坂口健太郎さんが現在住んでいる場所は、渋谷から近い目抜き通りにある閑静な住宅地にある高級マンションと言われています。

かつては、高畑充希さんと同棲していたと言われていましたがそちらのマンションとは別の場所に引っ越しをしたようです。

坂口健太郎さんの自宅の間取りやオシャレインテリアもご紹介します。

merimeri

とても素敵な坂口健太郎さんなら、きっとご自宅もオシャレそうですね。





坂口健太郎自宅どこ?

坂口健太郎さんは高畑充希さんと同棲していたが、現在は破局
かつて二人が同棲していたのは港区の高級マンション。
最有力候補はアークタワーズウエスト

坂口健太郎さんの自宅の話題といえば、高畑充希さんとの同棲が連想されますね。

お二人はドラマでの共演をきっかけにして、2016年ごろから交際をスタートさせました。

途中、何度か破局報道があったものの、お互いに仕事は順調で交際も順調だったようで、気兼ねなく会えるようにと、二人で同じタワーマンションに引っ越しました。

さらにその後、坂口健太郎さんは別のマンションに一人暮らしとは思えないほど広い部屋を借りて、高畑充希さんと半同棲のような生活をしていました。

仕事も順調、半同棲もはじめたということで、結婚間近なのではと言われていましたが、2020年の秋ごろ、完全に破局したとの報道が流れました。

高畑充希さんはすでに引っ越してしまっているとも報道されました。

思い出いっぱいの部屋にこれ以上住むことはできないということでしょうか。

お似合いの二人だっただけにちょっと残念なお知らせではありますが、二人ともますます仕事でがんばっておられるので、それぞれに応援していきたいと思います。

では、坂口健太郎さんの現在の自宅はどこなのでしょうか。

いろいろと調べてみましたが、高畑充希さんと破局した後、坂口健太郎さんも引っ越してしまったかどうかの情報はありませんでした。

すでに引っ越された可能性もありますが、これまで住んでいた自宅はどこなのかということを調べてみました。

一番有力な情報は、「渋谷から近い目抜き通りにある閑静な住宅地にある高級マンション」だといわれています。

特に、港区にある可能性が高いということで、以下のマンションが本命なのではないかと思われます。

  • パークコート青山ザ・タワー
  • アークタワーズウエスト
  • パークコート赤坂檜町ザ・タワー

では、さらに細かく坂口健太郎さんの自宅についてみていきたいと思います。

坂口健太郎自宅の間取りは?

坂口健太郎さんが住んでいる、または、住んでいたという最有力候補のマンションがアークタワーズウエストになります。

アークタワーズウエストの住所は「港区六本木 1-3-40」になります。

坂口健太郎さんの自宅の間取りについては、160平米以上もある3LDKといわれています。

アークタワーズウエストにも、その条件に当てはまるお部屋がしっかりあります。

家賃に関して詳細なことは分かりませんでしたが、アークタワーズウエストで3LDK+WIC(ウォークインクローゼット)+SIC(シューズ・イン・クローゼット)でお家賃は月120万円はくだらないものとみられます。

こちらのお部屋の広さは171.33平米ということですから、広さの条件にも当てはまりますね。

これだけの家賃が支払えるのかと心配になってしまいますが、坂口健太郎さんに関しては全く心配はないようです。

というのも、CM、テレビドラマ、映画にひっぱりだこの坂口健太郎さん。

2018年の推定年収は1億円を超えているのではないかと言われていました。

坂口健太郎さんのCM1本あたりのギャラは5000万円超えといわれていて、2021年だけでも2本のCMに出演しています。

CMだけで1億円のギャラということになりますから、映画やドラマの主人公を何本もこなしている坂口健太郎さんにとって120万円の家賃はそれほどの負担ではないといえるでしょう。

高畑充希さんと破局してしまったというのは事実かもしれませんが、まだこちらのマンションに住み続けているとしても不思議ではありませんね。

坂口健太郎自宅にあるインテリアはどこの?

