そろそろ夏の甲子園が迫ってきており、多くの高校球児たちが予選大会を戦っています。

毎年甲子園では未来のスターたちが発掘される場所ですが、今回の大会で注目されている選手の一人が及川雅基選手です。

すでにドラフト候補とも言われている及川雅貴選手ですが、及川雅貴選手の出身中学はいったいどこなのでしょうか。

及川雅貴選手の出身中学やドラフト後の進路など、及川雅貴選手の経歴に迫っていきます。





及川雅貴(横浜)のプロフィール


名前:及川雅貴

生年月日:2001年4月18日

出身地:千葉県匝瑳市

身長:183cm

体重:74kg

投球・打席:左投げ左打ち




及川雅貴の出身小学校は

及川雅貴選手は匝瑳市立須賀小学校に通っていました。

そして小学校3年生の時に野球をはじめました。

当時は地元の軟式野球チームの須賀スポーツ少年団に所属していました。

小学生の頃から及川雅貴選手は実力があったようで、小学校6年生の時には千葉ロッテマリーンズJr.に選ばれ、プレーをしていました。

すでに小学校時代から選抜チームに選ばれるような実力があったみたいですね。

野球を始めて4年で選抜チームに選ばれるなんて、元々野球の才能があったのかもしれませんね。




及川雅貴の出身中学は

小学校を卒業した及川雅貴選手は匝瑳市立八日市場第二中学校に進学しました。

そして中学では匝瑳シニアで硬式野球を始めました。

硬式野球でも実力は申し分なかったようで、中学校3年生の時には最速140km/hのストレートを記録しており、その実力も評価されU-15日本代表に選ばれました

U-15日本代表として選ばれ戦ったW杯では及川雅貴選手はエースとして活躍し、最優秀防御率と最優秀選手に輝き、チームを準優勝に導く活躍を果たしました。

この頃からすでに同じ学年の中では頭ひとつ抜けた存在だったようですね。

さらにはこの頃からプロからも注目を集める存在でした。

やはり実力はこの頃からすごかったのですね。

そして中学で注目を集めた及川雅貴選手は横浜高校に進学しました。

及川雅貴の高校での成績は

 

この投稿をInstagramで見る

 

#及川雅貴 #横浜高校 #横高 #横須賀球場 #野球部 #高校野球 #野球 #ピッチャー #一眼レフ #いいね返し #ファインダー

まるまるさん(@tapimaru_yy)がシェアした投稿 –


八日市場第二中学校を卒業した及川雅貴選手は横浜高校へ進学しました。

中学時代から活躍していた及川雅貴選手は約30校から声がかかっていたみたいです。

横浜高校に進学してからも、その実力を遺憾無く発揮した及川雅貴選手は1年生の春大会からベンチ入りを果たしました。

しかも、その春大会から出場機会を与えてもらい公式戦で初先発を果たしました。

それ以降も全ての大会でベンチ入りを果たし、1年生の夏大会では開幕戦で先発を務めました。

及川雅貴選手の活躍もあり、横浜高校は夏の甲子園へ出場しました。

甲子園ではリリーフ登板をし、3回を投げて無失点で抑えました。

2年生の夏の甲子園にも出場しました。

その夏の甲子園では1回戦ではリリーフ登板をし、2回戦ではついに甲子園での先発投手を務めました。

花咲徳栄高校相手に6回,1/3を投げ4失点に抑え、チームを勝ちへと導きました。

夏の甲子園が終わって最上級生となってからは及川雅貴選手は横浜高校のエースナンバーを背負うようになりました。

そして春の選抜高校野球大会に出場しました。

大会屈指のサウスポーと言われていた及川雅貴選手ですが、本領を発揮することができずに3回でノックアウトされてしまいチームも1回戦で敗退してしまいました。

3年生となり、最後の夏となる今年の夏大会ではどんな成績を残してくれるか楽しみです。

及川雅貴のプロからの評価は

 

この投稿をInstagramで見る

 

✨ . . . #及川雅貴 #横浜高校 #神奈川高校野球 #高校野球 #ファインダー越しの私の世界 #photography #いいね返し #一眼レフ #過去pic

