平成最後のセンバツは東邦高校の優勝で幕を閉じました。

そんな東邦高校でチームの中心選手として、大活躍を果たしたのが、エースの石川昂弥選手です。

今大会チームで1番の活躍を果たし、センバツ優勝に導いた石川昂弥選手を育てた出身中学はどこなのでしょうか。

センバツで一気に注目度の上がった石川昂弥選手の出身中学を見ていきます。

また、ドラフトされるのではないかと言われている進路はどうするつもりなのでしょう。





石川昂弥(東邦)の出身中学校は?

石川昂弥選手は半田市立亀崎中学校に通っていました

中学の頃は学校の部活ではなく、愛知知多ボーイズという硬式野球チームでプレーをしていました。

中学生の頃からすでに投手と野手の二刀流選手としてプレーしていました。

主にショートとしてプレーしていましたが、投手としても中学生の頃にすでに最速が130km/hを超えていたようで、中学の頃からすでに実力が高かったようです。

愛知知多ボーイズでプレーをするだけではなく、野球道場メジャーという野球塾にも通って練習をしていました。

元々持っていた才能だけではなく、他の人の倍の努力をしていました。

そんな努力をしていた石川昂弥選手は、3年生の頃にNOMOジャパンに選抜され日本代表としてアメリカ遠征を経験しました。

中学を卒業する頃には、その実力を評価した多くの高校からスカウトを受けていたようです。

現在進学した東邦高校の他に大阪桐蔭高校も石川昂弥選手の実力を高く評価していたようです。

中学の時から高い実力を持ちながら、努力を惜しまず人より練習をしていたからこそ、今の石川昂弥選手があるのかもしれません。




石川昂弥(東邦)の出身小学校は?

石川昂弥選手は半田市立有脇小学校に通っていました

そして小学校2年生の時にツースリー大府に入団し野球を始めました。

小学校の頃から二刀流選手としてプレーをしており、投手と内野手でプレーをしていました。

そして小学校6年生の時には中日ドラゴンズジュニアに選抜されました。

同年代の中で実力のある選手が選抜されるチームにこの頃から選ばれており、小学校の頃から同年代ではトップクラスの選手だったようです。

石川昂弥選手は小学校の頃から実力を開花させ、様々な経験をしていたようです。




石川昂弥(東邦)の戦績・経歴は?


様々な高校からスカウトを受けていた石川昂弥選手ですが、地元愛知県の東邦高校に進学しました

東邦高校に入学してからも、1年生の春からベンチ入りをするほどの実力をすでに持ち合わせていました。

そして1年秋にはすでにサードのレギュラーポジションを獲得しており、打順1年生ながら4番を任されていました。

1年の秋に出場した東海大会では打率.429、2本塁打を放ち東海大会準優勝に貢献しました。

その結果、春のセンバツ出場を決めました。

春のセンバツでは、東海大会に引き続き4番・サードで出場しましたが、4打数0安打と思ったような成績を残せずに初戦で敗退してしまいました。

その経験から、2年生の時に石川昂弥選手は大きく成長しました。

実力がさらについた石川昂弥選手は、夏の西愛知大会で覚醒し、全試合に4番で出場し打率.737という驚異的な成績を残しました。

ですが、チームは決勝で敗れてしまい甲子園出場は叶いませんでした。

2年生秋からの新チームではキャプテンに就任し、チームを引っ張る活躍をし東海大会優勝に導き、春のセンバツに出場を果たしました。

春のセンバツではエースでクリーンアップを任され、チームの中心として活躍し、決勝では2ホームランを放ち、さらに2塁を踏ませない投球で完封をしチームを全国優勝に導きました。




石川昂弥のプレースタイルは?


