今回取り上げる選手は明石商業の中森俊介投手です。

中森投手は身長181センチ体重79キロと恵まれた体格で出身は兵庫県丹波篠山市、小学校は福住小、中学校は篠山東中だそうです。

明石商業では2年生ながらチームの2季連続甲子園ベスト4進出にエースとして大きく貢献しました。

また、明石商業は今春のセンバツ大会への出場も決めていて中森投手がどのような投球を見せてくれるか注目が集まることでしょう。

この記事ではそんな中森投手の様々な面について触れていきたいと思います。





中森俊介の身長体重は?


中森投手は身長181センチ体重79キロと恵まれた体格の持ち主です。

身長は元々高かったものの、体重はなかなか増えずかなり痩せた選手だったようです。

そこからチームメイトや周囲の勧めで体重増加を意識しながら白米を多く食べるようにしたそうです。

中森俊介の出身小中学校は?

中森投手は福住小学校から篠山東中学校へ進み、その後明石商業へ進学しました。

小学生時代は2年生の時から多紀野球少年団に所属し、野球を始めました。

4年生の時から最上級生の試合にサードで出場するなど当時から実力は確かなものがあったようです。

篠山東中学校では軟式野球部に所属し、下級生の時は三塁手兼投手でした。

最上級生になるとエースを任され練習試合では138キロを記録したようです。

球速が出にくいと言われる軟式ボールで138キロとは驚異的とも言えるでしょう。

そんな中森投手は中学2年の秋に明石商業の練習を見学しに行きます。

中森投手は見学しに行った時のこと振り返ると、

部員の体の大きさ、キビキビした行動、初めて高校野球の世界を間近で見てたくさんの衝撃を受けました。

と語ります。

当時の中森投手にとって大きなモチベーションアップの材料となったことが伺えますね。

それと同時に明石商業へ進学して野球をやりたいという気持ちが芽生えたことでしょう。

中森投手は中学3年の夏に軟式野球部を引退すると、硬式野球チームの三田ボーイズに入団します。

高校入学後を見据えて硬式野球を少しでも経験しておきたかったのでしょう。




中森俊介明石商業高校での活躍は?


明石商業では1年春からベンチ入りを果たし、春季近畿大会では背番号18をつけセンバツで優勝した直後の大阪桐蔭との一戦で先発を任せられます。

藤原恭大(現千葉ロッテマリーンズ)や根尾昂(現中日ドラゴンズ)など強力打者が揃う打線に捕まり2回途中で降板となりましたが、高校入学直後から公式戦で日本一のチーム相手に投げるという貴重な経験を積みました。

その直後の夏は明石商業は甲子園に出場し、中森投手は背番号17をつけベンチ入りをします。

初戦の八戸学院光星戦にリリーフとして8回途中から登板し、延長10回に味方のエラーも絡み決勝点を与えてしまいましたが1年生とは思えぬ力強いピッチングで見事な甲子園デビューを果たしました。

中森投手は秋から背番号1をつけるようになりチームのエースとなりました。

明石商業は秋季兵庫県大会を制し、近畿大会では東妻純平(現横浜DeNAベイスターズ)や黒川史陽(現東北楽天ゴールデンイーグルス)擁する智弁和歌山に12ー0でゴールド勝ちを収めるなど躍進を見せ準優勝を果たします。