まゆさん(@maa__yull89)がシェアした投稿 –


小学生の頃から実力があり、中学の時にはすでにプロから注目を集めている及川雅貴選手ですが、現在でも及川雅貴選手はプロのスカウトたちから高い評価を得ています。

すでにほとんどのプロ野球の球団が視察に訪れており、そのほとんどのスカウトが高く評価しているのが及川雅貴選手の直球です。

現在及川雅貴選手の最速は153km/hとかなりのスピードボールを投げています。

それがとても高い評価を受けており、あるスカウトは

「能力は高いし、真っすぐはすごい。体にバネがあって、腕の振りもしなやか。左でこれだけの投手はなかなかいない。菊池雄星になれる素材」

と語っており、すでにメジャーリーガーとなった菊池雄星選手のようになれるのではと言われています。

さらに、及川雅貴選手の決め球のスライダーも評価されており、そのスライダーを低めや膝元に投げ込めるコントロールも高く評価を受けています。

良い評価がほとんどですが、中には常に高い評価を受けてきながらも、いまいち結果を残せていない及川雅貴選手に対し、技術面や指導面に対して疑問を抱いているスカウトもいるようです。

ですが、持っている潜在能力の高さは評価しており、きっかけがあると一気に伸びる選手とも言われています。

プロのスカウトにアピールできる最後の場とも言える夏の大会ではどのような形でプロのスカウトたちにアピールできるのでしょうか。

及川雅貴のドラフト指名予想は

プロのスカウトたちから高い評価を受けている及川雅貴選手は、今年のドラフトでは1位指名されるのではと予想されています。

素材的に高いものを持っており、現在高校四天王と言われている投手4人の中で唯一の左投手なので、ドラフト最大の目玉選手とも言われています。

ほぼ全球団が高い評価をしていますが、及川雅貴選手を1位指名するのではないかと言われているのが横浜DeNAや西武、ロッテなどが挙げられています。

特に同じ横浜に本拠地がある横浜DeNAはかなり指名する可能性が高いと思われます。

ただ、現在左投手が多いのでどうなるかとも言われています。

西武は今シーズンから菊池雄星選手がメジャーに行ってしまい、左投手の駒が少ないため上位指名するのではと言われています。

さらに及川雅貴選手の選手としての素質も菊池雄星選手と比べられることが多いので、第二の菊池雄星として指名される可能性が高いのではと思われます。

さらにロッテは1位指名候補8人をリストアップしており、その中に及川雅貴選手の名前もあったことから、指名する可能性が高いでしょう。

今年のドラフト上位候補の中には投手が多い中で左投手の中ではトップの評価を受けている及川雅貴選手はドラフト会議で何球団から1位指名を受けることになるのか今から楽しみです。

及川雅貴はどんな選手?

 


及川雅貴選手は最速152km/hのストレートと決め球のスライダーを武器とする左投手です。

及川雅貴選手は身長が183cmと長身で、高いところから肘を柔らかく使い投げ込まれるストレートは常時145km/h近くを記録しており、空振りなどを多く奪っています。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップを持っており、その中でも決め球として多用しているのがスライダーです。

スライダーの出来はコントロール・キレともに一級品で、なかなか打つのが難しい球に仕上がっています。

ただ、及川雅貴選手はまだ体の線が細く、身長が183cmながら体重は74kgしかないので、その部分は今後の課題となる部分でしょう。

まだ高校生なので、これからまだまだ成長する伸び代が残っている選手なので、これからの野球選手としての成長が楽しみです。

まとめ

  • 及川雅貴選手は小学校3年生の時に野球を始める
  • 小学校6年生の時に千葉ロッテマリーンズJr.に選ばれる
  • 中学生の頃から硬式野球を始めた
  • U-15日本代表に選ばれエースとして活躍した
  • 及川雅貴選手は声がかかった約30校から横浜高校を選び進学した
  • 今まで甲子園には3度出場している
  • 及川雅貴選手の元にはすでに多くのスカウトが訪れている
  • 及川雅貴選手はドラフト1位候補
  • 横浜、西武、ロッテなどが1位指名するのではと言われている