをとても悔やんでいたようです。

しかし、1年生で初の全国の舞台でのピッチングと考えると十分に健闘したと言えるのではないでしょうか。

試合は初回から6回まで毎回得点を続けた天理が終始リードする展開でしたが、中京大中京が終盤に猛烈な追い上げを見せ10-9でサヨナラ勝ちを収めます。

準決勝で敗れはした天理ですが近畿大会優勝などの成績が評価され今春に行われる第92回センバツ高校野球への出場が決まりました。

達投手にとって近畿大会、明治神宮大会では全国レベルの相手に先発する貴重な経験ができ、その上しっかり試合を作るなど非常に充実した大会となったのではないでしょうか。

達孝太がイケメンと話題?

 

この投稿をInstagramで見る

 

未完の大器 #高校野球#高校野球好きな人と繋がりたい #センバツ#第92回選抜高等学校野球大会 #天理高校#天理高校野球部#達孝太

K-ichi(@ichi_bb)がシェアした投稿 –


達投手は高身長であることに加えてイケメンでもあることから「天理のダルビッシュ」とも言われているそうです。

また、彼女がいるかどうの情報は残念ですがありませんでした。

ただ、彼女がいても不思議じゃないですし甲子園で活躍すれば女性ファンは一気に増えそうですよね。

達孝太はドラフト候補?

達投手はまだ1年生ですが2021年のドラフト候補になる可能性は十分にあると思います。

細身の高身長であることからも伸び代を非常に感じますし、爪をケアするためにネイルサロンに通ったりするなど野球に対する意識がとても高いところにも期待ができます。

また高卒即メジャーを目指していることを明言しており、これは志が高く強い信念を持っていないとなかなかできることではないですよね。

一冬越えて迎えるセンバツでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのかとても楽しみです。

達孝太の凄さとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 2019.11.18 明治神宮野球大会 天理 vs 中京大中京 春が楽しみ #天理高校 #達孝太 #神宮大会

@ harx_o30がシェアした投稿 –


達投手の球種は主にスライダー、カーブ、チェンジアップであり、試合によっては変化球を多投することもあるなどスケールの大きいピッチャーですがその一方で器用さも兼ね備えています

またバント処理もスムーズだったりピッチャー返しの打球への反応も良いことからフィールディングは優れていると言えます。

192cmの身長から投げ下ろす球には角度があり、特に右バッターのアウトローへ決まるストレートは既に一級品で高校生が打ち返すことは容易ではないでしょう。

秋の時点で最速は141キロですが春には150キロを超えるボールを投げている可能性も十分にあると言えるほど秘めたポテンシャルは高いと思います。

秋の公式戦では奪三振の数はさほど多くはありませんでしたが球速や変化球の精度の向上、制球にも安定感が出てくればいとも簡単に三振の山を築くことができるようになるのではないでしょうか。




達孝太の球速だけが強みではない理由は?

達投手は秋の時点で球速は常時130キロ前後ですがストレートには角度に加えて、回転数がとても多く打者は球速以上に速さや打ちづらさを感じます。

また変化球をカウント球に使えたり勝負球として多投することもあるなど、引き出しが多いこともこの投手の強みとなっています。

明治神宮大会では初めて神宮球場のマウンドを経験し、立ち上がりは高くて固いマウンドに戸惑い制球が定まらなかったものの3回にノーワインドアップからセットポジションに変えて制球を重視し、8割程度の投球に変えて対応する臨機応変な一面も見せました。

達投手は大型投手にありがちな動作のぎこちなさなどが無く、スムーズな体重ができています

怪我をせず順調に練習を積むことができれば世代ナンバーワンの投手になることは十分可能だと思います。

達孝太のプロフィール


名前:達孝太

生年月日:2004年3月27日

出身地:大阪府堺市

出身小学校:堺市立浜寺昭和小学校

出身中学:堺市立浜寺南中学校

身長:192 cm

体重:80kg

投球・打席:右投右打

まとめ

  • 小学校4年生の時に高石スワローズで軟式野球を始める
  • 6年生の時点で身長は177cm
  • 中学校では泉州阪堺ボーイズで硬式野球をプレー
  • 泉州阪堺ボーイズではジャイアンツカップなど全国大会に複数回出場
  • 天理では1年夏からベンチ入り
  • 1年秋の近畿大会決勝の大阪桐蔭戦で公式戦初先発し優勝に貢献
  • 神宮大会の準決勝でも先発投手を任せられる
  • 球速だけでなく球に角度があり回転数も多い
  • 変化球も投げ分けることができるなどの器用さもある
  • フィールディングも良い