スポンサーリンク





女子バレーで期待されていた長岡望悠選手。

2018年に開催されたアジア大会で約1年半ぶりに復帰した長岡望悠(久光製薬スプリングス)がまたしても12月に左ひざを負傷してしまったのです。

現在全治8カ月と診断され、現在も長期離脱を強いられています。

大活躍の長岡望悠選手の現在の怪我の状態やネーションズリーグで落選していた理由について長岡望悠選手のプロフィールを交えてお伝えいたします。


スポンサーリンク




長岡望悠の怪我の状態は?

バレーボール選手の選手生命にもかかわる膝に大怪我をしてしまった長岡望悠選手ですが、現在の怪我の状態はどうなっているのでしょうか?

2019年5月30日追記

「長岡がいるだけで攻撃のバリエーションが広がる」

と言う中田久美監督は長岡望悠選手の背番号1を空けて復帰を待ちわびていますが残念ながら2019年の全試合での復帰は難しいでしょう。

2020年のオリンピックには必ず復帰して出場して欲しい長岡望悠選手です。

長岡望悠選手は、2018年12月イタリア1部リーグのイモコでプレーしていた日本代表のアタッカー長岡望悠左膝前十字靱帯を損傷してしまったのです。

9月29日から開催された世界選手権2018の試合の様子を見ていたときは

 

完全復活

 

と言えたのですが、またしてもひざの怪我。

長岡望悠選手が初めて怪我をしてしまったのは2018年3月。

およそ2か月後の5月3日に、久光製薬スプリングスは長岡望悠選手の膝の手術が無事に終了したことを発表しています。

この発表に際して長岡望悠選手は

「3月4日の試合中の怪我については、ファンの皆様と関係者の皆様には大変ご心配をおかけしました。皆様から今日までたくさんの励ましの言葉をいただき、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。現在、無事に手術も終わり順調に回復しているところです。当分の間は治療に専念し、復帰後は更にパワーアップした姿を皆様におみせしたいと思っておりますので、それまで楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです。また皆様にコートの上でお会いできる日を楽しみにしております。」

とコメントしています。

怪我をしてから約1年2カ月後の黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会では、長岡望悠選手はスタメン出場していたことからも、現在の怪我の状態はほんんど全快したとみても良さそうです。

それでもネーションズリーグに長岡望悠選手が出場しなかったのは、来る世界バレーに向けて大事をとったのかな?と予想できます。

ネーションズリーグはブラジル・フランス・香港・タイの4か国で約2か月にわたって開催されるので、復帰直後の長岡望悠選手にとって体力的な心配もありますもんね。

長岡望悠がネーションズリーグで落選した理由は?

ファンと共にスポーツ観戦のレベルを上げることを目的として2018年に新設された女子バレーのネーションズリーグが2018年5月に開催されました。

その大事な国際大会に期待の長岡望悠選手が出場していないことに、個人的にはとても衝撃を受けました。

2017年に開催されたグラチャンバレーでも長岡望悠選手は怪我により不出場でしたが、今回のネーションズリーグの落選の理由もやはり怪我で間違いなさそうです。

長岡選手が怪我をしたのは2017年3月4日のことで、長岡選手が所属していた久光製薬スプリングスとNECレッドロケッツの試合中でした。

ジャンプの着地に失敗した長岡選手は、仰向けになって倒れこみ膝を抱えました。

試合は一時中断となり、長岡選手はトレーナーらしき男性3人に抱えられコートの外へ運ばれました。

その後、長岡選手の怪我は”左膝前十字靭帯断裂”という大怪我であったことが判明しました。

スポンサーリンク




長岡望悠が怪我からの復帰戦で見せた活躍とは?

先ほど”長岡選手の怪我の状態はほとんど全快しているとみて間違いなさそう”と書きましたが、そう考える理由は、長岡選手が復帰戦で見せた活躍にあります。

復帰戦となった黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会で、長岡選手は、前衛からのスパイクだけでなくバックアタックも決めています。

スパイク以外のプレーでも活き活きとした姿を見せており、大怪我からの復帰戦とは思えないほどの活躍を見せてくれました。

試合後には

 

「新しい長岡にしようというイメージで、心も体も新しく、新しい自分をつくっていきたい」

 

という前向きなコメントも残しています。

大怪我をしてしまうとどうしても「また怪我をするのが怖い」とプレーに躊躇する気持ちが表れそうなものですが、長岡選手のプレーには躊躇するような後ろ向きな気持ちは一切見られませんでした。

