2019年の春のセンバツで優勝を果たした東邦高校の中心選手として活躍していた石川昂弥選手。

中学時代から実力が高く、中学卒業時には多くの高校からスカウトが来ていたそうです。

その中でも高く石川昂弥選手を評価していたのが大阪桐蔭です。

大阪桐蔭は熱心に石川昂弥選手を勧誘していたようですが、それを断って東邦高校に進学しました。

なぜ、石川昂弥選手は大阪桐蔭に進学しなかったのでしょうか。その理由を探っていきます。





石川昂弥が大阪桐蔭に行かなかった理由は?

石川昂弥選手が大阪桐蔭に行かず東邦に進学した理由は、高校進学までに関わった環境と、東邦が両親の出身校が大きかったといえるでしょう。

石川昂弥選手の両親はともに東邦の卒業生で、ともに野球部のOB・OGでした。

その2人の間に生まれたのが石川昂弥選手でした。

小学2年生の頃野球を始めた時に入部したのがツースリー大府でした。

当時のツースリー大府の監督を務めていた下村勉さんは東邦のOBで、父・尋貴さんの野球部時代の先輩でした。

当時地元で1番厳しいとされていたチームで練習していた石川昂弥選手は、その練習のおかげで小学6年生の時には地域の優れた選手を集めた中日ドラゴンズジュニアに選ばれました。

その頃には周りからすでに、「昂弥は東邦に入れるんだろ?」と言われるようになっていたそうです。

その後、中学に進学すると知多ボーイズという硬式野球チームに入団しました。

中学でも実力が高かった石川昂弥選手はさらにレベルアップをするために野球道場メジャーという野球塾にも通い練習を重ねていました。

その野球塾を経営する戸田幸男さんも東邦OBで、石川昂弥選手はここでも東邦のOBからの指導を受けていました。

その頃には石川昂弥選手は、様々な高校からスカウトの声がかかっており進学先を決める状況にありました。

その時に大阪桐蔭の西谷浩一監督も注目し、熱心に勧誘していていたようです。

ですが、進学について考えた際に父・尋貴さんは、

「東邦以外の高校へ行く選択肢もあることはありました。でも、県外だとなかなか、実際のチーム事情は見えない。東邦ならぼくらも試合を見に行けるし、環境もチーム状態もよくわかる。早い段階でレギュラーになるチャンスもあるはずだ、と考えたんですよ」

と語っており、このころにはすでに東邦への進学を決めていたようです。

石川昂弥選手自身も、父・尋貴さんが東邦野球部OBで、母・由香子さんも東邦の卒業生なので、東邦以外は考えなかったそう。

大阪桐蔭の西谷浩一監督としては石川昂弥選手を大阪桐蔭に欲しかったようですが、石川昂弥選手が大阪桐蔭に行かなかったのは、やはり両親が東邦の卒業生だったというのが大きかったようです。




石川昂弥の両親はどんな人?

石川昂弥選手の両親は父の尋貴さん45才、母の由香子さん44才です。

両親ともに東邦高校の卒業生で野球部に所属していたそうです。

石川昂弥選手が野球を始めたきっかけも父の尋貴さんの影響のようです。

現在父・尋貴さんは自動車関連会社に勤務していているようです。

母の由香子さんが現在何をしているかの情報はありませんでした。

きっと主婦として生活しているのかなと思います。

石川昂弥の父も野球で有名だった?

石川昂弥選手の父・尋貴さんも、東邦高校時代野球部に所属していました。

尋貴さんは野球部ではキャッチャーを務めていました

当時の東邦高校は選手層が厚く、のちに中日や広島でプレーをした山田喜久夫選手らとともに1989年にセンバツで優勝を果たしました。

ですが、尋貴さんはベンチ入りすることができず応援に回っていたようです。

1989年には父・尋貴さんが、2019年には石川昂弥選手が同じ高校でセンバツ優勝を果たすという偉業を成し遂げました。

正直なところ、チームとしては有名でしたが、尋貴さん自身は有名選手と言うわけではなかったようです。

石川昂弥の母は野球部マネージャーだった?

石川昂弥選手の母・由香子さんも東邦高校出身で父・尋貴さんの1つ下の学年で野球部のマネージャーをしていました

父・尋貴さんと母・由香子さんの最初の出会いはこの頃だったのでしょう。

由香子さんも野球部のマネージャーを務めていただけあって野球が当時から好きだったのでしょう。




石川昂弥の弟も野球選手として活躍?

石川昂弥選手には弟が1人います。

弟は瑛貴さんで、瑛貴さんも野球をしているようです。

瑛貴さんは父の尋貴さんと同じキャッチャーをしています。

瑛貴さんも石川昂弥選手に負けないくらいの実力の持ち主で、2017年には石川昂弥選手と同じように中日ドラゴンズジュニアに選ばれています

中日ドラゴンズジュニアでも5番を務めており、石川昂弥選手と同じくらい同年代の中で活躍しています。

現在は中学2年生で将来が楽しみです。

石川昂弥は二刀流選手?

石川昂弥選手は高校2年生の夏まではサードに選任していましたが、現在チーム事情もあって投手と野手の二刀流でプレーをしています

打者として高い能力を持っている石川昂弥選手はすでに高校通算43本塁打を放っており、左右に長打を打てる選手として、プロのスカウトもすでに注目しています。

2年秋から取り組んでいる投手としても高い能力を発揮しており、すでにチームのエースという役割を果たしています。

球速も最速144km/hを記録しており、春のセンバツの決勝では2塁を踏ませない力投を見せ、完封をしています。

投手としても野手としても能力の高い石川昂弥選手ですが、チーム事情が安定し、野手に選任した姿も見てみたいです。

合わせて読みたい記事はこちら

石川昂弥が目標としている選手は?

現在石川昂弥選手が目標としている選手は打撃ではエンゼルスの大谷翔平選手です。

現在石川昂弥選手も大谷翔平選手も、ともに二刀流選手として活躍しており、目標としている選手が大谷翔平選手と言うのは、不思議ないでしょう。

石川昂弥選手本人が打撃では大谷選手と言っている所を見ると、石川昂弥選手自身は野手として活躍したいのかなと言う風に思います。

石川昂弥選手も大谷選手と同じように体格には恵まれているので、大谷選手のような選手になれる可能性は高いと思います。

石川昂弥のプロフィール


名前:石川昂弥

生年月日:2001年6月22日

年齢:17

出身小学校:半田市立有脇小学校

出身中学校:半田市立亀崎中学校

身長:185cm

体重:81kg

経歴・戦績:第91回選抜高校野球大会優勝

まとめ

  • 大阪桐蔭の西谷浩一監督も注目し、石川昂弥選手を熱心に勧誘していた
  • 石川昂弥選手の両親は東邦高校の卒業生
  • 小学校の頃から東邦への進学を勧められていた
  • 石川昂弥選手の両親は、父は尋貴さん、母は由香子さん
  • 父の尋貴さんは東邦高校野球部時代はキャッチャーだった
  • 1989年にセンバツ優勝を果たしている
  • 母の由香子さんは野球部でマネージャーを務めていた
  • 弟の瑛貴さんも野球をしている。ポジションはキャッチャー
  • 弟も中日ドラゴンズジュニアに選ばれた
  • 石川昂弥選手は新チームになってから二刀流をしている
  • 投手も野手も高い能力を持っている
  • 石川昂弥選手が目標としてるのは打撃では大谷翔平選手