坂口健太郎さんは、かつて出演したバラエティ番組で、「以前は部屋にウォーターサーバーくらいしかなかったものの最近は家電や家具が増えてきた」と発言していました。

特に、椅子が好きで、集めているとのことで、部屋には7~8脚もの椅子があると話していました。

しかも、いろいろな種類の椅子をばらばらに置いているのだとか。

なぜ、椅子にはまっているのかについて質問されると、「この椅子カッコイイから買おう」と衝動買い的に買うことが多いようで、椅子に限らずいろいろなインテリアを衝動的に購入してしまうことが多いようです。

どんな椅子かという問いには、
「ガチャって開いて座れるようなのもあれば、なんか昔、学校で使われてたのに近いようなイスもあったりとか、あとロッキングチェアみたいなのもハマってて」とのこと。

使い方に関しては、最初は特に決めていなかったものの、気が付くと、台本を読むときはこの椅子に座るというように自然と役割が決まっていったそうです。

では、坂口健太郎さんはどんなブランドの椅子を購入しているのでしょうか。

一番のお気に入りは、すでに亡くなられている坂口健太郎さんの父親から譲り受けたものだそうで、アンティーク調のロッキングチェアだとのこと。

父親はその椅子に揺られながらクラシックを聴いていたそうですが、坂口健太郎さんは台本を読むときにその椅子に座るそうです。

坂口健太郎さんが父親から譲り受けたものとは違うとは思いますが、アンティーク調のロッキングチェアのブランドとしては次のようなものがあります。

  • トーネット社のベントウッドロッキングチェア

    優美な曲線が印象的なロッキングチェアです。
    置いておくだけでもお部屋のインテリアになりそうな美しさです。
    なんと、あの有名な画家ピカソも愛用していたそうです。
  • 山葉文化椅子

    こちらは和風のロッキングチェアで、ヤマハが作ったものです。
    坂口健太郎さんが「ガチャって開いて座れるようなもの」と言っていたのと一致します。
    坂口健太郎さんの年齢でアンティークの椅子集めが趣味というのは、なかなか渋い趣味ですね。

坂口健太郎自宅のご近所さんは?

坂口健太郎さんの住むマンションが港区のタワーマンションだとして、同じく港区のタワーマンションに住む芸能人は他にどんな人がいるでしょうか。

  • 六本木ヒルズレジデンス
    六本木を代表するタワーマンションです。
    最も高いお部屋だと家賃が320万円にものぼるといわれます。
    こちらのマンションには、歌手の浜崎あゆみさんやGLAYのTERUさん、ナインティナインの矢部さんが住んでいるといわれています。
  • THE ROPPONGI TOKYO CLUB RESIDENCE
    昔から、ジャニーズやモデルに人気の物件です。
    こちらには、香取慎吾さんが住んでいるとうわさされています。
  • 元麻布ヒルズフォレストタワー
    桜並木に面していて、なんと敷地の半分が緑の植栽で占められているという贅沢な物件です。
    二宮和也さん、渡部建さん・佐々木希夫婦、三浦翔平さん・桐谷美玲さん夫婦が住んでいるといわれています。
  • パークコート 赤坂檜町ザ・タワー
    こちらの物件にはYoutuberのヒカキンさんが43階の150万円以上する部屋を2部屋借りて住んでいるとうわさされています。

さすが、東京都港区ですね。石を投げれば芸能人にあたるといった感じです。

合わせて読みたい記事

まとめ

  • 坂口健太郎が高畑充希と同棲していたマンションは、東京都港区にある「アークタワーズウエスト」の可能性が高い。
  • 坂口健太郎は高畑充希と破局してしまったものの、まだアークタワーズウエストに住んでいる可能性もある。
  • アークタワーズウエストは、家賃120万円はくだらないといわれているものの年収1億円超えの坂口健太郎にとっては支払えない金額ではない。
  • 坂口健太郎の趣味は椅子集め。
    一番のお気に入りは、父親から譲り受けたアンティーク調のロッキングチェア。