1/12(土)に放送された「マツコ会議」は、初の海外ロケでシンガポールのリゾートキャバクラの実態を取材していました。

そこでキャバクラを2店舗経営するピアジェのママとそこで働くキャバクラ嬢について紹介されていました。

シンガポールのキャバクラで働きたい人やお客さんとして足を運んでみようかな?という方にまとめてみました。

2019年8月27日放送の「レディース有吉」でもシンガポールのリゾキャバについて特集をされていました。

平均収入が月収40万円というリゾキャバ!半年間のビザでシンガポールを満喫できるお仕事ですね~。

↓マツコ会議のリゾキャバ回を見逃してしまった方はクリック↓

簡単1分で登録できます!





シンガポールリゾキャバオーナーママの実態

 

View this post on Instagram

 

風邪から復活 久しぶりにシンガポールのお仕事#singapore #clubpiaget #cappegeplaza #ピアジェ#ガイキャバ #リゾキャバキャスト募集

Mayuko Sunadaさん(@mayuko_piaget)がシェアした投稿 –


シンガポールの繁華街と言えばオーチャード地区。

オーチャード地区にはオーチャード・ロードという北西のオーチャード・ホテル付近から南東に位置するショッピングセンターのプラザ・シンガプーラ付近まで、全長3kmという広さのある繁華街です。

「オーチャード・セントラル」に、「オーチャード・ゲートウェイ」「313@サマセット」など今をときめくファッションブランドなどが連なっています。

MRTの「サマセット駅」と直結しているので、遊びに行くにはいい場所です。

マツコ会議では、今までリゾートキャバクラといえば沖縄の離島などを取材していましたがなんと、今回は、この今アジアで人気のリゾート地シンガポールでキャバクラを2店舗も経営するママの生活とキャバクラで働ているキャバクラ嬢が紹介されていました。

シンガポールと言えば、日系企業の商社や金融、船会社の駐在場所として有名ですよね。

なぜなら、シンガポールはアジアのハブポートだからです。

3国間経由して貨物を輸送するにはもってこいの場所なのです。

そんなシンガポールにキャバクラを2店舗もオープンさせたやり手のクラブピアジェのママ砂田真由子ママ

なぜ、シンガポールにお店を構えたかと言えば、ピアジェのママ砂田真由子ママは愛媛県今治市の出身

愛媛県今治市といえば、造船関係の会社が多くお客様からシンガポールにお店を出せばと提案されたとのこと。

あ、何はともあれ、もともとママはそのエリアに3店舗もキャバクラを経営している敏腕ママだったのです。

シンガポールリゾキャバオーナーママの家賃は?

愛媛県今治市でキャバクラを3店舗、シンガポールにて2店舗もキャバクラを経営するママがシンガポールで住む家の家賃は、約50万円

高級住宅地にある高層マンションにお住いのママのお部屋は、3LDK。

マンションには、ジェットバス付のプール、テニスコート、ジム、BBQ施設が自由に使用できます。

シンガポールでは、戸建てよりもHDB(=Housing Development Board)と呼ばれる一般国民向けの高層アパートに住む人が多く、全体の約8割で占めています。

お仕事で駐在員として働く方の多くもコンドミニアム(高級マンション)で暮らしています。

シンガポールリゾキャバオーナーママの同居人は?

シンガポールリゾキャバオーナーママの砂田真由子ママは、19歳と18歳のお年頃の娘さんが2人いらっしゃいます。

一緒に住むのは、シンガポールでインターナショナルスクールに通っている18歳の次女と一緒に生活しています。

18歳の次女に「ママはどんな人?」と質問すると「ヒステリックです」との回答が。

ヒステリックのエピソードとしては、次女が朝なかなか起きてこないので起こそうと思い部屋に行って、次女と押し問答になりお部屋のドアノブを壊してしまうという話をしていました。

それだけでは、ヒステリックとは言えませんが親子関係では怒ることも多いからしょうがないですよね。

 

View this post on Instagram

 

娘のミリア同志社大学でオールミスに選ばれました!#素敵 #おめでとう

Mayuko Sunadaさん(@mayuko_piaget)がシェアした投稿 –


こちらは、長女のみりあさん。

現在は、京都市にある同志社大学の1回生です。

どうやら、DTL(同志社テニスリーグ)に加盟しているサークルの一回生のみが参加できるパーティー「DTL party」の同志社大学でテニスリーグ2018年オールミスに選ばれほどの美人のようです。

シンガポールリゾキャバオーナーママのお仕事は?

  • 日本からキャバ嬢として応募してくる女の子の電話面談
  • お店の売上計算
  • リゾキャバで働く女の子たちの私生活管理
  • 月の半分を今治、月の半分をシンガポールで生活

目まぐるしく働いているシンガポールリゾキャバオーナーママの砂田真由子ママです。

ママがここまで働く理由は、結婚して2年で離婚、シングルマザーとして2人の娘さんを育てているからです。

シンガポールリゾキャバピアジェの場所は?

