台湾球界随一のイケメン選手と言えば、現在巨人に在籍している陽岱鋼選手の名前が最初に浮かぶと思います。

高校生の時に母国・台湾を離れ、長年日本に住み、日本球界で活躍している陽岱鋼選手ですが、その家族構成はどのようになっているのでしょうか。

陽岱鋼選手の父親・母親、そして陽岱鋼選手の兄・陽耀華さんは現在何をしているのでしょうか。

陽岱鋼選手の台湾の家族についてみていきたいと思います。





陽岱鋼のプロフィール


名前:陽岱鋼

生年月日:1987年1月17日

年齢:31歳

出身地:台東県台東市(台湾)

身長:183cm

体重:89kg

投球・打席:右投げ右打ち

プロ入り:2005年 高校生ドラフト1巡目

初出場:2007年4月20日

年俸:3億円

陽岱鋼の父親と母親の職業と年齢は?

現在情報を収集中のため分かり次第追記します。

陽岱鋼の兄・陽耀勲さんは元プロ野球選手?

陽岱鋼選手は日本ハムにドラフトされ、現在は巨人で外野手として活躍しているのは有名ですが、そんな陽岱鋼選手の兄・陽耀勲さんも元プロ野球選手だったという事をご存知でしょうか。

陽岱鋼の兄は陽耀勲(ヤン・ヤオシュン)さんは2005年の秋に福岡ソフトバンクホークスに入団しました。

入団1年目から1軍の試合に登板し、この年は5試合に中継ぎとして登板しました。

翌年の2008年はケガの影響で登板機会はありませんでした。

2009年にはプロ初勝利を挙げ、その翌年2010年には先発での登板機会もあり、自己最多の14試合に登板しました。

2012年には陽岱鋼選手と兄・陽耀華さんの兄弟対決が実現しました。

その後2013年までソフトバンクに在籍をしていました。

現在の陽岱鋼選手ほど好成績を残しているとは言えませんが、兄・陽耀勲さんも日本球界で活躍していて兄弟で母国ではない国のプロで活躍するというのは、それだけですごいことだと思います。

陽岱鋼の兄・陽耀勲さんは現在何をしている?

では兄・陽耀勲さんは現在は何をしているのでしょうか。

陽岱鋼選手の兄・陽耀勲さんは2006年から2013年までソフトバンクに所属していましたが、2013年にソフトバンク退団後はメジャーリーグへと挑戦したようです。

2014年にメジャーリーグに挑戦した陽耀華さんはピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結び、スプリングキャンプに招待選手として招かれました。

開幕後はAAのアルトゥーナ・カーブに所属しました。ですが1年で退団しメジャーでの登板をすることができませんでした。

メジャーから台湾に帰国した陽耀華さんは台湾リーグのLamigoモンキーズに入団しました。

元々は投手でしたが左肩の故障によって外野手へと転向しました。

陽耀華さんは2018年現在もLamigoモンキーズに所属しており、現在も現役プロ野球選手として活躍しているようです。

肩を故障して外野手に転向してでも野球を続けるという事は、本当に野球が好きで現役生活を長く続けたいんだなと思います。

陽岱鋼と兄・陽耀勲が絶縁中?

兄弟でプロ野球選手になり順風満帆な兄弟かと思ったのですが、陽岱鋼選手と兄・陽耀勲さんとの間でトラブルがあり絶縁をしているのではないかと言われています。

その事の発端は2017年に週刊誌に取り上げられた内容にあります。

その週刊誌に取り上げられた内容というのが、陽岱鋼選手と兄・陽耀勲さんの間で金銭トラブルがあったと記事にしたのです。

家族の住宅購入について兄弟間で揉めたといわれていました。

その記事の内容について陽岱鋼選手がフェイスブックに、兄が情報を漏らしたと指摘しました。

また、それと合わせて家族の賭博や飲酒、借金にはもう関わらないとし、今後も関係ないと発言しました。

それに対し兄・陽耀勲さん側は「状況がわからず答えられない」と発言しましたが、もうすでに絶縁をしたのではないかと思われます。

2017年には陽選手は巨人に移籍し、兄・陽耀勲さんは台湾リーグで活躍していましたが、年俸は何十倍もの差が開いてしまいました。

やはり稼ぎの差で大差が開いてしまうと金銭トラブルになってしまい人間関係が崩れてしまうのかなと思います。

陽岱鋼のもう一人の兄陽品華って?

 

View this post on Instagram

 

懐かしい写真 2010.9.4 陽3兄弟の次兄 陽品華✨ #長崎セインツ #陽品華 #陽3兄弟

Masahiroさん(@masahiromorita)がシェアした投稿 –

陽選手にはソフトバンクで活躍した陽耀華さんの他にもう一人兄がいるようです。

もう一人の兄の名前は陽品華さんです。

陽品華さんも元野球選手のようで、日本の独立リーグに所属していたようです。

長崎セインツと愛媛マンダリンパイレーツでプレーをしており、内野手として活躍していました。

陽岱鋼は華麗なるスポーツ一家

陽選手と2人の兄の3人とも野球選手として日本で活躍しましたが、実は陽選手一家はスポーツ一族のようです。

長兄の陽耀勲さん、次男の陽品華さん(改名前は「陽耀華」)、そして末っ子の陽岱鋼さんです。

それぞれが日本の野球界で活躍していたのは先程触れましたが、その3人だけではなく、叔父の陽介仁さん、従弟の張奕さんも元野球選手でした。

張奕さんは日本でのプレー経験があります。

さらには実妹の陽詩慧さんは女子バスケットボールのチャイニーズ・タイペイ代表選手に選ばれています。

陽岱鋼はいつから日本に住んでいる?

現在は日本語も堪能で日本の野球に馴染んでいる陽岱鋼選手ですが、陽選手はいつから日本でプレーをしているのでしょうか。

陽選手は小学校・中学校は台湾でナショナルチームに所属していました。

その当時はショートでプレーをしていました。

そして高校進学というタイミングで野球留学のために福岡第一高校に入学しました。

ここから陽選手は日本で野球をプレーし始めました。

高校でも実力をいかんなく発揮した陽選手は、2005年の高校生ドラフトで日本ハムに入団しました。

ですが、ドラフト会議までは兄・陽耀華さんが当時所属しており高校生時代を過ごした福岡のソフトバンクを熱望していましたが、ドラフトの抽選で交渉権を獲得した日本ハムの熱意によって入団を決めたようです。

高校生時代から日本で過ごしているのですでに15年以上日本で生活をしています。

日本の野球にも馴染んでおり、安定した活躍をしています。

もし、兄の陽耀勲さんも学生時代から日本でプレーしていたらもっと日本で成績を残し、陽選手と同じように日本で好成績を残していたかもしれないと思います。

まとめ

  • 陽岱鋼選手は小学校・中学校時代を台湾で過ごし、高校から野球留学のため福岡第一高校に入学
  • 陽岱鋼選手の兄・陽耀勲さんもプロ野球選手
  • 兄・陽耀勲さんは2006年から2013年までソフトバンクに所属、その後ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約したが1年でメジャーを去り、2015年から現在まで台湾リーグのLimigoモンキーズに所属している
  • 陽岱鋼選手と兄・陽耀勲さんとは、2017年に兄弟間で金銭的なことで揉めてしまい、絶縁したと噂されている