中森投手は初戦の京都国際戦と準々決勝の智弁和歌山戦に先発し、いずれも勝利に貢献しています。

明石商業は近畿大会での成績が評価されセンバツ大会への出場権を得ます。

センバツでは4試合31イニングと3分の1を投げ失点7、防御率1.99という素晴らしい成績を残しました。

打撃面でも2回戦の大分戦でホームランを放つなど、投打にわたる活躍を見せ明石商業のベスト4進出に大きく貢献しました。

このセンバツ大会をきっかけに同級生のチームメイトである来田涼斗選手とともにドラフト候補として本格的に取り上げられるようになりました。

2年夏には兵庫県大会の決勝の神戸国際大附属戦で中森投手は1失点完投勝利でチームの甲子園出場に貢献します。

この試合で明石商業は最終回まで1点ビハインドという苦しい展開から9回表に一挙4得点の猛攻を見せ逆転するという劇的な勝利を収めました。

続く甲子園では初戦で韮澤雄也(現広島東洋カープ)や井上朋也選手らを擁する強力打線の花咲徳栄相手に先発し、3失点完投勝利を収めます。

意外なことにこの試合が明石商業の夏の甲子園における初めての勝利となります。

明石商業は2回戦で宇部鴻城に勝利すると、準々決勝では1年前の甲子園で延長戦の末に敗れた八戸学院光星と対決します。

この試合で中森投手は6ー6の7回途中から登板し2イニングと3分の1を無失点に抑えます。

明石商業は8回表に1点を勝ち越しそのまま逃げ切り中森投手は勝ち投手となって2季連続甲子園ベスト4進出を果たします。

準決勝は井上広大(現阪神タイガース)らを擁する履正社と対戦します。

中森投手は先発投手を務め、初回に履正社の強力打線に捕まってしまい4失点します。

しかし、その後は立ち直り8回まで投げ切り5失点にまとめます。

本調子じゃない上に相手も超強力打線という中森投手としては厳しいコンディションでしたがそんな中でもしっかりと立ち直り試合を作れるところはさすがと言えるでしょう。

そんな中森投手ですが、新チームになってからは調子を落とします

中学時代の最速138キロから高校に入り2年もしないうちに最速151キロまで球速を伸ばした中森投手ですが、自分のピッチングに満足できずにピッチングフォームを変えました。

テイクバックの取り方を変えたり、奥川恭伸(現東京ヤクルトスワローズ)の足の上げ方を真似てみるなど試行錯誤した結果フォームのバランスを崩してしまったようです。

しかしそんな中でも明石商業は秋季兵庫県大会を準優勝し近畿大会に駒を進めます。

近畿大会の初戦、東山戦に中森投手は先発し11奪三振3失点完投という素晴らしいピッチングでチームを勝利に導きます

ただこの時も中森投手は復調してきていたとはいえ、まだまだ本調子とは程遠かったようです。

しかし、調子が悪くてもセンバツがかかるような大事な試合でチームを勝利に導けるのは中森投手の地力があってこそで、好投手の条件でもあると思います。

明石商業は続く準々決勝で大阪桐蔭と対戦し、中森投手はこの試合にも先発をします。

試合は2回までに明石商業が3点を先制しますが、3回裏にプロ注目の打者西野力矢選手に同点3ランが飛び出し大阪桐蔭が追いつきます。

その後同点のまま試合は進み、6回裏に明石商業のバッテリーミスの間に大阪桐蔭が1点を勝ち越します。

これが決勝点となり明石商業は4ー3で敗れました。

中森投手は8回4失点と大阪桐蔭相手に力強いピッチングで投げ切りましたが一歩及びませんでした。

しかし、近畿大会ベスト8という成績と敗れはしましたが準々決勝の大阪桐蔭との一戦がハイレベルであったことなどが評価され明石商業は第92回センバツ高校野球大会への出場権を得ました

中森俊介がイケメンと話題?


中森投手はイケメンでありさらに顔立ちが日本人離れしていてハーフではないかとネットで話題になっています。

しかし、「中森」姓であることや中森投手の母が毎日新聞のインタビューを受けていて名前が「中森美幸」さんだったという情報もあることからおそらくハーフではないと思われます。

中森俊介はドラフト候補?

 

この投稿をInstagramで見る

 

中森 俊介 / 明石商 2年 ・ #明石商 #中森俊介 #4期連続出場 #第92回選抜高等学校野球大会

瑠 (りゅう)(@r___cam007)がシェアした投稿 –


中森投手は世代を代表する好投手であり、ドラフト上位候補であると思います

チームメイトの来田涼斗選手も同じくドラフト候補であり、ポジションは違いますが同じプロを目指す者同士切磋琢磨して高めあってもらいたいですね。




中森俊介の凄さとは?

中森投手は最速151キロのストレートに加えてスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、スプリットと多彩な変化球を持っており、特に追い込んでからの右打者に対するスライダー、左打者に対するチェンジアップ、フォークは精度が高く三振を狙って奪うことができます。

去年のセンバツではホームランを放つなどバッティングも良いものを持っています。

中森俊介は学校の成績もいい?

中森投手は学校の成績も優秀であると言われています。

期末テストでの最低点が91点という情報もあり、事実ならかなり優秀ですよね。

得意科目は数学だそうです。

また、日商簿記検定1級取得を目標に勉強をしているみたいです。

中森俊介のプロフィール


名前:中森俊介

生年月日:2002年5月29日

出身地:兵庫県丹波篠山市

出身小学校:丹波篠山市立福住小学校

出身中学:丹波篠山市立篠山東中学校

身長:181 cm

体重:79kg

投球・打席:右投左打

まとめ

  • 小学校2年生の時に多紀野球少年団で野球を始める
  • 篠山東中学では軟式野球部に所属
  • 軟式野球部引退後三田ボーイズに入団
  • 明石商業に進学
  • 明石商業では1年春からベンチ入り
  • 1年秋からエースナンバーを背負う
  • チームの2季連続甲子園ベスト4に大きく貢献
  • 今秋のドラフト上位候補
  • 最速151キロの速球に加えて多彩な変化球も操れる
  • 学校の成績も優秀