石川昂弥選手は投手としても野手としても一流の実力を持っている選手です。

打撃面では天性のバッティングセンスを持っており、広角に長打を打てる選手です。

リストが強く、右バッターながら右中間にもホームランを打てる選手で、すでに高校通算45本塁打を放っており、高校ではすでにトップクラスの長打力とバッティングセンスがあります。

長打力だけではなく、脚も速く機動力も持ち合わせている選手です。

50m走6.3秒という俊足を持っており盗塁も複数決めています

投手としても最速144km/hのストレートを持っており、力強いボールを投げ込んでいます。

センバツの決勝でも完封をしたように、全国レベルでも戦える実力を持っています。




石川昂弥のドラフト進路やスカウト評価は?

石川昂弥選手はセンバツに出場する前から、複数のプロのスカウトから評価を受けています。

特に石川昂弥選手を高く評価しているのが、中日ドラゴンズで「打撃技術はあるし、足も肩もある。文句なし。来年の目玉になる」と石川昂弥選手の実力に太鼓判を押していました。

さらに阪神タイガースのスカウトも「体格も言うことなし。飛距離も別格。来年の目玉の一人になるのでは」との評価をしています。

すでに石川昂弥選手を5チームのスカウトは評価しており、全てが打者としての評価でした。

2019年のドラフトでは上位指名されることは間違いないとされており、1位指名をする球団もあるのではないかと言われています。

夏の大会までにどこまで成長できるか楽しみなところです。

春のセンバツでの活躍でさらに注目度が高まった石川昂弥選手に対する春以降のスカウト陣の評価の変化も楽しみなところです。

石川昂弥の家族構成は?

石川昂弥選手の家族構成は、父・尋貴さん、母・由香子さん、弟の4人家族です。

父の尋貴さんも母の由香子さんも石川昂弥選手と同じく東邦高校出身で、尋貴さんは野球部でキャッチャーをしており、由香子さんは野球部のマネージャーをしていました。

当時の東邦高校は選手層が厚かったようで、尋貴さんはベンチ入りすることができなかったそうです。

尋貴さんが在籍していた1989年にはセンバツで優勝を果たしており、今年石川昂弥選手が東邦高校で優勝したことで、親子そろって同じ高校でセンバツ優勝を果たすという偉業を成し遂げました。

石川昂弥選手の弟も野球をしており、弟も中日ドラゴンズジュニアに選出される実力があるようです。

合わせて読みたい記事はこちら

石川昂弥のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

東邦の選手はみんなニコニコして楽しそうに野球してるな〜😊😆 * * * #東邦 #石川昂弥

あかりさん(@akari_908)がシェアした投稿 –


名前:石川昂弥

生年月日:2001年6月22日

年齢:17

出身小学校:半田市立有脇小学校

出身中学校:半田市立亀崎中学校

身長:185cm

体重:81kg

経歴・戦績:第91回選抜高校野球大会優勝

まとめ

  • 石川昂弥選手は中学生の頃愛知知多ボーイズで野球をしていた
  • 愛知知多ボーイズでプレーするとともに野球道場メジャーでも練習をしていた
  • 中学3年生の時にはNOMOジャパンに選ばれアメリカ遠征を経験している
  • 石川昂弥選手は小学生の頃ツースリー大府でプレーをしていた
  • 小学校6年生の時に中日ドラゴンズジュニアに選抜された
  • 石川昂弥選手は東邦高校に進学した
  • 1年春からベンチ入りし1年秋からはサードのレギュラーになった
  • 2年夏には打率.737と驚異的な数字を記録した
  • 2年秋からキャプテンを務めている
  • 春の選抜では優勝を果たした
  • 石川昂弥選手は投手としても野手としても一流の実力を持っている
  • 石川昂弥選手はすでにプロのスカウトから高い評価を受けている
  • 中日ドラゴンズと阪神タイガースが特に高い評価をしている
  • ドラフトでは上位指名が予想されている
  • 石川昂弥選手は父・尋貴さん、母・由香子さん、弟の4人家族
  • 両親ともに東邦高校野球部OB、OG