精神力の強さが素晴らしいですね。

ピンチの時の長岡と言われるのも分かる気がします。

さらに現在奮闘中の世界選手権女子バレー2018でも長岡望悠選手は活躍を見せており、ツイッターでは「やっぱり長岡選手はさすがとしか言えない!」「長岡選手ありがとう!このまま頑張って!」と、長岡選手のプレーを絶賛する声が多数見られました。

長岡望悠プロフィール

名前:長岡 望悠(ながおか みゆ)

生年月日:1991年7月25日

出身地:福岡県山川町(現:みやま市)

身長:179cm

体重:64kg

血液型:A型

長岡望悠選手がバレーボールを始めたのは小学2年生のころで、きっかけはお姉さんの影響だったそうです。

高校は東九州龍谷高校出身で、春高バレー・インターハイ・国体の3大会すべてで優勝を経験しており”高校バレー3冠”を獲得しています。

  • ユース代表
  • ジュニア代表としても”2007年第6回アジアユースバレーボール女子(U-18)選手権大会優勝(ベストスパイカー賞獲得)”
  • “世界ユース女子(U-18)バレーボール選手権大会優勝”
  • “2008年アジアジュニア女子選手権大会優勝”

など数々の大会でも活躍しています。

全日本メンバーに選出されたのは2012年4月のことで、同年9月には第3回アジアカップに代表として初出場しています。

そんな素晴らしい経歴を持ち日本代表チームに欠かせない存在の長岡選手の最高到達点は310cmで、代表チームのメンバーの中でもトップクラスです。

さらに長岡選手の最大の特徴として”左利き(サウスポー)”が挙げられます。

左方向から攻撃できるということは、相手に的を絞らせないという意味でかなり重宝されます。

長岡望悠がイタリアの名門チームへ移籍した理由は?

高い位置から左手でスパイクを打つことができる長岡選手は、日本代表チームにとっても久光製薬スプリングスにとっても欠かせない存在でしたが、イタリアの名門チームであるImoco Volley Coneglianoに移籍することが2018年9月2日、久光製薬スプリングスから発表されました。

移籍先のチームは2015-16年と2017-18年の2シーズン連続でリーグ優勝しているチームで、長岡選手は「バレーをもっと極めたい」「海外で挑戦したい」という気持ちから移籍を決断したようです。

久光製薬スプリングスにとっては痛手ですし、日本での活躍を中々見れなくなるのはさみしいですが、長岡選手の更なるパワーアップには期待大です!

長岡望悠に彼氏はいる?

さて、ここまで長岡望悠選手の実力や怪我の状態についてまとめてきましたが、長岡選手は「イケメンすぎる!」という面でもネットで話題になっています。

特に人気があるのは、なんとタイで、長岡望悠選手を生で見たタイの女性が熱狂するほどの人気だそうです。

タイの女性が考える”イケメン”の特徴が短髪・筋肉質・分厚い唇らしいので、長岡選手はすべて持ち合わせているため人気なのも納得です。

そんな長岡選手に彼氏がいるのか気になり調べてみましたが、有力な情報は見つかりませんでした。

もし今後なにか情報を掴むことができれば追記したいと思います!

長岡望悠はヘアースタイルもおしゃれ

長岡選手と言えばおしゃれなショートカットも印象的ですよね。

インタビューで髪型を褒められると「美容師さんが上手に切ってくれる」と答える長岡選手の性格の良さも、好感度が上がりますね。

怪我から復帰した後はボブスタイルにイメチェンしていますが、こちらのヘアースタイルもとってもお似合いだと思います。ツイッターでは「長いほうがいい」という声も見られました。

合わせて読みたい記事

まとめ

  • ネーションズリーグに長岡望悠に落選した理由は、怪我で間違いなさそう。
  • 長岡望悠選手が怪我をしたのは2017年3月4日のことで、左膝前十字靭帯を断裂した。
  • 長岡望悠選手の手術は無事に成功しており、復帰戦ではバックアタックを決める活躍も見られた。
  • 長岡望悠選手の強みはサウスポー&高い打点からのスパイク!
  • 長岡望悠選手はイタリアの名門チームへの移籍が決定している。
  • タイを中心に長岡望悠選手が「イケメンすぎる!」と話題になっている。

スポンサーリンク




合わせて読みたい記事