シンガポールリゾキャバピアジェの場所は、シンガポールコンコルドホテルの2階です。

シンガポールのビジネス街は、シェントン・ウェイと言われるエリアです。

ビジネス街からシンガポールにあるピアジェにいくには、こんな感じのルートです。

車で約10分ほどで行けるならとてもいいリッチですよね。

シンガポールリゾキャバピアジェの給料は?

実際、シンガポールでリゾキャバとして働こうとすると、就労ビザが必要になります。

最初は大体2~3ヶ月の終了ビザが発行され、更新していく感じです。

マツコ会議のインタビューに出演していたリゾキャバ嬢たちも、まだ働き始めて3週間であったり3ヶ月の子たちが出演していました。

成功例として、リゾキャバ嬢としてシンガポールに来て3日で運命の人に巡りあい、3ヶ月で結婚を決めたHanaさんも出演されていました。

今は、お子さんも生まれてシンガポールで幸せに暮らしているようです。

リゾキャバ嬢の給料ですが、人気のある子でシンガポールドル月10,000ドル稼げるとのことで日本円に換算すると80万円です。

お正月明けの『マツコの知らない世界』でも銀座クラブ働くママやキャバ嬢を特集していましたが、銀座で人気のある子と同じくらいのお給料と言っていました。




シンガポールリゾキャバピアジェの待遇は?

  • 社員旅行あり(年2回)
  • フライト代支給
  • ジムプール無料(社員寮に完備)
  • 携帯台支給
  • 罰金・ノルマなし
  • VISA発行手数料等ピアジェが負担

マツコ会議の番組でも放送されていましたが、ハワイにあるリゾート高級マンションと同レベルのマンションにピアジェで働くキャバ嬢が共同生活していました。

シンガポールリゾキャバピアジェの応募方法は?

【応募資格】

18歳~32歳
経験不問
シンガポールに3か月以上滞在できる方
6か月以上滞在できる方優遇
※ 1か月のお仕事キャンペーン始めました。

【フライト】

1ヶ月 200ドル負担
2ヶ月 300ドル負担
3ヶ月以上 往復支給

【休日】

月に2~3回シフト提出制の休み取得可能。日・祝日休み

【給与】

ノルマ設定なし。
ドリンクバック・シャンパンバック・指名バック・同伴バック・ボーナスあり
月5,000ドル以上
★初心者でもドリンク、指名バックが取りやすいお店です。

【家賃】

ピアジェ専用シンガポール高級コンドミニアムを格安でご用意
1人部屋、2人部屋を選べます。(600ドル~)

【VISA】

VISAはこちらでご用意します。
面倒な手続きは一切不要!トランクひとつでシンガポールライフが可能。

【保険】

日本からの海外保険に加入不要!こちらで海外旅行者保険をご用意しますのでご安心ください。

【特典】
▼ 6か月以上滞在の方には社員旅行orボーナス支給!
▼ ウェルカムマネー100ドル 現地に到着してすぐにお渡しします。
(1ヵ月の方不可)
▼ 日本人スタッフによるマツエクサロン、コラーゲンマシーン提携店あり
▼ ドレス貸出無料
▼ プロによるヘアメイク無料
▼ 日本と同じクオリティで美を楽しめます。

ほとんどのお客様が日本人の方なので英語を話せる必要はないようです。

応募方法は、シンガポールリゾキャバピアジェの公式サイトの問い合わせから24時間応募可能です。

マツコ会議リゾキャバ嬢SNSの反応は?

もっと若かったら、シンガポールのリゾキャバやってみたかったという意見に同感です。

女性のみなさんに夢のあるお仕事の提供をありがとうございます。

レディース有吉のリゾキャバ放送を見た人の感想

なんとリゾキャバは、シンガポールだけでなくカンボジア、香港、オーストラリアなど世界各国に拠点があるようです。
href=”https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=verfmgeb&acode=cbp3k68awtln&itemid=0″ target=”_blank” rel=”noopener”>↓マツコ会議の過去作を視聴したい方はクリック↓

簡単1分で登録できます!

まとめ

  • マツコ会議でシンガポールにあるリゾキャバクラ「ピアジェ」で働くママとキャバ嬢を紹介
  • シンガポールにあるリゾキャバクラ「ピアジェ」を経営するママは敏腕ママだった
  • シンガポールにあるリゾキャバクラ「ピアジェ」を経営するママは今治に3店舗、シンガポールに2店舗キャバクラを所有している
  • シンガポールにあるリゾキャバクラ「ピアジェ」に来るお客さまは、日系企業の商社、金融、船会社の駐在員
  • シンガポールにあるリゾキャバクラ「ピアジェ」で働くキャバ嬢のお給料は頑張れば80万円